はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・レビュー

    あゆたら
    あゆたらの感想・レビュー
    5時間
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    ちょうどポイントを使いたかったのと、ピカデリーからのメルマガでお勧めされていたのでレディースデーに鑑賞。
    はじまりは予想通りでリラックスして見始めたのに、少しずつ「これは面白いかも」と期待が膨らんで、母親の死を子供達が知って号泣するシーンからは、もうずっと夢中でした。
    哲学的な事を語らうシーンももちろん良かったけど、「家族で遠出」「狭いバスで読む本」「夜のプールサイドで話す男女」「寄り添う双子の姉妹」と、いろいろキュンとくる映像が多くてそれも良かった。特にプールサイド、良かった〜!
    火葬のシーンは例に漏れず私も「加わりたい〜っ!」って思ったし、綺麗な景色に綺麗な歌声と楽しそうな笑顔で、本当に素敵なシーン。しばらく忘れられない映像になった気する。
    純粋に「また観たいなぁ」って思ったし、何より「もっと学びたいなぁ」って思えた。とても良い時間だった。
    鑑賞して良かったと思える映画はやっぱり好きです。

    ただ、英語がもっとわかればなぁと、悔しくもあったり。
    日本語では出来ない会話の組み立て方をしている気がして、やっぱり英語は対話に向いてるのかな。親子でも、日本語だとあんな風にパシッパシッと意見を投げ合えないような。英語の強みがスクリーンから溢れてきているように感じるシーンが多かった。会話のシーンが魅力的だからかな。
    パンフレットも楽しく読みました。
    pomme
    pommeの感想・レビュー
    11時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    この家族の特殊さが気になって気になって、冒頭のこの家族の1日をみた瞬間からはまった。

    どっちかに偏っているのはバランスが悪い。物事は良い面も悪い面もある。本で知識を蓄えるのも良いけど、行動も大事。大人でも子供でもウソをつかずに対等に接する。個性を隠すことはできない。とにかくいろんなことが伝わってくる。

    教育については各家庭、各学校、各国様々なやり方があるし、どれが一番良い、優れているということはできない。でもこんな家族も素敵だなと思った。Power to the people, stick it to the man という合言葉を家族で交わしたり、クリスマスではなくチョムスキーの誕生日を祝ったり、現代社会(米国)では変わっているけど、画一化された社会にノーを突きつけ己の道を進むベンは強い。でも同時にどんなに小さい子供でもウソや隠し事をせず物事を伝え、異論があれば耳を傾け、間違っていたら素直に認める。親としてなかなかできることではないのかもしれない。

    結局長男は一流大学ではなく適当に選んだナミビアへと旅立つ。他の子供たちも学校へ通い始める。あの朝のひととき、なんかずっと観ていたくなった。

    音楽、景色も最高に良かった。幻想的で透明感のある音楽はアイスランドのバンドシガーロスとアレックス・ソマーズ。ガンズアンドローゼスやボブ・ディラン、ヨーヨー・マ。



    ===========

    Power to the people ジョン・レノンの曲。革命を起こせ、労働者・女性解放

    ノーム・チョムスキー 言語学者
    プラトン『国家』

    撮影 Stephane Fontaine
    とんかつ
    とんかつの感想・レビュー
    13時間
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    山に住む不思議な家族が、母親の葬儀に出席するため自前のスティーブに乗り、旅をするロードムービー。

    この家族は日本だと満島一家みたいなもんか。グッモニスタ。
    チョムスキーとか独特のノリがなんとも。


    ヒゲを剃ったヴィゴさんはクリスチャンラッセンを短くしたみたい。

    アイラーさんのキーラーはキラキラ。この横顔で硬貨を発行したい。

    アナリスさんは、体のでっぷり感がアニュくていい。ゴーストワールドみたいなダメな女の子を演じてほしい。

    チョムスキーさんを知らなかったけど、家にあった知の逆転という本にちょうど、銃・病原菌・鉄の作者(ジャレド・ダイアモンドさん)と並んでインタビュー記事があった。
    教育についても少し触れられていて、掻い摘むと

    チョムスキー →
    理想の教育は、子どもの創造性を伸ばし、独立した存在になる手助けをすること。
    ダイアモンド →
    現行でも充分。
    理想に燃えすぎるのもちょっと…

    と考え方も少し違う。

    教育方針というのは、星の数ほどあるだろうし、今回のように社会と上手く付き合える形で、子どもがノビノビと成長できる環境作りが求められると思った。

    自分としては、まず恋人を作るとこからだけど…
    パパになったらもう一回見ようと思う。
    amy
    amyの感想・レビュー
    1日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ただ互いに救いたくて、愛で、真っ直ぐに生きる人達 だけどそれだけじゃすんなりは行かない、エゴか否かなんてもはや愚問なくらいの愛。
    サバ
    サバの感想・レビュー
    1日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    閉鎖的な生活でありながらも精神的に身体的に豊かであった 森の生活から母の死をキッカケに変わりゆく家族
    社会を知らない子供たちが盗みを家族でするシーンはフィクションとして笑って観ていたけれど現実では窃盗罪でそれを強要したと見なされれば虐待にも繋がる 母親の父が出てきたシーンでグッと現実に引き戻された感覚になった
    様々な分野の知性を備えた子どもたちはゲームにスマートフォンに夢中な現代の子ども、大人よりもはるかに発達していて 父親の興味深いという言葉を使うな きちんと言葉を使って説明をしろ(ニュアンス)だとか性行為について正しく生物学的に教える所など 大人たちは一方的にまだ早いと子どもに教えない、いわゆるオトナのハナシにしてしまいがちな部分を見せている
    確かに同い年の子どもたちや様々な大人と関わる機会を与えなかった事はどうなのかと思うけれど彼らが育った環境に対しておかしいとも間違っているとも言えない
    むしろ羨ましさすら感じる
    ゆうと
    ゆうとの感想・レビュー
    1日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    自分に正直で、それを通して、意地ははらずに間違いは認めるお父さんをとても尊敬できた。子供たちはかわいくて、コーラが毒の水なのは眼を背けかけたけど、interestingはillegal wordにしようと思う。
    オレンジさん
    オレンジさんの感想・レビュー
    2日
    2.0

