はじまりへの旅の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.3
都市生活から離れ森の中で暮らす一家。ノーム・チョムスキーを崇拝し独自の教育方針を貫く父。入院していた母の死を機に家族は新たな展開を迎える。音楽の使い方がうまい。
Taul

Taulの感想・評価

2.0
山で暮らす家族の自分達を見つめ直すロードムービー。何よりヴィゴ・モーテンセンが抑えた演技と存在感で映画を締める。父でありキャプテン。彼らの行動には考えさせられるし何度か目が潤む。ただその主義には困惑も。こういう題材の難しさと釈然としない宿題も残った。

『はじまりへの旅』は感動のシーンもあるがノリきれなかった。設定の割にヌルくていい話しにし過ぎに感じた。ファンタジーにふりきるかブラックさから描いた方がしっくりきたかも。特に子供の自由についてのもやもやが残る。それも含めて作品の力だと思うが。『湯を沸かすほど熱い愛』も思い出した。

『はじまりへの旅』はいいシーンもあり考えさせられる作品だが、テーマやホラーさが甘さにくるめられていくような感じがしてしまいノレなかった。暴走父親ものでは佳作『モスキート・コースト』のような作劇が好み。
「はじまりへの旅」
始まりから思ってたのと全然違った!とても素敵な映画でした。序盤の家族でセッションするところでもう私、好きだなって思った。自分らしさを守るっていうのはやっぱりおかしくてだって私は私だから。でも個性と傲慢をはき違えるのは、だめだとおもったりもした。
「人民に力を!」「権力にノーを!」
HIGE

HIGEの感想・評価

4.5
ジャケとの想像が違った。
「普通」ではない家族だと言うことだけどは合ってた。
この「普通」というのが映画を通して頭にずっと残ること。
一風変わった家族が世間との関わりを捨てて生きている話で、父は更に上を行ってるかなというところ。
ふざけてやってるわけではない。真剣そのもの。
なのでジャケから漂う
「明るくて楽しそう!!」とはちょっと違うとだけ記します。
割とこじんまりと物語が進んでいく感じがしてスコアは4.5
ラストシーンは凄い良かった。
親父の格好となんとなくリンクした部分はある。
saho

sahoの感想・評価

5.0
子育てって大変っていう薄っぺらい言葉では片付けられないけど、本当に大変。
自分の価値観を押し付けるのが正解ではない。
ベンの子育ては「やりすぎ」として見られてしまうかもしれないけど、これはベンなりの一所懸命の愛情表現。

いろいろな見えないルールに縛られてしまう現代で、「自分らしさ」を自分らしく見つけていきたいな、と思える話だった。

214本目 2017
mami

mamiの感想・評価

4.0
何故コメディーに分類されてたのか・・??
mmnmmoe

mmnmmoeの感想・評価

3.9
interestingを使うな、自分の言葉で説明しろが突き刺さった。
お父さんの方針は納得いかない面も多いけど、最後の朝食シーンで全部どうでも良くなった。ずるい。
がん

がんの感想・評価

4.0
理想や信念を貫き通すのか、
子供達の未来を一番に考えるのか。
その選択を迫られたときに
父親がとった自分の弱さや過ちを
引き受ける態度。パパは偉大👨
『人民に力を』『権力にノーを』

週末はこの映画で決まりだね。
ロードムービー映画の新たな傑作!
ヴィゴ・モーテンセンの演技を超えた演技に脱帽!
この家族に自分も入りたい。
Yasuyori

Yasuyoriの感想・評価

4.0

俺も髭を剃ってさっぱりするか。

映画はフィクションでも

日本の豊かさが生む「長いものには巻かれろ」に疑問を持つ若いひとが増えてるのでは。。

その例がユーチューバーだったり、、

大切なものはなんだ。

カッコつけじゃない本心がどこにあるかを考えるきっかけになる映画。
>|