はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    olive
    3.5
    サウンドが良かった。
    一番好きなシーンは最後にお母さんを皆んなで火葬するところ
    お父さんに若干腹立つ
    ロードオブザリングの監督だ〜?って正直期待してなかったけど、素直に良い映画だった。
    自分が将来結婚して子どもを授かったらどういう選択肢を用意してあげられるのだろうかと思った。
    子どもたちが可愛い。衣装もグッド。
    りりー
    4.0
    こういう作品を観ると、アメリカ映画ははきちんとしているなと思う。ベンが子供たちに強いていることは、悪気はなかったとしても虐待だし、その事実に触れず”家族愛”に回収されてしまったら嫌だなと思っていたのだけれど、第三者からきちんと指摘が入り、ベンが過ちに気づくシーンがあって安心した。いくら自分の子供であっても、他人の人生を丸ごとコントロールするなんて絶対にできないし、許されないことだ。でもベンがあれほど頑なになっていたのは、きっと妻/レスリーを救えない無力さや、絶対的な親でなくてはという重責によるものだったのだろう。そう考えると、多少甘い気もするあのラストも、ベンに訪れた救いのように思える。

    母親の死を知った子供たちは、初めのうちこそ取り乱すけれど、それでも母親の最後の願いを叶えることに意識が向くのも印象的だった。逃避でもあるだろうけれど、きっといつかこの日が来ると覚悟していたのではないかな。幼い子供たちの心境を思うとつらかった。それでも、彼らが母親にちゃんとお別れが言えて良かったと思う。良いシーンだった。
    本を読みましょうという教訓。で結局学校行くんかい!というね
    もっと軽くてファンタジーなお話だと思ったら全然違った。現代において、森の中で社会と断絶して、衣食住すべて自分たちで補って、絶対にそんな生活できないからこそ一種の憧れのようなものを感じた。
    社会とかけ離れ、〝規律〟から離脱した彼らは自由を得たかのように見えたが、実際は一人の男の夢に巻き込まれていたように思う。人間ひとりの考え出した社会ほど自由がなく狭いものはないなぁ。
    子供たちがかわいい。長男の旅立ちと
    成長の先を見たいなあ。
    nya
    2.7
    邦題と原題の差を埋めることをずっと考えてたような気もする。

    しかしタイトルの字がでかいな。

    お葬式のシーンで重低音が響くから斬新な音の出し方だなって思ってたら上か下かでやってるハクソーリッジの音だった。

    スーパーBGでmy heart will go onがかかってたの面白かった。

    なんてことはない話なんだけど。まぁ、ちょっと考える話。ラクして生きてるわ〜自分。
    人民に力を、権力にはノーを。

    読後感(鑑賞後感?)がとてもいい映画。ほっこり、しんみり、でもさわやかで、しあわせ。こんな家族関係つくれたらもう何も言うことないだろうな。

    サージとナイの被り物がいつも可愛すぎて天使かと思った。権利章典をそらんじる天使。



    人の幸せってほんとに他からは見えないんだなって。例えばニュースで「両親の方針で森の中で生活する家族を発見し、保護されました。6人の子どもたちは学校にも通わず父親の指導のもと、狩りなどの自給自足の生活や危険なトレーニングを強いられ、骨折しても放置されていました。」なんてテレビから聞こえてきた日にゃ、私だって虐待だ…!と思わざるを得ないだろう。でもこの生活ってそうじゃないじゃん。そんなんじゃないじゃん。
    わかんないよね、他人から見た他人の幸せって。決めつける側にまわらないようにしたいなって。
    kota
    4.0
    最後ベンが考えを変えるところもすごく自然な流れで面白かった。
    お母さんを火葬するっていう目標がすごくしっかりしてるし、対立する妻の両親がベンと真逆の価値観だけど、社会的にはベンよりも正しいこと言ってるように見えるのがなんか面白かった。すごく感情移入できた。

    最後は、金ないのにそううまく行くか~?とも思ったけど、完全自給自足だったらあり得るのかな。
    めめめ
    4.5
    良かった!教会にヒッピーウェアでばーん!と入ってくるところが楽しかった。ちびっこたちが哲学や歴史のうんちくをべらべら話すところも痛快。火葬のシーンは言うことなし。
    >|