ラストレシピ 麒麟の舌の記憶の作品情報・感想・評価

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶2017年製作の映画)

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

1930年代の満州で、天皇の料理番が考案した、幻のフルコース。 歴史に消えたレシピの謎を追うのは、どんな味でも再現できる、絶対味覚=麒麟の舌を持つ料理人。最後の一皿に隠された、壮大な愛とは?

「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」に投稿された感想・評価

二つの時代を行き来しながら、謎を解き明していくストーリーが良かった。最後まで見ててスッキリした。役者陣の演技が素晴らしかった。
ありさ

ありさの感想・評価

3.0
“美味いなぁ”

・満州を調べたくなる
・お国のため
・家族のため
・誰かのために料理を作ること
・料理することに疲れたら観よう
・ちょっと色々奇跡的な偶然すぎ
・原作の方がすっきり
・二宮くんのラスト
・自分とかけ離れた人と出会うこと
・自分の人生は豊かになる
Rissole

Rissoleの感想・評価

4.3
最後に物語がすべて繋がった。。政治に翻弄されるシェフ、監視役や裏切り者、戦時中にはしょうがない環境なのか。つらいなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

間違いなく主役は西島秀俊
妻役宮崎あおいも良かった

綾野剛と竹野内豊も良いが
中国人楊の若い頃を演じた
兼松若人が物凄く良かった

頼むから天才料理人役には
料理が得意な役者を使おう
普段料理作る人でないとね
◯◯相当練習したんだよね
頑張った感が滲み出てたわ
別に◯◯が上手下手文句を
言ってる訳じゃないけれど
周りが演技上手すぎだから
綾野剛の炒飯だってあれも
相当練習したよね〜きっと
まだ自然な演技だったもん

◯タレ使うのやめた方が‥

興行がイマイチだったのは
若年層の◯タレファンには
作品のテーマが重すぎだし
興味がある熟高年齢層には
アイドル映画にしか見えず
劇場鑑賞まで至らなかった
そんな感じなんじゃない?

作品としては見応えがあり
良かったと思っているので
今後機内上映や映画配信や
BS/CSやレンタル始まって
劇場見逃し組が鑑賞すれば
もう少し評価は上がるかも
minoninomi

minoninomiの感想・評価

4.5
余り期待せず観に行ったら、予想外のストーリーで大いに泣きました。
二宮さんの最後の一言がぐっときます。
sorairo

sorairoの感想・評価

3.7
キャストが好きな人ばかりで期待もせずに見たけれど、一つ一つのレシピを追う毎に紐解かれる謎と歴史があって、引き込まれる展開で面白かった。

ニノと西島さんの主人公だけど天才肌のちょっとやなやつっぷり、宮崎あおいちゃんのいい奥さん感、満州の楊さん役が中国人だと思ってしまうほどのナチュラルさ、西畑くんの泣きの演技、キャスト全員がはまり役と思える配役だった。

とにかくおいしそうな料理の数々で、夕飯前に見るのは危険!
June

Juneの感想・評価

4.0
香港で見ました。bgmはすごかった、すごい泣かせました。ニノさんの芝居は自然で繊細、大好きです!
料理人の夢と平和を求める理想と信頼に関する物語。すごく感動しましたか、ドキュメンタリーに似て過ぎと冗長な感じがします。細かいところには改善することができますでしょう。
すべてが良かった。それと西島秀俊がアカデミー賞の助演男優賞にノミネートされても良いくらい、いい演技をしていてやっぱりいい俳優だなと思った。
さっすが我らがテレ朝がつくった映画だゼ〜〜おっもしれ〜〜〜!!!
yukiya

yukiyaの感想・評価

3.8
キャスト豪華、ミステリー要素もしっかり、そして最後の結末泣きそうになるし、良き作品や😭😭
>|