ディナーラッシュの作品情報・感想・評価

『ディナーラッシュ』に投稿された感想・評価

Minted

Mintedの感想・評価

4.0
えー!まって!!!’Boiling Point’よりこっちの方が断然面白いと思うのわたしだけ?!
シチュエーションがレストランってところ以外は違うから比べるものではないかもしれないけど…

もともとこの映画で使用されてる音楽(Night Out / Blue Plate Special)が好きで映画のほうもずっと気になってたけど、今アマプラで観れること知ってやっと観ることができたんだけどめちゃくちゃおもしろかった!!

序盤いきなりのサスペンス展開にびっくりしたんだけど、終始スピーディーな展開にスタイリッシュな音楽とカメラワークも良くてめちゃくちゃ好きなやつだった。

ルイス(ダニー・アイエロ)の息子ウード(エドアルド・バレリーニ)がかっこいい!性格に難ありそうだし女たらしだけどかっこいい…色気……って思ったけど後半はそれよりダニー・アイエロに全部持ってかれた。かっこいいぜ…

ラストが爽快!!好きだ!!登場人物の関係性がちょっと謎だしおもしろかったからもう1回観直したいと思った!

最後のセリフが日本語訳の方が好みだったんだけどあえて英語セリフで残しておきます。

"You know they say revenge is a dish best eaten cold."
料理映画でもありギャング映画でもあること作品。
しっかりと二つのテーマを組み合わせて、見事にまとめ上げたところは、必見に値する作品であると思う。

満席のレストランにギャングや刑事が出てくるあたりはしっかりギャング映画のストーリーなのに、厨房のシーンになると一気に料理映画に様変わりする。

出てくる料理の数々も美味しそうです。
靜

靜の感想・評価

-
TSUTAYAの発掘良品コーナーが大好きで、とりあえず片っ端から借りていた時期に観た作品。アマプラにあったので再鑑賞。

戦場と表現するのにぴったりなNYの繁盛店の喧騒を見ているだけで楽しいのに、そこにギャンブル中毒の副シェフ、取り立てに来たギャング二人組、元胴元現在堅気の店オーナー、オーナーが実の息子よりも副シェフを気にかけていることに嫉妬する股の緩い天才シェフ、物知りのバーテン、個性豊かなウェイターウェイトレスの面々、ずっとバーに居座る金融マン、気難しい皮肉屋の画商とグルメ雑誌記者、招かれた客である刑事夫妻といった人々が忙しなく登場して、関係したり関係しないままだったりしながら物語を運んでいく。
とにかく騒々しい画面だけど話はとてもシンプルで、歯には歯を目には目をお返しするだけのこと。
ある出来事に居合わせた人々を切り取る群像劇で、なんともエネルギッシュな一夜を描いた秀作。

わたしもダニー・アイエロに「お前に必要なのは救いだ」と言って心配されたい。彼ほど誰かを心配して気遣う役柄が似合う人はいないと思う。
これ監督推せる
映像クール
タランティーノ程イっちゃってないし、ガイリッチー程疾走感はないけど、常識的な範囲でスケールを小さめにしたゴッドファーザー?と言ってもその子どもは女ったらしのコックだし、親父はカッコよく最後まで生き残るし、だけど…

いきなりプロローグが始まって10分ぐらい、ここで初めてタイトルが入る、本編の始まりを予告、この入り好き
映画が1時間40分弱なのもポイント
長くなくて良い
低予算な感じするけど見応えあった

ながら見してると途中までスーシェフのダンカンとシェフのウードのどっちが本当の息子かわからないぐらいにオーナーの親父(ルイス・クローパ)はダンカンを可愛がってる
ダンカンの登場シーンで店では出さないはずの大きなウィンナーの炒め物をルイスに出しているので、ギャンブル狂のどうしようもないやつだけど可愛げがあって気に入ってるのかな、ちなみにダンカンは料理の腕は流石の副料理長
そして、できる女はどうしようもない男を好きになるというテンプレのようなダンカンとニコーレ(ウェイトレスかと思ったけど経理もやってるっぽい優秀なアジアン)の関係

