はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

お葬式にみんなでバスで向かう場面の最初で、「勝てない戦いもある。強者が弱者を支配する。それがこの世の中。不当で不公平だ。sometimes just unfair
でも残念だが従うしかない。黙って受け入れろ、、。」と父が子供達に言い聞かす。
でも、一呼吸おいて振り向き言った言葉「shut up! 」くそくらえ!
戦闘開始だ!!
と亡き妻の遺言を果たすため、痛快なセリフからの戦いのスタート!スカッとした。
妻は双極性障害という事だった。あまりにも辛く悲しい酷な現実。
みんな何とかしてあげたかったけど、どうにもできなかった無力感。でも、最期の願いを叶えるため戦う。
戦う。
理不尽さよ。シャラップ!!
強い家族愛と絆、でもベタベタしてなくて自分の道は自分で選べる強さも持ってる子供たち
お父さん、間違ってなかったよ!育て方!
だからこそ子供たちはお父さんと生きる事を選んだんだな
お父さんも自分の間違いは受け入れられる強さがあって、子供たちの為に正しい選択をしようと一生懸命
こんな父親いたら幸せだよ

最後スティーブが鳥小屋になっててクスッとした
親になったら、もう一度見たい。土曜の夜に家族で見る映画にちょうどいい。

自分の哲学を一筋貫いてきた父親と、その哲学のもと人里離れた森で逞しく暮らす6人の子供たち、その母親。彼らの哲学についていけない一般家庭の妹家族、母親の両親。

喧嘩やすれ違いはあれど、相手を人として尊重する根源的な愛情は、登場する全員が持っているように感じられる。加えて親族たちは、母親その人を愛する気持ちと亡くした喪失感も共通している。どれだけ個人の哲学が違えど、土台にある大切なものが一緒であることは、みんなお互いにわかっているような世界だった。キャンプ場で長男が出会う母娘も、亡くなった母親の父親でさえ。
この、出てくる全員が愛情ある人だという点で、ファミリー映画にいいなと思った。

父親と子供たちが、これから自分たちが挑戦する未来へ盛り上がったり、音楽を奏でたりして団結する瞬間がいくつかあって、(団結する、というよりはもっと無意識な流れのようなもの)それが嬉しくなるほど美しい。

また、長男について比較的表現が多くて、勢い余った求婚や父親への説得など賢さと若さを併せ持った青年にくすりとしながら好印象。
とにかく子供たちが可愛いくてたくましい。
最後のガンズのスウィート・チャイルド・オブ・マインを家族で歌うところは感動してしまった。
あと食事するときは服を着ましょう。
My face is mine.
My hands are mine.
My mouth is mine.
But I am not. I am yours.

5点満点じゃ足りないくらい良い映画でした
学校に行かなくても本からは十分学べる。ただ、人間関係とか学校でしか教えてくれないことはある。

この父親はすごいことを成し遂げたけど、子供にとって本当に幸せなのは、学力だけじゃなくて、人との関わりだと思う。

学歴社会なのはわかるし、勉強ができて損はしないけど、それと同じくらいに社会的にならなきゃいけない。

母親の死があって、父親は間違えたことをしたけどやっぱり家族は1番大切なんだと。

考えさせられる。社会の中で生きていくしか結論ないけど、無意味な教育にお金払う必要はないし、学ぶべきことは暗記では得られない。

本当に必要とされる教育とは…?
文句言いながら見てた作品(笑)終わりが良かったから評価は3。

まずあの典型的すぎるヒッピー感に加えて、周りの反発への反動か、世間を見下すような姿勢が気に食わなかった(笑)
結局お父さんが好き!みたいな感じで子供はお父さんについてくるし、消費社会を批判していたにも関わらず窃盗するし、お母さんの病気の件謎だったし、長男はお母さんと準備した大学へは結局行かずに謎の旅に出るし(笑)なんか、父親のオナニー映画って感じ(笑)それから、劇中の教育法や考え方について、極端な二項対立が、極端すぎて共感を阻害する。そこもあまり好きじゃなかった。

一番素敵だと思ったのは、お母さんの葬式かな。お母さんの想いを叶えてあげようという意志を貫いて、ユーモア溢れる素敵なお葬式になっていて、家族の愛を感じた。トイレに灰捨てられるのは嫌だけど(笑)

