おじいちゃん、死んじゃったって。の作品情報・感想・評価

おじいちゃん、死んじゃったって。2017年製作の映画)

上映日:2017年11月04日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

とある夏の地⽅都市。吉⼦(岸井ゆきの)彼⽒とのセックスを中断して鳴り続ける電話をとると、それは、祖⽗の訃報だった。⼆階から、草むしりをする⽗・清⼆に声をかけるー「おじいちゃん、死んじゃったって。」祖⽗の葬儀のために、久々に集合した祖⽗の3⼈の⼦とその家族は、⽗の死を悲しむひまなく準備に追われていく。そんな中、それぞれのやっかいな事情が表⾯化し、とある事件をきっかけに、みっともないほどの本⾳をさら…

とある夏の地⽅都市。吉⼦(岸井ゆきの)彼⽒とのセックスを中断して鳴り続ける電話をとると、それは、祖⽗の訃報だった。⼆階から、草むしりをする⽗・清⼆に声をかけるー「おじいちゃん、死んじゃったって。」祖⽗の葬儀のために、久々に集合した祖⽗の3⼈の⼦とその家族は、⽗の死を悲しむひまなく準備に追われていく。そんな中、それぞれのやっかいな事情が表⾯化し、とある事件をきっかけに、みっともないほどの本⾳をさらけだす。そんな親族に呆れならがらも、流れに⾝を任せていた吉⼦はー。

「おじいちゃん、死んじゃったって。」に投稿された感想・評価

mi

miの感想・評価

2.8
高評価が多いなか、非常に書きにくいけれど…
正直、ちょっと長かった…特に前半。
同じようなシーンの繰り返しが多くて、少し退屈してしまって、なかなか入り込めなかった…

好きなシーンはいくつかあって、(花火とか!)
スプレーとかの自然と笑えるシーンもすごくよかったんだけど、、
個人的には家族が亡くなったらみんな号泣するような家庭で育ったから、誰も泣かない葬儀とかほんとに信じられない…(;o;)

結局おばあちゃんのことについてもなんか綺麗な感じに見せて終わってるって感じで…

主人公には残念なから感情移入できず…ラストもおまけ感があったかな。

水野美紀さんの演技は、とてもよいアクセントになってたなぁって感じでした。引きこもりの彼もハマリ役でしたね。

CMから映画にいくのは、テンポ感も違うし、なかなか難しいところもあるのかもしれない…と感じてしまいました(辛口ですみません)

短編は好きだったから、個人的にはもっとファンタジーっぽいものか、感動作って感じの作品を撮ってほしいな!今後に期待です。

(だいぶ時間経つけど、公開当時、誘われて、舞台挨拶観にいった時の感想、下書きに保存してたやつです。。。)
おじいちゃんが死んで、残された認知症のおばあちゃんどうするの?って自分にも起こりそうな話しで胸が痛かった。笑える話しと期待して観に行ったので、こんなふうに感じるとは意外だった。
ユニークなキャラが多が、どれもこれも一発ギャグ的なインパクトしかなく笑えるところが少なく残念。黒い汗は笑ったけど。
何度も出てくる兄と弟のけんかがうっとうしい。
主人公のセリフで、ゲロとゴロゴロは良かった。ゲロの味がするっていいながら、良く食えるよなって感じで笑った。ゴロゴロは衝撃だったし、ラストがまさかのゴロゴロで笑った。
gachadama

gachadamaの感想・評価

3.9
岩松さんと光石さんが兄弟ってキャスティングがもう!w
淡々としてるようでグングン引き込まれた。家族とは…とそれぞれの視点で考えさせられる。
mi

miの感想・評価

4.3
私もおばあちゃんが死んだとき、セックスこそしてなかったものの連日の見舞い疲れで転寝の真っ最中だったのをずっと悔やんでいた気持ちがあったので、なんとなく思う所は同じだった気がした

身内が亡くなるって、葬儀の準備に役所に届出やら遺品整理なんかもあって、想像してたような深い悲しみよりも現実は慌ただしさが勝る。感情が着いてかない、実感なんて湧かないし他人事みたいに思えてくる たとえその時悲しめなくても、血の繋がりがないから関係ないと遠ざけても、結局みんなが『かぞく』であることには変わりはない。初めはばらばらだった人々が最後には笑顔で一枚の写真に収まるように、大切な人の死は常にわたしたちを成長させると思うのです。

そして何より、天音くんが草の上に寝転がって不貞腐れてる姿がもう美しくて美しくて…………男性が岸井ゆきのを見るのと同じ目で私は岡山天音をずっと見て悶えてました。はあ、かわいい……。
セーラーの子が可愛くてドキドキした。
岸井ゆきのの妙に吸引力のある、隙のある顔立ちも好き。
全体としては素直に爆笑できてぽろっと泣けて、でもはぁ??みたいなシーンもあってな映画。
Yogee New Wavesの曲が良すぎて結局なんか好き。
佐々木

佐々木の感想・評価

3.2
いわゆる田舎がよく描けてる。この祖母役の女優さんには昨年の助演女優賞を。ただ、うーん、吉子の性が邪魔。セックスとか関係無くね?いちいち台詞が青臭いんだよバカバカしい。ガキが言うなら分かるけど、今さらって台詞が多すぎる。他の視点はいいのにな。2018/4/9新文芸坐
いずみ

いずみの感想・評価

3.8
Yogee New Wavesの曲が効果的◎
岸井ゆきのちゃんの目に吸い込まれそうでした。
hiyori

hiyoriの感想・評価

3.7
祖父が死んだことにより、集合する家族一同のいざこざや愛おしさのコメディで、ハートフルな映画。命について考えさせる要素も含んでいる。大抵映画で笑うことはないが、これはキャラ設定も良くて、普通にハマった。
家族だから分かり合える感情があるし、又その逆もある。だからおじいちゃんの死に対しても素直に悲しめないこともある。それでも家族っていいよねと何の障害もなく思える。
インドに行くっていう突発性がすごく好き。
犬

犬の感想・評価

-
葬式も、親戚一同集まる感じも、田舎風景も、全く一緒というわけではないが経験してきたことと被る点が多くて変な懐かしさを感じた。

監督の腕もあるとは思うが、これはきっと既に原作脚本がクオリティとして完成されているものなのだろう。CM演出家ならではのスタイルも入れたかったのかわからないが取って付けたようなイメージビデオ風のカットが作品の雰囲気とは水と油すぎて正直いらない。しかし花火のシーンは本当に実写で出来るほどの予算があって欲しいと思うほど勿体ないと思った。「要らない=勿体無い」じゃなくて「これが実写だったら=勿体無い」という前向きな方。

それぞれの家族が久しぶりに介して見えてくる様々な事情は共感するし笑えるしウルっとくるものばかりだし、最後にみんなで写真撮るときの「今はわずらわしくても、いつかきっと撮ってよかったって思うから」という台詞にはグッときた。光石研の安定のダメ親父っぷりはもはや国宝級だし、女子高生と岡山天音の気怠いけど切っても切れない兄弟感がスピンオフで見たくなるほど良かった。
どうなるんだろうって思ったけど、最後に吉子が感情が出せて良かった。監督のトークも聞けた良かった。
>|