はじまりへの旅の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

ロードムービー&家族愛
やっぱ家族って素敵。
そう感じさせてくれる映画。
このお父さん無茶苦茶やろおかしいやろって思ったりする部分もあったけど、この家族の絆は強い。素敵です。

邦題の方がしっくりきたの久しぶりな気がします

まさに はじまりへの旅だった

家族間の絆が強いのは間違いないんだけど
今回のレスリー救出の旅が
新しいベン一家になる為の旅にもなった

個性を大事にし 言葉より行動のが強いなど
独自の育て方で育てられていたけど
周りとのコミュニケーションの取り方など
勉強以外にも大切なものはある
それが子供の為だとわかっているけど
1人、2人の存在から大切な物全部は学べない。

コメディ要素結構あるし 面白かった
AyAko

AyAkoの感想・評価

4.0
とても良い…良過ぎる……

自分の生き方とかあり方とか、貫こうとしても、それが少数派であれば他の人から中々受け入れてもらえず、間違いだとされてしまうし…親が子供に対し生き方を強制してしまえばそれは親のエゴで、悪意の無い暴力になってしまうし……とか色々、自分の生き方とかあり方、家族としての生き方とかをめちゃくちゃ考えさせられる映画だった…。
何が正解とかは無いけど、自分が正しいとする道が必ずしも他の人にとって正しいとは限らない、それを頭に入れた上で、自由に、個性を大切にし、生きていきたいなぁと思いました。良作。
yosko

yoskoの感想・評価

3.8
ここのレビューを見ずに楽しげな雰囲気の映画だろうと思ってたら、結構シリアスな作りで意外だった。
それぞれが考える正しい生き方って何なんだろうか、そしてそれはみんな共通でないといけないのか、異なることは悪いことなのか、オトナからコドモまでの考え方や価値観を見つめ直す良い映画だと思う。
自分が勝手にイメージしてた内容とは、随分違っていました。

色々と考えさせられた。

子供達が可愛いすぎる☆
Milk

Milkの感想・評価

3.7
笑える話なのかと思って観たら、なかなか考えさせられる話だった。
sugar

sugarの感想・評価

4.2
賢くて強くて可愛い魅力溢れる子供たち。父の愛は確実に伝わっていて、ただただ涙が込み上げた。
家族みんなで演奏したり、歌い踊るシーンがとても素敵。
こんぶ

こんぶの感想・評価

3.3
大自然の中で父親の自宅学習で学ぶ子供たちのロードトリップ。体力も知識量もものすごいけど、コーラは知らない。私の感覚で考えると、ちょっとおかしいなと感じるところがいくつかあったけど、そういうのを感じさせるのがテーマなのかも。自分の生活と繋りを感じないから、ファンタジーのような感覚で観ていた。末っ子の女の子の「○○ってなあに?」の知的探究心がかわいかった。
tottsun

tottsunの感想・評価

4.0
私が最近見た映画150
「はじまりへの旅」
アメリカ北西部の森の奥深くで、6人の子供と暮らしているベン・キャッシュ。子供たちは家族たちだけで孤立して生活しているため社会と接点を持っていないが、厳格なベンが課す特訓によって全員がスポーツ選手並みの体力を誇る。
体力だけではない。学校での机上だけの勉強は必要無いとの信念のもとあらゆる場所でサバイブできるように知識を父や彼が調達してくる本から得ている。
それだけではないのが興味深いところで、獣の捉え方、捌き方、音楽の嗜み方、外国語、読んだ本に関する自分の意見を論じる…などありとあらゆるものを学ぶ。
そんな中、入院していた子供たちの母レスリーが他界し、一家は葬儀が行われることになったニューメキシコへ向けて旅に出ることに。
ベンは以前レスリーが自然の中で生きたいと言い残したため火葬できるように動くが、レスリーの両親は断固として反対する…果たして。
これを見ると本当に普通って何だろうって考えさせられます。
当たり前のように義務教育を受け、テストをし…知識として覚えるというよりかは試験のために勉強してる感も否めない。
そして何となく子供にはまだ早いとナイフなどの刃物や性についての話は与えるタイミングを考えてしまうが果たしてそれはオトナの都合では無いかという風にも思えました。
そこの線引きは難しいですね。
果たしていい大人になるためにはそういう暴力や危険、性に関することもフタをして遠ざけるべきなのか…
私たちは何のために学校に通い勉強しているのか。
もし子供ができたら色々悩むんだろうな。
側から見ると確かにベンの考える思想や哲学、生活は普通では無いのかもしれないが本当に普通って何だろう。とただただ思わされる。
ある意味気付きを与えてくれる作品でした。
私的には☆☆☆☆です。
ロードオブザリングに出ているヴィゴがお父さん役のベンなのでこれはロードオブザリングも見ようかな。w
みみみ

みみみの感想・評価

3.9
このヒッピー家族から教えてもらったことは、相手になに言われても結局は自分の道を決めるのは自分自身だから、迷わず突き進め!!ってこと!

あんな自由な生活羨ましい!自給自足が楽しそうに見えた👍🏼👍🏼
>|