北の国から'89帰郷の作品情報・感想・評価

「北の国から'89帰郷」に投稿された感想・評価

ホタルは、旭川で看護婦見習いに。純は東京で働きながら定時制高校に通う。3回転職し、バイクを乗り回し、髪の毛は赤く染めていた。
blackflag

blackflagの感想・評価

3.9
スタートから五郎さんが飲んだくれてます。
五郎の寂しさが全開の回でした。

あと蛍にスポットを当てた
内容にもなっていました。
どんどん親元を離れていくんだろうな…

それぞれ頑張って生きていって欲しいです
meguros

megurosの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

蛍が旭川に引っ越す回。純が先に東京に出てしまっているため、蛍が家を出れば五郎は1人になってしまう。振り返るなら「’83冬」の故郷を離れるというテーマが蛍の物語として変奏されている。

蛍の恋人となる勇次(緒方直人)は、一族の期待から早く東京に出ていくことが望まれている人物として登場。故郷・滝里はダムの底に沈むことも決まっていて、彼はいわば故郷を離れることを強いられている。「東京なんか行きたくねぇんだ。おれは富良野にいてえんだ」と唇を噛む彼と、自ら何者になるために自律的に故郷を、そして父の元を離れようとする蛍の苦悩とが対比される。

一方、純は?という形で東京パートに移ると、ダサい自分を必死に何とかしようと髪を茶髪にしたり、どうしようもなく痛い事態になっている(やはり上京の理由が本音を言えばレイちゃんだったからだろう…)。茶髪にしただけで不良扱いをされるのはそういう時代だったのか...と可哀想な感じもあるが、盗難バイクを掴まされ、厄介になった警察では茶髪を理由に散々なじられ、(古尾谷雅人に一生の宝物にしろと言われた)泥の付いた例の2万円を盗まれた挙句に傷害事件まで起こし、村井國夫に「理由は聞かないんですか?」と逆ギレしてしまうのだから、気持ちは分からんではないものの経緯を眺めるに弁護はしづらい。早く富良野に戻るべき。

富良野に戻ると、富良野は当時のままで何も変わらず優しい。喧嘩の理由も聞いてくれる父に「丸太小屋作りを手伝いたい」と話すと「それはダメだ」と突き返される。

本作は蛍が旭川に出て行ったその日に中畑と2人で居酒屋でクダを巻くシーンからの回想でその顛末が語られ、最後もまたその居酒屋シーンで閉じられる構成になっているが、寂しくても純の帰郷を今はまだ望まなかった五郎の親としてのあり方が、そのグデグデでだらしの無い姿の向こうにラストは透けて見えるようになっている。蛍が出て行ったことが本当に淋しい、その気持ちが誰よりも分かるからこそ中畑は目に涙を浮かべていて、地井武男の役者としての素晴らしさをも拝める名場面だ。

純がフィーチャーされた’87初恋では尾崎、今作は長渕の乾杯。勇次が蛍とのイニシャルHYを木に彫りつけたシーンを見て「もしかしてHYってバンドはここからバンド名を付けたのかな?」と妻に聞いたら「あれは沖縄のバンドね」と即座に否定された。

レイちゃんに’87で約束した札幌の天窓のあるカフェに連れていってもらったり、洞口依子演じるエリちゃんは2万円を一緒に探してくれたり、純が知り合う女の子はみんないい子ばかり。その誰もを純は傷つけていくのだから、やはり許すことはできない(このあたりは’92巣立ち, ‘95秘密でも引き続き勝手に怒っていきます)
katharine

katharineの感想・評価

4.3
初鑑賞。
故郷がある、いつでも暖かく迎えてくれる人がいる。
五郎の言葉はいつでも温かい。
父と子の言葉以上の感情が溢れ出る秀作。
GO

GOの感想・評価

3.8
人の気持ちを誰よりも先に汲み取り、ひたすらそれを見守ってきた螢。
そんな彼女が初めて自分のわがままを言ったのが彼氏との別れを見送りたいってのが、めちゃくちゃ良かった。
純は心身共に疲れて帰郷して、久々に邦衛と再開。その時の邦衛の表情を観てるとワイが大阪戻ってきた時の両親はこんな感じやったんやろかと重ねてしまい、考えさせられちゃう。
Corno

Cornoの感想・評価

4.0
 『初恋』で尾崎を知り、『帰郷』で長渕を知る。ドラマ含め中2で見た以来なのですごく懐かしかった。泥の付いた一万円札と、風呂に入る五郎と薪をくべる純の会話…泣かせる演出ばかり。五郎の「そりゃ…ダメだ」からの仕送りの件が好きだ。
 先日の田中邦衛さん含め亡くなった方が多い。大滝秀治さんも、中畑のおじさん(地井武男さん)ももう居ないのかと思うと寂しい。
 『北の国から』カレンダーを愛用し、五郎の帽子のキーホルダーを保有する僕は今作の良さを再確認し、就活が終わればドラマから全部見直すと誓ったのであった…

