四月物語の作品情報・感想・評価

「四月物語」に投稿された感想・評価

松たか子の浮世離れした空気感をよく捉えてる。
昔は岩井俊二なんてイメージ映像やんけ、と思ってたけど最近好きかもしれない。
きょう

きょうの感想・評価

4.0
田舎きら上京して初めての一人暮らし。何もかも新鮮で少し心細さもあって…初々しさにキュンとします。松たか子が本当に可愛い。
桜の綺麗な古い部屋で学生生活送りたかったなー!
冬を越えて満ち満ちた想いの蕾が、4月の大雨の下開花する、その淡くも光に満ちた瞬間を切り取った中編。

・初めて親元を離れた時
・大学入学時
などの緊張・不安、期待が入り混じる
独特のあの気持ちも追体験できる。

叙情的な画調に本作も魅了される。
illill

illillの感想・評価

4.8
派手な感情の起伏じゃない、微炭酸くらい。飲んだらすぐになくなる。松たか子のPV。
ryo

ryoの感想・評価

-
“これでいいです”ってところを
“これがいいです”って言い直すとこが好き。

映像といい
この自然な感覚はどこから来るんだろ。。
Hitoshi

Hitoshiの感想・評価

4.3
高校生の時に胸がいっぱいになって以来、定期的に見返したくなる作品。どうして僕の住む地域にはあんなに桜は降らないのに懐かしくなるのか。
ストーリーで言えば、特になにもすすまないのだけど、多分誰もが感じる、新しい暮らしの期待と不安(でもやっぱり期待)が丁寧に描かれていて、メインのエピソードはそれを根拠付けて盛り上げるためにあると感じる。やっぱり岩井俊二はいいなぁ。
momoko

momokoの感想・評価

-
数年後の春にまた見たら泣くんだろうなと思っただけど隣人に作りすぎたカレーを一緒に食べましょうという勇気は私にはない
UC

UCの感想・評価

4.5
新生活を始める人に観て欲しい良い映画。
最後の傘の下りがたまらなく好き。
青春は高校時代のものかと思っていたが、案外そうでもないようだ。四月は事の始まりで、私にとっては苦い記憶しかないが、じっくりと静寂や物足りなさ、忙しい毎日に耐えると雨の季節に何かしら変化をもたらしてくれる。大学生になる前に観ておけば良かったなと少し後悔。本作を介し、人生を長い目で見ることへの抵抗がなくなった。とても穏やかな気持ちになった。そんな日本らしい四月のささやかな物語だった。
松たか子が可愛すぎてあまりの眩しさに目が潰れて心が荒んだので「告白」を観て癒されたい
>|