はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごい好きなテーマだけど、
マイナスも多い。
特に後半の無理矢理ドラマ作りにいってる感。
子供かわいい。


資本主義(ビジネス)とかキリスト教とか、
少数のアメリカ人がアメリカの多数派に感じてる違和感を形にしたシーンかも。
なんでみんな太ってるの?みたいなところ良かった。

思考停止してる社会の象徴として親戚の家に泊まるシーンは、
良いこと悪いことを自分で1つ1つ考えてない証拠みたいなのがたくさん出てきたけど、
全部現代の当たり前みたいな光景で、
親の考え方とかゲームとかいろいろ、
すごい怖いシーンだった。
99パーセント以上の人が当たり前にやってることが間違ってるかもしれないと思ってしまうような、
天変地異的なシーン。

もちろん子供になんでも教えちゃうのは少し抵抗がある。
判断でミスをする可能性があるときに失敗が許されないようなことを教えてしまうのは、
取り返しのつかないミスを誘発するようなことでもあるし。
慎重になるのはよくわかる。
でも1つ1つよく考えないでとりあえず全部教えるなという姿勢はだらしなさすぎって思う。

自分としてはみんなと同じが一番正解みたいな考え方はちょっと嫌いなので、
学校に通わせろって言ってきたときは、
ため息がでるようなやっぱりかーっていう感じ。
その理由が的確なら考える余地はもちろんあるけど、
それが説明できないような親戚だったから。

学校に通わせるメリットをちゃんと説明して、
どちらが正解かは決めかねるくらいの議論ができる相手でも良かったと思う。

息子の初キスのシーン良かった。
でもこんなので結婚まで考えちゃうのは経験が足りなすぎるから、この教育方法の問題でもある。
そういうコミュニケーション能力とか社会性みたいなものを、
この教育方法でどう養うかっていうところ、
もうちょっとやっても良かったと思う。



後半はドラマ作ろうとして、この家族の設定だったり前提と噛み合ってない感。
本当に頭が良いならもっとスマートに問題を解決できたはずだし、
今までこの生活を続けてきた家族ならこれは問題にならないはずっていうのが結構あった。

夫の意見も遺言も通らないで、義父の一存でいろいろ勝手に決められるのが謎。
理不尽さが説得力なかった。

屋根から落ちるところも父親の判断が馬鹿すぎる。
姉が行けば弟の気持ちが変わると思ったのか。
序盤の崖で手を骨折したのもわかってなかった描写だし、
父親の危機管理がおかしい。

でもこの教育方法で危機管理が甘いっていうのはそもそも成立しないと思うから、
責められるキッカケに使っちゃうのは脚本がダメだと思う。
親父がしっかりしてなかったらとっくに子供は死んでると思う。
息子が反発しだしたのも今さらそんな理由使うんだって思った。

大学からは専門の設備がないとできない勉強もたくさんあるから、
それを止めるのは違和感。
頑固→許すのドラマ作ろうとして、
間接的に父親の知識がないことを表現してしまってる。
この場合は説得力のある別の理由が必要だと思うけど。
大学にトラウマがあるような。

おじいちゃんは娘の意向も無視して、
法的に上手いことやって孫も取り上げようとしてるやばいヤツなのに、
そんな奴にちょっと言われたからって考え方が変わっちゃうのはちょっと弱すぎる。
そんなこといままでにも何回もあったはずなのに。


とにかくこの辺は、
理解のない周りの人々っていう大きな問題に注力したいのに、
急に父親や教育方法の完成度が低くなって、
あれってなった。

前半の設定なら、
父親の教育論も完璧で、周りももっとレベル高くて、
学校教育のメリットとデメリット、自宅学習のそれらを議論して、
お互いに尊重してるんだけど、やむを得ずぶつからざるを得ない事件が発生するみたいな感じにしてほしかったな。


