グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

ひたすら興奮、感動。
ザックエフロン誘うところは格好よすぎた。
this is meは最高。
見た目とかではなくも、馬鹿にされたり、蔑まれたりしてきた人には刺さる。
限りなく全員に刺さる。
恥ずかしくない自分であるよな、と再確認。
心に誇りを。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.7
ショーのシーンを先に作ったのかしら?
ストーリーは王道だけど、いい曲が多い。
個人的にはもっとサーカスメンバーにスポットを当てて欲しかったなぁ…。
あと、ザックエフロン、ラストの衣装が似合わなくて…。ヒュージャックマンが着こなしすぎてるのかもしれないけど。
★★★★★
今まで観たミュージカル作品の中で一番のお気に入り!

ストーリーは本当に王道なんだけど、演出や脚本がくどくなく、テンポよく進んでいくので、中だるみすることなく楽しめた。

バーナムとフィリップがBARで駆け引きする場面、何度もリピートするくらい好きだ♪
fampia

fampiaの感想・評価

3.5
そもそもショーが題材なので、ミュージカル要素との相性がよく、違和感なく入りやすかった。(ミュージカル的な突然歌い出すのが苦手な方も、大丈夫だと思います)

そしてキャスト陣のパフォーマンス力に本当に圧倒されるエンタメ映画。
ヒュージャックマンって、マルチすぎる。

ミシェルウィリアムズの気づきの視線が印象的だった。妻の強さを感じた。
彼女が演じた妻によってストーリーに厚みが出ていたと思う。
kyon

kyonの感想・評価

3.5
綺麗な部分ばかりが描かれてるとネットでは言われてたけど、けっこう個人的には人間らしさとか滲み出てたと思った。
ザックエフロンとゼンデイヤのシーンは、美しかった。
Kotoha

Kotohaの感想・評価

3.5
機内で鑑賞。
ヒュージャックマンだいぶ無茶するけど、それを受け止めてくれるチームがただただ優しい。(ここでみんな怒らない?ってとこでも受け入れる)サーカスだけでなく、何にでも置き換えて考えられる
KumaKuma

KumaKumaの感想・評価

4.5
実在した人物達がモデルとなっている登場人物が多く、それが更に物語を魅力的にして、観ている側がどんどん惹き込まれる映画でした。

差別や偏見が多く存在した時代に、周囲から虐げられていた人達を集め、見世物小屋としてお金儲けをした…と聞くと響きは酷いが、でも、その人達に居場所や仲間を与えた事もまた事実。

セリフの無い登場人物も魅力がいっぱい!何回も観て、それぞれの人物に注目してみるのも楽しい作品です!
hati

hatiの感想・評価

4.5
最初っから最後までどの曲も素晴らしい
じーんとくるものありました
うるうるきちゃいました
最後のレティ役のキアラセトルさんがThis is meを歌ってるところに1番ぐっときたかもしれない
その時の彼女が本当にレティに見えたからかな
ザック・エフロンが変わっていくところいいね
地位や財産から仲間、家族に変わって
なんだかいいよね
テンポがよくあっという間に終わった。

バーのシーンがすきだなあ。
長回しもダンスも、こりゃ撮影が大変そうだなと思いつつ、何度見ても飽きない、カッコいいシーンに仕上がったと思う。
みれこ

みれこの感想・評価

4.5
ミュージカル映画はわりと好き。みんなが良いよ〜ってゆうから見たけど特別支援とか学んでる身にとってわりと考えられた。This is me は、障害者や、ハンディキャップを持つ人はもちろん、全ての悩みを持ってる人に向けて作られた歌やと思う
>|