ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

sekshun

sekshunの感想・評価

3.8
アマゾンの女戦士のボール回しならぬキューブ回しが1番楽しかった。上手く説明できないけどDCってドラゴンボール感が凄い。
AkiXCX

AkiXCXの感想・評価

4.2
フラッシュ役のエズラミラー目当てで鑑賞。
この真面目で正義感溢れるチームになくてはならない存在を十分に演技しててさすが!
超人たちは大変ですな!!
面白くて、すっごくかっこよかった!!んだけど、特に感動もなければ名言もない……本田忠勝みたいな敵との戦いは、ちょっと駆け足だったかな。
目からビームがめちゃくちゃ笑った。おもろいのに強くてかっこいいのはすごい。
バットマンかっこいい!顔もかっこいいし、ゴッサムシティの世界観がほんと好き
目からビームであんなにかっこいいのは本当にすごい。
てかスーパーマンが死ぬっていうのは、何があったのかな?カバ?
一言で言えばDC版アベンジャーズ。前作までのまるでスーパーサイヤ人のようなスーパーマンが好きだったので、今回いないのか...って見てたけどおもしろかった!
ただアクアマンとサイボーグなんて前作出てたっけ、、?という印象で増えてた。

12月にアクアマン主演があるみたいだけどフラッシュがよかったのでフラッシュ主演のやつ期待したいなぁ、ドラマ版面白いのかな。

こないだ同僚にバットマンは能力者なの?ときかれてその答えがフラッシュとの会話にあってよかった。スーパーリッチだ。
本編終了後の予告のも好きな役者で楽しみなので期待。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.5
フラッシュくんのド級の可愛らしさと、エロすぎるエロすぎるエロすぎるよアクアマン!!!そして能力スーパーリッチ美味しいところは結局スーパーマンにもってかれ益々病んで欲しいゴリラバッドマン、そして美しすぎるキュートすぎるワンダーウーマンさん…!!

ここまで揃ってるのに、相変わらず急ぎ足で文字を追うだけの小説のような全体の作りはなんだ。
結局スーパーマン1人いたらええんかい、と他キャラの扱いが悲しくなったし。

でもなんだかんだ面白かった。

先に単独映画をやって、全員集合うおー!が良かったのかしら。
たしかに今回初登場の時キャラ達の単独映画が先では客足が…?という気はするし、こっちを先にやって単独映画に客をひっぱりたい、その辺裏目に出ちゃってる感じ?
エズラ・ミラーの可愛さとモモアさんのフェロモンを信じろよDC!!!
モモアさんエロすぎるよモモアさん…
あとフラッシュくんに細谷さん、アクアマンにマイエンジェル安元さんを選んでくれてありがとう…そしてアイゼンバーグくんはヒロシカミヤだったのですね…それはこのシリーズだけにしてね…w
バットマンvsスーパーマンを見てからにすべきだった…。
敵の魅力不足。敵とキューブが何なのか、とりあえず凄いパワーの脅威と言うこと以外よく分からなかった。
バットマン単体作品は好きだけど、宇宙人と戦い始めるとバットマンは浮いてしまうなぁ。
ジャスティスリーグ側のキャラクターも、初登場キャラも多いのにざっくりプロフィール紹介だけに留まったので、掘り下げ不足感が否めない。
MARVELのユニバースが時間をかけて描いてきたスケール感と深いキャラクター描写には及ばないなぁと感じてしまった。
あと心なしかCGがショボい。人物とCG背景の合成とかライティングが違いすぎて浮いてた…クライマックスの花が咲くところも△。

フラッシュのエズラ・ミラーは可愛かった。
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

3.0
さわやかに、かろやかに、たのしく、スカっと観れました。
良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

「スーパーマンとバットマン作品多すぎてよくわからんから予習せずこっち観ちゃお」的な軽い気持ちで行ったのを後悔しました。まさかがっつり続きものとは……

MCUの大成功のなか、DCも同じように連作のヒーロー大集合映画を作る意味とか、DCらしさとは?って考えると、難しいなあ、って思います。
一番アガったワンダーウーマン登場シーンで、いかにもMARVEL的な演出だったから、ちょっと複雑な気持ちになってしまった。

でも、DC映画も活性化したほうが絶対絶対絶対面白いので、これから期待したい。
ジェイソンモモアはあまりのイケメンぶりに一目惚れしたのでアクアマン楽しみ!
「ジャスティス」を語る話はどうも胡散臭く感じるのだが、正義のヒーローを活躍させるには致し方ないことかもしれない。それにしても、バットマンは弱いことを実感させられるし、ワンダーウーマンは美しい。

マーベル作品と比較するとB級感は否めないが、それはそれで棲み分けができているのかもしれない。ザック・スナイダー監督の好きなダークな色調は踏襲され、もはやDCシリーズの顔。次回作もスナイダー監督で決まりだろう。しかし、もしかしたらこのB級感はスナイダー監督の色なのかもしれない。

本作は暇つぶしに流しておくにはちょうど良い感じ。バーのBGVで流れていそうな映画だと思う。ストーリーなど気にせず派手な映像をつまみ食いする感じでも全く問題ない。
よそ

よその感想・評価

3.5
アメコミそこまで詳しくなく、前作も見てなかったのでちょいちょい分からない人とかストーリーもあったけど、面白かった✨
相変わらずワンダーウーマンが、かっこよい。
エズラ・ミラーはこんな役もやるのかー、暗いイメージしかなったわ。ってかDCってもっと暗いと思ってたけど、意外とコミカル。