マギーの作品情報・感想・評価

マギー2015年製作の映画)

Maggie

上映日:2016年02月06日

製作国:

上映時間:95分

2.9

あらすじ

感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も、このウイルスに感染する。その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、…

感染するとゾンビ化していく、壊死性ウイルスが爆発的に流行している近未来のアメリカ。田舎の小さな町に住む16歳のマギー(アビゲイル・ブレスリン)も、このウイルスに感染する。その頃、当局は感染者たちを社会から隔離された特別病棟に収容していた。そこで、苦痛と危険に満ちた過程を経てゾンビへと姿を変えるが、その後、どうなるかについて、語られることはなかった。ウェイド(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、感染の診断を下されて姿を消した娘のマギーを捜し出し、家族のもとへと連れ帰る。家には継母にあたるキャロライン(ジョエリー・リチャードソン)と下の子2人がいる。ウェイドは、実母を数年前に失くした大事なマギーを可能な限り、手元に置こうと、隔離命令を持って現れた地元警察を追い返す。しかし、マギーの苦痛に満ちた変化は徐々に進行していき、キャロラインは2人の子供を連れて家を出た。ウェイドは1人、苦しむマギーを為す術もなく見守るだけだったが、決断の時は、迫っていた…。

「マギー」に投稿された感想・評価

素数

素数の感想・評価

3.0
ネットフリックスで鑑賞。
ウィルスに感染して段々と変わっていく娘に寄り添う父親、友達、周りの人達。
激しい描写はなく、淡々と話が進む。
過激さとか怖さとかではないゾンビ映画。
ありー

ありーの感想・評価

2.5
なんとなくウォーキングデッドっぽい?って思ったらウォーキングデッドのスタッフが監督なのかな??よく知らないけど
ちょっと派手さはなくて物足りない気もしたけど父娘のストーリーで切なかった
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
これだけヒューマン要素が濃い、視点を変えたゾンビ映画って今までなかった
そしてこんな悲しいゾンビ映画初めて。゚(゚´ω`゚)゚。
淡々と進んで盛り上がりに欠けるし、驚きのラストな訳でもないけど、其々のキャラが繊細に描かれていて胸が苦しくなるシーンもちらほら
ゾンビマニアのひとは期待はずれかも?
TDS

TDSの感想・評価

2.7
徐々にゾンビへと変わっていく娘と父親の葛藤を描いた作品
描いていることはとても良いが少し物足りない感じもある
全体的に抑揚がなく一定のトーンで進行する
驚きはないが良い終わり方だった
Yusuke

Yusukeの感想・評価

3.0
要は難病物。言われてるほど悪くないけど、ゾンビと家族愛という何度も描かれてるテーマだけにパンチが少なかった。
LeSoreiyu

LeSoreiyuの感想・評価

4.0
ゾンビ。もしくはそれに類する者は数秒しか出ません。
勝手に決めつけているイメージでの役者の活躍は一切ありません。

淡々と進む、
他人から見たら身勝手と思えるけれど、けれどそうせざるを得ない父親と、
最後まで愛する父と過ごした娘の話です。

静かに進む時の中の彼はとてもくたびれた父で、
だからこそ、このギャップはある意味良いキャスティングではないでしょうか。

娘の瞳に写るその光景と垣間見た風景は走馬灯であり、その走馬灯を説明するためだけの物語だったのかもしれません。
シュワルツェネッガーとゾンビという取り合わせ。

いまいちパッと結びつかなかったのだが、
結論から言うと、何故にシュワちゃんをキャスティングしたのかと…。
シュワちゃんである意味は無かったような気がした。
その方が、変な先入観が無かったからだ。

正直、シュワちゃんの演技力ポイントは低く(ファンの方失礼)しかし、存在感は大きかった。
だからこそのスターなのだとは思う。

映画の構成も何と言うか、ゾンビ感染ウイルスが発生した状況で、少々難ありの娘と、これまた少々難ありの父親が繰り広げる、ゾンビ感染2次被害はこうやって起こる…という映画としか思えない作りになってしまっている。

『ゾンビに遭遇した時の恐怖』というのは一応ありはするが、既に蔓延から何年も経過しており、感染者に対する対処は決まっている社会が舞台のため、ゾンビが襲って来て大パニックのサバイバル…という感じではない。

ハッキリ言えば地味。意外性も少ない。
鑑賞すれば解るが、本作は『ゾンビ』では無く『シュワちゃんの演技』を見て欲しい企画となっている感が強い。

もう少々ヒネれば面白くなった様な気はする。

『ゾンビ』『ヒューマン』『シュワルツェネッガー』という題材を残念ながら活かしきれていない作品だった。
シュワとゾンビってありそうでなかったけど、これはアクションではなく感染した娘との時間を辿った話で、そういうゾンビ映画ってのも割と新鮮とも言えるかも…。
【ストーリー】
アクションスターのアーノルド・シュワルツェネッガーが、ゾンビ化するまな娘を救うべく駆け回る父親を熱演した異色作。

ゾンビによって引き起こされるパニック映画ではない。よってシュワちゃんの銃をぶっ放すなどアクションは見ることができない。

今回はゾンビ化する娘をどうにか守ろうと奮闘する父親役。

ゾンビ化(腐歩病)の対処法は全部で3つ。
①感染者を隔離施設へと送り込む
②薬を用いて激痛の中、死
③一思いに…

①の隔離施設では、腐歩病に感染した者たちが一つの部屋に集められ共食いをさせられる…との話も出てくる。

そして
何となく「スリーデイズ・ボディ」に似ているな、とも。
50Kenzo

50Kenzoの感想・評価

3.0
ゾンビ化する娘にひたすら苦悩する親父さんのお話。

コマンドー成分は0なので、演技派目指すシュワちゃんを温かく見守れる方のみ観賞しましょう。

しかし一番の芸達者はマギー役の女優さんというね(-_-)
>|