はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

家族にとって本当に幸せなのはなんなのかを問いかけている映画。

社会が言う"普通"の暮らしと何もかも自分の力で生活するという"普通"の暮らし。結局どちらも一長一短で、振り切れすぎてはいけないということが言いたいことなのかなと思った。

登場人物が総じて頑固なのでちょっと説教臭く感じてしまう所もあったが、最終的に上手くまとまっていたので良かったと思う。
自分で考えて、選択し、行動すること。

どうすればこの家族にとって幸せなんだろうをこちらがぐだぐだ考えている間に最後に一番ストレートに教えてくれる。多分この家族にとってはこれが今の正解なんだろうなぁ。周りも悪意があって幸せを押しつけてくるわけじゃないから難しい。
好き嫌いとか、共感できるできないはありそう?だけど、個人的にとてもおすすめの映画。
「見てよかった!」と本気で思ってる。

消費産業と関わらないで、自給自足の生活をするヴィゴ家。
お母さんが亡くなったことがきっかけで普通の社会に出て
普通とのギャップに悩む子どもたち、
社会と関わらない子育てが正しかったのか悩むお父さん。

2回目にやったお母さんのお葬式が、美しくて楽しくて
私もこんなお葬式がいい…って思っちゃう。
曲がすごく素敵。

大学に行くことに決めたお兄ちゃんの世界が
これからもっと広がってくんだなと思ったらウキウキする
希望いっぱいのラスト。

この解説がすごくわかりやすいし興味深いから、
自分のメモ用としても貼っておく↓
https://in-movies.com/blog/2017/2/23/captainfantastic
チョムスキーさんについて理解できる脳があるかはわからないけど、気になるから今度本ないか調べてみよう。
ジョージ・マッケイが長女にしか見えませんでした
最後結局学校通わせるのかー、資本主義の勝利?と思っちゃった
学校通わないままでいてほしかったなあ

現代の人々がベン一家のような原始的な生活をしたらどうなるかと考えたことがあったから、自分の脳内シュミレーションと比較しながら観た。着地点は概ね同じ。祖父母のその後が少し気になるけど。

結局人は人との繋がりに頼らないと生きていけず、本からは人との関わり方やそこで生じる感情は学べない。学校は人間関係、社会勉強の場でもあり、知識を身につけるのと同じくらい大切。

ベンが最後にそこに気づけて、妥協点に落ち着くことが出来て良かった。
ボーはきっと大学での体験が全部新鮮で、友人や恋人ができて、もう少し人らしい感情豊かな人になるだろうな。なってほしいな。

あと、火葬の時のベンのセリフがとっても好き。
俺の顔は俺のもの。俺の手は俺のもの。でも俺は俺のものじゃない、君のもの。
社会との関係を断ち森の中で肉体的、精神的に英才教育をしていた家族が社会と関わり始める話。

あの父親の教育方針には賛否両論あると思うけど個人的に良い意味で衝撃的だった。
もちろんスーパーで万引きさせることや小さい子供に崖登りさせることはあり得ないけど参考になることはたくさんあった。

1. “interesting” 禁止。具体的にどう感じたのか説明させる。

2. 異論があれば述べさせる。みんなが納得すれば受け入れる。

3. 子供に嘘はつかない。全て話す。


従兄弟家族との比較のシーンは、消費社会の問題点が強調されていて耳が痛くなる思いだった。あの家族の子供たちは無知で何も考えずに生きるゲームの奴隷として描かれていたが、実際どれくらいの子供たちが同じ状況なのだろうか。
スマホやSNSが普及した現代ではこの問題はより深刻だと思う。
妹夫婦との口論ではでは100%父親に共感した。

義父との口論以降は父親の問題点が指摘されている。
本の世界しか知らないから社会を知れない。社会で生きていけない。恋愛ができない。危険すぎる。自由がない。

どちらが優れていると一概には言えないがラストの家族の暮らしはすごく理想的に見えた。


ひげ剃ったヴィゴ・モーテンセンがカッコ良すぎて笑った。
長男がグレダちゃんにしか見えなかった
母親火葬お骨はトイレに流す


子供があんなに車の中隠れてるわけ
"全ては悪気のない過ちだった"
とあったけど進化し過ぎたこの世の中がいけない気もする
普通と普通ではないの違いってなんだ?
普通の基準はどこから?
色々考えさせられた
最後の朝ごはんのシーンは、家族で"普通"になったわけじゃなくて環境が変わっただけでいつもどおりのみんなだとわかった
ジョージマッケイ見たさにこの映画を見たけど、想像を超えて心に響く映画だった!
音楽が常にいいチョイスで車の中で聴きたい曲ばっかりだった🚗
この物語はすこし極端だとは思うけど学校で習うことよりも大切なことっていっぱいあるなと実感する物語。

一生懸命に生きる術を教えてるお父さんかっこよかった。

子供達を残していくシーンは涙が出た。
そしてバスの下に隠れていた子供達が出てくるシーンもウルっとした。

子供にとって両親は偉大だなと思わされたた作品だった。
[記録用]

写真が綺麗で見てみた作品。

お母さんとお別れするときに
家族で歌う歌が好き!

人生とは何か、
どこに価値を置いて生きるか、
全てが新鮮に感じる。

不思議とも感じる映画だった
>|