本当に若い娘の作品情報・感想・評価

「本当に若い娘」に投稿された感想・評価

ピル買ってこい、スイスまでな!

むっちり巨乳美人による変態青春謳歌作品☆

ん~エロス(* ̄∇ ̄)ノ

おっさんのチンコにだけボカシ無かったのが気になりましたw



ボナール家の一人娘アリス。

夏休みに帰省するがヒマである。

そこで…
性器にスプーンを突っ込んだり
玄関前で小便してみたり
ゲロのついたまま日記を書いたり
ミミズセックスを想像したり
尻に瓶を突っ込んだりしてみた。

さらに、近所のイケメンにもちょっかいを出してみるのだが……



まるで死んだ魚のようなペニス

えぇーww萎えるーwww

ひたすら妄想捗る悶々思春期な少女にドキドキ♪
確かに色々想像はするけど、ここまでいったら変態だろ(笑)

が、まあ想像するだけなら自由ですからね☆
フランス人らしい想像で良かですよ( ´∀`)

遊園地で隣に座ったオッサンが何故かチンコ見せてきて「好きだろ」とか言いながらしごいてきて草!

それに「変態!」と叫ぶアリスだが、貴女も大概よww?!

そんな変態ワールドを90分繰り広げた挙げ句のオチには唖然…
まじかー

ここまでヤバい作品が暖簾のこちら側に普通に置いてあることが凄いですね(笑)
あかね

あかねの感想・評価

3.9
えろい👏✨!!
もう顔も体も堪らない( ´∀`)!
←おっさんみたいですまん笑笑😂🙏
でも主人公の顔がとにかくお人形さんで
体つきもパーフェクト🌸✨

内容もなかなか🙆‍♀️!!!
学校から夏休みのために田舎の
家に戻ってきた一夏の少女のエロ。

このこ、無垢なんだかエロなんだか。
ピュアのエロって一番翻弄されるやつ。
終始豊満な体で一日中えろい下着
でうろうろ。父がめちゃきもかった!
娘の体も妻の体もわたしのもんだ!
とかいいながらさわさわするんだもん!

あそこにスプーンいれておちゃめに
遊んだり、あそこにミミズが一番
恐怖だった笑笑!!後は暇すぎて
お尻に自ら瓶入れる少女って
やばすぎ笑笑😂😂!強いわ笑
ジェットコースター乗ったら
隣が変質者でおじさんのあそこみる?
のからの変態野郎!!の殴りあいの
それでもジェットコースター
止まらないシュールさよ笑

すごい狙っていた男子と
いよいよセックスであれみたら
死んだ魚のような逸物だった..と
明らかに萎えた少女にはわろた笑笑!!

鶏の皮剥もありました( ´∀`)
母親がぐりぐり鶏の頭から血を出す
姿はホラーだった!
寸止めの苦しみを与えていた!
あちらの人
本当に逞しい🙆‍♀️🌸🌸

いける人にはいける
超絶おススメあれこれ満足な
変態女子が拝める一本( ´∀`)!!
片田舎に帰省した寄宿学校の女子生徒が、自身の性と向き合いながら、一目惚れの青年に猛烈アタックを仕掛けていく。自らの性欲に翻弄される少女の、ジュクジュク疼きライフを描いている、エロティック・ドラマ。

主演を務めているのは「さよなら エマニエル夫人」にも顔を出していた、ポルノ描写OKの女優さん。物語上14歳の設定だが、製作年の時点で22歳。すでに豊満な体つきをしているため、ローティーンとして捉えるのは無理がある。

主人公のトンデモ性行動は、スプーン挿入、ノーパン歩行、妄想ミミズプレイなど。便宜上トンデモなんて言っているが、自慰盛りの男子が実践したがっている内容と大同小異。傍から見ると滑稽だが、当人は至って大真面目なところが重要点となる。

「O嬢の物語」を執筆した女性作家とシンクロする要素が含まれているため(本作も女性監督が手掛けている)、性観念を女性視点から描いた作品として、それなりの訴求力が備わっている。言わば、70年代ファッション・ポルノの王道。
Cem

Cemの感想・評価

4.0
瓶をお尻の穴に入れる14歳すげぇ!!!こんなエロい14歳いるわけない!!!撮影時は20歳だと知りホッとしたけど、もうちょい若い女優さんにしてほしかったな〜さすがに14歳には見えない。汚れを知らない清純な少女とは真逆なタイプでそれはそれでバカっぽくて楽しかった!ジェットコースターでオナニーするオジサン最高!
ERI

