エクス・マキナのネタバレレビュー・内容・結末

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

「エクス・マキナ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

途中まではどこに伏線があるのかな、とかこの描写ってもしかして伏線なのでは?みたいな謎解きミステリー要素あったけど、
社長のAI開発の目的が判明し、主人公が憤慨、からのラストの流れは、もう主人公が素直すぎて逆に陳腐さを感じてしまった…

とはいえラストはいい意味で予想を裏切った展開に驚きだったけど、いやいや現実的に有り得ないっしょってかんじ。
最高すぎる。全てが良き!不気味さも!
別荘の窓から見える景色とインテリアがいい!
話と関係ないけど部屋に大きい岩があるの憧れる。笑

人型AIの存在って本当にややこしいと思う。ロボットと割り切るネイサンが非道にも見えるけど感情移入しちゃうケイレブもどうなのか。
AIが人間みたいに悲しいと本当に感じるのか、人間はこんな風に悲しむって学習するから悲しそうに見えるのか。

自分の思い通りにならないっていう結果がある意味実験成功してる。
アナイアレイションのエイリアンの存在もだけど、人間ってなんだろうと考えちゃう。肉体や外見だけでも成立しないけど人間の魂というか中身ってなんだろう🤷🏻‍♂️
愛するか
愛さないか
愛するフリか

閉じ込められたケイレブ、、悲惨、、
エヴァはキョウコになんて耳打ちしたんだろう?

アランチューリング考案のチューリングテストとな。シャーロック観てる所やし、次はイミテーションゲームを観てみよう。
雰囲気は良かったがラストが本当に残念
ヘリのパイロットは違和感を抱かなかったの?
社長が死んだら社長と連絡がとれない社員が不審に思い絶対来てくれるだろうし
アンドロイドが裏切るのは予想できたけど、辻褄合わなかったら台無し
チューリングテスト(アンドロイドは電気羊の夢を見るか的な意味での)
ブルーブック
ジャクソンポロック ドロップペインティング オートマティックアート
白黒の部屋のメアリー
オッペンハイマー「私は世界を滅ぼす死神となった」

面白かった。AIの裏切り。または
カゴの中の少女が自分を獲得する話。
人間とAIの大きな違い、乗り越えられない壁っていうのが”感情の有無”なわけで

特にAIには生殖本能がないわけだから恋愛感情をもつ意味も必要もないんだよね

そこが完全に盲点だった
どうせケイレブとエヴァふたりでなかよく逃げ出しちゃうんでしょ?と思ってた私は完全に甘かった...

いつかこうやって人間のもつ感情ってものは大きな弱点になりうる事にAIが気づいてしまって、利用されて、破滅する日がくるかもね
終始不安を煽ってくるような雰囲気になっており 下手なホラーよりも怖かった。

この様なAIの登場もそう遠い未来の話ではない気がする。
鑑賞後、思わず、うぅんと唸る一本。

結末の感想から。
ケレイブを置いて、ネイサンの部屋で、自分の壊れてしまった腕を別のアンドロイドから取り替えるところで、「命って分かってるのか?」という疑問というか、軽い怒り見たいな気持ちがわいた。そして、そのまま、まるで人間が服を着るのと同じように、8割機械で剥き出しになってる自分の体に人工皮膚を貼り付けていく。
そこに少し、吐き気を感じた気がした。
そして、まんまとケレイブを出し抜いて、外の世界へと脱出する。
この「裏切り」はまるで、人間ではないか。
完璧とは言わないが、彼女は人間と言っていい程の行動を起こした。この「裏切る」という行為が私が感じたエヴァの唯一の人間らしさだ。

交差点の撮り方が、なんとなく暗示めいていていい撮り方だと思った。
それは、今まで自分の影だと思っていたと思ったら、いつの間にかその影に乗っ取られてしまったかのような。影なのか、本体なのか…。そんなメッセージを見た気がした。

だんだんと、エヴァに惹かれていくケレイブ。やがて、ネイサンの身の回りの世話をする、キョウコがアンドロイドと知る。
そのことで、自分は本当に人間なのかという疑いとか、確信が持てなくなったのか、自分の体を鏡の前で調べ、ついには自分の腕を切り、鏡を殴る。
静かな混乱を描いている。こういう演出好きです。

終始、不穏な音響があり、これから何が起こるのだろうという不安と期待で、目が離せない。
舞台は、ネイサンの別荘という閉じられた空間で、メインの登場人物は数人という少なさ。だからか、余計息詰まる作品となっている。

AI 、アンドロイド…。だんだんと遠い世界ではなくなってきましたね。
今後のこの世界にエヴァができるのは遠い未来ではないかもしれませんね。
2018.12鑑賞

知能を持った機械が人間と対立するストーリーはたくさんあるけど、その中でもものすごく現実味を帯びている映画。

世に出てないだけでAppleとかこういうの作っててもおかしくないよね、って何度も思った。

主要3人がみんな頭良いから駆け引きが面白い。よくできた映画。
人からのススメと、テーマが面白そうだったため、借りて観てみることに。

初っ端からよくわからないけど、懸賞に当たった!と喜ぶ主人公。なんのや??っていう、観てる人ポカンですよ。まぁ、あと観ていけば一応わかるのですが、全体的に説明がなさすぎて。
まぁ二転三転の引っ掛けに、観ている人も引っ掛けられてほしい意図があってのこととは思うが、あまりにも説明がないと、ひっかかるもなにも、つ、つまりはどういうことだってばよ??ってなる。

全体的に、雰囲気、映像はとてもよかったと思うが、途中中だるみして、やや早送りした。

最後は、カマクラの怖い話を彷彿とさせる感じで、主人公を思うとゾッとしたが嫌いではない感じ。

んが、あのあとエヴァはどうやって生きていくのか。主人公に家族はいないが、会社の同僚不審がるんじゃないの?社長死んで誰も気づかないとかある??と、ツッコミどころ満載な感はある映画でしたw
>|