アートのお値段の作品情報・感想・評価・動画配信

アートのお値段2018年製作の映画)

The Price of Everything

上映日:2019年08月17日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

『アートのお値段』に投稿された感想・評価

世界最大のアートオークション、ニューヨークのサザビーズ開催に向けて慌ただしさを増すアーティスト、コレクター、ギャラリスト(画商)などアートを取り巻くステークホルダーの挙動を通じて、「アートの価値」そ…

>>続きを読む
akonya

akonyaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


尊さが値段になる
芸術と商業の両方の側面からの評価
商業との妥協点


どんな業界でも直面する課題だ~


魂の表現でなく明らかに商業向けに制作された作品、私は好きではないけど
作家が生きていく、…

>>続きを読む
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.5

市場は常に間違えるってやつだな。トマトスープやマッシュポテト投げつける気持ちもよく分かるよ。現代アートの値段なんてどんなに高くても1000万円が限度だと思う。こことは関係ないけどプロスポーツ選手の年…

>>続きを読む

巷では”大谷翔平の犬になりたい”と言う人がいるらしい。この発言はこの映画に通じるものがあるように思う。ペットそのものの存在(美術作品の価値)より、誰に飼って(買って)もらえるかが重要視されている。つ…

>>続きを読む
mmmmm

mmmmmの感想・評価

5.0
非物質的な物にすら値段をつけられる

美術史の男性のコメントがおもしろかった!
かれー

かれーの感想・評価

5.0
これ見たらアートとお金の関係だけじゃなくて、人間についても考えが広がっちゃって楽しい〜
あ

あの感想・評価

-

ドキュメンタリー映画として面白い。
アートは美術館に展示されるべきと聞いたときのAmy Cappellazzoの反応がアドレナリンで加速したアングロサクソン全開という感じでめちゃくちゃ怖い。

アー…

>>続きを読む

現代アートのゆくえ。金とは切り離せないもので、もはや投資の具材だった。観ていてホントの価値が分からなくなった。どこにどうあるべきなのかも。でも常に新しいものを求める買い手がいる限り、アーティスト達に…

>>続きを読む
絵画値段が高騰という話は聞いていましたが、果たしてアートは誰のものか?を考えさせられました。
ザン

ザンの感想・評価

3.6

純粋な芸術愛好家よりも、単なる虚栄心による収集家が多く見えてしまうのは残念。そして、金儲けが最優先のバイヤーが絡んでくれば、なお複雑だ。

イタズラ書きにしか見えないものでも、高額評価。
素人ゆえ、…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事