まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせんの作品情報・感想・評価

「まじめにふまじめ かいけつゾロリ なぞのお宝大さくせん」に投稿された感想・評価

ルパン

ルパンの感想・評価

2.5
懐かしい!
ちっちゃい頃集めてたゾロリたちはどこいったんだろ、
期待しずにみましたがテンポ良くネタをたくさん突っ込んできて公開時期に子供だった方なら皆さん楽しめるんじゃないかと思いました。

ラストシーンのゾロリのポジティブっぷりも格好良いです。
FuKu

FuKuの感想・評価

3.0
懐かしい、ただただ懐かしい

これゾロリ映画1作目なのか〜

ゾロリがイシシとノシシが居るから冒険が出来るって言うシーン好き

でもだいたい問題起こしてるのもイシシとノシシなんだけどね...
アル

アルの感想・評価

3.4
いやー思い出しますね。小学生時代を✌️

テンポよくちょっとホッコリできる作品です。かいけつゾロリ見てた人にとっては面白いですよ!
ケロロ軍曹出てきたの普通に嬉しかった😌

毎回思うんだけどオナラ万能すぎるww
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

3.3
期待はしていなかったのですが、とても楽しめる映画でした。

小ネタがとても効いてて演出が凝っている!山寺さんの役者としての技術が感じられるのも好感が持てる

ケロロ軍曹やシャア等パロディやコラボを探しながら鑑賞するのもおすすめです

唯一個人的にテイルの吹き替えをしている相武紗季さんの演技が酷過ぎて、終始残念な気持ちになり勿体ないなと…
mako

makoの感想・評価

3.8
《2018#5》

2016年の年末にNHKで放送されていたものを録画していたもの。

かいけつゾロリは子供の影響で何冊か読んだことがあるのでゾロリやノシシ、イシシのキャラクターがどういうのかは大体知ってます。

映画は初めて観ましたが面白かったです。テイルという女の子と知り合う。テイルの父は冒険家で考古学者だった。母親はいなくて父と2人だったが冒険家の為、テイルは長い間おばさんの家に預けられていた。やっと父が帰ってきたと思ったらすぐに亡くなってしまう。
死ぬ間際父に「やり残したことがある。このペンダントでおれの代わりに」とペンダントを渡される。
テイルは父から預かったペンダントと城の地図を持って父のやり残したことを探していた。城の地図にお宝がありそうだと知ったゾロリはお宝があると思いお宝目当てにテイルと行動を共にすることに。

テイルの父への想いがラスト、父の想いを知りわだかまりが解ける。
冒険家の事も誤解していて、遊びみたいなものだと思っていたら危険なものだと知る。そして喜んでくれる人たちがいるということも知ることができた。

お宝探しとそれを狙う海賊タイガーとの戦い、お城内でのトラップの回避、ゾロリとテイルのちょっとした恋模様などが描かれています。
子供向けなので戦いは残酷描写はなく安心してお子さんと観ることができます。
脚本は岡田磨里。
子どもと何度か鑑賞。
本当に悪いやつは出てこないし、闘いもさほど暴力的ではない。アンパンマン等のような勧善懲悪らしさもあまりない。

何気に岡田麿里脚本なのが個人的には嬉しかった。見方が変わる。
平面

平面の感想・評価

3.3
これ10年以上前の作品なのか…
昔大好きだった作品だけあって懐かしいやら、でも大人になった今でもやっぱり好き。

終盤、作画に半端じゃなく気合の入っているシーンがあります。
その時のテイルちゃんの可愛さといったらない。。
ペン

ペンの感想・評価

3.9
かいけつゾロリ劇場版第1作にして最高傑作。隠れた傑作アニメ映画のひとつだと思う。

ゾロリがお宝とヒロインとの結婚を目指し、新たな冒険へ出るが、それを妨害する強敵が現れる。

とまぁ、ストーリーはお約束のものだが、アクションがとにかく凄い。ここまで動くアニメってなかなか無いよなってくらいよく動く。
ギャグも盛りだくさんで、大人にしか分からない小ネタや、当時の時事ネタまで盛り込み、とにかく画面に情報量が多いので、何度も見直したくなってしまう。

そして、ゾロリの魅力のひとつであるカッコよさが全開に発揮された作品でもある。ゾロリの「来るな!こいつはオレさまが倒す!お前たちは下がっていろ!」の台詞は何度観てもシビれるほどのカッコよさだ。

最近のゾロリ映画も楽しめるが、また思いっきりアクションに振り切ったゾロリ映画も観たいものだ。
highland

highlandの感想・評価

3.8
亜細亜堂×スタジオZ5の作画アニメ。「どうぶつ宝島」の正当な継承作
>|