怒りの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

reirei

reireiの感想・評価

3.7
映画のボリューム感がすごい
雰囲気は良かったけど、ミステリなのかヒューマンドラマなのか、はたまた政治的主張なのか、どれかにしてほしかった。
まぁ「怒り」がテーマってことだろうけど、じゃあミステリ的な要素はいらないのでは…と思ったし、逆にミステリであれば3人をオムニバス形式で追わなくても…と思ったし…なんだろう、何かしっくり来ない。

俳優陣がすごく良かった。なんと妻夫木聡をウォーターボーイズしか知らなかったけど、好きな俳優さんになりました。この歳で気づくとは…。
LcK0812

LcK0812の感想・評価

1.0
こんなに胸糞悪い映画を見たのは、ダンサー・イン・ザ・ダーク以来だ。

サスペンスとしての脚本は良く出来てる。
役者の演技は全員素晴らしい。

だが、それでも許せないシーンがある。
女優の体当たり演技を褒めるレビューが多いのも胸糞に拍車をかける。
あれは撮ってはいけない表情だった。
あの数秒で、これはサスペンス映画からポルノ映画になったのだ。

この監督の映画を二度と見ることはないだろう。
1点以下はつけられないので、仕方なく1点だけつけた。
7eo

7eoの感想・評価

4.6
ストーリーが三つ編みのように織り交ぜられ進行していくスタイルで、オチはこうか?こうか?と途中で色々考えるのが楽しかったし、ラストもちゃんと回収できていてよかった。

BGM含めとても雰囲気の良い作品。

他者への怒り、己への怒り、狂気の怒り、悲しい怒り、様々な怒りが描かれていた。

妻夫木聡と綾野剛素敵すぎました…
やっぱり妻夫木聡の泣く演技は尊いね。
登場人物の全てに感情移入しすぎて忙しい
それだけすごい役者揃いというのもあるんだけど、とにかく映画に引き込まれる
ホラーではないけど、とても怖い映画
でもものすごく良い映画

↓若干映画の内容に触れます


















犯人の顔が完全に森山未來と綾野剛と松山ケンイチ足して3で割った顔してるのすごいと思う
こうして見るとこの3人て似た系統してるのかなと思うけど「言われてみれば似てる…?かも……?」くらいかな
ちょっと前にあった英語教師殺害事件の犯人に似てる感じしたけどわざと??
みう

みうの感想・評価

3.3
すごく重い。たぶんすずちゃんのあのシーンのせい。でも広瀬すずちゃんがこれですごいと思った好きになった。
友達と見に行ったけどご飯とか絶対この後無理。みんな疲労困憊だった心疲れた。
か

かの感想・評価

-
うーん...
Mirai

Miraiの感想・評価

4.0
映画館で観たかった、、、
人を信じること、疑うこと対極に見えて実は同じようなことなのかもしれない。
真実を知りたいと思うのならば。
OKD

OKDの感想・評価

3.9
ヘビー
>|