 そして『北の国から』あるある
・ナレーションの4割「知らなかった」
・ナレーションの語尾ほとんど「〇〇であり…」か「〇〇と思われ…」
・たまに蛍の前歯が気になって話が入ってこない
kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
▪️JPTitle :「北の国から ’89帰郷」
ORTitle: ※※※
▪️First Release Year : 1989
▪️JP Release Date : 1989/03/31
▪️Production Country : 日本
🏆Main Awards : ※※※
▪️Appreciation Record : 2022-186 再鑑賞
🕰Running Time : 133分
▪️Director : 杉田成道
▪️Writer : 倉本聰
▪️MusicD : さだまさし
▪️Cast : 田中邦衛、吉岡秀隆、中嶋朋子、緒形直人、横山めぐみ、ガッツ石松、布施博、地井武男、岩城滉一、竹下景子 、洞口依子
▪️Review
故田中邦衛さんのご冥福をお祈りいたします。
田中邦衛さんと言えば代表作は「『北の国から』。1981年の連続ドラマ開始から2002年のスペシャルドラマ『北の国から 2002遺言』まで21年も続いた日本を代表する伝説的なヒューマンドラマです。本作を振り返ることによって田中邦衛さんという名優を心に留めおきたいと思います。
※TVロードショーされたからかFilmarksでも映画のカテゴリーにスペシャル8作が取り上げられています。なので映画ではないですが、スペシャル8作を再鑑賞していきたいと思います。

『北の国から』。昭和で育った私にとっては色んな意味で、日本と言う国の原風景がこの作品には多く込められていると思います。日本の家族、親子、隣付き合い、恋愛、生活風習、人生観、死生観、故郷、などなど。。。今観ても本当はもっと大切にしなければいけないことを気づかせてくれる、そんな作品です。若い頃何度も富良野に足を運びました。こんなに愛に溢れ、感涙させられる作品は他に類をみません。ほんと日本を代表する名作です(私の中では寅さんシリーズと並んで!!)。

『北の国から'89帰郷』
五郎さんの酔っ払いで始まって、五郎さんの酔っ払いで終わる、そんな珍しいパターン!!スペシャル版第4作目です。
旭川へ行く蛍。。。東京でうまく暮らせずに富良野に戻ってくる純。。。そんな2人に歳を重ねたせいか、五郎は全てを温かく受け止めます。そして2人も最後には旅立ちが。全ての家族が別々に人生を歩み始めるターニングポイントとなった作品です。3人が麓郷に揃ってからのやり取りはずっと温かく、ずっと涙腺が緩んでいる状態に。
そんなメインストーリーに、蛍の初恋、そして純のれいとの再開などの物語もう盛り込まれています!!

物語は。。。
五郎(田中邦衛)は、朝早く螢(中嶋朋子)を旭川に送り出すと、将来の家作りのためにひとり丸太を削り、夜は螢の帰りを迎え、スナックで酒に酔うのが日常です。東京から純(吉岡秀隆)が送金してくるのがうれしい。兄妹二人ともけなげにやっていると思うと、飲まずにはいられないのです。その純だが、実は東京で二度三度と勤めを変え、バイク仲間に加わり、髪まで赤く染めて叔母の雪子(竹下景子)たちを心配させていました。赤い髪で富良野には帰れない。貯めていた帰郷旅費の袋も破り、400ccのバイクを買うために危険な相手とも関わることになり、あげくは傷害事件まで起こしてしまいます。一方富良野では、汽車で旭川に通って看護師の勉強をする螢は、毎朝車中で顔を合わせる予備校生の勇次(緒形直人)とほのかな慕情を通わせるようになります。。。

☆感涙ポイント
今回は号泣というより、後半はずっと温かい涙が溢れるそんな作品です。強いて言えば、
・電信柱を殴る純『オレは不良じゃない!!』とても胸が痛いシーンです。。。
・富良野に帰りたい、父さんに会いたい、蛍に。。。純の心の声。
・お風呂に入った五郎と薪をくべてる純との会話。。。(田中邦衛の延期とセリフがとても素晴らしい!!)

そして、
また、電車を追いかけて走る蛍!!
長渕剛の『乾杯』が今度はリフレイン!!

本作時点、
田中邦衛57歳 吉岡秀隆19歳 中嶋朋子18歳

▪️Overview (Wikipediaより)
東京から故郷の北海道に帰郷して、大自然の中で暮らす一家の姿を描く。脚本は倉本聰で、北海道の雄大な自然の中で繰り広げられる。連続ドラマ放送後、8編に及ぶドラマスペシャルが放映された。主題歌の作曲・スキャットは、さだまさし。

連続ドラマの好評を受け、10年単位で子役の成長を追う大河ドラマというコンセプトで、当初から長期シリーズとする予定で開始。ドラマスペシャルでは常時視聴率20%超えを記録した。全ての作品がビデオ化されている。

・TVドラマ1981年10月9日 - 1982年3月26日
・北の国から'83冬
・北の国から'84夏
・北の国から'87初恋
☆北の国から'89帰郷
・北の国から'92巣立ち
・北の国から'95秘密
・北の国から'98時代
・北の国から 2002遺言
2021#182
金髪で帰郷した純をおじさん達が無理矢理染めなおしてしまうのが面白かった。
蛍のほのかな恋も良き。
YOU

YOUの感想・評価

3.9
蛍が色白のきれいな女学生になった。
ドラマスペシャル4作目だが
蛍メインの話がなかったので
今回の蛍の恋バナは嬉しい。
蛍のナレーションは初めてじゃないだろうか。
マーくん似の緒形直人はうまい人選だ。
どことなく純に雰囲気も似てる。
母親といい恋人といい蛍は去りゆく
列車を追いかける

懐かしのグンヘル、GPz400F、シケモク。
上京後ふざけた生活をしている純。
純は雪子に「あなた変わったわね」
と言われる。
純朴な蛍との対比が見事だ
たろう

たろうの感想・評価

5.0
泥のついた20000円を取り戻すために戦う純のとことか、なんだかんだでモテモテなの純とか、すごいグッとくる
>|