怒りのネタバレレビュー・内容・結末

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿されたネタバレ・内容・結末

奇跡的に犯人に顔が似てたから疑われた、信じてもらえなかったわけじゃない
心のどこかで疑う気持ちがあったから似てるように見えてしまったんだと思う

信じるってすごく難しくて、結局それができたのは男の子一人だけ
すずちゃんも信じた側と言えるかもだけど

それ以外は疑われる側も疑う側もどっちもお互いを信じられなかった、そしてすれ違った

信じられなかったことを悔やむ人
そして信じたことを悔やむ人
ていう対比が面白かった

犯人もしたことは絶対許されないけど、異端な自分の心を上手くコントロールできない悲しさがあって
それをまた本人が最後まで無自覚ていうのも考えさせられた

森山未來はなんで男の子の味方になったんだろう、なんで殺さなかったんだろう?

思ったより救いのある映画で良かった!
私は好きなんだけどなあ
後味悪すぎ。原作読もう。
この3人の中に犯人はいないのかと思ってたけど普通にいた
自分の目の前にいる生身の人間そのものだけを信用したいけど難しいねぇ
宮崎あおいはずっとかわいいな〜〜〜
見ました、怒り。

日本映画、湯を沸かすほどの熱い愛と並ぶぐらい好きです。厚みがあった。力があった。

沖縄 森山未來
東京 綾野剛
千葉 松山ケンイチ
編集のつなぎ方がどれも繋がっていて同時間に3人たちは、っていうのを意識させててよかった

沖縄はもうなんかキラキラした砂浜とか青すぎる空に対して廃墟が暗すぎてすごいな。完全に対比。沖縄米軍問題もしっかりすずちゃんを使って映した。すずちゃんはキラキラしつつ叫ぶし辰也くんは苦しすぎるなあ。どうしても森山未來を信じてしまって事実を信じきれず、怒りに身を任す。
綾野剛はもう「はー〜」って感じだったお互いは信頼しようとしたら疑問が生まれての繰り返しで彼の笑顔を信じれなかった元木が苦しい。自分を責めるだろうな彼。千葉組は松山ケンイチというより蒼井優と渡辺謙。蒼井優の「私だから?」とか渡辺謙の娘の幸せを祈りたいけど悩んでる自分への理由づけとかきつかった。蒼井優は演技がうますぎるな
泣き崩れるシーンはもうはーーーーーーーーっていう。はーーーー。あの家族の電話が彼にとってどれだけの嬉しさだっただろうか。


正直誰も犯人じゃなくてもいいんじゃないかって途中思ったんだけど彼なんだな
殺人犯の当日の行動はもうよくわからないよ。でも怒りなんだなあ場所の温度とか湿度天気がどストレートに効いてて映画というものを見たな、という気分です




3つのストーリーに絡んでくる殺人事件なんだけど、誰が犯人なのかワクワクしながら見た。また、それぞれの話に異なる「怒り」のテーマが設定されており比較して見るのも面白いと思った。

妻夫木氏の男同士のディープキスには驚いた。体当たり演技だよすごい。広瀬すずのレイプシーンも迫力があって見応え十分だ。演技うまいんだねこの娘、再評価しちゃう。
内容どうであれ、役者陣の凄さで見入ってしまった。エロシーン多め。
森山未來は本当にただの犯人か
2016鑑賞 🌟

この世は様々な理不尽、不条理で満ちている。
というよりも、必然やら因果やらは、ある一部を切り取りあるコンテクストを当てはめて初めて生じるものであって、この世そのものが偶然であり理不尽であり不条理なんだろうか。
そんな仮説、問いを突きつけられたような気持ち。

なぜ今なのか、なぜ私なのか、どうしてこんな目に遭うのか、そう思わざるをえない理不尽な状況、自分自身の人生を振り返るに、これまでそうした理不尽な境遇に置かれたことはない。
けれどそれも全て偶然の結果であって、明日、いや5分後に「どうして!?」って声を張り上げたくなるような事態が起こらないとは限らない。

なんらかの理不尽な事態が引き起こり、突然覆い被さってくる痛み、背負わされる怒り、悲しみ、やり場のない感情。何故私がこんな思いに苦しまなければならないのか、理不尽なのは遭遇した事態だけではなく、そのために生まれた感情もまたそうだ。
そういった行き場のない感情が、また理不尽な事態を引き起こすこともあるだろう。そうやって怒りは連鎖していくんだろうか。

劇中では、二組の人間模様について、それぞれの身近な人間の風貌が指名手配中の殺人犯のそれと似ていたことを契機として関係性の破綻が描かれていく。
渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチの関係性は、再構築の可能性を描いて映画は幕を下ろす
一方、妻夫木くんと綾野剛の関係性は、決して修復しようのない破綻として描かれる。

