アベンジャーズ/エンドゲームの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/エンドゲーム2019年製作の映画)

Avengers: Endgame

上映日:2019年04月26日

製作国:

上映時間:181分

ジャンル:

4.6

あらすじ

出演者

「アベンジャーズ/エンドゲーム」に投稿された感想・評価

まさかそんな結末やとは思わんかった。おぉ…ほんまに終わんねんな、って。映画館で観るの見逃して今更観たんやけど、大画面で観ときゃーよかったよー

ハリウッドよ、これが映画か。
インフィニティ・ウォー
が激しかったので
今回のエンドゲームは
はじめおとなしくて
どうなんだろうかと
思いましたが後半面白かった。

最後にこれで
アベンジャーズが終わるんだな
と思うと寂しくなりました。
おかき

おかきの感想・評価

5.0
10年間を無駄にさせない作品
アイアンマンから始まったMCUの完結と声を大にして言える作品であり、感無量だった!!
ryusei

ryuseiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

marvel作品を観てきたら文句無しの作品。
やはりアベンジャーズは「アイアンマン」なんだと感じました。
ピーターが生き返ったあと、トニーに必死に状況説明をする中、トニーがぎゅっとピーターを抱きしめるシーンがなんとも泣ける。
スパイダーマンホームカミングを観てればわかる瞬殺コマンドをここで使うか!!と声に出てしまうほどカッコよかった。
エイジオブウルトロンでスティーブがムジョルニアを少し動かせたシーンとしっかり連動して期待通り持ってくれて興奮した。
サノスも普通に持ってたのはさすがって思ってしまった笑
とりあえず、終始泣ける神作品でした。
ひとつひとつの作品が丁寧に作られてきたMCU作品の完結編。ヒーロー達の強さと弱さを描く超大作。
キャプテン・アメリカ、アイアンマン、ソーというアベンジャーズをリードしてきたヒーロー達とサノスのバトルにはしびれた。メインの3人の集大成とも言える。
これだけ多くのヒーローを扱い、それぞれの作品をしっかり作り、かつ集結させても見事にまとめている。
またひとつ映画史に残る傑作が誕生するのをリアルタイムに経験できたことは幸せだ。

このレビューはネタバレを含みます

これ程素晴らしい映画はない!
生涯一位かも知れない。
僕の映画人生を大きく揺るがした作品であったし、11年間追いかけて来た甲斐があった。

2008年アイアンマンから始まったこの物語(劇中ではキャプテンアメリカが初めてのヒーローですが)、それをこんなにも綺麗に完結させてくれた。

ヒーロー映画って、聞くと一見アクションに重きを置いただけのストーリーペラペラを想像するかも知れないが、この作品は、ボリューム満点。
大盛り油にんにくましましラーメンの様なボリューム感ではなく、安くて美味いビュッフェの様なボリュームである。

10年追いかけて来たファンにとっては美味しすぎるけども、そうじゃないファンからすると全てを味わうのは難しい。
それは、途中からアニメとか見ても同じだけど。

前作、インフィニティウォーは速いテンポで展開が繰り返されているのに対して、エンドゲーム は間を大切にしている。
その緩急と背景などの色味を反対色にするなど、見やすい。アクションって暗くて早くて見づらい事が多いが、そんな事ない。むしろ見やすい。
テンポがなぁーっていう人は一生IWを観てるのをお勧めする。


トニー、スティーブ、ナターシャ、ブルース、ソー、クリントそれぞれが成長している。
MCUの面白さは、そこにあると思う。
変わらない事実を受け入れられずサノスの首を取り、PTSDになってしまうソー。犯罪を犯していない家族が消え、犯罪を犯している人々を許せず無残に殺しまくるクリント。完璧な人間なんていない、我々人間と同じなんだ。
ヒーローだって、人間だっていう事をつくづく痛感する。

アイアンマンになったトニーは、サノス指パッチンの後、自分の人生を歩く事を決めた。
キャプテンアメリカことスティーブは、血清を打たれた時からヒーローとして生きている。
彼らはそれぞれ別の選択肢を最後に選んだ、トニーは最後はアイアンマン、つまりヒーローとして個人の幸せではなく大義を選んだ。
スティーブは、ヒーローとしてではなく最後は個人の幸せ、自分の人生を歩むことを選択した。

ラストの結末も鳥肌と涙がこれでもかというくらい溢れてくる。

この映画で泣けるシーンは、半分くらいあるが特にぐっと来たのは、やはり今は亡き大切な人に会うシーンだ。
トニーは父に。スティーブは、恋人に。ソーは母に。

「ヒーローとは、ありのままの自分を受け入れられること。」

この言葉は、本当にグッと来る。ソーだけでなく僕自身にも響いた。ありのままの自分を受け入れるのは意外と難しい。

書きたいことはまだまだあるけど、
実際に見て感じて欲しい。
100人中100人を頷く映画なんて無いと思うけど
この映画はそれに近いくらい頷いてくれる人がいると思う。

読んでくれてありがとうございます。
アベンジャーズ エンドゲーム
この映画を観るために公開順にマーベル映画を観始めてから3か月。
ついに観てしまいました。
言葉では言い表せない。全てのヒーロー達に感謝です。
泣きすぎてで呼吸困難になりました。
というわけで
ゲオで借りてきて
みてみた。

キャラクターが
が揃いに揃って
登場するシーンは
圧巻でとても興奮した。

そこでなのだが
興奮しすぎて僕は
パンツを食べたくなって
きてしまったわけなんだ。

衝動をおさえきれず
パンツのことばかり
考えてしまった。
とわいえ、ちゃんと
みたわけなんだ。
今日はとてもよい
パンツとアベンジャーズ
日になったのであった。
最高でした…。10年間、本当にありがとうアベンジャーズ😊
詳しくはこちらへどずぉ
http://oguma-movie.com/2019/06/02/post-31/
Nakage

Nakageの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

推しが死んでしまいました…
IWでも推しが冒頭で死に…今回は冒頭ではありませんでしたが、悲しすぎました。というか担当を振り分けた段階で、「そこに行っちゃだめ‼︎」って思っている自分がいました。
最後近く、ピーターからガントレットを預かり、女子勢集合‼︎ の場面にも出来ればいて欲しかったよ、ナターシャ……

吹替と字幕両方で観たのですが、字幕をオススメします‼︎なぜなら‼︎ジェレミー・レナー(ホークアイ)の‼︎可愛い日本語が聞けるから‼︎ 何を言っているかは聞き取りづらい部分もありますが、思わずキュンとしてしまいました‼︎

3000回愛してる( I love you 3000.)
泣かずにはいられなかったです。
>|