大いなる陰謀の作品情報・感想・評価

「大いなる陰謀」に投稿された感想・評価

ぶち

ぶちの感想・評価

1.5
話の進み方がひたすら会話をしていくという物で、ごめんなさい、ギブアップです。んー、後でもう一回見てみようかな。
何が面白いのやら…一見、複雑なものに見せたいのだろうなと思いますが、イマイチですね。
テーマが見えない、
久々に家族と劇場へ…深く考えずコレを選んだのだが・・・話が小難しい上に、アクションも盛り上がりもないので3人とも爆睡しまうという💧

余りの退屈さに、劇場出た後の居酒屋で選んだ自分が責め続けられたという変な思い出の作品 苦笑😂
くぅー

くぅーの感想・評価

3.5
my映画館2008#34> 約90分の長さながら、語りまくる中身の濃さに脳内疲労し、その上でラストでのあの提示に難しい顔になる。
描かれてるのは選択するコトでもあり…選択にはもちろん責任があって、ミスも後悔も付きモノだが、選択を放棄してれば何も始まらないと訴えて来る。
まぁ、思いきり米国向けではあるが、正義と平和の選択なんかは我が国も然り。
実は原題は“Lions For Lamb”でニヤリ。
トム・クルーズとメリル・ストリープのやり取りは流石だが、監督兼のレットフォードが二人と絡まないのはもったいなかった。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.0
・16/08/31:WOWOW【初鑑賞】

このレビューはネタバレを含みます

 まず原題から。「lions for lambs」ネット記事によれば、無関心な羊を守る勇者(ライオン)ということらしい。

邦題は本当に嫌いだ。意味がまるで違うからだ。やめてほしい。

 キャスティングが著名ではあるが、さっぱりしている。トムクルーズがでているのにこじんまりしているせいなのかもしれない。(邦題からも騙される部分もあるだろう。)
アクションや画栄えのするシーンというよりは、内容で伝えていくストーリー。

 切り口はアメリカ人の色々な立場から、政治や軍事行動について考えさせられる内容。

日常を切り取りながらも、立場ごとに意見を交え、客観的・俯瞰的なディベートが行われているのがめずらしいかもしれない。

が、着地ができずに  もしくは見ている私に理解できないレベルの着地をしているせいで、 あと味が腑に落ちない。 もうおわり?あれ?という終わり方。

見たところ、思い描いていたゴールまで描けずに公開されたのではないか、という印象。無理やりリリースしたかのような。

途中まで引き付けられていたので残念

けれど今の日本においても、考えたか考えないか のレベルで 大事かな、と思う。 何も変わらなくても 何が問題で何が原因でだから今こうなんだ、という日本の現状を各々が何をするわけでなくとも 少し考える時間があれば良いんだろうな


ーーーーーーーーーーーー
いや、違うか
腑に落ちない着地の仕方も そういう演出と考えれば
あっけないほどの終わり方は

有望であった貧困層育ちの考えに考えた青年二人が徴兵で命を落とし、その結果 得られた作戦拠点であったが、メディアでは面白いニュースが取り上げられ続け、字幕でかろうじて表示された文字のニュースに、有望な若者が人が死に、その結果得られた成果であると誰も知らずに生きている。

為政者はそれを知ってか知らずか、自分の意図を投げ続けている

記者は会社や利益のレールの上を走り、いつの間にか記者としての使命を見失っている

恵まれた境遇にいる学生は どこか他人事で命を失う優秀な学生の事を知らずに生きている

同じフィールド(学校)で生活をしていても、境遇は一人ひとり違って、当たり前の世界は当たり前じゃない


エンターテイメントに教訓をはさむと説教になり 売れなくなる

けれど、そこに入れ込めたら 多くの人が見る事になる

難しい作品である
 宮崎哲弥氏が「アメリカじゃコケたみたいだけど面白かったよ」と文章を書いてて自分もけっこう関心した記憶がある。アンドリュー・ガーフィールドは本作で映画デビューらしいけど、最初っから上手い。兵士二人がレッドフォード的爽やかさをまとっている。
複雑な気持ちになった。
みんな人それぞれに正義や信念や野心があって、それは悪いことじゃないけどそれが争いを引き起こしてるのも事実。
それを傍観して無関心を貫いている人が大勢いるのも事実。
何が正しい?たぶんその答えが出ることはこの先ずっとないと思う。
あとタイトルややこしいです。もうちょっとマシな邦題つけてよ。
エル

エルの感想・評価

3.2
重大なことではあるんだけど、もっとでかい陰謀がテーマでも良かったんじゃ
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2008/5/1鑑賞(鑑賞メーターより転載)
アメリカの政治と軍事の恥部を明確に浮き彫りにして、誰の言葉を信用し疑えばよいのかを示すような、政治的教科書にもなりそうな映画。ただ、会話だけで延々と話が続いていくので、追いかけてしっかり吸収しようという意思がなければ取り残されそうになる。全体のテーマは良く伝わるが、眠いときに観たので派手さがなく時間が終わるのが待ち遠しかった。長いのにそれを感じさせない映画はよくあるが、これはその逆。トム・クルーズの胡散臭さが見事にはまっていたのは面白かったが...
>|