グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

あらすじ

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

なか

なかの感想・評価

3.0
ダンスと歌はやっぱり上がる!フィリップとの交渉時のバーテンの頑張りにめちゃウケた。しかしバーマンは自分勝手すぎるし共感はできなかったな、フィリップの方が主人公でいいのでは?団員の掘り下げもして欲しかったなー
紫煙

紫煙の感想・評価

-
これまで妻と2人で観た映画は、隣にいた彼女の気配とともにある。

結婚して19年目。一緒に観た作品は、好評・不評に関わらず、1本ずつが、記憶の森に植樹した木々のように立ち、私たち2人のマイルストーン(里程標)となっている。

この映画は、公開期間ギリギリに滑り込み、その内の1本に加えることができた。それが何より嬉しい。

私はそういう人間なので、一番好きだったシーンは、ショービジネスが軌道にのって、邸宅を購入した時の会話。

妻「Is it ?」
夫「It is !」

この短さに夫婦の何やかやが詰まっていて、あぁ…と思った。

映画のポイントも、「Is it ?」という気持ちを私たちがスクリーンに託し、「It is !」と作品が返す、その往復にあったように思う。

そこにはきっと、マイケル・ジャクソンの『This is it』も遠く響いているはずだ。

劇場には、私たちも含め20人くらいいた。その中には、ゲイと分かる男性カップルがいて、2人の寄り添い方がとても美しくて… 幸せを願わずにいられなかった。

1つ席を置いて隣に座った女性2人組は、最初から最後までずっと泣いていた。花粉症という疑惑もあるけれど、それは問わないことに。

そして、昨日生まれたばかりの小鹿のようなカップル(男女)もいて、ほんとうに可愛かった。現実世界で起きる悪いことが、2人を避けて通りますようにと心から願った。

きっとそういう映画なんだと思う。

だから、最後の最後であれなんだけれど、私はまったく趣味ではなかったことは、ちゃんと記録しておこうと思う。

Never be enough...for me, but ...this is it.
りな

りなの感想・評価

4.1
好きなキャスト目当てで観たけど本当に観てよかった!!
世間的マイノリティの生きづらさ、それでも夢を追い続ける大切さ、そして困難さを表現されていてグッときました。
ストーリーも音楽もキャストも全て最高です!
みけた

みけたの感想・評価

4.2
音楽、演出ともに最高!!
ミュージカル好きなのでワクワクしながら見てました👀ところどころ感動する!!
ゆり

ゆりの感想・評価

3.6
何よりも全力で人を楽しませたい!!というこの作品を作った人たちの気持ちが伝わってきた。この作品に関わった人全員が夢中だったんだろうな羨ましいな。そしてゼンデイヤすっごく綺麗になったね ディズニースターからの成長すごい 存在感ありまくりだった!

わたしの周りでは本当に賛否両論でこんなにも意見分かれるのか!って感じだったけど、私としては うーん、よかったけど、すごくよかったんだけど、そこまでそんなにいいのか?っていう微妙な立場に立った(笑)

多分わたしが小中学生のとき観てたら今よりもっと感動してたのかも。
感動?!否、衝撃?!否。ことばでは、表せない位に素晴らしかった⭐️

そう‼(•'╻'• ۶)۶

「素晴らしい映画」やった。

ラ・ラ・ランドも良かったが、これ系統の奴どーやろー?!って思うてた。でも、話題の映画やし見とこうくらいにしか思ってなかった!
場面場面での、歌唱は圧巻のひとこと。
特に、Jenny Lind(役名) のワンマンライブでの歌唱はサブイボ(鳥肌)でた(ºㅁº)!!


時が止まったかのような、、、

霧立ち込める静かな静かな朝の湖に、一滴の雫が落ちその音が響き渡ったかのような、、、

ずっとずっと降り続いた雨が一瞬止み、一筋の光が射し込んだかのような、、、

↑↑↑レビュー書いてると自分に酔ってしまう悪い癖m(_ _)m


それはそうと、皆歌うますぎ😵😝
堺正章が、歌の後に「何点、何点、何点だーー?」って言うレベル。 とにかく、観てない人は観て欲しいそう思うでございます💂‍♀️👍👍
青木

青木の感想・評価

3.9
ザックエフロンがお酒飲むシーン見て色々考えてしまった←なんかしっかり立ち直って仕事してるなと思って尊敬の気持ちが湧いた←歌も踊りも素晴らしい。
ただ時間の飛び方が結構びっくりするから(手紙のシーンとか、最後のテントいきなりドンって出てくるところ)途中カットほしなぁと思ったし、テント建てるシーンとか楽しそうやのになぁと思った。
もっとフリークスがうじゃうじゃ出て見世物上等!な社会風刺なのかと思いきや、そこはさすが21世紀のハリウッド。全方位に気を配った無難なエンタメに仕上がっておりました。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

4.0
他のレビューワーさん達は殆ど言及されてないんですが、私は奥さん役のM.ウィリアムズの健気さに惚れました。もともと好きな女優さんなんですが、ミュージカルもこなせるんですんねぇ。外国の一流女優はスゴイ!加えて、R.ファーガソン姉御のディーバ振りにもウットリ。「ネヴァー・イナフ」には(本人は歌ってないんですが)痺れました。こうした女優陣に囲まれて、ヒュー・ジャックマンも、自ら出演のミュージカルの中では一番の出来では、と思います。そして最後がハッピーエンドなのもいい(現実にもバーナム氏は市長や議員になっていて、それなりに成功してるんですな)。
惜しむらくはちと短い。ミュージカルのカタルシスまで後一歩だったのが残念です。でもチョッピリ泣かせられ、心が洗われるいい映画でした。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.0
こっちが帰国後初の映画やったんかな?(わからんw)
内容は特別良いとは思わんかった。ただ歌が全部良すぎる!!もっかい観たいー❤️
>|