モヒカン故郷に帰るの作品情報・感想・評価

「モヒカン故郷に帰る」に投稿された感想・評価

ucandoit

ucandoitの感想・評価

2.5
特に悪くは無いが柄本にも矢沢永吉にも広島カープにも思い入れゼロなので少し退屈しました。雰囲気映画で伝えたい事が見当たらない。

このレビューはネタバレを含みます

<悲しい話を笑いで包んだ、緩めの地方色コメディ>

東京での成功を夢見ていた若者が、夢破れて故郷に帰り、父の死と激励を胸に、東京での再出発を決意するというストーリー。
ゆるキャラ人間多数出演で、デスギャグを連発し、絶妙な間でつないでいく。
死にゆく父を前にして、悲壮感は隠し、願いを叶えようと必死になる。
その姿に笑いながら、抱いたその思いは静かに伝わってくる。
両親役の二人の演技はもちろん達者だが、絶妙な表情と間で頼りない男がピッタリな松田、ジャージとコンビニ弁当が似合い、これ以上ダメで可愛がられる嫁はいないであろう前田、最初の一人飯を食うシーンでインパクトのある一生懸命さを発揮した千葉……皆、いい。
でもストーリー的には抑揚が無さ過ぎ、平板にも思える。
それを救っているのが、役者の掛け合いや間、独特の空気感。
この安穏としたゆるさが好きか嫌いか、度を越したデスギャグが許せるかで評価が分かれる。私は嫌いではない。
(映画のあらすじは『偏愛的映画案内』https://henaieiga.netをご覧ください。)
ベタなストーリーだけどなんか面白かった笑
そしてここ最近で一番笑った笑
朝もはよからママチャリに飛び乗ってユナイテッドシネマへ。
ディカプリオの映画が公開になっていたんだけれど、観たいリストのひとつであった"モヒカン故郷に帰る"を。
広い劇場で観客は、、まさかの私一人だけでした(^^;
監督は横道与之助が好感触だった沖田修一。主演は松田龍平と、柄本明。
ユルい笑いが満載で、どうせ他に観客いないから、ガハハっと、思いっきり笑いながら観賞しました。
恋人の妊娠で、7年ぶりに故郷に帰ったモヒカン。
恋人役の前田敦子が愛くるしい馬鹿さで好感。
頭悪くてもこんなコだったら嫁にほしいわ。かわいいよ。あっちゃん(^^)

癌におかされて、余命少ない父に、アレコレ。
笑いと涙で味付けされていていい映画でしたね。
あの、断末魔っていうバンドの曲がまじでカッコ良かったわ(^^;
田舎町の海の美しさとか、田舎の中学の吹奏楽部のコ達とか、矢沢永吉のカッコ良さとか。大手ピザ三社の配達劇とか。もう。いい味出しまくっていたと思う。
着地点もほんわか。
ぎょ

ぎょの感想・評価

3.9
全員よかった 
前田敦子×もたいまさこ

さらっといいこと言う

ヤザワです

タブレットの下り好きだった

声出して笑った

沖田監督の作品て最初から最後まで、温かくて好きや。
柄本明の演技力。もたいまさこさんも最高やね。
mako

makoの感想・評価

3.8
すごく良かった!
登場人物全員が愛おしい。
笑えるところもたくさんあるし、それぞれの気持ちにぐっときて涙してしまう。本当に素敵な映画!!
Abu

Abuの感想・評価

4.4
…良い映画でした…

脚本といいメイキングといい手作り感が心地良い。
普段は触れられたくないところを良い意味でグイと掴まれた感じがする。

それから「前田敦子」の眼力も凄い!
そして今までで一番良かった「柄本明」
この監督やっぱり凄い!
kuuc

kuucの感想・評価

2.6
柄本明のお父さん好き
最高です

あと前田敦子、初めて可愛いと思った

なかなか良いです
おススメ
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.7
柄本明、すごい。沖田監督らしい台詞の間とか愛おしい日常の描き方。好きだなあ。どの作品も監督らしさが穏やかなのに強く出てて、ほんとに好き。だんまつまー!には笑った。あっちゃんも今時のかわいい女子がよくあってた。相変わらず出てくるご飯は美味しそう。ピザ🍕食べたい。
こんな風に最期を迎えられる人はほとんどいないけど、これが一般的になったら素敵だなあと職業柄うるうるした。沖田監督、すき!
>|