大いなる陰謀の作品情報・感想・評価・動画配信

「大いなる陰謀」に投稿された感想・評価

かっつ

かっつの感想・評価

2.8
わかりません。😅

俺には難しい、レッフォードのは…

俺が世界を知らなすぎるのか、言いたいことが漠然としか見えなくて…

あの学生の話はどうリンクさせればいいのでしょうか?

誰かに解説してほしい一本。

《鑑賞:2008/9/23》
いもこ

いもこの感想・評価

2.5
派手さはないし、これから登場人物達がどう絡み合っていくのか?と思って見ていたら、どうもこうも絡みなんてまったくありませんでした
志願兵に対する周りの人間の馬鹿にしきった態度とか、浮かれたしょうもない内容のTVのニュース番組とか、色々と世相を切っているんだろうけど、もう少しきちんと背景を知っておかないとちょっと小難しすぎてきちんと理解したと言う自信がありません
ラストは余韻を残した終わり方だけど、なんかこうもうちょっと…え?そこで終わり???という感じでした
記録。公開当初レビューボロクソだったけど、案外面白かったような。ロバートレッドフォードとアンドリューガーフィールドのやり取りのシーンが好きだった。
dude

dudeの感想・評価

3.8
ロバート・レッドフォードとはこうであってほしいアメリカ。日本人としても心当たりが多く、刺さる映画だった。サスペンスではないよ。
#96
(#95はダヴィンチコード)

これ確か映画館で観たのかな。いま観ると印象がかなりプラスの方向に変わっていた😳
ZAKI

ZAKIの感想・評価

2.7
ウワーこれむっちゃ今の日本似た問題抱えてるー!つらい。
映画自体はそんなに面白くないんだけど、考え続けないといけないものがつまってる。無関心から関心へ。
注意喚起が主体で、この作品自体では語りきれてないものも多いんだけど、そこらへんは時代違うけど「ペンタゴンペーパーズ」とか観たらいいと思う。戦争映画もいいのいっぱいあるし。
akemi

akemiの感想・評価

3.2
対テロ戦争と政治。
今、何が起きているのか、何をすべきなのか、無関心でいてはいけない、という映画。
会話が長くて疲れました。
highbury

highburyの感想・評価

2.0
【アメリカ人向け】

上院議員とジャーナリスト、大学教授と学生、そして戦場の兵士の場面を同時進行で展開しつつ、一つのテーマに向かっていく社会派の作品。
言わんとしていることは分かりますが、これを映画にしてアメリカ以外の国で公開する意味があるのでしょうか?

ほぼ3つの場面に固定されており動きもなく、延々と会話を聞かされるだけの作品で私は退屈に感じました。

真面目な演技の時ほどヅラが気になります・・・。
3つのエピソードを90分で進行させるのに、無理があるように感じた。
それぞれのエピソードは掘り下げれば、もっと面白そうなのだから時間をかけてじっくりと観せて欲しかった。
それならば2時間半になっても観ると思う。

残念。
tori

toriの感想・評価

3.7
メリル・ストリープがジャーナリストを演じ
小泉進次郎のような前途洋々な若手政治家をインタビュー
ロバート・レッドフォードが教授として若者に政治に敏感になるように
教える

「ペンタゴン・ペーパーズ」「新聞記者」「ニュースの真相」に影響を
及ぼした映画(多分)

どうでも良いゴシップが報じられる中
国の将来に影響するニュースがテロップで流れる最後ら辺のシーン 
国民総白痴化狙いは日本だけではないようだ
>|