はじまりへの旅の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

だーま

だーまの感想・評価

4.0

TSUTAYAの新作映画特集第三弾。

彼らには全く共感できない。
筋を通すくせに万引きを
正当化する行動には甚だ疑問。

たとえそれが資本経済への批判だとしても。

膨大な知識や考察があるのに
協調性の欠如が著しい。
善悪の判断も無いに等しい。

結局彼らも自分達の正しさを
押し付けているのである。

彼らっていうか主に父親だけど。

一歩外を出れば恋を知らない。
ロッククライムの要領で屋根から転落。

なんだ、結局何も知らないじゃん
ってのが、また皮肉。

現代文明には逆らえないという事を
大いに知らせてくれる作品。

ところで、勝手に死体を燃やすって
犯罪になると思うんだけど良いの?

生活レベルは上がったが、
多分学習はしてないと見た。
空

空の感想・評価

3.5
森で子供たちに狩りや戦闘含めるありとあらゆる教育をしながら生きる家族の話

子供の疑問に的確に正確に難しい言葉とわかりやすい言葉で説明し理解したかどうかを話させて理解度をみる父親は立派だと思うが、やはりどこか独善的

母親が自殺したことで遺言と違う葬儀をされることになりそうでみんなで旅に出る

父の言動も間違っていればきちんと変更していくあたりかなり立派な父だと思う。人は信じるものを筋に生きていく。しかしそれがすべて世の中に通ずるものではない。そんな壁を感じつつ小さな子供たちがとにかくかわいい

人ってこんな風に生きられたらどんなにいいかと思うけどどこかで必ず世の中とのバランスをとっていかねばいけないのだよなぁ

なんか色々考えちゃう映画だった
森で生活するアラゴルンと子ども6人が、母の死をきっかけに、街へ繰り出すのだけど、コメディのような、感動もののような、どっちつかずな感じでした。でも、サバイバルは、家族の絆を強めるね。キャンプをしようと思いました。
れじみ

れじみの感想・評価

3.7
「イントゥ・ザ・ワイルド」はとても大好きな作品。では主人公クリスがあのまま生き延びて家族を持ったとしたら?それが本作の物語である。個人から家族になった時に厭世的な生き方は受け入れられるのか。好きに生きればいいさ、と言うのは簡単だが、実際に行動に起こすのは難しい。

大傑作だと思う反面、どこか腑に落ちない描写も多くてモヤモヤもする。自然主義と資本主義、どちらも一長一短で、どちらかが絶対的に優れているわけじゃない。思考停止するのではなく、それぞれの環境に合った生き方を常に模索していこうってことだろうか。

テーマ的には難しくても、描かれるのは普遍的な家族の物語。父親を演じたヴィゴモーテンセンに泣かされ、子供たちの純粋さに癒される。詳細を曖昧にして真実から目を遠ざけることを嫌うベン(やりすぎ感はあるけど)の教育観は日本人的にはグサッとくる。
raru0402

raru0402の感想・評価

3.8
世間と隔絶した自然の中で生きる大家族が“社会”へ旅立つ青春冒険譚。

軍隊の訓練のように子供達を鍛え上げ、独自の観点から哲学や政治、宗教についても教え導く様が面白かった。

いくら弓やナイフの扱い方を覚えたところで、一般社会の中では素養や教養が無ければままならいと主張する義父と、逆もまた然りで学校の勉強だけしてても、一歩外に出た自然界は危険だらけで、生き残る術と知恵がなければ意味がないと考えるベン。その対立も面白い。

結局、子供にとっての環境って何が良いのか大人達があれこれ議論するけど、子供たち自身が決めることなんだねー。教育って難しい。
足立涼

足立涼の感想・評価

4.3
普段から自分たちも感じてるような疎外感や違和感を、文化圏との関わりを断絶したヒッピーのような人たちを通すことで、それがとても身近なものでもあるということを実感させられました。
sumino

suminoの感想・評価

3.2
「人民に力を。権力にNOを。」
「言葉より行動を。」
正しさとは何かを投げ掛けてくる作品だった。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.4
2018年 67本目

予告編での「変人家族のロードムービー」的なイメージで観始めたのですが、最初のノリがシアーシャ・ローナン主演の「ハンナ」と全く同じでしたので、これどっかの暗殺組織に狙われちゃうんじゃないのこの家族?と心配になるくらい超人育成計画成功してました。


浮世離れした父親に育てられた事で何でも知ってるし何でも出来る子供達のはずなんだけど、それ以外の事を何も知らないという事はとても難しい問題を抱えますよね。

「ロハスと厭世観を究極まで極めたら森に住むしか選択肢が無くなったぞ」的なミニマリストファミリーが森で戦闘能力鍛えまくってるので、その辺の痴漢とか露出狂だと瞬殺出来そうなのですが、物語の中にやられ役の痴漢や露出狂が出て来ないのが残念でした。

作中で描かれる親子の関係性、親戚との関係性、祖父母との関係性。結局はそれら全ての関連が広く繋がっていく中で社会性というものを学んでいくんであるからこそ、ラストシーンはとても良いな〜と思いました。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.8
読書ノート[12]

「はじまりへの旅」観た。

確かに“普通”に沿う必要は無いけど、“普通”を知る必要はあるんじゃないかと思った。
KOUSOU

KOUSOUの感想・評価

3.9
【脚本】20点中14
【人物】10点中7
【音楽】10点中9
【映像】10点中9
メッセージが込められた、温かな気持ちになるロードムービー
>|