ウォー・マシーン:戦争は話術だ!の作品情報・感想・評価

「ウォー・マシーン:戦争は話術だ!」に投稿された感想・評価

Yoshihiro

Yoshihiroの感想・評価

1.2
これが見たくてネットフリックス入った
まったく面白くなかったけども
ほかにいい作品にいっぱい巡り合わせてくれたから
1.2

ブラピかっこいいよ
ちょっとだけね
ss

ssの感想・評価

-
頭でっかち、偏屈、融通きかない、熱血漢、暖簾に腕押し感…ブラピ演じるマクレーン大将をどう表現したらいいのだろう。

大ハズレではないんだけど、なんか違う。どっかピントずれてんだよなぁ、なんだかなぁ、的確に指摘出来ればいいんだけどなぁ、でもそれ誰が言うの?な、人物像。

多分誰でも1人はこういう人に出会ったことがあるはず。
もやぁっとした気分のまま、もやぁっと終わる。

Netflixオリジナル映画58点説更新中…🤭

2019/5/4
映画を見ているとメリケンスピリッツに関しては此方が理解することは不可能だな、と感じて乗れないことがあるのだけど、今回もそれ。ブラッドピッドの馬鹿みたいな喋り方がおもしろいのと、会話劇は楽しい。
るもい

るもいの感想・評価

4.0
アフガン紛争後の占領統治に駆り出された、アメリカ軍の将軍の実話。
ブラピ演じる馬鹿だけど熱血な将軍が、アフガンと国際情勢の現実に翻弄されていきます。

強烈な皮肉が込められた作品で、作劇の構造なんかも含め、イラク戦争を扱ったHBO「ジェネレーション・キル」が響いた人にはオススメかも。

肝心の物語はというと、実話ベースだけあって、カタルシスのあるもんじゃありません。「あぁ、うまくいかないんだなぁ」という感想。

見どころとしては、ブラピの「偏屈おじさん」演技。
「マネー・ショート」でもそうだったけど、演技の幅が広がっていますね。いい歳の重ね方をしています。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

2.5
ブラピ大好きだけど本作はあまり好みじゃなく最後のカメオ出演に驚いたくらい。
yuumaru

yuumaruの感想・評価

1.5
9.11をきっかけにアフガンへタリバン討伐に向かった米軍もはや8年。国の自立援助も存在意義として、市民の信頼を積み重ね大将が奮闘するが、、、。

無駄なシーンが多すぎる、だらだらと実話を追った退屈な映画だった。

ブラッドピットが、実在の人物に寄せる演技も気になって入り込めない、低いダミ声も歩き方も走り方も眉の歪みも。
liam

liamの感想・評価

3.2

監督はデヴィッド・ミショット。主演はブラッド・ピットのノンフィクション本を原作とした映画。元アメリカ陸軍大将スタンリー・マクリスタルの実話を基にした架空の事件が描かれている。

ひとりの将軍の栄光と衰退を通し、軍事力だけでは解決できない現代の戦争の裏側を描き出す。アフガニスタンの駐留米軍司令官に任命された生粋の軍人グレン・マクマホン陸軍大将は、泥沼化する戦争に終止符を打つべく意気揚々と戦地に乗り込む。しかし、ジャーナリストや政治家たちの様々な思惑に振り回されるうちに、事態は混迷を極めていく。

戦争映画だがコメディ映画の作りになっている作品。シュールなギャグが多くて少しクスッと笑えるものが多い。でもかなり好き嫌いが分かれるかも。
皮肉たっぷりの風刺映画なんだけど、盛り上がりに欠けるのでそういった点では少し退屈かも。

今回のブラッド・ピットの役はカッコいい役ではなくて、どこか滑稽な役なので少し残念。またクセのある役で少し笑える。

反省しないアメリカを風刺したストーリーで、グレンはその象徴とも言える。


まあ正直面白いとは言えない映画だった。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.2
ブラピの作品なので一応鑑賞。
普段戦争とかに興味持たないのでたまにはこんな作品も観ておかないとなぁ。。
考えさせられる。
内容は盛り上がりに欠けるけども実話に基づいてるようなのでこんなもんかな。
内容とは関係ないことだが、
ときたま、劇中のブラット・ピットの顔が
ベニチオ・デル・トロに見えたのは、
わたしだけだろうか…
ゆぅ

ゆぅの感想・評価

2.0
ブラピが演じたのは、
アフガニスタン戦争において、
アフガン駐留軍司令官を務めた
スタンリーアレンマクリスタル。

彼のことを私は全然知らなかったのですが、
調べてみたらブラピ、
表情も声もめっちゃ真似してる🤣
それも結構大げさにw
この作品結構コメディでした笑
ブラピの顔がずっと🤨←コレ
(iPhoneなら絵文字表示されるはずw)
声もいつものブラピじゃないし、
ブラピファンとしては新鮮で
観れてとても嬉しかったです😆💕
>|