チャップリンの駈落の作品情報・感想・評価・動画配信

「チャップリンの駈落」に投稿された感想・評価

KAYU

KAYUの感想・評価

-
恋人が親によって伯爵と結婚させられそうになり、なりすましたり公園で戦ったりカーチェイスしたりする話。
ひる

ひるの感想・評価

4.2
出発する時もちゃんと追いかける三人を一旦轢き倒してから行くのね。そんでカーチェイスの挙句、最終的には三人とも車ごと池に突き落として「愛があれば何にでも勝てる!」バカップル最強!!!

このレビューはネタバレを含みます

チャップリンとエドナのロミオとジュリエット。恋の逃避行💖

「クローライド伯爵と結婚させられそうなの。助けて(/≧◇≦\)~💦」と言うエドナの願いに「よ~し!」と立ち上がったチャップリン。
エドナの家でクローライド伯爵と間違えられて歓待を受けるが、本物が現れてスタコラと逃げ出した🏃=з

何がすごいってカーチェイス⤴
チャップリンがハンドルを握ってる⤴
「メーベルの身替り運転」でもレースシーンはあったけどもチャップリンはハンドルを握ってなかったし、レース場と公道では規模が違うもの。

食事のシーンが可笑しいね。
アレは何の肉だ?固すぎだよね。
あとパンのカットの仕方が斬新で良いね。真似してみよう。
Kazuma

Kazumaの感想・評価

-
前半は室内での食事シーン。後半でいつも通りの公園シーンになって辟易しかかっていたら、怒涛のカーチェイス。これは見応え抜群。傑作

このレビューはネタバレを含みます

チャップリンの恋のカーチェイス


1915年、エッサネイ社作品。
監督チャールズチャップリン。



チャップリン初期を見るシリーズ。
原題「the jitney elopement」安い駆け落ちみたいな訳なのかな。

チャップリンとエドナは、いきなり求愛。1階、2階の構図。投げキッスするチャーリー。

エドナからお見合い話の手紙を受け取り、お金持ちになりすまし父に会いに来てとのこと。
このヘンのなりすましお話
は「のらくろ」の一人二役、金持ちのフリ的な物語に進化。

チャーリー!エドナ父に会っても変わらず、失礼。

もてなす酒はグラスを指定、おかわり強要。使用人には杖で小突くとお金持ちの素振りなし。

珍しいのが、バストショットでの食事シーンを見せます。
肉がきれない
フォークマナーむちゃくちゃ
肉のタレか豆が空から降るかのジェスチャー(ウェイターが素早く配膳しているのをびっくりしているギャグ。これは「モダンタイムス」の刑務所飯のシーンでも同様ジェスチャーあり!)
飲み物が熱い
とうとうのギャグ、エドナとエドナ父で展開。食事ギャグは、「街の灯」のパーティシーン、「モダンタイムス」のポーレットゴダートとの夢における肉きれないシーンなどなどに引き継がれる。

それから当然のごとく婚約者の鼻髭お金持ちが来て、ドタバタ開始。
チャーリーは、追い出されます。このオチも「のらくら」にまんま移行使用。

舞台はいつもの公園にうつり
チャーリーのタバコギャグ
からの
エドナカップルとの痴話喧嘩からの

なんと珍しいチャップリンカーチェイス登場必見。

エドナを乗せ、エドナ婚約者カーとカーチェイス。レンガぶつけたり、紐で車を横転させようとして、引きづられるギャグ披露(爆笑)やることメチャメチャ。
あといちいちぶつかり、ものすごくぶっ飛ぶリアクションあり。蹴りとオカマ掘り運転であり。
カーチェイスを並走して撮影したり、前方カメラから撮影したり、チャップリン映画らしくないアクロバッティック必見。
まあ
チャップリンのデビュー周辺作である「ベニスの子供自動車競走」で「縁」があるんですがね。あれは実際のカーレースのカメラにチャーリーが映り込むというメチャクチャな内容でしたがね。
この車ギャグは、のちエドナとともに「一日の行楽」でしっかり車ギャグに進化している。

大変貴重な作品でした。

あと、エドナと最後の最後キスしてます。これもレアですね。ほんとクレジット前にキスすれすれまでやります。直接ラブをなかなかチャップリン表現しませんが、初期短編は、わりあい大胆。これを見るとねチャップリンとエドナパービアンスは、相思相愛だったのがわかります。私個人的には、エドナと結婚しつづけて欲しかったなあですが、チャップリンのリアルラブは、ボロボロな天命運命。



さて
チャップリンの恋のカーチェイス

ぜひ
のん

のんの感想・評価

3.3

チャップリンがかわいい(^-^)
ぐるぐるまわるカーチェイスw
記録
放浪者チャーリーが密かに付き合っているエドナと駈落ちするという短編物語。チャーリーが結婚相手の伯爵に成りすまし食事をするシーンは勿論、そこからのカーアクションは緊迫感があり笑える。スタントマンは使っておらず全部本人が行っている。
7子

7子の感想・評価

-
枝に座ってなかなかイチャイチャできないお二人がいちばん可愛かった。面白い

このレビューはネタバレを含みます

父親が、有名な伯爵に娘を結婚相手として嫁がせようとくわだてる、いわば政略結婚に利用される女性の恋人役が我らがチャップリ♪

クラッシック・カーの【 T型フォード 】が非常に興味深い(^_^)

道など全く舗装なんかされてなく、白い砂煙りをあげて走りすぎる車…

今ではプッシュひとつでエンジンがかかる時代だけど、この時代のエンジンの始動は、フロントのレバーをぐるぐる回してかけなければ車は動かないという大変な時代!(^◇^;)

上映時間26分の中にあるチャップリン流のカー・チェイス♫…正に映画が〝活動写真〟と呼ばれた時代の映画そのもののような感じ(^o^)

途中、なぜか追ってから逃れるためにレンガを投げ続けるチャップリン ♪ ε=ε=ε=(۶•̀Д•́)۶ ドリャアアア

ラストには逃げ切り、恋人と2人…めでたし、めでたし…The end♡
marumame

marumameの感想・評価

2.8
チャップリンの映画を初めて鑑賞。
親切に日本語ナレーターが入ってるものでした。メッセージ性はないドタバタコメディです。チャップリンがおちゃめでかわいいです。
>|