死刑にいたる病の作品情報・感想・評価

死刑にいたる病2022年製作の映画)

上映日:2022年05月06日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

あらすじ

「死刑にいたる病」に投稿された感想・評価

sato

satoの感想・評価

3.5
50
...

面白い!
けど、思ってた程グロくは無かった…

心理的ミステリーでサスペンス??って感じですかね??

阿部サダヲの演技が最高!あの目は忘れられないね!
夕凪

夕凪の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。予告や番宣程度の知識で観た為(主に阿部サダヲ目当て)、冒頭からグロくて正直この後、耐えられるのかと早々に思ってしまった。
本編上映前の予告がやたらとホラー系が多いな…と疑問だったんだけど納得。思ってたのと違う(笑)館内が寒過ぎたのは、何もエアコンだけでは無い(汗かいてたから余計に…折角買ったアイスコーヒー飲み忘れていた)筈。

どちらかというと世間一般的にはコメディー色強めの役が多い印象かなと思うし、何をやらせても本当に上手いな~とドラマ、映画、舞台どれも良くて…大好きな俳優さんだが、ビックリした。
何だか何時もより黒目がちの瞳が本当に怖かった(虚無感も)。原作に容姿等の描写があるのか不明だが(既読の方の感想でも違和感無いようだし)、パン屋さんの時は万人受けしそうな人当たり良さそうな雰囲気なのに…
途中、面会時のアクリル版越しの2人の顔が重なっていたのが、後半(人を殺しかけた後)、態とズラしていたのが良かった。
原作では担当弁護士も洗脳されているらしいが(獲物への手紙等々協力)、映画ではそう見えなかったけれど、あれは雅也をのめり込ませる為にわざと突き放した言い方をしたのだろうか…
原作が好きだったので期待して鑑賞。
阿部サダヲ、まさにハマり役だと思った。
グロすぎて正直耳と目を塞いでしまうシーンが結構あった。
かな

かなの感想・評価

3.8
阿部サダヲの目力。

もっとドロドロな感じを想像してたけど
思いの外あっさり見られました。

ロン毛の男、岩ちゃんの顔が
綺麗すぎて怖さ半減。
もっと汚ねぇ人がやればいいのに。
Konomy

Konomyの感想・評価

3.8
阿部サダヲさんの目……

一周回って結局何の時間だったんだ…?
ってなったけど、それを経てのラストの大オチが効いてた。
きっとあそこからキャットファイトがはじまるんだろうな(?)
chiyo

chiyoの感想・評価

3.5
2022/5/7
連続殺人犯の榛村大和と大学生の筧井雅也。榛村演じる阿部サダヲがハマリ役で、善と悪の振れ幅が本当にお見事!黒目がちの目が、余計に狂気を増幅させている感じ。そして、直視するのが辛いくらい、惨たらしい拷問の数々。この内容がPG12で良いの?と思ったりもするものの、改めて記憶を辿ると直接的なシーンはそれほどなく、想像で痛さを感じさせる描写が多かった気が。ただ、その痛さがぞわぞわ来る系なので、苦手な人には相当キツイ内容。また、ラストの展開には唸らされたけれど、岩田剛典演じる男の登場が早すぎたのか、彼に関するシーンの全てが予定調和だったのが勿体ない限り。が、とにかく阿部サダヲに尽きる作品で、榛村に感化されていく雅也演じる岡田健史も好演。人たらしには気を付けよっと。
言葉巧みに大人が若者・子供に迫る危うさ、卑劣さのデフォルメ。エピローグでゾッとする感が強烈に。
拘置所の面会控室とか保釈金保証金の立て替え業とか、知らなかったことをそんなものなの?と思わせるのにはまいった。
つっち

つっちの感想・評価

4.0
ゆったり系だけどずっとハラハラ!
岩ちゃん、、、??
警察官…?
面白かったけど、もっと読めない展開を期待してしまってたのとラストの感じが微妙でした個人的に
痛グロ描写はすごい

最初花びらかと思ったよね〜!
AK

AKの感想・評価

3.0
グロシーンが多めなので、苦手な方はやめた方がよさそうな映画。
阿部サダヲと岡田くんの掛け合いはすごく良かったし、映像の見せ方もたくさん工夫されてるなぁとゾクゾクして見れた。

だけど、登場人物や関係者が多すぎるあまりにもう少しなんでこうなったのかみたいなバックグラウンドが知れたら、さらにサイコ作品として面白そうと思ったので、原作読みたい!
>|

あなたにおすすめの記事