1921年製作映画 おすすめ人気ランキング 211作品

1921年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督のキッドや、ウィリアム・ディターレが出演する裏階段/裏梯子、リズム21などの作品があります。

あなたにおすすめの記事

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view
動画配信は2024年5月時点の情報です。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。
本ページには動画配信サービスのプロモーションが含まれています。

おすすめの感想・評価

動画配信サービス「U-NEXT」で往年の喜劇俳優、チャールズ・チャップリンの作品が一挙配信されているのを見つけて、懐か…

>>続きを読む

🎩🦯フォーエヴァー・チャップリンは制覇するぞシリーズ④👦 今回で3回目ですが久々に観る。スクリーンで観るのは初めて。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

メイドと郵便配達員という社会の裏側に生きる2人が中心となる。メイドは雇われている家へ裏階段を通して行き来しており、メイ…

>>続きを読む

前年の「カリガリ博士」(1920)や「サンライズ」(1927)の脚本家カール・マイヤーによる無字幕・室内悲劇三部作の第…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

<概説> ドイツ前衛芸術映画界の巨匠ハンス・リヒターによる一作。白と黒のシンプルな図形の工作が、映画という媒体の根底…

>>続きを読む

Abstract film or absolute film is a subgenre of experimenta…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

*サイレント×サスペンス* モノクロの色調と陰影が綺麗。ポジの染め分け。スピリチュアルにハマりすぎるとホラーが待ち受け…

>>続きを読む

夫が聖性を追い求めすぎた故に悪を願うようになった女性がいて、それが極まった瞬間に一番の悪が叶えられて、罪に憑かれた夫婦…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フリッツ・ラング監督ドイツ時代の初期の傑作。題名は『死滅の谷』が『死神の谷』に最近変わり、、、いやいややっぱり『死滅の…

>>続きを読む

今から100年前ぐらいに こんな作品あるのか... さすがラングとゆうか 普通に今流しても激震レベル。 レベル違いにび…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

🎩🦯フォーエヴァー・チャップリンは制覇するぞシリーズ⑤⛳️ 別名『チャップリンのゴルフ狂時代』こっちの方が題名として…

>>続きを読む

チャップリンが史上最高のスピーチをしたとされる長編作「独裁者」は、彼がヒトラーと床屋の主人を、一人二役として演じたこと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

淀川長治の功績は特にシュトロハイムに関してであるが、すなわち本作と『グリード』を戦後日本に紹介し、また平成最初期の段階…

>>続きを読む

久しぶりにシュトロハイム様に会いたくなり、まだ観ていないDVDが収まっている棚をゴソゴソ。 あったあった、これよこれ。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

死ぬまでに観たい映画1001本 グリフィス作品を順番に観てきましたが、本作は間違いなくグリフィスの最高傑作でしょう。…

>>続きを読む

「春の雪」であった活劇のシーン その時を彷彿とする活動弁士の語りは何だか大正時代に行ったかのような不思議な気持ち 弁士…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

笑いたくなったので……キートン…♡ 本当に「細かい仕掛け」が沢山…♬ …クスクス、クスクス…(笑) どこまで広がる…

>>続きを読む

序盤からだんだんとペースを上げるように面白くなっていって、最後に最高のシークエンスが用意されている。 「私たちのヒー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 チャップリン、ハロルド•ロイドと共に世界三大喜…

>>続きを読む

キートン化け物屋敷に迷い込む、というお話。 前半はウォール街の銀行で接着剤をぶちまけてしまった銀行員のキートンが巻き…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「不運な人々」‬ ‪冒頭、1905年前後のロシア。 古い言い伝えが紹介される。ドニエプル河、小さな村、ユダヤ教の信…

>>続きを読む

<概説> 帝政ロシアにかつて生じた歴史的大虐殺。その当時のユダヤ教徒の苦難と、一人の女性の激動の生活を通じて描く。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ほうほう、牧野省三… 今、ゼミで取り組んでいる日本映画史研究の一環で鑑賞。ユーチューブでみれます。ユーチューブで。 …

>>続きを読む

日本初の特撮映画! 日本初の怪獣映画! …らしい。 そうだとすれば、日本映画史を語る上でも、重要な位置付けにある一本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 ライブ演奏付き上映会二日目!  アレクシス中尉のモテ具合が異常! 画面を埋め尽くさんばかりの子供たちが「さよなら!…

>>続きを読む

さいしょからさいごまで、いったいなにのはなしなのかよくわからなかった! ふれーむのそとがわのくろいせかいで、なにがおこ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大正10年(1921年)制作&公開。松竹(設立1920年)の現存最古の作品。歌舞伎、新派の影響を受けていた従来の日本映…

>>続きを読む

日本映画界の先駆者の一人、村田実の現存する二本のフィルムのうちの一つ。金と時間をかけた大作で見応えがある。クロスカッテ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

パブリックドメインなのでどこでも見られる。船内が丸ごと回転してのドタバタが楽しい。アステアやキューブリック、インセプシ…

>>続きを読む

キートン家族が自前の船で海洋旅行に出掛けるが嵐に巻き込まれる。 ネクタイ、ベスト、カンカン帽とキートンらしいアイテムが…

>>続きを読む

キートンの酋長/キートンの白人酋長/キートンのハッタリ酋長

製作国:

