おじいちゃん、死んじゃったって。の作品情報・感想・評価・動画配信

「おじいちゃん、死んじゃったって。」に投稿された感想・評価

ici

iciの感想・評価

3.3
田舎の葬式ってほんとこんな感じなのよね
変なプライド持った大人たちと、その大人を嫌煙してる若者。

車内で認知症のおばぁちゃんのこと「ゾンビだな」って言った夫に対して、奥さんが一喝したシーン。あれよかったなぁ。お前の母親様だぞって感じで。
親戚ってこんなかんじだよね。
もっと優しいけどね。
ちょー好き。じいちゃんに会いに行こ。

観る前からわかってたけど、ヨギー最高だね、岸井ゆきのも。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.5
祖父の葬儀の為、久々に集まる家族のややこしさを傍観的立場で眺める彼女にやがて変化が訪れていくのですが…岸井ゆきのさん初主演映画になるんですね。それに相応しい素敵な作品でした。誰しも経験するであろう出来事をユーモラスタッチで描いていて実に優しい。

毎度ゆきのさんからほのかに漂う微エロも良いのですよ。それから岩松了光石研水野美紀3兄妹が面白かった。不謹慎ながら黒染めスプレーは声出ちゃうくらい笑っちゃった。田んぼの場面も好き。細田守監督サマーウォーズ、伊丹十三監督お葬式、行定勲監督ひまわり、この辺りの映画も過ぎったりしました。

味わいのある映画です。夏の終わりに観たいかも。
ふみ

ふみの感想・評価

3.4
田舎の農道で大喧嘩してる最中にかかるヨギーの挿入歌が最高だった。
こういう映画は好き。前から観たい、とかじゃなく突然出会うから映画はやめられない。

役者の温度と無理のないストーリーが心地よい。

題材はおじいちゃんの死だけど
それ以上に、家族の生を感じた。

人によって、想いも思い出も受け止め方も、感情も全部違う。
それでいい。

レビューに多く書かれているように岸井ゆきのが大分いい。
RAY

RAYの感想・評価

4.0
フォローさせて頂いている方のとても素敵なレビューを読んで鑑賞しました。


うーん!!
やっぱり素晴らしかったです。本当に観て良かった。


あらすじはfilmarksにもありますが、この映画が描いたことのはじまりは“おじいちゃんの死”です。
そのことによって、家族・親族の抱えた“それぞれ”が表に出てくることになります。

“均衡”とでも言うのでしょうか。
決して意識していた訳ではないのです。
おじいちゃんやおばあちゃんがいることも。
父親や母親、そして兄弟がいることも。
生きていたら当たり前。だけど、いなくなってはじめてその人の重みを知ることになる。
多分、分かっていても知るんでしょうけど。


少し、僕の話をします。
僕は物心ついた時から、じいちゃん、ばあちゃん、僕の3人で暮らしていました。
両親はいるし、兄弟もいるのですが、両親の仕事の事情と僕の事情のタイミングが合わなかったことで、僕と祖父母の3人での生活が始まりました。
誤解の無いようににお伝えしておくと、僕は両親とも兄弟とも仲良しです(笑)

社会人の一年目、祖母が亡くなりました。
僕は当時名古屋にいて、ばあちゃんの最後に立ち会えるのか不安で転勤の希望さえ出した程でしたが、ばあちゃんの意思だったのか、僕の夏休みの最終日に亡くなったことで、その最後に立ち会うことが出来ました。
今でも思い出すのですが、亡くなる直前、それまで眠っていたばあちゃんの目がパッと開いて、それからしばらくして息を引き取りました。
「よくあることだ」と医者も家族も話していましたが、僕はそれがばあちゃんの想いだったと信じています。
そして、そのことを目にしたその瞬間から涙が止まりませんでした。
泣こうと思って泣くのではなくて、ただただ涙が溢れて止まりませんでした。

僕はしばらく心が空っぽになった様で、何も手につきませんでしたが、それは僕だけではありませんでした。
頑固者だったじいちゃんは、まるで人が変わった様に穏やかになったし、母親を亡くした父親は、いつもの明るい父でなく、急に母方のばあちゃんの心配をする様になりました。

あくまでも僕の家族の例ではありますが、こんな風に家族と言うのは、それまでどこか均衡の様なものがあって、そうやって保たれています。
それは、見た目だけでなくて、皆の心に大きく影響を及ぼして、表面化します。

何が言いたいのかと言うと、家族であるからこそ“支え”となっているものがあると言うことです。
だけど、人は必ず歳を取ります。
どんなに若くても、明日死んでしまうかもしれないし、順調に歳をとっても、そのうち色んなことを忘れる様になってしまうかもしれません。
だから、大切な人には大切であると伝えなければいけないのだと思います。
「ありがとう」でも「おめでとう」でも、「ごめんなさい」でも「あの時は悪かった」でも。
後悔のない様に伝えなければいけないのだと思います。

余計な話まで書いておいて、なんなのですが、感じた事はこれだけではないですし、多分、観る人によって感じ方も様々だと思います。

少なくとも、この映画がとても素晴らしかったと言う事はお伝え出来ます。
家族の繋がりを絶妙に表現しているし、伝えてくれる映画です。


最後に、役者さんについてなのですが、岸井ゆきのさんと岩松了さんが特に素晴らしかったです。
このお二人だけでなくて、光石研さんをはじめ皆さんが素晴らしい演技で家族を表現してくれていました。


あらためて、素晴らしい映画を紹介して下さったことに感謝を。
本当にありがとうございました。

また、長文になってしまったことをお詫びすると共に、読んでくださった方にもお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


是非、ご覧下さい。

観て良かった。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.4
空気感が好きだった。
それぞれ不満とか思うところはあるけれど、なんだかんだ家族なんだな〜と思った。
岸井ゆきのちゃんが可愛い。
はなめ

はなめの感想・評価

3.7
岸井ゆきのちゃんの主演映画だと聞き鑑賞。
故人に対してそれぞれ想いが違ったり、悲しくもあり、それもリアル。
やの

やのの感想・評価

3.7
かぞく〜〜〜〜( ˆoˆ )

父親ってかおっさんって最低っすねってな

きらきらの稲穂 インド CM撮りみたい
あきほ

あきほの感想・評価

3.5
普通高齢の方が亡くなる時、そろそろ危ないかもしれないって状態になり、残りの時間で親族が覚悟を決めて最期の時を過ごして、ってことが多い気がするけども
この映画ではどうやらぽっくり死んでしまったようで、それなのにあまりにもおじいちゃんを置いてけぼりに話が進んでいる感じがあって、違和感はあった。

おじいちゃんが死んで残されたおばあちゃんを思って泣く清太はめっちゃ共感できた。

岸井ゆきのはかわいすぎた!!!!!
>|