クラウド アトラスの作品情報・感想・評価

「クラウド アトラス」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

4.5
【2013 アーカイブ】

ワーナーブラザーズ試写室で「クラウドアトラス」の試写を見た。ほぼ3時間の大作だ。

過去から未来にかけて何世代にも渡る物語を、重層的に同時進行させながら最後の最後にまとめ上げる、かなり複雑な構成の映画。

特筆すべきは主演のトム・ハンクスを始め、ハル・ベリーやヒューゴ・ウィービングなどほとんどのキャストが特殊メイクで一人でいくつもの役をこなしていること。

また「空気人形」のペ・ドゥナがまたまたクローンの役でいい味だしてます。劇中で出てくる「ソイレント・グリーン」を知っていればニヤリとすること間違いなし。

ワーナーブラザーズ本社の試写室だけにロビーにはバックス・バニーたちのスタチューがいっぱい置いてありました。
OREO

OREOの感想・評価

4.0
複雑に絡み合うストーリーが魅力的な超大作。よく見てないと全くわからないが、それだけ随所に散りばめられたヒントや伏線、盛り上げる要素や細かい描写や設定、何役もこなす役者など見所満載。中々ない構成の映画で、一度に複数の映画を見たかのような感覚になる面白い作品。是非注意深く見たい作品。きっと見る度に新しい発見があるそんな作品。
SUI

SUIの感想・評価

1.7
いくつかの物語ひとつひとつは展開いもあり興味深く見れる。

それらが細切れに進むが、物語の繋がりや関係性まで思慮するところまでは及ばない。
要するにそれぞれの内容を追うので手一杯なのだ。

物語の核となるべき共通のテーマみたいなものは見出すことができなかった。
あるいはもう一度見ればわかるのかもしれないけど、そこまでの情熱を注ぐほどの関心をこの作品に持つことはできなかった。
tatsuki

tatsukiの感想・評価

4.1
2回目の視聴。こんなに面白かったんだ。ストーリーが複雑で長いので一度見ただけでは拾いきれないかも。あとジム・スタージェスはやっぱりイケメン。
Kanoryuu

Kanoryuuの感想・評価

3.1
酒飲みながら見る映画ではないね。混乱してしまった。残念。火の鳥。
BLUE

BLUEの感想・評価

5.0
記録
長いけど絶対に二度見たくなる映画。
魂が輪廻転成を繰り返し、違う時代で、違う人種で生きている。

6つもの時代を行き来するから、ついていくのが大変だけど、全て分かった上でもう一度、答え合わせしながら見ると◎

あの時代では一緒になれなかったけど、この時代でまた巡り合ってる…!とか、一番最初に出てくる世界が、昔なのか現代なのかを考えると面白い。
時代や場所の違う6つのストーリーが同時進行する。魂は転生し受け継がれる、けどどんな人間かは行いとかで変わったりする、みたいな話だと思う。それぞれが少しずつ関連してたりするけど、がっつり交わることはない。それぞれジャンルが違って楽しい。何人かの俳優が違うストーリーにも出まくってて、見てるだけじゃ気づかないような変貌ぶりもあった。
これ思い出すのは無理だから、検索すれば早い。

「真実は唯一無二。視点が入れば真実ではない」
この言葉はみんな常に頭に入れておくべき。しょーもないいざこざが5割以上減る。
tune

tuneの感想・評価

4.0
ソイレントグリーン

話が壮大、ディテールが多すぎて一度で拾いきれなかったが結構良かった

もう一度観よう
satchan

satchanの感想・評価

3.0
バラバラの時代背景を持つ6つの物語が同時に展開していき、同じ俳優が違う時代で別の役を演じているところが面白かったです。3つの時代ごとに監督が違い、1849年、2144年、2321年の物語を『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉妹が監督、1936年、1973年、2012年の物語をドイツ出身のトム・ティクヴァが監督しているそうです。

トム・ハンクス、ハル・ベリー、スーザン・サランドン、ジム・スタージェス、ヒュー・グラントなど豪華キャストが、6つの時代で、イイもん役、悪役、男装、女装・・・と全然違うキャラになり、めまぐるしいです。集中して見ていないと、取り残されてしまうかも。輪廻思想のように、魂が別の時代で蘇っているのかと深読みして、大混乱してしまいました。

物理学者シックススミスは、1931年に若者、1973年に老人と、時代をまたいで登場するので、より混乱。他の俳優さん達も、どこかで繋がっているのではないかと、物語をつなごうと必死になってしまいました。シックススミス役のジェームズ・ダーシーは、『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』でエドワード役だった素敵な俳優さん、またお会いできて嬉しかったです。

どの時代だったか、ジム・スタージェスの悪役が結構ウケました。1849年のトム・ハンクスは、不気味な微笑みで意外な展開。男装、女装がなかなかの難問です。あの意地悪な看護師がジェームズ・ダーシーとは…。2144年の特殊メイクもクセモノ。瞳の動きや輝きで見分けようと必死でした。へジュ以外は誰がメイクの後ろに隠れているか、分からないよー。もう一度、ゆっくりと見直さないと〜。
良すぎたので思わず二日続けて観た。
サウンドホライズンを聴いてるときの感覚
>|