クラウド アトラスの作品情報・感想・評価

「クラウド アトラス」に投稿された感想・評価

キャストが時代によって善人役だったり悪役だったりで1人6役
みんなそれぞれをさすがの演じ分け

…なんだけど、ヒューゴウィーヴィングは全ての時代で悪人ww
女役から亡霊役まで色んな悪人
逆にあの顔で善人役やっても何だしななとこで

時代や属性を超越した悪者顔
tamaken

tamakenの感想・評価

3.0
トム・ハンクスをはじめとしてそうそうたる豪華な俳優陣が特殊メイクを利用してそれぞれの時代、場所で別々の役柄を演じる。

時代といい、空間といい、あまりにも物語が壮大すぎて、荒唐無稽な印象が拭い切れていないのは残念。ただそのような物語を映像化しようとした意欲は買いたい。

エンドクレジットの際に、各俳優がどの役柄を演じていたか「種明かし」されるのは見ていて楽しい。絶対にわからない役柄もきっと多数あるだろう。

蛇足だが、「ソンミ」を演じたペ・ドゥナは是枝裕和の「空気人形」での役柄を思い出させる。
megumi

megumiの感想・評価

4.8
500年の時を超えて巡り会い別れる人々。彼らを導くのは信念かそれとも運命か。
約3時間に及ぶ非常に長い映画だが、観ていく内に徐々に面白くなっていく。中世(過去)・現代・SF(未来)の全てが味わえる作品となっている。初めは時代も登場人物もバラバラな様々なシーンが繰り出され、やがてひとつの大きなストーリーになっていく。愛、信頼、勇気、正義、裏切り、悲しみ。あらゆる物事が未来へと繋がる。


評価すべきは、複雑なストーリーをまとめた脚本だけでなく、1人3〜8役をこなす俳優陣。トムハンクス、ハルベリーそしてベンウィショーにジェームズダーシー。一目一聞では気づかないレベルの演技力と特殊メイクは素晴らしい。

一番満足しているのは、ベンウィショーとジェームズダーシー。元々大ファンでこの2人が共演してると聞きこの映画を観たところなんとまさかの恋人同士。我得すぎて狂喜乱舞。ただこの2人の物語が一つの時代で終わっていたため-0.2。
何度も見直したくなる、そんな作品。
ブレードランナー2049を見たテンションで
これ見直そうと思って鑑賞🙋

これブレードランナーより長いやん笑
172分…笑

もー3時間いけば良かったのに笑笑
ロードオブザリングかよ笑


トムハンクスがメイクしてSFしてるのが新鮮な感じで良かった✨
トムも楽しんでる感じするし😂


でも複数の登場人物が色んな時代に多少違う外見で出てくる
色んな時代が行き来して入り乱れてる。
もーー頭プチパニック💫笑
プチじゃないかも…笑


″マトリックス″撮った監督の作品やけど
よーこんな作品作ったな…😂

これこそ壮大。
もーすーーごい壮大。


監督の脳内うぇーーーー。って見せられてる気分。😵笑笑

そん代わり世界観にはドッぷり浸かれる😤



【愛は時空を越える。】
的な感じかな🤔🤔


″ジュピター″もこんな感じなら良かったなぁ🤨
こんなにも素晴らしい映画を劇場で鑑賞できたことを
幸せに思います。

素晴らしい感動巨編に登場する超豪華キャストの競演。
あの人がこの役を演じていたんだー。
という驚きが上映後に待っています。
一人ひとりの役者の演技が均等に生きているこのような作品は
中々ないのではないでしょうか。

ストーリーに一貫しているこの映画のメッセージは
賛否両論ありそうですが、
純粋に楽しめる娯楽作品でもあります。
シティ

シティの感想・評価

1.1
3時間は長すぎるし、時系列が5~10分事に変わり過ぎて理解できない!Σ
主人公何人出てくるの?(・・;)

難しくて
思い出せませぬ映画。

参考までに。
6つの物語がパッパッと切り替わりながら進んでいくのでもっと混乱するかなぁと思ったけど、思いの外すんなり入ってきました。
3時間弱の長丁場も気にならず面白かったです。
これは2周目以降がより面白いスルメ映画だろうなぁ、また見よう。
Tsuki

Tsukiの感想・評価

4.3
過去・現在・未来を輪廻転生で描いた切なく笑える一本‪𐤔𐤔‬
トムハンクスがまさか衝動的に人を殺す役をやるなんてびっくり!
意外とはまり役‪𐤔𐤔‬

このレビューはネタバレを含みます

2012年。独米香港シンガポール。6つの時代の物語が同時並行的に進行し、それぞれの物語がつながっていることが徐々に明らかになる。「子宮から墓まで、人は他者とつながる」という接続をテーマに、登場人物が輪廻転生を繰り返す。手記、手紙、映画、音楽、昔語りと、異なった媒体で物語自体が転生していく様子も面白い。それぞれの登場人物の生き方が他者に影響を与える接続と越境が主題の物語で、一人だけ善悪を超えない人物がいる(つまり悪人のまま)のはなぜか。同じく「接続」をテーマにしたヴァージニア・ウルフの小説を思いだした。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

3.9
まずこういう輪廻転生系の話とか大好きすぎる。まるで夢を見ているみたい。
あまりの壮大さに圧倒され、かつ様々な時代のストーリーがテンポよく目まぐるしく進んでいくから、3時間も本当にあっという間。むしろ足りないくらい。

一人の俳優が時代を超えて何役もやってて、エンディングまで気づかないキャラクターもいくつか。そういう意味でももう一回観たくなる。(ただそのビジュアルが安直というかチープなものも多く、勿体ない感じもした)

きっとこの一回で全てを理解はできていないだろうけど、この映画は、つまり”壮大な愛”であると思う。人の死は過程であり、そこから新たな扉が開ける。魂は永遠に続く。的な言葉に感動した。
>|