アンキャニー・不気味の谷の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • アンキャニー・不気味の谷の映画情報・感想・評価・動画配信

「アンキャニー・不気味の谷」に投稿された感想・評価

AIを役者さんが演じているので不気味の谷現象は感じない。
予想は出来るオチ…と思ったらエンドロール中にまさかのオチ。
あの表情はそーなんだろうけど…え?
にゃる

にゃるの感想・評価

3.2
見事に騙された。
色々怖い。
もしかして、、、?みたいになっていくけれど、この終わり方、、、

振り返ると色々繋がる。
ぐぅ

ぐぅの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

プライムにて。
まさかの…アダムが人間で、デイビッドがAIとはー。そうかなーと思いつつ、本当にそうだとは!
エンドロールでの彼女の表情は…まぁそういうことなんだろうね…。どうやって?というのは想像するしかない。
評価が分かれそうだけど、自分的には結構好きかな。AIものはホラーとは違った怖さがあるよねー。エクス・マキナが好きならこれもオススメかな。

・不気味の谷現象
なかむ

なかむの感想・評価

3.4
AIテーマのSF映画。
えげつない脚本なので人によっては無理かも。

作品としてはコンパクトにまとまっていて観やすかった。
#登場人物4人
#途中からまさかと思った
#そのまさかだった
#シンプルだけどディープ
#最後のアレはかなり深い妄想の余地を与えてくれるねぇ
#オモローです
Nob

Nobの感想・評価

3.5
低予算ながらよく練られた脚本で、ラストのオチで見事に騙され、エンドロールで再び衝撃を受けることになる。
最後のチェスのシーンで「僕の主目的は達成した…」の台詞が深い。

AIスリラーという括りでは、エクス・マキナに通じるものがあるが、映像とアリシア・ヴィキャンデルの美しさから、個人的な好みでいえばエクス・マキナに軍配が上がる。
さるこ

さるこの感想・評価

3.5
外見は人間そっくりのアンドロイド。

作った天才科学者の元に美人記者が取材にやってきて、2人プラス1体の関係が徐々に変わっていきます。


面白かった!

恋するアンドロイド。
嫉妬するアンドロイド…
ちょっとエッチなアンドロイド。
最後のどんでん返しとは…。

勘の悪い私でも最後はこうなるんじゃ無いかと思ったくらいでしたが、それでも最後まで惹きつけられたのは、俳優さん2人が何とも言えない気持ち悪さがあったからかも。

ところでこの作品、ジャケット詐欺と言いますか、見る前までは、金属骨格剥き出しのアンドロイドが自我を持って襲ってくる感じかと思ってましたよ!

内容は全然違います。

短めですのでオススメします。
baramoa

baramoaの感想・評価

3.5
AIものはだいたい人間にどこまで近づけるか、人間との違いは何か…みたいな部分を感じさせると思うけどこの作品も例に漏れず。

低予算感はあるが逆に限られた場所のみでの閉じられた出来事という感じが不気味でよかった。実際あんな研究をただ1人だけでしているという違和感は置いておいて。

AIものの哲学、倫理観を投げかけつつストーリーはシンプル。シンプルだからこそなるほど、と最後になった。
らくだ

らくだの感想・評価

4.0
ある科学雑誌の記者が、研究中のアンドロイドの取材に赴く。そのAIアンドロイドはあまりにも精巧で、「不気味の谷(人間を模したものがある一定以上人間に近づくと急に不気味で非人間的に思えてしまう現象)」のどん底を感じる完成度を誇っていて、そのアンドロイドと、それを作った科学者デビッドの取材を続けるうえで交流を深めていく、というお話です。

低予算故の舞台の狭さが功を奏して、わかりやすくて飲み込みやすいストーリーと展開になっていましたね。アンドロイドのアダムはほんとに、絶妙に人間っぽくて人間っぽくないのが不気味で怖い…
SFサスペンスとしてはラストまでの流れも結構王道な作りになっています。SFサスペンスの実家のお味噌汁ですよ


エンドロール中に突如あまりにも胸糞悪いワンシーンが差し込まれて最高なので、エンドロールも切らずにちゃんと観てほしいですね
Simon

Simonの感想・評価

4.0
ロボットがあまり人間に似すぎるとある一定のラインから急に怖いものに見えるという話だったような気がする。
意外と面白い。

それより観た当時はここに該当の映画がなかったのにいつの間にかできてたので今さらだけどレビュー。

2019🎥283
>|