ヤギと男と男と壁との作品情報・感想・評価

「ヤギと男と男と壁と」に投稿された感想・評価

これ実話なんだって!

期待せず観賞しましたよ
なにせ今ダラダラ期間なんで
ダラダラTSUTAYA行って
探すのもしんどいから
テキトーに選んだ
ジャケ借り

愛と平和の軍隊
「新地球軍」
キラキラ眼ヂカラで語るリンに
戸惑い、ニヤニヤしてるユアン
この人の笑顔可愛いなぁ❤️
癒される~🤗

朝起きてリンがいなくて
リン!リン!と必死に捜して走り回って
車の上でヨガかよ!
真面目にジョージ・クルーニーが演じてるのがシュールで面白い😄

ジェフ・ブリッジスも大真面目に
ヨガや火渡り、タマタマ鍛えたり
してます

バカバカしい事この上ない

結構なメンツがおバカやってる

ユアン繋がりで
ジェダイ計画とか
フォースがなんとかって
いじるよね😆

いじられてるユアン可愛いので
スコア高めです

好み別れるだろなぁ





レッツ自己解放!
takase3

takase3の感想・評価

2.8
記者がひとりの自称退役軍人と会う。超能力部隊の話を聞きながら、捕虜になったり、砂漠さまよったり、超能力部隊が解散になった真相を突き止めたりします。少し、しんみりするシーンありますが、もう少しぶっ飛んでほしかったです。タイトルの割にわりと真面目かもしれません。ユアン・マクレガーはかっこいい。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.1
ジョージ・クルーニー×ユアン・マクレガー×ケビン・スペイシー

という異色の豪華キャストで贈る「限りなく実話に近い話」。

これは…スピリチュアルであるなぁ。
コメディだと思って観たんだけど、実はそんなこんなで意外と深い話でもある。

最初はリンの胡散臭さも相俟って先の展開を期待させられてたんだけど、
後半の失速感、というか意味不明感は否めない…
でも60年代という時代背景だったり、ゆる~く笑わせようとする雰囲気は好き。
そしてユアン・マクレガーが「ジェダイ」という言葉を発するのはわかっていてもやはり面白い。

観終わった後ちょっとだけBostonハマる。
31monks

31monksの感想・評価

2.9
キャストがよかった。童謡をフラッシュとともに流し続ける拷問はいかにも効果ありそうで笑った。
ジョージ・クルーニー 何が言いたいのか何がしたいのか 全然分かりません🤔

ユアン・マクレガー 終始「こいつ何言ってんだ?😦」って顔しつつ巻き込まれていきます。

結論:全く意味がわかりません。
邦題を千原ジュニアがつけたらしいけど、題名に俺のセンス出したろ感がでてて観る前からちょっといやでした。
今見終わったんだけど、奇跡的にストーリーを何ひとつ覚えてないな。

真面目な顔して本人も真剣になってるけど、側から見るとくだらないのは好き🌞
退屈な気持ちで映像を見ながらチラチラ字幕を読む作業をしました。
いちいち、めんどくせぇなぁって思ったよ。

作りこみすぎて、めんどくせぇ。
あかね

あかねの感想・評価

2.2
何かをオマージュしてたりパロディだったりなぞらえたセリフが出てくるけど、映画に詳しくない私には全然ピンと来なかった。
玄人好みの映画という印象。

特にジェダイが出てきた時点で、「あ、これ見続けてもわからないかも」って思ったら、ほんとに最後まで意味がわからなかった。
スターウォーズ、一作も観たことないのよ…
ユアンマクレガーが出てることは知ってるけど…

あらすじはわかるんだけど、心理描写がよくわからない。

全体としては、トラウマや呪縛からの解放が一つのテーマのような気はした。

結局、超能力とはなんだったのか消化不良。
ラストもなぜああなったのか、わからない。
ヤギのことはわかったけど。
>|