二ツ星の料理人の作品情報・感想・評価

「二ツ星の料理人」に投稿された感想・評価

Narin

Narinの感想・評価

3.5
腕はあるのに人間としてクズな料理人が三ツ星レストランを目指して這い上がる話。

ライバル同士だった2人が、実は互いを支えにしていたことを知るシーンや、ミシュランが来店した際のキッチンの様子の変化が興味深かった。

とりあえず全部美味しそう。
誕生日ケーキを作ってあげる場面は謎にきゅんとしました(笑)
meow0207

meow0207の感想・評価

3.8
ブラッドリーかっこよすぎでしょ

料理の世界は体育会系な罵声が飛び交うけど
男臭くなく常に清潔感のある映像で
どんだけレフ板つかったの?ってくらい
明るく綺麗で光たっぷりだった
その色と真空パックを使った調理法が
モダンさを引き立ててた

とりあえず今度レストラン行ったら
連れと30分遅れで入って
床にフォーク置いて
アラカルトとコース頼んで
待遇めっちゃ良くしてもらおっと
Kento

Kentoの感想・評価

4.0
シェフがテーマの映画が大好きだとここに来てはじめて気づいた。厨房のピリピリ感バタバタ感が伝わってくるし、人間味あふれる人物たちも最高!
masae

masaeの感想・評価

4.0
トニー最高かよ…カリスマ性のあるクズって惚れちゃうよね。わかる。
gel

gelの感想・評価

3.4
結局、みんなファミリーってことなんだけど、
そこに思い至る動機やドラマの部分が弱すぎていまいち感動できず。
こんな危険なシェフを好きになるには、なにかインパクトのあることがなければ無理だと思うぞ。恋愛パートいらなくない?
wakaba

wakabaの感想・評価

3.5
なかなかパンチの効いた映画だった…!飯テロ映画なのかと思いきや、むしろドキュメンタリー映画に近かったような。
アダムのようなシェフのもとでは働きたくないけど、本物を作るためにはああいう気質でないとやっていけないのかな〜。
厨房のせわしなさが、食器や調理器具の音で表されてて、本当すごかった。

このレビューはネタバレを含みます

天才肌の料理人が挫折を経験して這い上がり、ミシュランの三つ星を獲得する話。ミシュラン三つ星とか言うてミーハーなマダムとかがよく食べに行ってるけど、ミシュランの三つ星ってそんなレベルにない。一流の料理人が集まって一流の配膳係が配膳して、全てを一回の調査員訪問に対してパーフェクトにこなすレストランのみが選出される。想像を超えたプレッシャーとその中でクオリティを落とさないメンタルと、とか挙げ出したらキリがないくらいのことが求められる。ただ、その一流が集まるキッチンはカッコよかったし、自分も分野は違えどそんな一員になりたいと思った。
元一流シェフが三ツ星を目指す為に頑張る話
でもサクセスストーリーではなかったです
ヒューマンドラマ重視かつ、レストランの裏手の殺伐とした雰囲気を描いた感じ
ブラッドリー・クーパーがカッコよかったです
giiiita

giiiitaの感想・評価

4.0
マンパワーがあっても総合的に輝かない

結局はチーム

マンパワーがあるものがチームを理解し率いることで最大限のパフォーマンス出るんやろなーと観て思った
すー

すーの感想・評価

3.0
キャストが豪華すぎるな…ちょろっとしか出てないけどアリシアヴィキャンデル、リリージェームズは安定の可愛さでした。ブラッドリークーパーのライバルに見せた弱さが良かったなあ。そしてひたすら健気で可愛らしいダニエルブリュール。彼の話す英語がなんか好き。癖があって。とりあえず高くて美味しい料理の裏側は戦場なんだろうなーと思ってる。

こういう見るからに良い映画って感じの映画は敬遠しがちな傾向にあるから気が向いたら見てみようとは思っている。
>|