群像劇で、もっと掘り下げたら映画が何時間あっても足りないぐらい登場人物の癖は強め
ただ、伏線は全部は回収されないので悪しからず、というところ
マグノリア程適当な最後にはしてないけど、スティング程全てが有機的にラストに繋がったりはしない
緩い関係性の人たちはそのまま緩いまま完結

バーテンのショーンがいい味出してて好き
mine2cho

mine2choの感想・評価

3.7
イタリアンの厨房って活気があっていいよね。

和食の粛々とやってるのとはまた違う良さがある。

フライパンをガシャガシャ振って、大きな野菜とオリーブオイルでテカテカの料理達。いろんな形のパスタやハーブにチーズ。

白いコックコートにソースがベチャってついちゃってるのも様になってるけどコックコートに野球帽のスタイルもかっこいい。

タトゥーとタバコもいい脇役。

きっと撮影も楽しいだろうな〜
残った料理食べたりして。

ソダーバーグ監督とかにこうゆうの撮って欲しいな。
ピーク中の厨房の雰囲気を様々な人間模様で味付け。最後はきっちりオチもあって綺麗にまとめてくる辺りもよかった。
aaaakiko

aaaakikoの感想・評価

3.8
うーん、言葉は悪いけどもクソのようにおもしろかった!!

アメリカのイタリア系レストランっつーだけで好きなんですけど(そこにはやはりダニー・アイエロ!)、最初にどかんと悲しげな暗殺シーンがありつつ、そしてこっちでも殺しが起きそーな忙しいディナータイムの厨房シーン!
これちょっとでも飲食系で働いたことある人見たら、この忙しいときにお前刺したろかと言いたくなるよーなヤツいてまじ勘弁と思った!ダンカンとかいうやつ…女呼び出すわタバコ吸うわ、これ『美味しんぼ』の岡星なら雄山に料理叩きつけられてますぜ。
とかありつつ、レストランに集う客やスタッフのそれぞれのドラマありつつで、おもしろかった!

レビュー見てて、料理がおいしくなさそう!って書いてる方がけっこういましたけど、なんかその気持ちもわかる!
日本人は魚大好き魚食い民族だからねえ、ああいう魚介をこねくりまわしたよーなのすきじゃないんだよね。
といいつつ、わたしはメニュー名聞いてるだけでお腹が鳴っちゃいました。

で、またその話かいって怒られそうだけど、以後個人的な話なんでスルーお願いします!
あのねえ、アメリカのイタメシ屋っつーからずっとわたし「レストランエイドリアンズ」を思い出していました。
破産した元チャンプが嫁と立ち上げたレストランは、彼のトークショーが売りの店とはいえまずかったら流行らないでしょう。その料理はこの作品の店のようなヌーベルキュイジーヌか、マンマの味か。もちろん後者のような気がしますけど、なんとなく、マフィアも絡んでそーなのが共通していますね(笑)。

そのあたりのこと、すごく知りたいのですが、強くてかっこいいチャンプが好きなS氏のファンはそんなショボい裏話どうでも良いだろうし今後明かされることはないでしょうな。
8時だJ

8時だJの感想・評価

4.5
イタリアンレストランでの一夜を描いた群像劇
席は満席、厨房は戦争さながらのまさにディナーラッシュ
スタッフと客のやり取りが機知に富んだ会話で面白い
癖のある客達、厨房と客席めまぐるしくスピード感があり最後どう収束させるのか
最後はバッチリ決めてくれました
良作!!
lic

licの感想・評価

3.3
前情報なしに、勝手にどんでん返し系だと思って見たので勝手にがっかりした
久しぶりに見たけどやっぱり面白い映画だった。登場人物それぞれのドラマがパズルのように組み合わさっていくところが軽快で見ていて飽きない。そして料理も美味しそうだし、海外旅行に行きたくなるし、ああいうレストランで食事をしたくなる。そうゆう意味で心を動かす映画だと思う。
>|

あなたにおすすめの記事