はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

途中退屈しちゃったけどスティーブの中からでてきてうるっと。
普通がいいのか?個性は消せない。

希望はないと思うと確実になくなる。自由への衝動と物事を変えるチャンスを感じたら世界をよくできるかもしれない。
チョムスキー
いろいろ考えされられる。
生前に自分の葬儀のことを家族(父母)に行っても叶わないのが現実なのかと思った。
結局家族(夫と子供達)によって叶えられたから良かったけど。
☆8
おかしな家族のおかしな生き方。
序盤から引き込まれて楽しめるのだけれど、スーパーで盗みを働いたりとやり過ぎな部分もあって、全力でこの家族を応援できなかったのでイマイチ乗り切れなかった。
しかし何が正しくて何が正しくないのか?などと色々考えさせられる不思議な魅力を持った作品でもあった。
コメディらしいけど、笑えなかった。ロードムービーとしても、ハートフルな映画としても、なにも心にくるものがなかった。
サバイバルはいいけど、万引きしちゃダメ。武器買うのにいっぱいお金使ってるのに、なんで食べ物買わないの?
子供が"権利章典"を知ってるのはすごいとは思うけど、だからなにって感じ。知識は人それぞれだし、そんなことで学校行ってる子供よりすごいだろって顔をされても困っちゃう。
変人一家のコメディに徹して欲しかった。

まず、豊富な知識や崇高な信念を持っている代わりに、他人の心をないがしろにしがちな父親が好きになれなかった。

子供達がアスリート並の体力って、どう考えてもやり過ぎに思えるし、子供の意思とは関係なく学校に行かせていないのも痛い。

色々な価値観にふれ、友達や彼女を作り、傷つけ傷つき大人になっていく場に行かせないのは、自然の中に監禁してるようにさえ思える。

また、スーパーで病人のふりしてる隙に子供達に万引きさせるくだりには意表を突かれたけど、更に驚いたのは、その後、もっと狡猾にすべき点を子供達に尋ねるくだり。
開いた口が塞がらなかった。

その後も、どう言うしつけなのか、テールライトが片方切れてるから危ないよと教えてくれた親切な警官を、子供達が取り囲み、妙な顔つきで歌って追っ払ったり、公園に停めたバス(スティーブ?)から散歩中の老夫婦に自分のペニスを見せつけたり・・・

感動できるか!笑
最初はこんな生活もあるのかすご〜って感心してたけど 少しずつ洗脳っていうか宗教ちっくに見えてきてこわって思って 最後は全部奥さんと子供を想ってだよね、うん。ってなった。そして子供たちもみんなそれをわかってて 賢くて 何より美形すぎた、、(語彙力)
最後のシーンは少しだけ 湯を沸かすほどの〜、、を思い出した。
はたから見たら子供達洗脳されてかわいそうとしか思えない。
でも子供達にとってはこれが普通だし
成長するに連れて違和感に気づいても抜け出せないところは怖い。

子供の時の経験って後の人生の基盤になるからこんな経験が個性となっていい方向に進んでいけばベスト。

最後は一番いい選択してお父さん過ちに気づいてよかった。

子供達の演技が素晴らしい。
長男は大学に行ってほしかった。
WOWOW📺
映画の宣伝ポスターを一目みて、
この映画みたい!と思った。
森で暮らす6人の子どもたちとパパ。
入院してたママが自殺してしちゃって。
火葬を望んでたママだったけど
おじいちゃんは無視して。
そんなママの願いを叶えるために
家族みんなで任務に挑んだ。
子どもたちがみんな可愛かった。
チョムスキーの誕生日お祝いするシーンは
え?だれ?どの子?ってなった。笑
後半は涙がとまらなかった。
コメディーかと思ってたら
笑う要素は全くなし

何が普通なのか

長男くんには大学に行って欲しかった

次男くんが骨折したときの
お父さんにイラっとした

二女ちゃんに次男くんを迎えに行かせて屋根から落ちて一歩間違えば死んでたよ

お父さんには色々言いたい

それに引き換え
子供達の可愛さ、賢さ、性格の良さ
お父さんの教育が良かったのかな

お母さんの遺体を焼くときの
みんなの衣装は可愛かった
お父さんの真っ赤なスーツもイカしてる
子供達のお洋服もカラフルで可愛い
娘たちは花冠に羽つけて
男子はコサージュがさりげない
みんなで歌を歌ってお見送り
空港のトイレに遺灰を流すのは
いくら遺言でもないわぁ

どうなんやろ

死ぬな
この言葉は納得です

そしてラストは
普通に自給自足っぽい家庭で
朝ごはん
やっと落ち着いた感じ

私は常識のかたまりなんかな
いちいちイラっと来た

スコアは子供達の可愛さに💕
コメディ映画のはずなんだけど、笑いの質がアイロニカルすぎてどこから笑っていいのか、いまのは笑うべきだったのか、みたいな線引きが難しかった…ラストのガンズのカバーが泣かせる。
長男に大学を勧めたり実はガンズが好きだったり、お母さんは割と真人間寄りだったのかも(この真人間という表現が映画のテーマを踏まえると微妙な所ではある)
>|