美女と野獣の作品情報・感想・評価

美女と野獣2017年製作の映画)

Beauty and The Beast

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:130分

4.0

あらすじ

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”こ…

ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの孤独な日々に変化をもたらしたのは、美しい村の娘ベル。聡明で進歩的な考えを持つ彼女は、閉鎖的な村人たちになじめず、傷つくこともあった。それでも、“人と違う”ことを受け入れ、かけがえのない自分を信じるベルと、“人と違う”外見に縛られ、本当の自分の価値を見出せずにいる野獣──その出会いは、はたして奇跡を生むのだろうか…?

「美女と野獣」に投稿された感想・評価

nya

nyaの感想・評価

4.2
レビューしてなかった…
好き。いまでもたまにサントラ聴く。
よすぎて映画館で2回見た。

エマワトソン可愛すぎるし野獣はかっこよすぎるし何より歌よすぎる……!サントラもめちゃくちゃ聞いた!
もうずっと鳥肌立ちっぱなしでずっと泣いてた。。何度でも見たい。

最後のエンドロールがまた最高だった。
How does a moment last forever、本当にいい曲。。
とにかく画が綺麗で素敵!!
あと歌が好きだなぁ!
最後皆が元に戻る所めっちゃ感動した…!
昔アニメ版をよく見ていたので話の流れは分かってるけど、実写化でさらに深みが増してる!個人的にはアニメ版より好き!!

映画館で見なかったことを非常に後悔しています…(T▽T)
ひよ

ひよの感想・評価

4.5
話は知ってるはずなのに、感動が全然違う!映画館の音響で観るべき映画。
カノン

カノンの感想・評価

4.4
ディズニープリンセス役にこんなにはまるエマ・ワトソンの美しさよ。
音楽だけでウルッとくる〜
エマ・ワトソンは賢くて美しいベル役にぴったり。イアン・マッケランとジョン・レジェンドの声が素敵すぎた。

見ていて一番楽しかったのは、「強いぞガストン」「夜襲の歌」など、ガストンと村人のシークエンス。
これは言ってもしかたないんだけど、城の中のシーンは、どうしてもベル以外みんなCG…って感じなので、ガストン周りのシーンの方が、あぁ実写だね!と思えたというか。
ルーク・エヴァンスも良かったな。歌もめちゃウマだし、今後は明るく楽しいミュージカルスター路線で攻めて欲しいわ。

そもそも美女と野獣のストーリーって、監禁から始まる愛、ってところがモヤッとするんだけど、現代のディズニーでそこをどう料理するのか?と思ってたら、特に捻りはなかったね…。
有名なアニメの実写化としては、優れた出来ばえだけど、良くも悪くも想定内ではある。ベルの母や魔法の本などのオリジナル設定も、活かしきれてないし。
あと、野獣のビジュアルがあんまり好かん…笑。特に鼻から口のあたり、もっと獣らしく怖くして欲しかったな〜
(日本公開時のレビューです)
エマ・ワトソンを見にいく映画だと思ってたけど、その期待を裏切らない美しさ
黄色のドレスを着て踊る舞踏会のシーンはたまらないです!
Hachi888

Hachi888の感想・評価

4.5
やっぱり切なすぎるよ、美女と野獣😭
ワトソンの純粋な眼差しが本当に綺麗✨
好きなシーンは野獣が王子に戻って混乱でベルが本当にこの人なのか確かめるために目を見る所💙
ここはアニメのシーンでも一番のお気に入りだから実写でも再現してくれてめちゃくちゃ嬉しかった✨

私も目を見る事が多くて好きだから確かめるために目見る気持ちわかるなぁ😊
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.5
美女と野獣の実写はこれしかみたことないけど、エマワトソンは結局ハーマイオニーだったけど、すごい泣いた。笑 ろうそくのルミエールがもてなしてくれるシーンは最高だけどエマワトソンがどこ見とんかわからんとこが気になった笑 でも、最後陶器に戻ってしまうシーンはくそ泣いた。笑
「美女と野獣」はディズニーアニメで5本の指に入るくらい好きだけど、本作には満足。実写化のお手本。

やっぱり実写映画は原作に忠実であるべきだと思う。原作は師範みたいなものなので、「守・破・離」とあったら、まず「守」を徹底して、基本的には根幹のストーリーラインには手を加えずに、見せ方でオリジナリティを出すのが好ましい。本作のミュージカル・シーンも、アニメでは表現できない陰影の美しさや奥行がある。その上で、コンテキストと整合的な範囲で「破」を試みるのが良い。まずい映画は「破」がちぐはぐだったり、限りなく「離」に近いところまで飛躍してもはや別の作品になってしまったりする。その点、本作の「破」は絶妙で、「サウンド・オブ・ミュージック」へのオマージュらしい演出やいくつものオリジナル曲が、世界観を壊すことなく、むしろ原作の魅力を引き立てる。

「美女と野獣」の絶妙な「破」は、スタッフが原作を愛しているからこそ実現するのだと思う。作り手が原作のファンだったら、絶対に侵してはいけない聖域は想像に難くないはず。それを、酷い邦画は、いま実写化すれば当たるという打算的な理由で着手するから、予算的・技術的に映像化困難な原作でも気に留めないし、キャラクターのイメージにそぐわない売れっ子を平気でキャスティングする。原作への冒涜とさえ取れてしまう実写版映画を世に送り出すのはいかがなものか、と実写化の模範的作品を観たら考えざるをえなかった。
>|