はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

終始ついていけなかった。ラストの母親の遺体を燃やしながら歌ってるとこなんて本当に異様。

自分の信念を貫き通すのは良いことだと思うけど、常に自分の考えが本当に正しいのか探っていかないといけないと思う。特に子育てに関しては。

子供たちはみんな可愛かった。
‪ ディストピアで革命が起きる話だった。主人公のパパがあまりに偏った考え方をしていて観るの疲れた。
パパがママを愛してたのはわかってるけど、パパのせいで死んだと思う。ひとつの閉鎖的なコミュニティで病んだなら、別の選択肢を用意しないと人は死ぬと思う。主題(?)は「普通ってなんなの」みたいなことらしいけど、普通だとか普通じゃないとかそういう問題じゃないでしょって思った。
やたらと知識をひけらかすシーンがあるけど、知識が他者を攻撃する以外の役に立ってない。知性の意味とは..って思っちゃった。不快だった。
最終的には革命が成功したようなのでまあ良いのかもしれないけど、終始不快でゾッとする映画だった。
正しくても間違ってても、自分の信じる哲学がある主人公は魅力的だなと。ロードムービーはやはり良いです。最後はなんの曲かと思ったら、スイート・チャイルド・オブ・マインとは。
妻の死のきっかけで森から街に出て、森から出たことに失敗や過ちに気づきより幸せの人生に進めた。森に出てなくても幸せだったかもしれないけど、行動することでより幸せになれた。
この家族のその後を見たいと思った。
ただのファザコンなので、お父さんと一緒に暮らしたいのに離ればなれにならざるを得ないみたいな展開がつらくて泣いた
Can unique be modified? No!!

It’s a beautiful mistake, but a mistake

Always tell the truth
Always take the high road

実直でいることののむずかしさとしんどさ
急に賛美歌歌いだすとこ笑えるすき
チョムスキーを読んでみたくなった
また見る
二時間飽きずに、楽しく鑑賞!
ただの家族映画と思いきや、色々考えさせられる映画でした。

人民に力を、権力にノーを
【あらすじ】
世間と離れて父親独自のサバイバル教育を受けている家族。全く隔絶されているわけではなく、車や、電気、テレビという概念など、ある程度の文明的な情報は存在する。
そんな家族が遠く離れて入院(躁鬱的な精神病)していた母親の葬式(死因は自殺)に出席するために下界に進出するのだが、、、
パパの教育は知識と技能を叩き込み、思考を巡らせることを強いるという能力向上特化型。案の定家族以外とのコミュニケーションに手こずる場面がチラホラ。
何とか葬式には参列するも、こんな生活をいつまでも続けるべきなのか。と、周囲からの批判や子どもの怪我を通して考え直し始めたパパ。
果たしてこの家族の行方はどうなっていくのか、、、

【感想】
そもそもこの生活は何のためにやってきたのか、その理由がわかったときにまたズッシリと心に重くのしかかってくる。
「悪気のない過ち」という言葉にグサっときた。

そして主演のウィゴ・モーテンセンが髭を剃るまでわからなかった。剃った後は渋くてカッコいい。抱かれてもいい。
ヒッピーってこういう人たちのことをいうんですね。

最初、母親が死に、葬式に出さない!と言われる父親に同情してかはわからないんだけど、どうしても画面上では異常な暮らしぶりや教えが展開されているのに、おかしいと感じない麻痺した自分がいました。
祖父から叱責を受けても父親を応援したくなるというか。
もちろん、その子供への教えが悪いわけではないのだろうけれど、教育をないがしろにすること自体はよくないのだよ!って帰結するわけで、見え方が180度変わるような映画?

祖父と暮らすことが子供たちにとってはよりよいことだったのだろうけれど、やはりあの閉ざされた中で暮らしてきた子供たちにとっては父親が絶対像になっていて、父親を選び、死体を掘り起こして焼いてしまう。
それを見ていると、あの生活はきっと間違いだったんだろうなって思ってしまうわけで。
それでも最後、新しく正常な暮らしへ方向転換しようとしたことから、はじまりへの旅ってタイトルはイメージしやすくていい感じなんだね。captain fantasticってちょっと難しいです。
変って何?ってなる作品。世間一般からは外れてるけど優れた家族が価値観の合わない世の中から疎外されながらも自分たちの生き方でミッション達成する。その過程でケンカとかケガとか、色々発生。
子供の可愛らしさと、父親の格好良さのおかげで飽きないし。
>|