途中のドラマ全部すっ飛ばして、葬式の日の夜にお母さんを墓から盗み出すところで良い気がする。

歌のところ◎

ラストはちょっと柔軟になった感じの描写だけど、
元々バランス感覚もすごい良いんだろうし、
社会性も本当はないと成立しないと思うから、
長い寄り道というか気まぐれの戯れみたいな、
やっと問題解決して戻ってきたっていう印象。
森の中で原始的な暮らしをする家族。父親と、子供6人。
子供たちはみな、街の子供たちとは比べ物にならないくらい、強靭な身体とかなり優秀な頭脳を持っていた。父親の教育によるものである。

1番感心したのは、本を読んでいる子供に対して父親が「考察」を述べよ、と言う。子供は最初、「あらすじ」を話し始めるが、そうではなく、それに対するお前の考えを述べよ、と再度求めると的確な考察のコメントが返ってくる、というシーン。
日本では教えてくれないですよね、感想と考察の違い、それぞれ文章の組み立て方って…。

そんな家族が、精神病で入院していた妻の自殺をきっかけに、街に出てきます。
そこで父親の妹家族、妻の両親と過ごし、子供たちの考えも少し変わってきます。自分が絶対正しいと思ってきた教育方法が、間違っていたのではないか…と思い、父親は子供たちと離れて暮らす決心をしますが…。

私も田舎の生まれなので、緑いっぱいのところで子供を育てたいという思いもあるし、都会でしっかり勉強もしてほしいという思いもあるので、考えさせられました。
まず、どういう結論を出せばこの映画がコメディに分類されるのか。

親が子供のために行なっている教育が必ずしも正解で役にたつわけではない。親の独りよがりかもしれないし子供への依存かもしれない。

作中で国の制度か何かという小難しい話題を振られた時、8歳の女の子は私にも理解できないようなレベルの高い説明をしていた。けれど、その説明に出てきた「企業」という言葉の本質、全貌を子供たちはきっも理解していない。知識だけの容れ物だと思った。

アディダスやナイキを知らないというのは驚くとかそういう次元じゃなくて、21世紀を生きる人間としてどうなのだろうか?父親に良し悪しを強制され、耳に入れる言葉を選ばれ、常識が欠落したまま時代の波に乗れていないことにすら気づかない子供たちが少しだけ哀れだった。

あと少し話はずれるけど、スーパーで盗みを働く時、父親が囮になりその間子供たちに食品を盗ませたのが信じられなかった。普通逆だろ。子供に汚れ役をやらせるな。
監督 マット・ロス

資本主義に幻滅したベン、レスリー夫婦は6人の子供達とともに隔絶された森の中で、究極の自給自足生活をする。
社会から隔絶された中で高度な学習、サバイバル技術を仕込まれた子供達。
母親の葬儀をぶち壊すため、初めて外界へ出るがそこで何を思うのか。


親から子への教育とはどういうものかというのがこの映画の主題かなぁ。
子供達は隔絶された中で生きているとはいえ、とても優秀なんですよ。
6ヶ国語を話したり、8歳で権利章典を暗唱できたり。
ナイフで鹿を仕留めたり、ロッククライミングをしたりと運動能力も抜群。
しかし、食べ物を手づかみで食べていたり、学校へ行っていなかったりと社会性はとても低いです。

最初は社会の中での教育と、極端でありながら個人の能力が著しく高い教育をするベン一家は、極端な対比ながらも間違っているかと聞かれれば微妙なところだなぁと見てたわけですよ。
でも話が進むにつれ、ノーム・チョムスキー(反資本主義者)の生誕をクリスマスの代わりに祝ってケーキを食べる、反資本主義に沿わない考えやキリスト教は馬鹿だ、と排他する考えを子供達が復唱してるのを見て、あ、これ父親の独裁国家なんだなって。
正直引いた。
子供達が納得できなかったら、いちいちディベートで考えをいうように求める一見公平な決定の仕方をしているように見えるんだけど、子供達はいうなれば父親から与えられた本や父親から教えられたことしか知らないわけで。
もちろん父親は悪意を持ってしてるわけじゃないんですよ。
自分が最善と思った教育をしているだけ、子供達のことを思ってしている。