    このレビューはネタバレを含みます

    あれ~。みんな高評価なのに私は終始モヤモヤしっぱなしだったのは、おばさんだからかー。
    どう好意的に見ても、これは虐待だもの。
    子供たちは狭い世界しか知らないし、そりゃ親が一番好きに決まってるけど、父親の所有物として、父親の理想を押し付ける姿、全くもって良い所を見出せないままでした。
    (異常に気付き、反抗しようとする男の子達を、物わかりの良いテイで理屈で論破する辺り、ああこういう男性いるいる、とか頭に来ましたよ)

    権力にノー!を合い言葉に、全うに職務を務める警官を煙に巻いたり…いやいやこのポリス、なんにも悪いことしてないから…気の毒でした…。

    スーパーでの盗みだって、被害にあった側がどれだけ困るのかを誰一人想像できない辺り、完全に社会に出しちゃいけない状態になってるし~。

    本人の意思で家出した次男を奪還するために、父親が自分で危険に身を晒すわけでもなく、娘を使って大怪我させるとか…。そこはせめて自分で行こうよ。

    最後、自分がしていたことは間違いだった!と言い出して、祖父母に子供たちを託しますが、そりゃ洗脳されてる子供たちは帰って来ますよ(現実なら、帰ってこない子もいると思う)、やっぱりパパ大好き!とキレイにまとめ、暮らしはマシになった様子を見せて終わりますが、どこで感動すれば良いの~?だったなぁ。

    上映が終わってエンドロールが流れると余韻を楽しみたくて延々と制作スタッフの名前の羅列を最後まで見る方ですが、今回、エンドロールになった途端、席を立つ人がたくさんいました。
    見方はもちろん人それぞれですが…自由や権利って、まず、他人に迷惑をかけない、なるべく他人を不快にさせない、そういう倫理観の上に成り立つものじゃないかな~。

    胸毛はまあまあ~でした(私はあまり金髪の胸毛は好きではないので)。
    ギャランドゥは確認できす。
    na
    naの感想・レビュー
    2日
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    あたしは洋画の感想で「邦題がよくないよね〜」みたいなこと言う人を見るたびかまへんかまへんと流してきた比較的おおらかな人種ですがこの邦題はダメでしょ!!!!!!この邦題じゃ同じあらすじでも意味変わってきちゃうでしょ!!!!!!!

    いやもうめちゃくちゃいい映画でした。レイトショーに行きたくて、なんかないかなと消去法で選んだ映画だったけど、あたりもあたりでした。
    いちばん好きなシーンは悔しいことに製作者の意図に乗せられまくりだけどママの遺体を歌って踊りながら燃やすところ!なんだこの映画!?実はやばいことをしてるのになんなんだこの爽快感は……
    正直パッパの教育はやっぱり異常なんだよ、異常だし危険、それを子供たちが感じ取るのもそうだし、妹とか、義父母によってメタ的な(かなり鑑者に近い視点で)突っ込んでくるからも〜ヒヤヒヤしちゃう!わたしファミリーもののなにがダメってこういうちょっとリアルなギスギスなんだよな…とか途中諦めかけたけど最後まで見たらなんかいい映画だった!というなぞの爽快感がくる、ほんとに。
    ていうか墓掘りおこしちゃったし、子供たちはまたパッパのところへ帰ってくるし、学校に通わせる方針になったけど働いてなさそうなパッパが子供たちの学費を払えるのか不安だし、とにかくいろいろ改善してないことはたくさんあって、というか言ってしまえばほとんどのことはなんにも解決してないんだけど、なんか大丈夫そうな気がした。みんな強いしね。

    こんだけドタバタヒヤヒヤしてきたのに最後はあんなに静かにおわる、かっこいい。
    たけし
    たけしの感想・レビュー
    2日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    本当の家族の物語だと感じました。
    子供が多すぎて最初は誰が誰かわからなかったんですが、だんだん個性が把握できてくると、長男も含めて全員愛らしくて愛らしくてとても良かったです。
    お母さんがああなるってのは、湯を沸かすほどの熱い愛ほぼそのものでちょっと引きますけど。
    でも極端ではありますが、こう言う教育もありだとおもいました。
    この作品、見逃さずに良かったです。
    miku
    mikuの感想・レビュー
    3日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    Captain Fantastic!いいタイトル!

    明るく楽しい、でも深く考えさせられることもあって、とても素敵な119分!久々にこういう映画に出会ったなーと。

    まず第1になにが素晴らしいって、キャッシュファミリーが美男美女揃いなこと!ヴィゴは大好きだかは髭モジャでもかっこよく見えてしまうのはもちろん、末っ子のナイくんまで完璧。眼福。ごちそうさまです。

    テンポが良くて、セリフもひとつひとつが軽いようで意味のあるもので聞いてて楽しくて、マット・ロスって初めて知ったのだけどかなりのセンスの持ち主ですね。今後要注目だな。

    これまでの大騒ぎとは一転、セリフもなく静かに終わるラストシーンが美しすぎて心奪われた。ステファーヌ・フォンテーヌの撮影は自然光が美しいよね〜。

    いつも完璧なヴィゴが演じる不思議な役、たっぷりの堪能できて幸せでした!
    >|