この映画を見終わった後に考えたのは、いずれできるであろう子供の教育。何が子供にとって一番なのかってわからない。常に選択肢を与えられることが最良なのかなとふと思った映画でした。
所々風刺が効いてて面白かった。
父親の考え方に賛否両論はあれど、選択肢がなくなるのは確かに不幸だなと。
でも最終的に父親を求めたわけで、子どもの育て方自体は間違っていなかったと思う。
母親火葬後の暮らし(エコロジストっていうのかな)は少し憧れるかな。
あのお父ちゃんに愛があってよかった。愛があったからこそ過ちに気付いた時それを認め軌道修正出来たわけで、もしあのまま突き進んでいたらまじで毒親。世の中"悪意のない過ち"なんかでは済まされないことも山ほどある。普通なんてくそ食らえって思うことも多々あるけど、親になった以上家族が健全で居るためには普通であるのも必要なこと。教育と政治、独裁的って危険。
このお父ちゃんに愛があったのがせめてもの救い。
わあーーいい映画だーー😭
一言じゃまとめられないから、流れに沿ってだらだらと感想を…😭❣️

結束力が強いというか、本当に根本的に、深い絆で繋がっている家族なんだなあ

ベンの妹家族のように、子どもに不適切な内容の話は避けたり嘘とまではいかなくても内容をポジティブなイメージのものに変えて「子供を守る」ように話をする両親って、多いと思う。特に日本は多いと思うし、うちもそう。
でも、ベンのファミリーのように、何もかも全て正直に、いくら小さい子どもにさえも真実を伝えて、ちゃんと細かく説明するっていうスタイルが、私は好きだなあ。

妹夫婦が席を立ってから、ベンファミリーかみんなでワインをグラスに注いでママに乾杯したのが、最強に素敵な家族だぁとほっこりした☺️

「子どもは学校に行き、世界を知らなきゃ!」というパーシーの言葉が引っ掛かった。
一般的に言われる世界ってきっと世間のことで、世界ってもっと広いよなと。なんだか考えさせられた。色んな世界があっていいんだよね? 普通って何? 一般的ってなに? 愛情に包まれ生きていればそれだけで良いんじゃないの?と。根本的なことを考えさせられる。

クレアちゃんに対するあのプロポーズ(笑)もうかわいすぎる!あんなの絶対嬉しいじゃん!びっくり通り越して嬉しいじゃん!😂
そしてクレアちゃん可愛かった。昔のアヴリルラヴィーンみたいな雰囲気好き。

ボウドヴァンの "I don’t wanna lose you! Please. We can lose you too." だったかな? っていう言葉にベンがハッとしたように、私もハッとして涙出た。
子どもたちにとって、唯一の、父であり大事な家族。母親を失った今こそ、父の存在がどれほど大切で大きいことか…

レリアンの葛藤が苦しかった。悩んでもがいて苦しいね、大丈夫だよ、って抱き締めてあげたくなった。
'You killed mom! He made her crazy!' って言葉が苦しかった。

ボウドヴァンの「we’re freaks!」「僕たちは本で学んだ事以外は何も知らないんだ!」っていう言葉が悲しくなった( ; ; )

もちろん、周りの心配はわかる。
妹夫婦や祖父母の心配も。
ベンをやめさせよう、子どもたちのためにベンと離れさせよう、普通の生活をさせよう、そう思うのは決して意地悪をしてるわけじゃなくて、良い方向に持って行きたくて、子供達の幸せになってもらいたいからであって…
とっても複雑だ… 難しい。

ヴェスパーが屋根から落ちた時の、ベンの顔が忘れられない。

「パパといれば人生がダメになる」
「やりすぎだった」の一言の重み…。

この映画を見ているうちに、色んな感情が押し寄せてきて、なにが正解なのか分からなくなる
子供達の幸せは、ベンの幸せは、ママの幸せは… たどり着くところはどこなんだろう

CAPTAIN FANTASTIC っていう原題がなんだか泣ける

子供達を祖父母の家において、ひとり帰って振り返った時の、後部座席が空っぽのStevenの、寂しさと虚しさね…( ; ; )
でもさすが子どもたち😭

手も顔も口も俺のもの、だけど俺は君のものって、'I’m yours.' って、泣けるよ( ; ; )

みんなが歌ってあげて、楽器を演奏しながら踊りながら、ありがとうを伝えて、愛してるを伝えて、送り出してあげて、ママはどれほど幸せだろう。天国で笑顔を見せてるのがわかるよ( ; ; )
みんなでトイレを囲んでママの位牌を流して、その姿に笑いあって、bye mommy って言ってジャーって流して(笑)
なんてあたたかい家族なんだろう
愛おしい 尊いよ 大好き
>|