インフェルノの作品情報・感想・評価

インフェルノ2016年製作の映画)

Inferno

上映日:2016年10月28日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明…

ダ・ヴィンチの名画に隠された謎が世界中で一大センセーションを巻き起こした『ダ・ヴィンチ・コード』(06)、ヴァチカンを舞台にガリレオの遺した暗号を解き秘密結社イルミナティの陰謀に迫った『天使と悪魔』(09)に続き、ダン・ブラウン原作による “ロバート・ラングドン”シリーズの最新ベストセラー『インフェルノ』が、前2作に引き続きロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で遂に映画化。 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、本作では人類滅亡の恐ろしい計画を企てている富豪にして天才生化学者ゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄(インフェルノ)篇>に隠した暗号の謎に挑む。 ゾブリストは「このままでは人類は100年後に滅びてしまう」という地球が抱える人類増加問題の過激な解決策として人類の半数を滅ぼす為のウィルスを生み出す。そしてダンテが予言した人類の“地獄”の未来図=<地獄(インフェルノ)篇>になぞり計画を実行する。「100年後の人類滅亡」または「今人類の半分を滅亡させて生き残る道」どちらが正しい未来なのか?宗教象徴学の天才に対して、生化学者の天才が突き付けた挑戦状。 ラングドン教授は地獄篇(インフェルノ)の暗号(コード)に挑み、その選択を迫られる。そして美しき女医シエナ・ブルックス(フェリシティ・ジョーンズ)とともに、地球規模の恐ろしい計画を阻止するため、24時間というタイムリミットと闘いながらヨーロッパ中を駆け巡る。

「インフェルノ」に投稿された感想・評価

このシリーズは、歴史上の芸術作品の陰謀的(笑 な隠喩の謎解きがでかいスケールで展開される事が醍醐味なんだけど、なんか今回はダンテの影薄すぎてつまんなかったー。
鑑賞記録
rieko

riekoの感想・評価

3.5
ハラハラドキドキ系
石田

石田の感想・評価

3.5
誰がいいやつなのかがぎりぎりまでわからんくてはらはらした!
難しかったが面白い^_^
ぽめ

ぽめの感想・評価

3.0
なんか…
あんまりハラハラしなかった
どうせばらまかれないんだろうなって感じだし。
画は綺麗。イタリア行きたーい
m

mの感想・評価

3.0
一作目のワクワク感は何処へ、、、

このシリーズは、元々原作ファンなんですが、トム・ハンクスは素晴らしい役者だし、好きな俳優の1人ではあるけど、ラングドン教授には合ってない…。

3作目にしてまだ言うかと言われそうだけど、原作だともっと若くて、トム・クルーズやブラピとかその年齢の人、もう少し若い人がやってもいいかなっていう年齢なんですよね。ただ、やっぱりあの教授をやるには説得力も必要だから、トム・ハンクスしかいないのかな…。

肝心の映画の感想は、そもそも原作が今までに比べてかなりつまらなくなっていたので、映画にはフィレンツェの風景を期待してたのに、逃亡劇の方がメインで、あんまり楽しめなかったです…。

ラングドン教授がバイオテロに巻き込まれるってのも無茶苦茶な気がしますが、どうせならダンテの要素をもっと入れて欲しかった!原作ですら少なかったのに、更に少なくなっちゃって!

そもそも『ロスト・シンボル』の映画化を期待してたので、こっちも映画化してほしい!!
少しオチは見えてたけど、全体的におもろかった!
やぶ

やぶの感想・評価

-
観たっていう事実しか覚えてない
>|