• Filmarksトップ
  • ウォー・マシーン:戦争は話術だ!の感想・レビュー

「ウォー・マシーン:戦争は話術だ!」に投稿された感想・レビュー

まい
まいの感想・レビュー
1日
3.5

このレビューはネタバレを含みます

オーシャンズ11.12を見た直後に鑑賞したから、ブラピの声の変化(演技力)にびっくりした!

政治は詳しくないけど、かなりデリケートな問題を、かなりリアルタイムに近いいま、題材にしてるのが凄いと思った。

考え方が、育ってきた国、環境、もちろん人によっても違うのが、この問題の難しいところだと思った。
ちゃりー
ちゃりーの感想・レビュー
1日
3.0

このレビューはネタバレを含みます

まわりまわっても
戦争はクソ
ジョーカー
ジョーカーの感想・レビュー
1日
3.5
プレミア試写会、ブラピが舞台挨拶登壇しないかも…と言う噂で

まさかのサプライズ登壇で最高にテンション上がりました

Netflix主催の試写会…作品はアメリカならではといったストーリー

戦争に対する価値観?が日本人とは違うので、アメリカでは受け入れられると思った

ブラピが実年齢よりも上の役柄のせいか老けて見えた(笑)

短パンでジョギングするシーンが印象的
銃撃戦は迫力ありで、結構楽しめました
DON
DONの感想・レビュー
1日
-
製作者として作りたい映画があることと、俳優として適切かどうかは別問題。現代の戦争を題材に『M★A★S★H マッシュ』をやろうという難題も大きな失敗要因ではあるのだが。
ブラッド・ピットが完全にミスキャスト。『イングロリアス・バスターズ』のタランティーノがいかに優れた映画作家であるかがよくわかる。ジョンスペとニック・ケイヴ&ウォーレン・エリスの選曲と劇伴はナイス。
minori
minoriの感想・レビュー
1日
3.0
プレミアで鑑賞。
生でブラッド・ピットを見られただけで、ありがたかった
・・・だがしかし、なんというか・・・題材自体が扱いづらいものなので、こうなっちゃうよね・・・という予想通りの作品。

タイトルに話術とある割に、話術を駆使しているシーンが少なかったり、起承転結が緩やか過ぎてかなり中弛みしていた。

ブラピ演じる主人公の大将は「勝利の無い戦争」に勝利しようと躍起になる、いわゆる裸の王様キャラ。
共感こそしなかったが、人心掌握術の要である【自信】を体現しているような人物なので、少し面白かった。

あと、大将のサポートチームに加入した、唯一のアフガニスタン人であるバディの素朴な感じが可愛かった。

ベン・キングズレーやティルダ・スウィントンがチョイ役で出ていて其々良い味を出していたが、いかんせん名優の無駄遣いといったところか。

なんにせよ、ネトフリ×ブラピじゃなかったら日の目を見る事ができなかったであろう作品だと思いました。
>|