最初の晩餐の作品情報・感想・評価・動画配信

最初の晩餐2019年製作の映画)

上映日:2019年11月01日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「最初の晩餐」に投稿された感想・評価

料理から思い出していく家族の姿。染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介の兄弟が豪華すぎ。
ふし

ふしの感想・評価

-
家族ってなんだろうね

お母さんの愛が伝わる
包容力があり、どんな時もみんなを優しく見守っているけど、全部自分がしたいことをしてる気がする

強い女だ

戸田恵梨香さんの方言が好きでした
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
最初、お母さんが通夜で目玉焼き出した時はちょっとやばいやつかと思ったけど、思い出の品だったのか!
一品一品思い出を振り返りながら家族とは、を考える作品。
よかったんだけど戸田恵梨香役勝手すぎる!
こちら側がみていてすごく想像させられる。
大人のエゴに振り回されながらも試行錯誤しながら家族になっていく過程がすごく刺さる。出ている役者みんな良すぎる。
森七菜もヒューマンやらせたら本当に強いなと。のびのび芝居しながらもしっかりと抱えているものがある。
全員がちゃんと気持ちを放出させてそれぞれの形でぶつけあって生まれているものが本当に上質だった。斉藤由貴なんて役なのか自分事なのか分からない。
何よりご飯が美味しそうすぎた。すき焼きにラー油。やってみます。
a

aの感想・評価

2.9
いろんな家族の形があるんだなー
思い出の食べ物をきっかけにいろいろ思い出していく感じあったかい
寄せ集め家族の秘密

渋い役者さん揃い踏みで見ごたえあります。結局のところ家族って何なんだろう?という答えはまあ人それぞれということか。好き嫌いを我慢して相手に合わせることでは虚しいしな。
an

anの感想・評価

3.8
構成が良い。
ひとつひとつ分かっていくと同時に、新たに疑問が出てくる。
それぞれのエピソードも良い。実際に久々に集まった家族で語る思い出話のようだ。
大人の演技もいいが、子供の演技も良い。
亡き父の遺言に沿って葬式で出される変わった料理の数々。それを食べながら家族の過去を振り返っていく。
とっても素敵な設定で映像も役者さんも良いのだけれど、途中から明かされていく秘密とか、個人的には蛇足だったかな…。
月

月の感想・評価

3.0
【家族って何?亡き父と食べた最後の食事】

やっっと観れたーー。👀
窪塚洋介さんカッコいいいい〜!笑
結論、窪塚さんは窪塚さんにしか見えない。うん。

父の御通夜をベースに、父と一緒に食べた思い出の食事から、過去と現在の話が始まる。
思い出の味を御通夜で振る舞うって素敵だなぁ。
むちゃくちゃな創作料理でも、それも"思い出"

個人的には、大人組のシーンより、子どもの頃の回想シーンがすき。森七菜さんのありのままで感じたまんま表現するリアルな芝居が◎
良き役者さん。

「家族ってなに?」何気に深いなぁ。
考えたことなんて無かった。
どんな形でどんな理由があったとしても
あの頃、"一緒に暮らしてた"それだけで
それはもう家族になってたんだろうなぁ。
ただ、お母さんの告白は想像してなかったこと
過ぎて、暫く思考停止。「....😀?」

この物語は、誰が良いとか悪いとか、
そんなことが言いたいんじゃ無いことは確か。
亡き父の知られざるエピソードが最後にポンポン出てきて、あったかい嘘だったりかわいい真実だったり、それを耳にして最後に笑っちゃう主人公。「よかった」ってちゃんとそう思えた。かな。
雰囲気の作り方や演出が良かった。最初の食堂のシーンとか。他の映画にない雰囲気。食事を通して回想に入るのがまた良い。最後は微妙。まあそこがいいのかも。楽駆を知った作品なんだけど彼の雰囲気や演技はすごいと思う。あの豪華な俳優陣に引けを取らない。
>|

あなたにおすすめの記事