花とアリス殺人事件の作品情報・感想・評価

「花とアリス殺人事件」に投稿された感想・評価

誰のために走る?
誰かのために走る。

誰のために苦しむ?
誰かのために苦しむ。

見知らぬ人を想える?
そこにいるから想える。

『花とアリス』の1年前、
2人が出会った時の話。

徐々に打ち解けて、箸の左右のような関係になっていく2人の姿に思いがけない郷愁と心地良さを覚える。
また、性善説的な、人の優しさ・暖かさが肌に寄り添い、胸が満ちる。

『四月物語』を彷彿とさせる、長年の想いが向かう瞬間は岩井節炸裂でときめきと痛みでセンチメントの大渋滞。

アニメだから避けていたが、観て良かった。実写をベースに構成した画は、フィルム寄りの彩色のも伴い、アニメとも実写とも言えない、独特な雰囲気と居心地。
ダダ

ダダの感想・評価

3.6
映像が凄いな。ずっと浸れる感じ。
不思議。とにかくユダ。実写の方も見たい
実写から11年後の公開なのに花もアリスも変わらずにあの頃のままなのは嬉しかった。

アニメーションになった事で結構無茶したりして、それでも謎にパワフルで好奇心旺盛で14歳の力って強いなぁ。

2人だったら不安なことにも立ち向かっていくし物怖じしないそんな少女たちのお話。

アニメーションの作りはくっきりしない色使いだからか見てて疲れないし暖かい気持ちになる。

前作の実写とどちらから見ても楽しめます!
律子

律子の感想・評価

3.7
こんなみずみずしいアニメーションがあるのか、といろんな意味で衝撃だった。挑戦的な手法?
たぶん不自然さが苦手な方もいると思うけど、わたしは大好き。アリスと花が愛おしいし、踊るとこ最高。
sakuya

sakuyaの感想・評価

3.5
こういうなんか立体っぽい映像?絵?は苦手だけど、キャラクターとか世界観はなんか惹かれる感じだった。結局婚姻届はなんだったのかなー
Mazaquita

Mazaquitaの感想・評価

3.7
思っていた以上にしっかりと映画だったし、
しっかりと邦画だった。

普通に笑える描写がたくさんあって楽しい。

名前の知らないおじさんとアリスの
パーティーがあるお店とブランコのシーンは
完全に黒澤明の「生きる」で、
かなりテンションが上がってしまった。

そしてアリスの声になんだこの既視(聴?)感…!
と終始もやもやしてたら
エンドロールで蒼井優ってわかって、
あーなるほどこれはオーバーフェンスからのデジャブ(?)だ、
と納得。

勝地涼の声もすごく良いし、
蒼井優は声優としても演技力が抜群。
meru

meruの感想・評価

4.0
アニメーション作品までも岩井俊二の世界に行けるなんて幸せ
華さんの声が優しくて心地良い
ユダ。
わりとよかった。ヒロイン(?)二人が女子女子してないけどあっさりもしすぎず面白かった。ユダって湯田かよ感
高校生の間で広まった怖い噂って真相は本当にこんなもんだよなーって感じました。
Maki

Makiの感想・評価

3.7
Huluで何気なく鑑賞したのですが、面白かったです。アニメ映画観たの久々かもしれない。

映画ならではのテンポの良さが全く無くないです。...良い意味でテンポが悪いというか。なんでもこう、物事サクサクいかないものだなと思いました。
良いタイミングで何かが出てきたり、奇跡が起きたりする訳じゃなくて、失敗したり躓いたりしながらも不器用に生きて行く様子が描かれていていて、物語にリアリテイがありました。
20180916鑑賞。同じロトスコープなら「悪の華」の方がより実写に近い気がした。岩井俊二監督にしては意欲的な作品なのでは。声優が割と豪華な俳優陣なので、ストーリーの割に作品が映える。が、思いのほか軽い内容だったなぁ。エンディング曲、ヘクとパスカルの「f ish in the pool」がいい。
>|