インフェルノの作品情報・感想・評価

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿された感想・評価

とまこ

とまこの感想・評価

3.5
今回もハラハラする展開で楽しくみれた。関係性が複雑で、集中してみないと置いていかれる。
じょー

じょーの感想・評価

3.1
若い美人さんはどうしても信じたい。
というお話し。
ではないよね。笑

謎解きものだとしても、一作目のダヴィンチコードのまとまりが良すぎたんだろうね。

スケールが大きいのは良いことだ。
はあまりぼくにはしっくりこなかった感じかな。
あまり、批判は書きたくないんだけど、期待したんだよ。
勝手に。
wowowの録画で。うーむ、設定に難ありーかな…と感じました。
ぶん

ぶんの感想・評価

2.5
2作品を見ていたので期待して観賞したが面白くなかった。
期待していた分反動が大きすぎたんだと思う。
strangers

strangersの感想・評価

3.0
晩ご飯挟んでほぼスマホ観てたけど、

フェリシティジョーンズはかわいい。

フィレンツェ美し。
ロバート・ラングドンのシリーズは、毎回、原作との相違にがっかりするのだが、今回は本当に最悪だった。

大人の事情なのか、これでもかという位、内容は歪曲され、単純化され、ポイントがすり替えられている。

映画だけで判断した人には、是非原作を読んで欲しいと思うばかりである。

トム・ハンクスは大好きな役者だけれどこのシリーズに関しては次回作は、ちょっと年齢的に厳しいかも…
Naga

Nagaの感想・評価

3.4
シリーズ物全部観るのって珍しいんだけど、まぁ安定した面白さはあるかな。

フェリシティジョーンズめちゃめちゃにかわいいな。
主人公の見る幻覚が普通にホラー。
映画の見過ぎだろうか
これくらいのドンデンでは
驚かなくなってしまった

薬が効かなくなるのと同じだね
亜季

亜季の感想・評価

3.3
ラングドン教授 対 人類滅亡バイオテロて事で、過去一で追い詰められてくし、誰が敵か味方か分からないし、規模的にも今作が一番ハラハラした。
全体的に愛がテーマで、終わった後は切なさとため息交じりの余韻状態。
もちゅ

もちゅの感想・評価

4.0
ダゥィンチコードは小説読んじゃってたから
端折られてる色々が残念だったけど
これは読んでなかったから素直に見れた(笑)
>|