これは普通の家庭でも言えることですよね。
子供は親から与えられた教育や環境が一番大きく影響する。
親は子供のことを思ってしているけど、ときにはそれが偏った考えだったり、周りから間違っていると指摘されることもある。
何が正しいのか、親だって探り探りなわけです。
この映画は極端な反資本主義な父親を描くことで問題提起を明確にしてるけど、そこに提示する主義は何でも当てはまるよね。
親が子供にどんな教育を施すのか、それを強要していないか、どうするのが正しいのか、永遠に正解がないだろうこの問いを再び我々に考えさせる映画だった。


しかしな〜、外の世界に出て、一家総出で窃盗とか、葬儀の教会にわざと派手派手な服で行ってぶち壊すとか、お前それどうなの?って行動を多々するんですよ。
ファミレスで「こんな食べ物毒だ!」と何も注文させなかったり、長男のボゥが大学の合格通知を持って行ったら「俺を裏切ったのか!」と憤慨したり。
俺の考え=正しい、他の考えは受け付けない、って父親のスタンスに結局お前の独裁じゃねえか!子供の選択権は?!となって気分は悪かった。

父親ベンの社会とのズレを強調するためにこういう行動が挟み込まれてると思うんだけど、やりすぎというか演出だなぁとちょっと冷める感じ。
こういう映画は作者の主張が主軸で、演出はそのための道具ってのはわかってるけども!

ラストは結局子供達が改心した父親の元に再度集い、もう少し社会に沿った生活をするというエンド。
何気ない部分だけど、普通の家や毛糸(おそらく市販、合成繊維かも)、スプーンを使ってる、学校に通ってるとこに地味に感動したw
やり方は間違っていたけど、父親の愛は伝わっていた。
主義主張はともかくそこには愛がある。
ってことで子供達も父親の元に戻ったのだと思うけど、子供達も大人だよね...。

投げかける主張が濃い良い映画だと思うけど、人物の人柄で嫌な気分になる映画は個人的にあまり好かないので残念ながら点数は低め。
子育てとは?親のあり方とは?家族のあり方とは?
何が異常で、何が普通か…
一回観た方が良い映画。
確かに今の社会はあまりよくない気もするし、自然の中で生活するのも、限界がある。

自然の中に身を置いて、体力的にも精神的にも成長することはとても大切。本から得られる知識も子供たちはあって学んでいる。
現代の子供たちとは正反対で話題が違ったり紆余曲折があるけど最後には良い方向に向かって、とても面白映画だった。
【ストーリー】
森で暮らす父親と子供6人の家族。
彼らは学校へ通わず、森の中でサバイバルトレーニングや父親から哲学、物理等、あらゆる分野の勉強を学んでいた。
母親は鬱で入院していた。
森での生活を始めたのは母の為にもなると判断し、2人で決めて始めた生活であった。
しかし、母の症状は快復せず、入院することに。
入院した約2ヶ月後、自殺したと連絡を受ける。
母親は仏教徒だった為、遺言には土葬ではなく、火葬してほしい。みんなで歌って踊って、自分の灰はトイレに流してほしいと書いてあった。
しかし、母の両親は教会で葬式を上げ、土葬しようとしていた。
母の希望を叶える為に、家族は森を出て救出に向かうことに。
葬式の最中に乱入した彼らは場違いな服装で登場し、父は教会の外へとつまみ出される。
その後、墓地に向かおうとするが、祖父はこれ以上邪魔をすると警察に逮捕させると言われ、強行しようとするが、子供達に父も大事だからやめてほしいとやめさせられる。
その夜、帰ろうとすると子供の1人レリアンがいないことに気付く。彼は祖父の家にいた。
レリアンは父の教育は間違っている、母親を殺したのは父だと責める。父のことなんか嫌いだと言い、祖父の家に残ることを告げる。
祖父に子供の育て方を否定され、このままでは子供達は社会に出ることができない、養育権は自分達にあると主張する。
また長男はブラウン、MIT等の一流大学へ合格していたことを告げる。それは母親から手助けしてもらいいいへ秘密で行なっていたことであった。
その後、レリアンを救出しようと子供達に侵入させようとするが、今度は娘が屋根から転落し大怪我をする。
そこで、初めて父は今まで子供を危険な目に合わせていたことに気付き反省する。 悪気の無い過ちで子供達を苦しめていたと。
子供達に祖父の元で暮らすよう伝え、自分1人で帰ることにした。
しかし、子供達は車の中に隠れていて、母親を救う任務を続けてようと説得。
墓地に侵入し、母の死体を取り出し、望み通り、火葬してトイレへと流した。
その後、長男は地図で適当にやって指した場所ナミビアへ向かうと言い、飛行機で旅立つ。
父親と子供達はその後、元いた牧場へ戻り、子供達は学校へと通い始めた。