理不尽な事態への救いの有無もまた、理不尽なもののように思う。理不尽というより、偶然に左右されるというか。
松山ケンイチが宮崎あおいに電話をかけたのも、偶然直後のタイミングで沖縄にて真犯人が逮捕されて自分への疑い(その件での)が晴れたからではないのか(穿った見方すぎ?)。
妻夫木くんだって、綾野剛が生きてさえいれば、何らかの救いの可能性が残る(限りなくゼロに近くとも)。だけど、綾野剛は偶然にも心臓に持病を抱えており、既に亡くなってしまった。もうどうすることもできない。

でも、宮崎あおいと妻夫木くんの違いは、宮崎あおいは松山ケンイチを精一杯信じようとしていたけど、妻夫木くんはいつでも予防線を張ってしか綾野剛と接していなかった。自分はどっちでもいいけど、なんてポーズをとって。
原日出子の言うとおり、妻夫木くんは大切なものが多すぎるのだ。というか、手にいっぱいのあれやこれや、どれも捨てられない、だから大切なものを掴むことができずに、後からそれに気付くんだ。
そんな妻夫木くんだから、よりによっての警察からの電話なんて受けられる訳がない。

この映画のテーマ曲は坂本龍一が手がけていて、題は「許し」というそうだ。
怒りの対義語は許しだろうか。この映画に突きつけられたもう一つの問い。
ただ、許すことで、理不尽の連鎖を断ち切れる、その先に何かを構築する可能性が生まれるのかもしれない。
松山ケンイチが宮崎あおいに連絡をとったことは、松山ケンイチの許しの表れなんだと思う。
自分に殺人犯の疑いをかけたことへの怒り、悲しみ、今度こそと思ったのにやはり今回も駄目だったのかという失望、これまでに被ってきた色んな痛みがぶり返して突き刺さってきただろうに、そういう理不尽な感情の波の中で、それでも宮崎あおいを信じたいと思ったとしたら、そこに至る過程には許しがあるように思う。

この映画が何を描こうとしたのか、何を意図して作られたのか、そんなことは知ったことではない。でも、この映画を見て、確かに突きつけられたものがある。
私はそれを大事にすればいい。

半分は妻夫木くんと綾野剛の絡みを見たいというヨコシマな感情から観に行った訳だけど、もう半分は、この映画は映画館でガチンコで観なきゃって感じていたからだ。
揺さぶられる経験、何かを突きつけられる、その振動が言葉の水脈に伝わって、自分が何を突きつけられたのかを知る。
久しぶりの体験だった。

☆広瀬すずちゃんにこんなに引き込まれるとは。。。
☆肝心の沖縄部分に全く触れられていない。。。でもあの少年まで森山未來に殺されるんじゃと思ってヒヤヒヤした。そういうのって節操ない穿った見方なのかもしれないけど。
☆素性の知れない、ってさ、身元や経歴を知ってたって知らないことだらけなんだよね、何が違うと言うんだろうね、信用するか否かにおいてどれだけ意味を持ちうるんだろう
☆高畑充希きゃわわ
1つの事件を巡り、3つの話が同時進行する。
信じることができない怒り、裏切られる怒り、どうすることも出来ない怒り、様々な怒りの感情が素晴らしいキャストで描かれてます。
自分の中では邦画トップクラス。
「怒り」以外のタイトルは考えられない。

怒るって疲れる感情だから、自分自身含めて内に秘めてしまう人が多いけれど、抑えきれなくなった時、本当に怒った時...涙が出ちゃいますね。
後味悪い。まあ、後味悪い。
僕の大好きな『坂本龍一』『群像劇』と、要素は揃っているのですが、見終わった瞬間、本当にグッタリします。
それぐらい体力を消耗する映画です。
また、最初は犯人探しのミステリー要素があるのかなと思ったら、それとはまた違うようで。

何故タイトルが『怒り』なのか、という点についてですが、
前述の通り、この物語は犯人が誰かとか、罪を犯した背景などは問題ではないように思います。
犯人の残した〝怒〟の文字がミスリードしているようですが、タイトルの『怒り』とは、この物語に登場する3人の男たちに対する、あるいは関わった事で湧き上がった、その他の登場人物の〝怒り〟の感情なのではないかと。
信じていた人に裏切られた怒り、相手を信じてあげられなかった自分への怒り、など、どうする事もない怒りを描いた作品ではないのかなと、僕は感じました。

最後に山神(田中)の人物像について。
結局彼は泉と辰哉を騙していたわけですが、
一方で、泉を助けられなかったと悔しそうに泣いていた山神の姿は果たして演技だったのでしょうか?
僕はどちらかというと、彼は他人の為に泣く事のできる優しい側面と、自分の感情をコントロールできない弱さや人を殺せる残忍な側面とを併せ持った、二面性のある人間ではないのかと感じました。
あの人間臭さはサイコパスのそれではないのではないかと。

万人ウケは多分しない映画だと思います。
でも、色々考えさせられる映画でした。
観る価値はあると思います。
>|