家族はつらいよの作品情報・感想・評価・動画配信

家族はつらいよ2016年製作の映画)

上映日:2016年03月12日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「家族はつらいよ」に投稿された感想・評価

きのこ

きのこの感想・評価

3.5
橋爪功さん嫌いになりそうなくらい役になりきってて、いやー〜なおじいちゃんだった。

こんな昭和な一家はもうないかもだけど、ちょいちょい分かる〜というのが散りばめられてる。

夏川結衣さん演じる長男の嫁は大変だなぁ💦
将来に備えて一応みとくか笑
沼田と再会。なぜ探偵してると知ったら

離婚と結婚が同時進行。やや、離婚リード

被害者。いましたよ〜
ただの酔っ払いだな
ポジションベンチみずくみ係

小津安二郎 東京物語
破いた! 言葉って大切だなぁ

以上。
dokky

dokkyの感想・評価

3.0
「山田洋次節炸裂!こういう映画も、なくなってほしくないなぁ。」
主人公・・・と言っていいのか分からないけど、主人公が老夫婦で、テーマも熟年離婚ということで、観ず嫌いしていたけど、たまたまテレビでやっていたので。
「東京家族」は観たことあったのですが、続編のようで全然違っていて、雰囲気も東京家族よりコメディータッチで面白かった。
「東京家族」のときに、蒼井優ちゃんが、山田監督求められることに苦戦した、とインタビューで言っていて、それを思い出しながら、俳優さんたちの演技をみていたけどやはり橋爪功さんの演技はすごいな。もちろん蒼井優ちゃんも。吉行和子さんも美しい。
名優さんたちを見ているだけで目がいっぱいになった・・・
(おなかいっぱい的な意味)
途中、小津安二郎の「東京物語」の映像が流れていて、あぁこれこれ、と思った。
やはりこういう雰囲気の映画は残って欲しいな。
はる

はるの感想・評価

4.0
熟年離婚がテーマの喜劇邦画。

演技は全体的に良い。だが、序盤の妻夫木聡の演技だけが異様に酷かった。
と言うのも序盤の彼の脚本が明らかに質が悪く、役に入っていけていないのが観てとれた。
中終盤ではかなり改善されたので、恐らく脚本家が2,3人いて誰か1人が明らかに低質な脚本に仕上げたのだろうと観ながら感じていたが、やはり脚本は2人だった。どちらが戦犯かは知らないが。
全体的に演技が上質な本作で、上記の存在は残念だった。

後、脚本の違和感として、女性が男性に向けて話す際は基本的に尊敬語だが、逆はそうではないのに違和感があった。携帯電話を所持している時代が舞台なのに、脚本への違和感を意見できる人はいなかったのだろうか。

演出面でも、昭和のノリというか、昔の邦画でよく見たような演出がちょくちょく気になった。
時代が違おうが良いものは良いので、「時代錯誤だから~」といった主張の仕方は好きではないのだが、演出に安っぽさを感じる場面が多々あった。


内容については、考え方が時代によっても個人によっても違うのはもちろんだが、私を含めた今の若い人には、離婚をそこまで後ろ向きな忌み嫌うべきものと捉えている人は少ない気がする。
作中の脚本とは終始温度差を感じた。

別に嫌いな映画かというとそうではないし、映画としての質はむしろ高い方だと思うのだが、2016年の映画であり、現代が舞台の映画にも関わらず、時代劇ような感覚で観る映画だった。
ちょっと大袈裟に描いてるけどどこの家族にもありそうなゴタゴタ話。軽く見るには面白い。
1031

1031の感想・評価

4.6
愛すべき家族のゴタゴタ物語🏠
観ながらずーっと口角上がってた

橋爪功さん演じるおジィちゃんの挙動とか表情とかなにもかもが、小汚くてめんどくせえジィちゃん!感満載で、見ながら うわ〜こういう人おるおる!見覚えある!って既視感の連続

ストーリーに引っ張られがちだけど、画面が終始色鮮やかで綺麗だったのが印象的だったな〜視覚芸術だわあ
BSテレ東「シネマジャパン」より18時30分放送回にて。
通常(2D)版を鑑賞。
監督は山田洋次。主な作品は、『男はつらいよ』シリーズ、『幸福の黄色いハンカチ』、『釣りバカ日誌』シリーズなど。日本映画界の第一人者で、紫綬褒章と文化功労者と文化勲章を受章されているほか、現役でキネマ旬報ベストテンに最多入賞を果たした。

*鑑賞を終えてみて*
映画自体は小ネタ満載で面白かったです。ただ一つ言えることがあるならば、老男女向けであることかなとは思います。それでも一応若い方に入る私は十分楽しめました。好みはあるかもなんですが、同作の内容にはとても他人事とは思えない展開が次々と巻き起こるので、鑑賞されても損することはなく、むしろ得をするかもしれません。
バム

バムの感想・評価

-
おばあちゃん家でみたけど
意外と面白かった。
笑うとこもたくさんあってよかった。
kat1000

kat1000の感想・評価

4.0
登場人物がポンコツだらけで面白い。
肩の力を抜いて見られる映画。

最近娯楽に対して力が入ってた自分。娯楽に没頭したい、集中したい、が没頭しなくては、集中しなくては、になっていた自分。
しかしこの映画はスマホ片手にところどころ集中して見ていた。
そして、それでよかった。

たまたまテレビでやっていたこの映画を、なんの気無しに見たところ面白かったのだ。
娯楽ってそんなものでいいんだよなあ、と久しぶりに思い出させてくれるいい映画だった。

橋爪功はやっぱいいし、蒼井優の可愛さに初めて気づいた。
視線の運び方とかがガチでモテる女や…山里亮太羨まし。
EmiDebu

EmiDebuの感想・評価

3.5
映画で最も好きなシリーズ男はつらいよを撮り続けた名監督であることは間違いない。喜劇の中でホロっとさせる、その雰囲気づくりが素晴らしい。
観る前に思ったことを正直に言うと、監督が同じだからって超人気シリーズに名前を重ねて映画を出すのはダサい。男はつらいよ好きでしょ?中身は全然違うけど男はつらいよ好きなら観たら?みたいな。
まぁでも、そんなものはどうでもよくて中身の、山田洋次イズムというのは確実にあって良かったな。
>|

あなたにおすすめの記事