1921年製作のおすすめ映画 184作品

1921年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、チャールズ・チャップリン監督のキッドや、エーブ・フランシスが出演する狂熱、悪太郎などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

1921年の作品。あと3年で100年も前とは! チャップリン32歳。 監督・脚本・製作・音楽・主演。つまり全て。 とん…

>>続きを読む

昨日、京都国際映画祭2016へ行ってきました! 西本願寺会場で無料上映された『キッド』! チャップリン映画をお寺で鑑…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これが有名なあのキートンの監獄写真のネタか!!!感動!!いや〜そういう経緯があったんだね…面白いなぁ 「Dead o…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

チャップリンが史上最高のスピーチをしたとされる長編作「独裁者」は、彼がヒトラーと床屋の主人を、一人二役として演じたこと…

>>続きを読む

一人二役を演じるチャップリン…♡ ゴルフのシーンは、それ程多くないけれど…(笑) スイングに笑い、口から出るボールに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

神と死神の主従的な関係性によって、死神は生物的な不可抗力としての人の「死」を見続けていると。それは義務というよりも、"…

>>続きを読む

フリッツ・ラングの初期作品。本作には『カリガリ博士』のスタッフや監督の伴侶も携わっている。中世アラブ、ヴェネチア、中国…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

嘘くさい朝食(主食はキャビア!)から始まるこの作品は「ニセ伯爵」の話である。伯爵で偉そうにしていた所で本性はたかが「人…

>>続きを読む

なんて豪奢な映画なんでしょうか、邸宅やモンテカルロのカジノや通りを巨大なセットを作ってそこに大量のエキストラ、馬車、電…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こんなに素晴らしい作品が埋もれているなんて信じがたいけど、グリフィスとリリアン・ギッシュが組んだ最後の作品であり、集大…

>>続きを読む

涙が止まらなかった。 こんなにも心をかき乱していく作品が1920年代にあったのですよ。 この作品を観ずして映画は語れな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キートン化け物屋敷に迷い込む、というお話。 前半はウォール街の銀行で接着剤をぶちまけてしまった銀行員のキートンが巻き…

>>続きを読む

銀行強盗の共犯者と間違えられた銀行員の青年が、這々の体で化物屋敷に逃げ込むのだが、折しもファウストを演じていた一座まで…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

新聞デカ! メリーゴーランドはや! 尻撃たれた人逃げるのはや! 射的の募集を見てやって来たキートン。 オーガストの暗…

>>続きを読む

安請負で用心棒と殺し屋の二重契約をしちゃうキートン。キートンがからくり屋敷にいたらイヤな予感しかしない。予想通りのカラ…

>>続きを読む

キートンの酋長/キートンの白人酋長/キートンのハッタリ酋長

製作国:

上映時間:

20分

ジャンル:

3.6

おすすめの感想・評価

崖のパラシュートアクション…縄の橋アクション…さすがに崖じゃないにしてもどうやって撮ったんだ… 土地を白人にだまし取ら…

>>続きを読む

白人に住んでいる地の退去を命じられたインディアン達は、それに対抗すべく自分たちの地に最初に足を踏み入れた白人を殺そう、…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

@シネ・ヌーヴォ すごい遊び心!シーン毎に変わるフレームで抜くという発想や童話やアニメでしか見たことがないようなセット…

>>続きを読む

『牡蠣の王女』の時も思ったが、人員物量作戦ともいうべきモブシーンの過剰さがすごい。そしてダリがデザインしたようなシュー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

家も船も壊れてると、お金かかってるなあっておもう。

おすすめの感想・評価

サスペンス手法とメロドラマ作劇。雰囲気の抽出が素晴らしいのだけれど謎と悲劇性の強度が弱いので全体的に何故だかコミカルに…

>>続きを読む

1921年のミステリー。過去の内容もあるため映像だけで語りきるのは厳しいらしく、物語の大事な筋は字幕で示される。サイレ…

>>続きを読む

リズム21

製作国:

上映時間:

3分
3.2

おすすめの感想・評価

なんかの宗教が洗脳するために作った動画みたい

尖ったナイフの先、Yesでもなく、Noでもないダダイズムを評する笑い草。どうせなら同時レビューにでもしたいかな…。 今…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

キートンの1人約12役  2009年2月7日 0時02分レビュー バスターキートン監督、導入はキートン百…

>>続きを読む

骨折しているので普段のスタントが出来ない代わりに…ってことらしいですが、だからと言って画面いっぱいにズラッとバスター・…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

89年にチェコでプリントが発見されるまで幻の映画と言われていた。ラストシーンの約3分間が経年変化によって修復不能となり…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ほうほう、牧野省三… 今、ゼミで取り組んでいる日本映画史研究の一環で鑑賞。ユーチューブでみれます。ユーチューブで。 …

>>続きを読む

日本初の特撮映画! 日本初の怪獣映画! …らしい。 そうだとすれば、日本映画史を語る上でも、重要な位置付けにある一本…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

偉大な日本映画先人に敬意をこめて 村田実「路上の霊魂」 90年以上前のサイレント映画なのでいささか忍耐を覚悟してまし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ド傑作! バスター・キートンのようなおっちょこちょいな青年が、隣家を支配した三人のゴロつき(一人は巨漢)に兄を下半身不…

>>続きを読む
>|