ERIの感想・評価

2.5
夏休みで実家に戻ってきた娘の日常。
変態娘(゜∀。)

パンツを足首までおろして外を歩いたりノーパンではしゃいだりなんなん?
この子はパンツを脱ぎたがるのか…フムフム

家の庭で日焼けしつつヒマだからとおしりに瓶を突っ込んでみたり、線路で足をおっぴろげ~ʅ(´⊙౪⊙`)ʃ

ちょいちょいオェ(;´Д`)的なシーンもあったりで気分悪っ

ニワトリさばかないでくれ(;´Д`)
みみずもキモイわ(;´Д`)

妄想と現実の境目がわからなくなる進み具合。
あっ。
好きな人の前でパンツ脱いでの放尿とかありましたわ。

とにかく何がしたいのか謎だった。
女将

女将の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなものが全部詰まってる変態映画だった。美少女すぎる。放尿!!

瞬きするの忘れて目が痛いくらい美少女がエロイ。自転車の乗り方。白いスカート。白い綿のパンティ。あぁ、サドルになりたい。

ミミズと、父さんのSEXシーンはきもいからいらない。

脇毛は処理しない文化なん?

家族の前でも平気で下着姿でフラフラして、ラジオ片手に踊ってるの可愛すぎる。

寝る以外ならなんでもしてあげる。妊娠が怖いの。ピルを取り寄せて。ピルはいつ手に入るんだ。貴方が取り寄せるのよ。て、焦られて男の悩ましい顔がまたそそる。

スイスからわざわざて、何日かかるん?

ピルが手に入った昼下がりに、夜でないと嫌とまた焦らされて。最後はずーん。

終わり方まで好きだわ。
タニー

タニーの感想・評価

2.0
グロい・エグい!
ビックリ映画。
え〜!そんな事するのーって事ばっかりで、話の内容なんだっけ?ってなった。

この監督の「処女」ってのも続けて観たけど、そっちも内容なんだっけ?ってなった。
本当にすごかったが、本当に内容のほとんどを覚えてなく、本当に強烈なワンシーンだけ覚えている。
カトリーヌ・ブレイヤ監督デビュー作。
いきなりコレかい…てな感じ。☆(笑)
製作から25年を経た21世紀に入り、
ようやく劇場公開されたそうで。

複雑な感情を持て余す14歳少女の
拗らせ系ダークファンタジー(?)。
といっても、演者の実年齢は18歳。

タンパク質的な生臭さ、グロさ。
映像から漂う生理的嫌悪感は、
思春期にある少女特有の心理を
表現しているのでしょうか…?


製材所で働くイケメン白タンク青年に
熱い視線を送り続け誘惑するも、
冷やかにスルーされる少女。

青年の立ちションを覗き見て、少女は
地面にヘタり込み、開脚して性器を
露出させ、彼に熱い眼差しを送りながら
オシッコを垂れ流すのです…。☆

…まぁ、彼でなくても引きますよね。(笑)
そして、少女は妄想に耽ります…。

全裸開脚で拘束された少女に対し、
青年は少女の性器をくぱぁと開き、
ミミズを挿入しようとするのです…!

熱く眼を潤ませ、青年を見上げる少女。
征服感たっぷりに少女を見下ろし、
腰に手を当てて「フハハハハ…!」
と笑う青年。♪


あと、ジェットコースターで隣り合った
グラサンスーツ男の、高速シゴキ!
…いや、観覧車と勘違いしてない?
アッという間に終わっちゃうよ!?

そして、ブレイヤ監督お得意(?)の
衝撃的なラスト…!☆

その他にも色々とアレな場面が
多数用意されておりますが、総じて、
エロを楽しむ作品では無いと思います。
夢野猫

夢野猫の感想・評価

2.5
何とも評価し難い作品。

仏映画らしいと言えばそうなのだろうが、少女の妄想?が生々しいと言うか生臭い(笑)

ここまで明け透けに恥じらいも無く見せられる(ボカシが入ってますが)と、エロよりもグロを感じてしまうのは何故だろうか。

人嫌いの少女の退屈な夏休みを、覗き見しながら一緒に退屈してみませんか(笑)
>|

あなたにおすすめの記事