【感想】
家族みんな、身体能力が高く頭も良いと完璧な存在だけど、社会性が無く、他人との付き合い型がわからない変わった家族という設定。
確かに、勉強やスポーツが出来ればよい訳ではない。学校へは人との付き合い方、社会性について学ぶ場所だと思うから学校へは通わせるべきだと思う。父の育て方は凄いと思うがやっぱり間違っていることだった。子供達にお酒や刃物、また万引きの仕方や性についても小さい子供に対しても全て正直に伝える。父の偏った考えで子供達を半分洗脳していたんだなと思った。
何でも正直に本当のことを言えば良いってもんでもないし、子供にはまだ判別できないこともあるのだから。設定は変わってて面白かった。
両親がヒッピー、カウンターカルチャーの思想を持ち山の中で自給自足の社会とは極力関わらない生活をする一家。

学校などに通いはしないが本などから独自の英才教育やスパルタ式に山中を駆け回りクライミングで絶壁登らされたりした結果が豊富な知識とアスリートなみの身体能力。

ただし、閉鎖環境で社会から孤立し偏った人間に育てられた結果がおかしな善悪の判断、空気は読めない協調性は無い、他人との接し方がおかしいと言った勉強できるが社会不適合者ができ上がる。

8歳の子供が資本主義を罵り反権力を声にあげ、親父と長男の会話で出てくる名前が毛沢東、スターリンなどである。
本人が見聞きし、体験しての思想で無く親からそう教えられだけな故に軽く恐怖を感じる。

山の中に篭ってトレーニングしてる様がテロリスト達がベースキャンプ作って軍事訓練してる様と被ってしまう。

家族総出でスーパーで万引きし改善案を出し合い葬式での乱入などがそうだが根底に世の中は間違っていて自分達は正しく何をやっても良いと言った言動でありこの一家に何も共感できない。
山の中で一生暮らして社会とは関わらないで欲しいとさえ思う。

隔絶した環境による偏った思想教育と言う洗脳の怖さ危険さを感じるがキャッチコピーの『普通とは何か?』とか言う話は微塵も感じない。
社会のつまはじき者が山に篭って自分なりの家族と言うなの王国築いて逃避してただけにしかみえない。
子育てとしては駄目な見本でしかない。
シガーロスが冒頭とラストで流れる、、はじまりへの旅は、出発点と着地点が同じようで、違う、けど根幹は変わらない、、確か宮台真二の映画評論だったか、異世界(この映画の場合は、人間社会)を経験して、もとの世界に帰るが、その世界は同じようでいて以前とは違う、、経験によって、元の世界の捉え方が変わる、、着地点が変わる、、ヴィゴモーテンセンは世代的にロードオブザリングくらいから認知し始めた俳優だが、今回もすごくよかった、、子供たちが祖父宅に引き取られる展開から、結局父親のもとに戻ってくるわけだが、そのシーンにおいて、唐突に半ば恣意的に描かれるところに、逆にこの映画のもつ優しさを感じる、、ラストカットの手持ちカメラによる長回しも登場人物たちの機微を描く余韻として、演出として成功している、、
食べ物を救え 以外は良かった。
冒頭は何か違う映画付けてしまっなのかと・・・ちょっとキツかったです 笑
>|