グレイテスト・ショーマンの作品情報・感想・評価

グレイテスト・ショーマン2017年製作の映画)

The Greatest Showman

上映日:2018年02月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

「グレイテスト・ショーマン」に投稿された感想・評価

ヒュー・ジャックマンがよかった。
それなりに楽しめたけど途中少し飽きました。
あべち

あべちの感想・評価

3.7
ミュージカル苦手だけど最後まで気持ち良く観ることができた。ストーリーは薄めだけど、何も考えず感動したい時はオススメ。
まふゆ

まふゆの感想・評価

3.5
歌と踊りを楽しむ映画。ストーリーは期待しない方がいいかも。
高尚なテーマを扱っているように見えて、歌って踊れば幸せがやってくる世界なので……。
音楽が現代的すぎて、なじめなかった。
ストーリーに奥行きがない。
でも、たのしんで見られた。
Shogo

Shogoの感想・評価

3.6
退屈することなく最後まで楽しませてくれるし楽曲はとても力強い。けど、脚本が弱い。内容が浅くて早い展開で、複雑そうなテーマを描いてるようで何も描いていない。完璧な作品とはとても言えない。ダイジェスト風、ミュージッビデオ風の歌のための作品になってしまってる感。キャストは奮闘、深く考えなければとても楽しい。
音楽と世界観はやっぱすてき!
内容は割とあるあるな感じではあるかなー
歌がもう良すぎて、、全曲心震えた!!!
音楽の力凄まじい!ストーリー的には、そんな全部は上手くいかんで、、リンド?さんの歌聴かんとまぁ口達者な奴やで、、人間関係雑じゃのう、、などとツッコみたくなったがしかし、いろんな意味で夢があるのが映画のいい所だもんな、終始エンタテイナーな主人公の生き様と何よりサーカス団員に拍手!!ザックとゼンデイヤが可愛い。劇場観劇時のゼンデイヤのドレスが可愛い。華々しい映画で見所はいっぱいあるのに、デスクワーク時に主人公の鉛筆の芯が折れてそれをわざわざ削りに席を立たないといけないというシーンがなんか好き。地味な日常とその煩わしさみたいなものを感じたし、主人公は辟易してるんだろうけど、個人的には素敵だと思ってしまった。。だけどやっぱり一番は歌の素晴らしさで…こりゃサントラエンドレスリピートだな。
てぃも

てぃもの感想・評価

4.3
内容はともかく、歌がとにかくカッコいい。
ミュージカルの迫力に圧倒された映画だった。
映画館で見るべき映画である。
DVDならば部屋を暗くするべし。
欠点を抱えた者たちの映画。
人は誰しもが欠点を持っている。目に見える欠点もあれば、目に見えない欠点もある。そういった欠点を抱えた人たちが自分の場所を見つける物語。
単なる成功譚とも、マイノリティの映画とも呼びたくはない。 もっと普遍的な物語。
ヒュー・ジャックマンがいい。
憎めないキャラクターを演じきったのは、彼のキラキラとした瞳とはつらつとした表情がそう魅せてくれるのかなって。
ほかの俳優さんたちもそれぞれが輝いていて、エンドロールが終わっても目の裏に残る映像と音がずっと余韻となるような映画。
>|