桜ノ雨の作品情報・感想・評価

桜ノ雨2016年製作の映画)

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:97分

2.9

あらすじ

小さな町の海辺にある、決して強豪校とは言えない音浜高校の合唱部。内気で何の取り柄もない高校2年の未来(みく)は、歌うこと、そして部長のハル先輩が大好きだけれど、この気持ちを“恋”と呼ぶかはまだ分からない。そんなある日、鬼顧問・芽依子先生の退職が決まり、最後の出場となる合唱コンクールで頂点の金賞を目指すことに。ハルが作った合唱曲「桜ノ雨」を歌いたいと思っている部員たちの思いとは裏腹に、金賞を狙うた…

小さな町の海辺にある、決して強豪校とは言えない音浜高校の合唱部。内気で何の取り柄もない高校2年の未来(みく)は、歌うこと、そして部長のハル先輩が大好きだけれど、この気持ちを“恋”と呼ぶかはまだ分からない。そんなある日、鬼顧問・芽依子先生の退職が決まり、最後の出場となる合唱コンクールで頂点の金賞を目指すことに。ハルが作った合唱曲「桜ノ雨」を歌いたいと思っている部員たちの思いとは裏腹に、金賞を狙うため芽依子先生が用意した歌唱曲は高度な難曲だった。ハードな練習を前に部員たちの気持ちはバラバラになり、不協和音が響き出してしまう…。同じ頃、未来は親友の友梨からハルへの想いを打ち明けられ、そのハルも自身の将来に向けてある決意を抱いていた。早すぎる周囲の変化に、どこか取り残されてしまったような不安でいっぱいになる未来。練習を積み重ね、何とか形にはなった歌唱曲だが、部員たちが自信を持って歌える仕上がりには程遠い状態のままコンクールの日が迫る。しかし、未来の「大好きなみんなと、大好きな曲を歌いたい!」というひたむきな想いが、少しずつ部員たちの心を動かし、ついに合唱部に大きな決断の時がやって来る…。

「桜ノ雨」に投稿された感想・評価

Mizuki

Mizukiの感想・評価

-
ミク、ルカ、リンレンはいるのに、カイトじゃなくてハルなのはなんで??笑笑
個人的にはお気に入りの山本舞香主演の青春映画
同名の音楽があるそうで、色々な人にカバーされています。
顧問の先生が辞めるから合唱部の生徒が頑張って金賞取ろうとする話
思春期の子どもたちがぶつかったりする様子はもどかしいですね。

自分の生徒時代の合唱曲を思い出した。
「Let's search for Tomorrow」「COSMOS」などですな。
青春だな〜
合唱懐かしいな〜
って思いながら鑑賞。
桜ノ雨っていい曲ですね。

驚いたのが、今時の合唱曲はボカロが使われてるんだね…知らなかった。時代を感じる笑
私の時は「COSMOS」「Believe」「3月9日」とかが定番だったな〜歳がバレる…
MICCO

MICCOの感想・評価

2.3

浅香航大さんが
教師側にしか見えません

ラストの合唱シーン以外
とても薄い。
ムノウ

ムノウの感想・評価

1.5
原曲もhalyosyさんも大好き。

色々思うところはあったけど絶対来るなよと思っていた展開がきてしまった事で一気に冷めてしまって悲しい。
地雷すぎる展開だったのでこんな評価になってしまった。
これなら桜ノ雨をもう少しフォーカスして欲しかった。

鏡音レンが歌ってるFire◎Flowerを蓮が歌い出す小ネタはクスッときた。ジャズっぽいアレンジいいね。
主人公が参年タイムキーパーの楽譜を先輩に渡すとこが一番良かったなあ。
今思うと桜ノ雨というよりも参年タイムキーパーの方が内容にあっていた気がする。
浅香航大はどう見ても高校生には見えない。
strmmy

strmmyの感想・評価

2.6
主人公役の存在感がこれだけ無い作品も珍しいかも。むしろ友達役の三浦透子が気になってしまった。コンクールの話は流れから想像できたが、それ今じゃないでしょ…
昨日一昨日で分けて見ました!
予告見て気になってて。
フィルマークスの評価は低いけど、全然悪くないと思うんですよねー。
撮りたいものがハッキリ見えるし、
演技棒読みに聞こえるけど学生の懸命さにはマッチしてると思うし。
.
ただ、浅香航大君が学ラン着てるのは凄い違和感あったかな。笑
.
お話としては、
内気で自分の気持ちを言葉に出来ない主人公ミクが、音楽室から聞こえて来た「桜ノ雨」という曲がとても気になって、勇気を出して入部する。
歌が得意ではなかったミクだけど、一生懸命頑張って練習して2年生になると、1年生の指導を任せられることに。
.
「桜ノ雨」は部長が作曲した曲で、部員全員が大切にしている一曲。
コンクールで歌うのは桜ノ雨だと思っていた部員たちに課された曲は、桜ノ雨ではなくて金賞を狙うための難易度の高い曲。
次第に部員たちの心がバラバラになっていくのを苦しく思ったミクは...
ミクは「桜ノ雨」が好きで、部長のことも尊敬していて...
.
ネタバレにならない程度に。
個人的には田畑智子演ずる先生がポケットからワンカップ出して部員の声聞きながら花火眺めてるシーンが1番刺さりました❤️
部活もの好きだなぁ。
ちはやふる結び早く見たい!
思い入れのありすぎる曲やし、
航大くんやし、
しかもピアノ弾いてるし、
沼津舞台やし…
極め付けは公開日が3月5日。

と、私個人的に色々な
要素が重なりすぎてて
逆に見れなかった映画。

コンクールで指揮してる時の
田畑さんの表情が素敵やった。
ほんまに生徒を想う教師の顔してた。

また中学のみんなで歌いたいなぁ
高校の合唱部をめぐる青春モノ。

「桜ノ雨」という曲は今作で初めて知りました。
動画サイトで発表されてネットで話題になった曲との事。
曲自体は素晴らしいし、合唱でのシーンは良いです。

しかし映画としてのストーリーは…最初から最後までふわふわした感じで何も心に入り込んでこない。
強引過ぎたり、展開がどうにもビミョー過ぎる。
無理矢理色んな展開に持って行きたかったのだろうか?!
恋愛パートでも「へ?」ってな感じ。
なんでアンタとアンタが?みたいな。

見ている側にクライマックスの合唱シーンでチャラにすれば良かったかもしれないが、どうにもそこまでの展開がめちゃくちゃだしねぇ(笑)
ちょっとシンドイ映画でした。
この映画の魅力は青春の断片を切り取ったような一つ一つの描写(※というかシチュエーションや風景)と主題歌の合唱曲「桜之雨」に限る。

浅香さん明らかに高校生じゃないよね。
>|