スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

9

9の感想・評価

-
ライトユーザーにも優しいし面白いしアツイ……最高……4以降しか見てないけど一番アガったかもしれない

公開当時ローズがボロックソに言われてて(1ローズ=100ジャージャーは正直笑った)フィンに激突するシーンとか戦犯扱いされてたけど全然ムカつかなかった フィンを縛り上げたのも反乱軍の使命に駆られての行動だし出先でもちゃんと動けてたしなによりローズが激突してなかったらあのまま反乱軍はフィンを失ってもっとガタガタになってたわけでしょ 本人的には台詞通り愛する人に死んでほしくなかった程度の思いだとしても結果的に完全に正しい行動だと思う
Tpgooner

Tpgoonerの感想・評価

2.8
鳥の造形だったり多くが許せない。リスペクトを言い訳にしているとしか思えない。
るな子

るな子の感想・評価

3.1
ルークが見られた…。私はそれだけで満足でございます。
ストーリーは取り敢えずローズを消すか、美人な俳優さんと交代したら少し良くなると思います。
わんす

わんすの感想・評価

3.8
どうした...製作陣。

映像とCGは素晴らしい作品

ルークがとても弱々しく、冴えなくなってしまっていていたが最後のルークには感激した。
レイの魅力に気づいた。美しい過ぎる。。

だが、話の内容がちょっと・・
正直、フィンとローズの愛はいらない。
ディズニーの営業戦略でしかない。
スノークもep7で神々しい感がでててたが、何この死に方...
カイロレンもただの青年。ダースベイダーが偉大過ぎた。。

中継ぎとしてはかなり面白い。リスペクトも感じるしね。ただ演技が微妙。フィンとローズのくだりなに。でも最後は高まったなぁ
やっと新しいスターウォーズが観れた。
期待を裏切る展開がいいね。考察潰していくスタイル。まぁどうせJJなら戻すんだろうけど。次に期待。
今年またSWイヤーという事で!果たしてどんな作品になるのか楽しみすぎる。これストーリーとしてはいい線いってるかと。でも満点つけれなかったり、平均点も大したことないのは、やっぱりライトセーバーの戦闘シーンか。ベイダーやダースモールとの対決に比べると...ねぇ...見劣りが。でも力作です。
この作品は本当に最低だ。
スターウォーズとしての優れた素材や前までの話を何一つ活かせないどころか、全てをぶち壊した。
マーク・ハミルですらブチ切れている
本当になかったことにしたい作品だ
koyamax

koyamaxの感想・評価

3.0
2017年
劇場で観た

賛否両論で、今更どうこうも無いが、
ep7とep8が大きく違うように感じるのは、お客さんにどう見せるかを意識してるかしてないかの違いにみえます。

無理矢理「俺の味」をみせて、客の期待裏切ることや望んでないような事をあえてやるのを、斬新な演出という言葉にするのは乱暴な感じかな、と。

いや、スターウォーズは好きなんですがスターウォーズのリアリティラインは保つべきでは?と考えさせられる。

斜め上狙うのはよいけど、大作は大作の矜持でつくって欲しい。

次も観ます!
エリ

エリの感想・評価

4.5
昔の作品ってナンバーツー(とか美味しい所を持っていく人)って圧倒的にカッコよかったり目立つ印象があるんだけど、近年はそういうポジションに『親近感や共感(見た目含む)』を得やすい存在のキャラが打ち出されてるなぁと、ふと思って。

スターウォーズに散らばる思想や哲学感が好きなんだけど、今作は『自己を発信しやすい(誰もがチャンスを作りやすくなった)現代ならでは』の見せ方なのかな〜と、うまく言葉に出来ないんだけどそんな感じの事を観ながら思った。
ざっくりだけど、誰もが主人公になれるんだよ、みたいなメッセージを感じた。(全然そんな事ないのかもしれないけどww)

そしてそうは言ってもローズの描かれ方、運びはやっぱり何か...びっくりしたわ...(好きな部分もあったから尚更)

●●●●

IMAX3Dで鑑賞。

賛否両論の通り、確かに胸熱ポイントもツッコミポイントもとても多かった!
いつもは孤独な鑑賞者だけど、スターウォーズは周りでも観た人が多いので鑑賞後『萌えとツッコミを語り合う会』を開くか!?このモヤモヤどうしたらいいの!!?と、各々の混乱ぶりwを語り合ってしまったほど。

毎度巧妙な『あん時のアレ』を思い出させる場面アレコレではしっかり泣いた...
ライトセーバーのカッコ良さにはやっぱり震えた...

注意))カッコイイのはライトセーバー(自体)です。
戦闘シーンの「おまいら体幹どしたァ!?」と聞きたくなるような構え、動きはわざとなの...?一応シーン的には感動しつつも、頭の中半分は

「いや、動き...そうじゃなくね!?」
と思えて仕方なかった(゚д゚lll)

次作メッキメキに上達してまっせ!な展開への伏線なの??
そもそもエピソード1.2.3のメンバーが上手すぎたの???
(T_T)カッコヨカッタモンネ...

●●●●

そして、何時でも何処でもカイロ・レンを見る度に
「こんのバカ息子〜〜〜(🔥^∀^)」
と怒りスイッチが入って仕方なかったのだけど、鑑賞後にはアラ不思議。

「カイロ...レン........./////」(目を閉じると蘇るレイとの共闘シーン。二人の動きはともかくね!w)

ときめき度の急上昇、自分のチョロさに泣けたわ…チョれぇ〜おばさんだな......

世間のお姉さま方が「レンくん♡」って言ってるのを聞く度に、

「いや、“くん”は要らねえだろうが!!!(怒)」

とず〜〜〜っと思ってたんですけどね...ちょっとわかるようになっちゃったわ......

●●●●

レイの不器用さや葛藤してる感じを見る度泣いて、これだからスターウォーズはよぉ...とも思うし、世代交代の寂しさ切なさ、どこか虚しさも感じたり...

そうそう、『葛藤』の仕方も何だか現代ならではだなと思った。 主にカイロ・レンさんの厨二感のせいかもしれないけどww

消極的だったり時に乱暴だったり、闇の描き方も似ているようでちょっと違くて。フォーカスの仕方が今風だなぁと思った。
今の作品だもの、そりゃそうか…新しいスターウォーズ...かぁ......と、鑑賞後しばらく言葉にならない空白の吹き出しが頭の上に浮かんでいたのでした。