パリ・オペラ座のすべての作品情報・感想・評価

「パリ・オペラ座のすべて」に投稿された感想・評価

tjr

tjrの感想・評価

3.9
バレエダンサー達の動きの美しさはもとより被写体との距離感とかカットのリズムとかまさしく一流なのだが、集中力が続かなかったのもまた事実なので劇場で観る必要のあるやつだった。
ハチの巣除去(このシーンだけで映画が1本生まれそうだ)や掃除夫、更には下水の魚?までとことん内部を見せるワイズマンの姿勢には好感しかない。
スミカ

スミカの感想・評価

3.0
2008年の経営者会議でリーマンブラザーズなら次の公演のスポンサーになってくれるかもしれないとか話していて、リーマンショックはその直後の9月…。何が起こるかわからないものだね…。
Chif

Chifの感想・評価

5.0
巨匠フレデリック・ワイズマンの切り取った華麗なるパリ・オペラ座の世界。
あっという間の160分!正座ですよ、正座しなきゃ!!
なんで公開時に見逃してたんだろう!

まるでバックステージ・ツアーに、オールスター・ガラを足したような超豪華な映画!!
息をのみ、ドキドキする。バリエーション豊かな舞台の数々……眩いばかりに美しい古典作品、ギリギリまで身体表現を追求したコンテンポラリー……もちろん当時のエトワールたちがキラ星の如く!
厳しい稽古風景、新作振り移しのシーン、舞台リハーサルに照明テスト。会議に出演交渉にレセプション。登場するのはダンサーだけでなくオペラ座のマネジメント側、振付家、衣装さん、清掃の人、さらには屋上で作ってる養蜂の人まで!舞台は総合芸術っていうけど、このオペラ座は本当に伝統の小宇宙ですね。

終幕、アニエス・ルテステュとマチュー・ガニオが踊ったウェイン・マクレガーの「ジェニュス」が本当にシャープで美しく、特に印象的。この映画を見てバレエの虜になった人がどれだけいることだろう、凄い。
これは劇場で観るべきだったな…自宅で観てるとつい何か他のことがしたくなってしまって全然集中できない。昔はダンサーだったお腹の出たおじさまが生徒に教えるために踊るのって何故かドキッとする。
バレエを生で見てみたくなった。

建物の切り取り方とかも良い。
☆☆☆★★

ドキュメンタリー映画で有名なフレデリック・ワイズマン監督作品ですが、これはかなり刺激的な作品でした。

全編に於いて、パリのオペラ座で次回公演の為のリハーサル風景を、ただ淡々と撮影しているだけです。
本当にそれだけ。

だから劇場内では速い段階にあちらこちらから鼾の音が…。
ちょっと間違えたら私も仲間になっていたでしょう(苦笑)

でも、リハーサルに於いてぶつかり合いプロとプロのプライドや、自分を限界点まで高めて行く姿勢・努力・意識と言った気持ちが、画面上からビンビンと伝わって来ます。
だから自然と眼が離せなくなって来るし、なによりも出来上がった舞台の美しさと言ったらそれはもう!

同じドキュメンタリー監督のニコラ・フェリベールがもしも撮ったならば、おそらくですが縁の下のスタッフ中心で全編貫いてしまいそうです。思わず《オペラ座の怪人》がひょつこりと出て来そうなカットまで有ります。

芸術監督がみんなを前にして語る言葉が全てだと言えるでしょう。
バレエにはそれほど興味は無かったのですが、とにかくその本物のしなやかさ・力強さと云った動きや美しさに魅力されました。

(2009年10月16日 Bunkamura ル・シネマ1)
さくら

さくらの感想・評価

3.3
昔、郡山でやってなくて福島まで観に行った気がするけどドキュメンタリーってあんまり
神

神の感想・評価

4.0
偉大なるフレデリック・ワイズマンⅡ
タイトルどおり、オペラ座のすべて。ダンサーのふくらはぎと裏方のキビキビ仕事が素晴らしい。いろいろ映る廊下は地下が一番よかった。キラキラした地下水道?には魚が泳いでた。
Ryoko

Ryokoの感想・評価

4.1
オペラ座の丸窓から光が射し込む鏡張りの稽古場で、チュチュを着けたバレリーナたちがぴょんぴょん跳ねたりくるくる回ったり…ピアノ伴奏での練習風景を見ているだけで萌え〜!!鍛え抜かれたダンサーたちの肉体から繰り出される圧巻のパフォーマンス!!

ワイズマンの絶妙な構成で映し出される、鼻唄を歌いながら衣装を作ってる現場や、経営会議の模様や、バレエ団の年金問題の話など、知的好奇心を刺激するし、無言の完璧ショットで覗くオペラ座の舞台裏。すべての魅力がギュギュっと詰まった160分。

いつかオペラ座でバレエ鑑賞したい。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.2
ワイズマンの勝手が違うというか、何にフォーカスしたいのかちょっとよくわからなかった(わたしの見たいところと違うだけかもしれないけど)。
が、美しいダンスをたくさん見られて満足。

「こうじゃなくて、こう」と先生が言ってやってみせるたびにその違いが素人目によくわからなくて、言葉でないことを共有している空間であることにクラクラした。
>|