はじまりへの旅のネタバレレビュー・内容・結末

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿されたネタバレ・内容・結末

それはやり過ぎでしょ、と家族の深い愛が何度も押し寄せて来て、正直途中は疲れるなあと思って見ていた。でもこの話はそれでいいのかも。
長女(?)が羊を射るのに躊躇して、その理由が「逃げないんだもん」って言ったのが野生的だった。
学校へ行く直前でも各々の仕事と自習をし、次男が父親のためにシリアルを用意してあげる静かなラストが良かった。
『子供の世界は親が全てだからこそ、間違えに気付いたら親は自分の非を認めてちゃんと謝ろうね』と思った。

お爺ちゃんは娘にそれができなくて、パパは子供たちにそれができて大人たちの悪習を断ち切れてよかった…
んだけど、やっぱ子供たちに窃盗させるという劇中最大のマイナス行為を働いてるのもパパなので、パパを評価する気にもなれないんですよね。
スコアが5までじゃ足りないくらい
素敵な作品に出会ってしまった。

俗世間から離れて
山の中で自給自足の生活。

日本の自給自足の生活
のイメージとはまた違う
アメリカの文化や人柄が出ている
山の中の建物や生活に密着したファッションが出てくるシーンがよかった。

母の死により
俗世間の人と交わることになり、
生活環境や、思想の違いに戸惑いながら
今後どう生きるか
家族で考えていく姿に感動した。


母を火葬する際、家族皆で火を囲んで歌うシーンは間違いなく今までみた映画で1番好きなシーンだ。

最後、子ども達の将来のために
山の中の生活を捨て
俗世間で暮らす事に決めた。
その暮らしぶりが、
一般の暮らしと、山の中の暮らし
いい所を合わせた折衷案のような
生活スタイルだったところ
にどんな状況でもこの家族は幸せに生活できるんだと安心した。この家族の今後も見たいと感じた。
大自然の中で世間から孤立した生活を送る家族、
毎日サバイバル生活。

サージの剥製の被り物かわいい。
ボウドヴァンが大真面目にプロポーズするシーン、言葉選びが大変良かった~。

晴天での火葬シーンで流れる
Sweet Child O Mine
衣装も場所も美しくて好き。
この映画では、始まりに回帰した父親と子供達との生活を一見して肯定的に描いているように見える。
しかし、ポルポト、マオイズミスト、窃盗、葬式後のシーンから、資本主義の狂信者を批判する彼らのカウンタームーブもまた一面的な錯誤であると、示唆しているように思える。特にラストシーンは媒体物が代わっただけではないかと感じた。
現代の成熟した社会では画一的な幸せの基準の元、自らの価値をそれに合わせている。しかし、その社会、消費から離れようとする者達も、人間理性として成熟していると果たして言えるだろうか。
いずれにせよ多角的な視点が我々には必要なのだと思う。
私の中のヴィゴさんがファンタジーの世界からやっと抜け出てきました。地に足ついてるって感じ
女の子可愛い
子供達の気持ちや子供達のことを思う周りの大人たちの気持ちが複雑に絡み合って痛いくらい自分の中に伝わってきた

ママを家族みんなでママの望んだように歌って踊りながら天国へ送るところがとてもよかった。
家族愛、普通とは何か、子育てのあり方を考えさせるロードムービー。ヒゲを剃ったらイケメン。長男もイケメン。最後の火葬シーンは純粋で美しい。チョムスキー。"Interesting"はダメだ、より具体的に説明せよ、という父親の教えは共感。
いや〜すきだ〜
愛のカタチ(表現方法)と社会の仕組みのズレだったり、



It was a beautiful mistake.
“Interesting”は禁止
それぞれの思想を頭から否定して怒鳴りつけたりはしないのがよかった
ユーモアは大事

子供たちのお葬式ファッション、火葬シーンが最高すぎた
>|