二ツ星の料理人の作品情報・感想・評価

二ツ星の料理人2015年製作の映画)

Burnt

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:101分

3.6

あらすじ

3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。一流の腕を持ちながらも大きな問題を抱えたアダムはトラブルを起こし、すべてを失った。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドン美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。「世界一のレストランにしてやる」と自分を雇う約束を取り付け、女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ…

3年前、パリの二ツ星レストランから姿を消した料理人、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー)。一流の腕を持ちながらも大きな問題を抱えたアダムはトラブルを起こし、すべてを失った。もう一度、料理人として再起をはかるため、ロンドン美食界の友人トニー(ダニエル・ブリュール)のレストランに乗り込む。「世界一のレストランにしてやる」と自分を雇う約束を取り付け、女性料理人のエレーヌ(シエナ・ミラー)、パリ時代の同僚ミシェル(オマール・シー)など最高のスタッフを集めていく。満を持して、新しくレストランをオープンするアダムだったが、過去のトラブルの代償は、まだ解決していなかった・・・。

「二ツ星の料理人」に投稿された感想・評価

まめむ

まめむの感想・評価

3.5
厨房は戦場のようだ…
料理が美しかった~!オムレツ美味しそう
アル中でドラック中に陥ってた天才シェフが三つ星レストランを目指して再起していくお話

このレビューはネタバレを含みます

人付き合いが苦手な腕の良い料理人の話。

三ツ星になるためになんとか店を立ち上げるが人付き合いの悪さが裏目にあい一度は挫折しそうになる。

人との繋がりの大切さを紆余曲折経て主人公が気づいていく話だった。
やぎ

やぎの感想・評価

4.5
ブラッドリークーパーがとにかくセクシー…それにしても、トニーがまさかの…だった。それでも彼らの互いに想いあってる関係がすごく好き。いやかわいいなトニー。想い合うと言うならリースとアダムもそう。本気で競って、本気で妬むことのできる相手はそうそういない。多分ズッ友ってこういう事なんだよなあ…
友情、努力、勝利って映画でめちゃくちゃ好きな話です。
あと、吹き替えで見たらアダムとトニーが完全にスーパーナチュラルのディーンとサムでした。
Thero

Theroの感想・評価

4.5
アメリカの山岡士郎の物語であり、全てを失った男の再生の物語。主演のブラッドリークーパーの映画を初めて観たけどすごく魅力のある俳優だった。主人公はキレまくる天才シェフなのだが、不思議と人を惹きつける所があり嫌われることなく段々受け入れられていく。天敵かと思われた男が実は自分を一番理解してくれる戦友だったり、料理の映像が美しく彩りが半端なく綺麗だったりする。女性シェフの娘にケーキを作って食べさせるシーンなんかはこの映画の見所の一つだろう。観た後の余韻も凄く心地よく何度も観返したくなる映画だった。
犬

犬の感想・評価

3.4
戦場

一流の腕を持ちながら、トラブルを起こし、すべてを失った料理人アダム
パリの二ツ星レストランから姿を消した後、料理人として再起を図るため、ロンドンの友人トニーと会い、かつての同僚ら最高のスタッフを集め新しい店をオープンさせるが.....

ブラッドリー・クーパーをはじめ実力派キャストが集結

ヒューマンドラマですね

料理は奥が深い
そして、チームプレーの大事さ

とりあえず料理が美味しそうに写ってる
見た目も肝心ですね

ミシュランの星とか批評家のことが大切なんですね
piapiarom

piapiaromの感想・評価

3.6
美味しい料理を食べたくなる☆
シェフの人間的な成長があり、ラストはいい感じ。
chan

chanの感想・評価

3.6
自分の弱さを認めて人に頼ることが、強さって感じた。
料理がものすごく鮮やか。
料理も芸術だなって思った。
おみ

おみの感想・評価

3.2
エマトンプソン!と思ったら一番いいセリフを言ってた。
強いとは信じること、というのは納得できるが、それだけに難しいし裏切られることもある、、だからこそちゃんと信頼できる人がいるのは大きい

ストーリーは最後うまく行きすぎ感も。

美味しそうというよりは美しい。消えちゃう芸術。
TAKE

TAKEの感想・評価

3.3
ストーリーはありきたり。
音楽もなんか似たような映画で聴いたことあるような感じ。
映像の色がとてもクリア。赤は赤だし、白は白。野菜がとてもきれい。だからなんか映画というよりYouTubeっぽい。
>|