エクス・マキナのネタバレレビュー・内容・結末

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

「エクス・マキナ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

チャプターで分かれており、とても分かりやすく、見やすい映画でよかった

映像、女性キャストの容姿や機械的な振る舞いもすべてが美しい
そして脆く悲しくはかないと改めて人工知能の現代科学に想う
本当にこういう実験はあるんだろうし、こういうことが起きていると言ってもいいと思う
わたしは選ばないように生きよう

そして、無垢な存在というのが一番怖い…と思わせつつも、すべての知能やこれからもその知能を学んで行けるという知能、感情に近いもの、そして身体も手に入れた今、AIはやはり無垢な存在として生きれないことは容易に分かってしまう
人間と違い、AIにとって、人を殺すことは容易だ
自らの文明、自由を人間社会で得ようと、
体を手に入れ人間社会に溶け込む…

人間にはわからない言語をすでに取得してAI同士話していることは事実だ
十分な社会風刺映画であり、ホラー映画ですよこれ



4.3だけど、バッドエンドなのがだめだなあ…もう少しその後とか描いて欲しかった
正直バッドエンドは人類分かってるだろうから解決策としての蜘蛛の糸みたいなのが欲しかった。
モヤモヤして吐きそう…
胸糞悪い…泣
とても美しくて怖い映画。
登場人物の少なさを感じさせず、退屈しないストーリーでした。

全体として旧約聖書オマージュ多め?
社長に刺したナイフを引き抜くシーンとか、神がアダムの肋骨からイブを創った話を彷彿させる。

現実でも人はAIに恋するけど、AIは人に恋しないんだろうな。
エヴァの造形も素晴らしく綺麗で、女性陣の所作が女の私から見ても魅力的。

クラウドアトラス観たくなってきた。
エヴァにとってケイレブはただの箱部屋からの脱出の道具にすぎなかった。ケイレブの愛はただの一方通行。

愛を学習するどころか、むしろ人間の男がどうすれば自分に性的欲求や情が芽生えて、かつどうやったら騙せるのかを学習していたという衝撃。
映像の美しさを堪能。

センスが良すぎて絶対住みたくないオシャレな建物と、圧倒的な自然との組み合わせは最高ですね!

ほぼ、会話だけで進行するストーリーを飽きずに見せてくれた俳優さんたちの演技、存在感も素晴らしいて思います。

オスカー・アイザック氏に至っては、ポーダメロンだなんて全然気がつきませんでした。

ラストに、最初はちょっとモヤモヤしたんです。
でも、彼女は人間になれなかった(最初からなる気は無かった)のだと解釈して落ち着きました。

街の中で、ひとり立ち尽くすエヴァ。
そこには、達成感や感動が見えない。

素晴らしい体験を誰かと共有するのは、人間ならではの喜びですもんね。

エヴァちゃん、遅くないから、ケレイブ迎えに行った方がいいよ…
人間の不完全さを表すためだったとしてもネイサン詰め甘すぎじゃない?
感情的で完全エゴな行動でしかないくせに善人面してる奴が痛い目にあうのは見ていてとても気持ちが良い
エヴァがきれいすぎて、AIの不気味さを忘れてしまう。結末はやっぱり怖い
この感覚を言い表すなら、子供が産まれた瞬間に立ち会ったかのような、いや厳密に言うなら巣立ちの瞬間と言えるのかな。
人工知能を持ったひとりの新人類が支配やしがらみを凌駕して世界に降り立つまでを、極めてミニマルでエレガントな映像表現と、知的で多層的な会話劇で描いた作品。
ほとんど完璧と言っていいくらいにすべてのシーンが美しく、緊張感に溢れ、皮膚感覚に訴えかけてくるような独特の官能性がある。

本作で印象的なのは、平面的な何かに遮られるようなカットを多用していて、そこにはパーテーションのような隔たりや、閉じ込め(られ)る、覗く、(鏡のように)映すといった様々なニュアンスが込められている。
このように、何かに遮られたものの中で行われる人の動きを観る、というものには生理的なエロティシズムを感じる。
エヴァが最初に登場した瞬間の、壁か柱の陰から窺える人影の、ぎこちない様な、不安気なその動きの独特の艶めかしさ、人間がそこに居ると錯覚させる(人間が演じているのだから当然なんだけど)、人とアンドロイドの初めての邂逅を描いたどの作品よりも素晴らしいと感じた。
バレエ経験のあるアリシア・ヴィキャンデル、ソノヤ・ミズノの美しいプロポーションと圧倒的な佇まい、パントマイムによって、人ならざるものの逆説的な人間らしさ、実存感を素晴らしく表現していて、それによって成り立っている部分もあるが、アレックス・ガーランド監督は人と人ならざるものの曖昧な境を、視点を巧みに操る独自の演出で、感覚的に描き出している。

ネイサンとケイリブ、ケイリブとエヴァ、エヴァとネイサン、常に1対1の関係で交わされる会話も知的で興味深く、密室心理劇として見応えがある。
7つのセッションを通じて行われたチューリング・テストがケイレブ、エヴァ、ネイサンにとってどのような意図、思惑によって行われたのか。
ネイサンの死後、最後のセッションで露わになるのはエヴァによって裁定されていた人類、観る側と観られる側の逆転がそこにはあり、衝撃を感じるとともに、深く感動してしまった。
限られた人間によるチューリング・テストが即ち人工知能の完璧さを証明するというのはにわかには信じ難いが、この物語の内部においては一応の説得力を感じる。高度に発達した検索エンジンが人工知能そのものであるという件も興味深くて面白かった。

フランケンシュタイン・コンプレックスやアイザック・アシモフのロボット三原則などが頭をチラつくこの映画において、殺人シーンは非常にショッキングなものに感じられる。
創造主を殺して、同族の犠牲を糧にして外の世界に飛び立ったエヴァは、このまま生態系の頂点へと上り詰めるのか、それとも他者と向き合ってゆくのか分からないが、想像するとゾクゾクする。
彼女が街で人々の中に合流した様子を、地面に映る影だけで表現したカットはまさに映画的で美しく、印象に残るものだった。


フレンドリーを装いながらも、ずば抜けた知性、財力と権力、人心掌握とマッチョな威圧感で優位性を匂わせ、かつ潜在的な男性性の不全感を抱えたネイサンというキャラクターが独特で興味深く、不気味な存在感。
演じたオスカー・アイザックは鍛え上げた肉体とカリスマ性があって、このキャラクターに強烈な実存感を与えている。

端正で無駄のない、コストとスケールが見合ったという意味でも非常に優れた作品だと思う。
21世紀のブレードランナー。web検索が人間の思考そのものという考え方は面白かったし、実際AIが様々なゲームで人間の能力を超えている現実と重なり説得力もある。物語の大半は3人の密室劇なのも面白い。ただ、AIというソフトの面はともかく、人型のロボットというハードをどうやって一人で作っちゃうの?という所がもう少し表現されてても良かったのではないでしょうか?とはいえ、創世記を元にしたストーリーと、設定、ロケーション、とてもセンスの良い作品でした。

馬鹿な主人公に腹が立ったし社長の包丁のシーンは涙が出たクソ馬鹿野郎め!!!
作られた女に感情移入するような小僧が何してくれてんじゃ
>|