上映時間:

20分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

毎度しつこくてすみません…m(__)m キートン作品制覇まで、まだかなり続きそうなので興味無い方はスルーして頂く様お願…

>>続きを読む

崖のパラシュートアクション…縄の橋アクション…さすがに崖じゃないにしてもどうやって撮ったんだ… 土地を白人にだまし取ら…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

舞台の演芸ショーの至るところにキートンがいるというジョルジュ・メリエスみたいな事をやり始める。 オーケストラ全員ぶきっ…

>>続きを読む

キートンの1人約12役  2009年2月7日 0時02分レビュー バスターキートン監督、導入はキートン百…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1.5時間のエピソードが3つで1シーズン。全部で4シーズン。 とても面白かった。シャーロックホームズのどんどん人間らし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ランチタイムは力を抜いて気まぐれに。 こんちはにっきい、お昼ですよ。 三大喜劇王の1人、大いなる無表情バスター•キー…

>>続きを読む

▪️JP Title : 「キートンのハード・ラック」 Original Title : …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サイレント期の大女優アラ・ナジモヴァ(当時42歳)とルドルフ・ヴァレンティノ(当時26歳)の共演による「椿姫」5度目の…

>>続きを読む

活弁上映にて。 映画「カツベン!」でこの映画が登場してるらしい。来年みる予定… 椿姫ことヴィオレッタ、社交界で男ども…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「國民の創生」(1915)「イントレランス」(1916)と並び称されたサイレント期の超大作。アメリカ初の反戦映画。ハリ…

>>続きを読む

第一次世界大戦が終戦したてホヤホヤの時に撮られた第一次世界大戦もの。黙示録の四騎士は例えなのかと思いきや、ちゃんと出し…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

第35回澤登翠活弁リサイタルにて鑑賞! 無声映画はチャップリン作品を何作か観ただけだったので新鮮でしたし、何より現役の…

>>続きを読む

世界三大喜劇王バスター・キートン 著作権切れのため、YouTubeで見放題。 かの有名な蒸気機関車の先頭に座って客席…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1937年創設の最高のフランス映画に与えられる「ルイ・デリュック賞」に名を残す、33歳で夭折したフランスの映画監督、脚…

>>続きを読む

サイレントなのに慌ただしい映画だった。タイトルの「狂熱」の通り、燃えるような愛憎劇がたった30分の間に起きて、そして…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

乗合馬車の御者が巨漢の脱獄犯に岩を投げられ不具となり、そのショックで父は死ぬ。 兄に代わって御者となった弟はついに悪…

>>続きを読む

ド傑作! バスター・キートンのようなおっちょこちょいな青年が、隣家を支配した三人のゴロつき(一人は巨漢)に兄を下半身不…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ずっと気になっていたルドルフ・ヴァレンティノ しかし、作品があまりにも古すぎて?近くのレンタル屋さんにないし、配信も…

>>続きを読む

ハリウッド・サイレント期の大スター、ルドルフ・ヴァレンティノの代表作。アラブが舞台のオリエンタル・ロマンス。”シーク”…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

FWムルナウの残っている最古の映画らしいですが、この監督の作品は初めて見ました。 恋愛してる描写が長ったらしいなー!…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1921年製作の無声映画。 無声映画の三大喜劇スターで、チャップリン、キートン、それにこの作品のハロルドロイド。 あ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クラシック音楽好きには堪らない作品…♬ 「音楽」を聴きながら、 ほわ〜んと鑑賞…♡ …「音」に合わせて「色々な色」…

>>続きを読む

ルットマン処女作。幾何学的な、色と形による表現は、日本アニメーションでいう荻野茂二を想起する。もちろんこちらが先だが。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

本作は…ピアノだけ…♬ だからなのかな…? 「白」と「黒」…(を混ぜた「灰色」も)がメイン…♡ 黒鍵と白鍵をイメ…

>>続きを読む

短編4分。 クラシック聴きながら意味不明なアニメーション。2作目。 暗めなピアノ曲。メジャーな曲ではない。 あっという…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なんとも退屈なサイレント映画でした。 簡単なあらすじとしては主人公のダルタニャンを演じるDフェアバンクスさんがパリに…

>>続きを読む

based on the novel 《Les Trois Mousquetaires》(1844) from《D'A…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

シネマヴェーラ渋谷にて鑑賞。 (勝手に4本立ての2本目) 夫を愛して献身的に尽くす貞淑妻、そして夫の「想い人」だった…

>>続きを読む

【詳述は、『毒流』欄で】後半は話術の巧さが勝るが、前半の対照的に見えて実は裏表の、二組の夫婦の冷めたを·押し戻せない夫…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

時代劇と現代劇の違いも分かりつつ、歌舞伎のよつな演劇っぽさが強かった。 無数の手の演出とか面白かった。

国立映画アーカイブにて鑑賞。

おすすめの感想・評価

✔『汚点』(3.9p)及び『ポルチシの唖娘』(3.7p)▶️▶️  作品がどんどん発見され·補修されての大回顧展にい…

>>続きを読む