エクス・マキナのネタバレレビュー・内容・結末

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実…

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった…。

「エクス・マキナ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

想う人には思われず
社長を閉じ込めることは是としても
自分は別と思う

AIはきっと人間とAIの違いと
その違いが生み出す未来について考えることができる

自己保全の考え、ロボット三原則
ロボット作るときは必ず人間に害を与えないようにプログラムしないと!!
AIだと関係ないのかしら?
面白かった!
そしてスタイリッシュ!
好みでした。
Detroit: Become Humanで思い出した。

それなりに心理の変化や盛り上がりもあるんだけどなぜかひたすらに無機質で単調な印象。それがAIを表しているとしたらすごく効果的ですね。AIにまず芽生えるのはエゴ、感情が芽生えるのはまだまだ遠い未来ってことなんでしょうか。
こういうSF?AIのお話は結構好きです。ロボとの淡い恋心と甘酸っぱい失恋の映画なんだろねー、みたいな呑気な気持ちで見てたらどんどん不穏な空気が漂って、ケイレブの可哀想な過去や背中の傷まで見えて、なんだかもうやり切れない。でも好きです。
結局AIの勝ち。アリシアヴィキャンデルめちゃキレイ。そりゃ惚れてまうやろー!
WOWOW📺
登場人物少なくてわかりやすかった!
最後の終わり方にゾッとした💦
なかなかおもしろかった。
ただ、エヴァはこのあとどうやって人間社会で生きていくのか…賢いからうまくやれるんか?、、AIこわ
この大自然のなかにある洗練された建物だけで痺れる。しかも本当にある建物なんだね。この感じだけで既にワクワク。
そこにめちゃくちゃかっこいいスケルトンの人型ロボット(eva)出てきた時の高揚感!
しかし4人しか登場しない閉鎖感がストーリーと共に息苦しくなる。
あーやだやだ。なんでアル中のお茶の水博士こんなこと独りでやってるの?
神が創造したアダムとイブ、7日目に神はどうなる?

近未来のことではなく、知らないだけで既にありそうな話であるけど、カードキーという点がアナログだよね。マイクロチップ埋め込みなさいよ。

むしろ人間もはじめから神と言われている何かに創られた 精密なジェル状の脳AIを搭載したつくりものなんだよ。
エヴァが可愛すぎて性別を与えられたことに、ラストはせつない。ケイレヴ出してあげて~。
自分の望みを叶えるために、同情愛情恋情憐情ありとあらゆる感情を駆使し他人をコントロールする。
本作に登場するAIは、感情的になるプロトタイプも含め実に人間的で、じっさい彼らとわたしたちを分けるのはなんなのだろうとわからなくなるほど。
最後、望み通り街に出て人混みを眺めるエヴァは高揚するどころか浮かない顔で、家を出て自然と触れ合った時のいきいきとした表情とはあまりに裏腹なその様子も含め、「人間」になりすぎたAIの悲劇を感じました。
人生ってそういうもんなのよ。
期待をしては裏切られる、その繰り返しなのよ、エヴァ。
あと、気が済んだらケイレヴ開放してあげて。

鏡の国に迷い込んだような二時間弱でした。
おもしろかったです。
じわじわと忘れられないラストだった。
エヴァがとにかく美しい。服や髪を身につけていない初期のエヴァが特に魅力的だった。所作も美しく人間らしくなくて良かった。ラストは二人仲良く脱出からのハッピーエンドと思っていたら裏切られた。エヴァがかつてそうだったように、ケイレブたちは密室に閉じ込められることとなった。ケイレブが不憫すぎるけど、このラストで良かった。じわじわ考えさせられる。AI強し。人間とAIの境がわからなくなったケイレブが、皮膚を引っ張ったり、血を見たりするシーンもまた印象的だった。明らかに怪しいネイサンがスター・ウォーズのポーとは……
>|