リズム21の作品情報・感想・評価

リズム211921年製作の映画)

Rhythmus 21/RHYTHM 21

製作国:

上映時間:3分

3.1

「リズム21」に投稿された感想・評価

真太郎

真太郎の感想・評価

4.5
最後に彼女の気持ちが初めて分かるところで泣いてしまった。3回泣ける!!

なんだろう、なんか原点というか
不思議に思うことと頭を悩ませることのスタートという感じ。
音楽のせいで不気味風だがしかし

1921年のリズムと四角
考えてはいけないもの。
感じるもの。
生まれたての人間の感覚で、いや生まれる前の感覚で通り過ぎる知覚。
ダダイズムは面白い
Ricola

Ricolaの感想・評価

-
この映画は評価のつけようがない。

なんだか夢でみそうな世界だった。
今年の夏用に新しい水着どんなの買おっかな〜〜去年買ったの一回も来てません泣
mfvlt

mfvltの感想・評価

-
The Station - ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー
落合光

落合光の感想・評価

3.3
リヒターの実験映像。□が移動したり拡大したり収縮したりする。その□の動きが彼の絵を描く動作に似ている。
初めてのダダ映画
大小様々な四角形が行ったり来たり。
ダダイズムの影響を受けた絶対映画。
Kent

Kentの感想・評価

3.2
万が一、「ダダイスム って何?」と聞かれたらこのフィルムを観せて、「ね?わからないでしょ?それでいいんだよ」と言いましょう。
尖ったナイフの先、Yesでもなく、Noでもないダダイズムを評する笑い草。どうせなら同時レビューにでもしたいかな…。
今に散乱する偶然を描いた様。
今とならなかった、迫り来る未来と去り行く過去。