マギーの作品情報・感想・評価

マギー2015年製作の映画)

Maggie

上映日:2016年02月06日

製作国:

上映時間:95分

2.9

あらすじ

感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も、このウイルスに感染する。その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、…

感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も、このウイルスに感染する。その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、感染の診断を下されて姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。家には継母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と下の子2人がいる。ウェイドは、実母を数年前に失くした大事なマギーを可能な限り、手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行していき、キャロラインは2人の子供を連れて家を出た。ウェイドは1人、苦しむマギーを為す術もなく見守るだけだったが、決断の時は、迫っていた…。

「マギー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

娘がゾンビ化していくのを見守る映画。
ゾンビ映画はいっぱいあるけど、いろんな形の世界観があるから面白い。
娘がゾンビ化していくのを見守る父親の感情が静かに重く描かれていている。
ラストは娘自身が死を選ぶ。こういう路線もいいね。
シュワちゃんがいい感じに老けててカッコいいし、リトルミスサンシャインのブレスリンは雰囲気残ってるww

父シュワの娘が“腐歩病”に感染してしまうが、その時父はどのような決断をするのか…というストーリー。単にゾンビ映画というと語弊があるかのような静かな映画でした。

徐々に心身が変わってしまうマギーと、最後にどうなるか分かりながらも愛し抜く父親の家族愛に感動しました。
マト

マトの感想・評価

3.6
意外にもシュワちゃんがゾンビをやっつけまくる映画とかでなく、ゆっくりゾンビ化していく娘をただ黙って見続けるしかないという、苦悩を抱えた父親を静かに演じてます。
で、この役をあえてシュワちゃんがやるべきなのかっていうと、やっぱり多少の疑問は残るわけで。でもまぁテイストの一味違うゾンビものとして自分的にはぜんぜんありでした。
展開上、最終的に父がどう決断するかの物語だと思って見てたけど…そうかー、そうなりましたか。
レンタルして鑑賞

噛まれてもすぐにゾンビにならないという自分が見た中ではなかった演出が良かったと思いました。

どうすることも出来ない、
救いようのない映画でした。

重い。
三本足

三本足の感想・評価

2.5
1079

「君の脳みそを食べたい」

この映画では噛まれてもすぐゾンビにはならない
病気としてのゾンビ
腐歩病ウイルス
THE NECROAMBULIST VIRUS
専門病院や隔離病棟があり
家族が感染した時の規則や書類が山ほどある
夜は部屋に閉じ込める
手袋を必ずする
名前を呼ばない
ステージが進むと
食欲がなくなる
また食欲がでると隔離するタイミング
隔離所や警察に電話
かくまうのは犯罪

友達との別れ
感染者を差別する問題
最後をどう迎えるかの問題
感染した家族をどーするか

サインの女の子またでかなたなー

アメリカの田舎町
畑の中にぽつんとある家
フォードのトラック
おれはこのオンボロを信じてる
映画fan

映画fanの感想・評価

2.8
全体的に静かに話は進み退屈。
途中ホロッとするシーンもあるが最後がね~。あれっ終わり?って感じで期待していたのと違った。
あれじゃ死なないでしょう。
KOKO

KOKOの感想・評価

-
ゾンビ映画を初めて見てみたのだけど、
初心者にはもってこいの作品だったと思う。そんなにゾンビゾンビしてない。どころかちょっと感動。


お父さんが癖のある英語で、一体どこ出身なんだ!?と終始思いながら見てた。エンドロールまで気付かず。あほ。

しかも娘ちゃんは私のなかのあなたの子ではないか!ずいぶん大きくなってしまった。
ぱーん

ぱーんの感想・評価

4.0
ゾンビ映画と聞くと、大量のゾンビやびっくりシーン盛りだくさんの映画を思い浮かべがちですが、この映画は違いました。
父と娘の親子愛に加え、娘がゾンビ化していく状況から生まれる父の苦悩など、人間ドラマがメインです。今回アクションを封印して演技で勝負したシュワちゃんでしたが、私はとても良かったと思います。父の心情が、シュワちゃんの表情から伺いしれるような演技がとても良かったです。ストーリーに大きな展開はないですが、あくまで話のメインは父の娘への思いだと思うので、そういうのを期待して見る方にはおすすめです。
321dai

321daiの感想・評価

2.5
20分で離脱、、
シュワちゃんにシリアス的なのは求めてない事を再確認、、
コマンドーで口直し、、
久しぶりにシュワちゃんの映画を見ましたね😊
小学生の頃は好きで見てましたよ😚
僕が最初みたのはプレデターでしたねー😌しかも途中からの😅
だから、もう結構みてますね😊
この作品は始めて観賞するゾンビ映画でしたねー😙
ゾンビ映画もバイオとジョージA
ロメロのゾンビも観賞しましたが😄それとは違い、ウイルスに侵されゾンビになっていくのとこのウイルスがありそうなのでなんかリアルだなぁと感じましたね😙近未来というのもあるんですが😚壊死性ウイルスというのがね😄
どっかから風にのってきたか、それとも、そういうウイルスをもってる生き物がいるのかな😗わからんけど‼️
>|