はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アラゴルンだったのかー!

…良い映画ってたくさんあるなと思います。ちょっと考えさせる要素があるこゆ映画は好みです。

楽しかったなあ、こどもたち可愛い

これからみんな素敵な大人になると思った
ジャケットからシュールな映画を想像したけど、愛のある感動ストーリーで後半は涙が止まらないシーンがたくさんあったし、皆んな演技が上手い!

"普通ってなんですか?"

こんな個性的な家族がいたら、面白いのにな〜!森での生活や勉強だけじゃなく、社会に出て他者とのコミュニケーションを通して分かる感情を通して成長していくこの家族の続きが見たい!

ベンが子供たちに教えたいのは常に自分を見つめ鍛錬すること
身体的にも精神的にも

"異なる世界をどれほど許容できるか"がこの映画のテーマ

違いを楽しんで、もっと個性的に生きよう!

父さんは自分で選んだ人生でしょ
だから、父さんには誰がなんと言おうと
今の生活が正解

でも、子供は産まれ落ちる場所は選べない
たまたま目の前にいた父さんの
世界しか知らないじゃない

だから、子供にも他の世界を見せてから
自分達で選ばせないと
そもそも父さん違うじゃんて思ってた

おじいちゃんおばあちゃん良い人だし裕福だし
ここにいて子供は一回世間に揉まれた方が...
って思ってたけど
子供達を見てると何が正しいのか
解らなくなってきた

でも結果、自分達で選んだなら良いよ ◯

結果、良い映画...かな?

んんん
「いまを生きる」に似てるなと思いながら見ました。既成の価値を否定して啓蒙していく大人と、そこに信奉する子供たち。既成価値観重視側の良識ある大人が、子供たちを引き戻そうとしても、子供の心は決して変わらない。
森で暮らす父と子供たち大家族。精神病を患う母の悲報を受け、お葬式のために一般社会に繰り出す。

子供たちが天才すぎて、何言ってるか時々わからなかった笑 現代に生きてる限りある程度は社会に属さなきゃいけないけど、森で子供たちが学んだことは決して無駄じゃなかったよとお父さんに言ってあげたい。私もあの生活一度は体験してみたいな!

家族全員が形はどうであれ揃ったシーンは涙止まらなかった。全ての映像がほんと可愛かったな。特にバスのスティーブが愛しいです。
ナントカ主義とかよくわからんけど、本人達がええならそれでええよな。反抗期の息子が謝るシーンで泣けたわ。愛じゃん…。ママの火葬シーンの歌が素敵。てか子どもたちの衣装が可愛すぎて…!娘さん妖精みたいでかわいかったなー
家族とか生き方とか。

この家族だけじゃなくて、誰かのことを本当に好きで、そのために何かしてそれが報われたり報われなかったり ていうのは普通にもあるなぁと思った

何が正解とかじゃなくて自分の信じるそのときの最善を、目の前の人に、自分の出来うる限りでしていくっていう決意も覚悟も行動も、それはやっぱ愛なんじゃないかな

自然風景や映像は綺麗だし、妻の火葬の場面での言葉がもー良くて泣いた あんなのは泣いてしまう

特殊なテーマだし色々提示してくる作品だと思うけど、暗さがないのが救い。
見たことないタイプの話だし、よかった。
希望があって助かった…。
原題の感じが好き。
観ました‼

良かった‼可愛い子供たち。。。。 
ただパケからは想像もしなかったお話でした。

自分たちの良いとするものを子供たちにも教え世の中との接点はなく、山にこもり暮らす家族の話。。。


たしかにそこには愛があり、笑いあえる家族もいたんです。
ラストは共に成長した家族に涙しました‼
長男大好き‼
プロポーズにクスリとしちゃうんだなぁ~♪
(Twitterより編集・転載)

子育てにおいて、何を重視するかは人それぞれ、主人公のベンも妹夫婦もどちらも間違ってはいない。
親は子育てに自分達の理想をこめるけれど、子どもに選択肢を与えないのは子どもの自由を奪いかねない。親の「信念」と「エゴ」の境界がどこなのかの判断が難しい。
ベンは、最後に自分のエゴに気付いて、信念は守りつつ子ども達の自由を尊重できた。理想の子育ての形だと思います。

親って、自分達が大切だと思う事、知って欲しい事を子どもに教えたり導いたりしようとするもんです。でも、人が育つには経験から自力で学ぶ事も大事なんですよね。
知識は既に答えが出ているものについて知る事で、経験とは答えを自身で探す事と言えるのかなと思う。

子育てについて考える機会を貰った、面白い作品でした。
ヴィゴ父さん、髭なしだと若々しくて、アラゴルンとあまり変わらないので驚きました。

あと、終盤で妻に語る言葉に深い愛を感じました。素敵な言葉です。
全く合わなかった

自分が正しいと疑わず
他者を受け入れない父親が
終始気持ち悪い

盗みや葬儀での振る舞いなど
周囲への迷惑を顧みず
曲がった信念を貫く


リトルミスサンシャインのような
ドタバタロードムービー的なのを
想像していたら

笑いなし 涙なしの
超絶胸糞映画でした

(好きな方ごめんなさい)

母親にあてた子どもたちの歌だけは
めちゃくちゃよかった
>|