赤い帽子の女の作品情報・感想・評価

「赤い帽子の女」に投稿された感想・評価

これは…。
ファスビンダー感、って思ったけどたぶんファスビンダーじゃないな。
ありきたりな耽美に堕ちていやしないかと思うのだが、永島敏行がベッドからヒロインを持ち上げようと何度も何度も抱いたり落としたりするところだけ良かった。

このレビューはネタバレを含みます

異国の赤いおんな、神代監督



 2009年3月13日 11時48分レビュー

 

神代辰巳監督、脚本内田栄一、プロデュース若松孝二。

大島渚も外国資本で「マックスモアアムール」。

寺山修司の「チャイナドール」など異国ポルノを撮る。

大戦敗北後のドイツが舞台。若くて居場所がなさそうな永島敏行を主人公に赤い帽子の女と出会い快楽の日々へ。

そこに絶倫泉谷しげるが絡みます。

神代監督のドイツ観、主役女優の降板、脚本の頭でっかち加減、神代の日活期のある意味ムチャ加減が無い。

堅苦しいドイツの設定にしばられ、いやらしさが妙に美しい画面になる。

本来の神代のもつ女性の元気ないやらしさが無く、耽美的世界観に終始した残念な作品。

執拗にうつす2人乗りの自転車レースのモンタージュが唯一の神代節だ。
P後輩

P後輩の感想・評価

-
途中完全に寝落ち。
「赤い帽子の女」がクリスチーナ・ファン・アイクという全く魅力がない女優のせいだ、とヒドい八つ当たりをしている。
(昔の)シャーロット・ランプリングだったら寝なかったぞ。

@シネマヴェーラ渋谷(3/26/2015)
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
ベッドの軋み音が金属的でさすがジャーマンだなと思った。
しかしこれはそもそも無理のあった企画だったのでは。狙いがよく分からないな。
泉谷が囲ってた女の子可愛かった
15.3.23@シネマヴェーラ渋谷<神代辰巳の世界 没後二十年メモリアル特集>