ヤギと男と男と壁との作品情報・感想・評価

「ヤギと男と男と壁と」に投稿された感想・評価

じょー

じょーの感想・評価

4.0
伝えられるメッセージは深い。
のかな。笑

世の中はダークサイドと夢見る幸福の世界がある。
でも、最前線には思想はなく、商業ベースに事は勧められていく。

このことをコメディタッチに描き、素晴らしい役者が演じて見せる。
まさに、映画として楽しい作品だな。

なんか、愛せる映画だな。

改めて、邦題がダメすぎです。笑
これ、BBCなんだね。
モンティ・パイソンっぽいや。笑
DarcyAnam

DarcyAnamの感想・評価

5.0
思ってたよりかなり面白かった。
心に響くようなセリフが多々あるのが良い。
ボブのキャラクターも良かった。
みんな真面目だ。だれもふざけてない。普段の私の生活と同じ。真剣だ。
Shimizu

Shimizuの感想・評価

3.3
新聞記者のボブは取材先で「見つめるだけでヤギを殺せる」という超能力者の話を聞く。妻の浮気により彼女を見返してやろうと傷心最中に単身イラクの戦場へ身を投じ、その先でたまたま出会った男こそ、超能力者リン・キャシディだった。

最高に意味不明(褒めてる)でほぼ砂漠でヤギがヤギでユアンが可哀想で可愛い映画。真面目に馬鹿をするコメディ。
スターウォーズ詳しくないんですがユアンを目の前にジェダイとかフォースとか取り入れちゃうのは流石アメリカ映画。雰囲気に飲み込まれてしまえば楽しめるかな?若い頃のリン格好いいです

吹き替えちょこっとだけ見たら声優陣豪華過ぎ!笑
ユアン・マクレガーとジョージ・クルーニーの全力のボケ
めちゃ笑えるシーンがいっぱいある
「ボストン」聞いて壁抜け出来る話で、EDがボストンに
まめぞ

まめぞの感想・評価

3.8
これ、かなり好き
映画館で見て「すごい好きだ」って思った。
記憶力があれで詳細はあまり覚えてないけど・・・←
平和の軍団ですよ、超能力軍団ですよ
どこまでがほんとにあったことかはわからないけど
こういう思想を国がバックアップしてるとしたら
すごいいいなあ、、って思う。でも切ないけど
ユアンマクレガーとクルーニー兄貴の道中とか最高だよね
(ジェダイジェダイ言わせてるのはジョークなのか本当の出来事だったのか謎だけど、アメリカならジェダイ戦士作りそうだね)
ていうかね、クルーニーの大真面目な感じとかホラっぽさが加減がすごく好きさ。でも切ない
絵面も好きだ
まあ、好き好き言わないと埋もれてしまいそうなので好き好き言っときます(*´∀`)
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
my映画館2010#92> OH! My Goat?! ラブ&ピースの尊い精神で無手勝流を目指し、心頭滅却すれば火もまた涼しで、戦士ならぬ兵士僧を目指す男達…超能力なアメコミを彷彿させる描写は一切無く、賛否覚悟でとにかくオフビートでシュールにスカしまくる流れは、ある意味モンティ・パイソン的でもある。
なんて書いてはみたが、“キラキラ眼力”で鑑賞努力をしていたが、鑑賞中に“点穴”を突かれてたかもしれないので(笑)
とにかくクルーニーにマクレガーにブリッジスにスペイシーらの実力派俳優の大真面目にトボけた熱演を楽しむべし。
ayano

ayanoの感想・評価

3.5
ユアンにジェダイにフォースって。ユアンほんまに好き可愛い。ユアンがひたすら可愛い映画🐐
apple

appleの感想・評価

2.1
なにがいいたいのかわからなく、話の展開もスロー、急にヤギが出てきて壁もあるたしかに題名通りだがよくわからない映画だった。たしか、この映画のタイトルは千原ジュニアが決めていた、、。
ageless505

ageless505の感想・評価

3.0
『レッツ自己解放!』

すばらしいです。なぜ自分が新地球軍の一員じゃないのか悲しくなってきました。

浮気した妻を見返すためイラク戦争取材を志願した新聞記者が、たまたま米軍秘密超能力部隊の男に出会いその特殊任務に同行していくと、、、という話。軍の在り方・軍人マインドなどを徹底して茶化していて痛快です。

1つの見どころは、
Gクルーニーのキラキラ眼力
vs
Kスペイシーのド迫力な白目
じゃないかと。

明日から私も原作『実録・アメリカ超能力部隊』を片手に<全裸入浴セミナー><超ジョギング運動><腸内洗浄セラピー>に取り組まなければ。
>|