おじいちゃん、死んじゃったって。の作品情報・感想・評価

おじいちゃん、死んじゃったって。2017年製作の映画)

上映日:2017年11月04日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

とある夏の地⽅都市。吉⼦(岸井ゆきの)彼⽒とのセックスを中断して鳴り続ける電話をとると、それは、祖⽗の訃報だった。⼆階から、草むしりをする⽗・清⼆に声をかけるー「おじいちゃん、死んじゃったって。」祖⽗の葬儀のために、久々に集合した祖⽗の3⼈の⼦とその家族は、⽗の死を悲しむひまなく準備に追われていく。そんな中、それぞれのやっかいな事情が表⾯化し、とある事件をきっかけに、みっともないほどの本⾳をさら…

とある夏の地⽅都市。吉⼦(岸井ゆきの)彼⽒とのセックスを中断して鳴り続ける電話をとると、それは、祖⽗の訃報だった。⼆階から、草むしりをする⽗・清⼆に声をかけるー「おじいちゃん、死んじゃったって。」祖⽗の葬儀のために、久々に集合した祖⽗の3⼈の⼦とその家族は、⽗の死を悲しむひまなく準備に追われていく。そんな中、それぞれのやっかいな事情が表⾯化し、とある事件をきっかけに、みっともないほどの本⾳をさらけだす。そんな親族に呆れならがらも、流れに⾝を任せていた吉⼦はー。

「おじいちゃん、死んじゃったって。」に投稿された感想・評価

CINEMAK

CINEMAKの感想・評価

3.8
小さい頃はあったものが、大きくなってからは失っていく。分かる。
姉弟でおばあちゃんの元気だった頃を話すシーンに目頭が熱くなった。忘れないでいたい。
かほ

かほの感想・評価

4.0
去年おばぁちゃんが亡くなってしまって、夏にお葬式をしたからかなりリアルだなぁって思った。雰囲気とか、みんなのふっと悲しむけど、思ったよりは悲しくなさそうなところとか。大人達は特に。久々にお葬式だからと親戚が集まる感じとか。坊さんが想像の坊さんとは少し違う所とか。笑
うちのお坊さんはお土産にフィリピン土産のバナナチップス持ってきてた。
田舎は綺麗で憧れるけど、それだけやっぱり退屈だったり、毎日いるには嫌な所もあるんだろな。って思った。引きこもりのおにぃちゃんが父親に真っ先に疑われたの、嫌な気持ちもわかったけど拗ね方がめっちゃぽくて笑った。カオスでうけた。
qpuchida

qpuchidaの感想・評価

4.1
最後のファンタジーは賛否あるだろうけど、そこまでの持って行き方はファンタスティック
何度か書いているかも知れないが、私は近親者の葬儀に参列したことがない。
個人的な事情もあるだろうが、彼らはどうして集まるのか。その理由がよく判らない、と云うのが正直なところだ。勿論、亡くなった後の諸々を誰かが担わなければならない。しかし、そのために皆が揃う訳ではないだろう。では何故か。故人との別れか。顔を見に、或いは線香を上げにだろうか。それは自らの意思か、他の親族に呼ばれてか、若しくは世間体のためか。近いからか、遠くても馳せ参じるものなのか。好き好んでと云うのもおかしいが、厭々来させられている者もいるだろう。哀しかったり、哀しくなくて困惑したり、苦しかったり、罪悪感に襲われたり、飄々としているように見えたり、怒っているように思われたり……どうにも複雑な感情や態度が、そこには渦巻いているかも知れない。
そのようなことを考えていた。
よしき

よしきの感想・評価

3.1
岸井ゆきのがよい。
yogee new wavesの音楽は映画にもうまくあっていて相変わらずよい。

映像がすごく綺麗で、光や色の使い方が素晴らしい。

それぞれの演技、言葉、セリフのの言い回しに違和感を感じる部分が多い。

全体的にかなり退屈で、特に何も伝わってくるものもない。脚本の完成度がイマイチという感じ。
miki

mikiの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

自然大好きな私にとって、緑の多い映画で嬉しかった。

ストーリーに関しては何とも言えないというか
田舎でこういうことありそうだな〜と思って見ていた。
打ち上がる花火をバックに
サザエさんっぽいシーンのところと
吉子が緑一面の草に包まれるシーンが
ちょっとファンタジー過ぎていたかな。
それと、吉子とお坊さんの会話のシーンに突っかかった。
吉子は、おじいちゃんが死んだ時にセックスをしていたから罪悪感を感じて泣けないみたいなことを言い出して
それに対してお坊さんは、この瞬間でもお腹は空くしどこかで死ぬ人もいれば新しい命も生まれる的なことを言い返すわけだけれど
そんなこと分かってるよ〜って思った。
言葉の重みを感じられなかった。
おじいちゃんの死をそれぞれ重く受け止めていない雰囲気は醸し出されているのだけれど
それでもな〜、やはりセリフが軽い印象。

個々が抱える様々な問題はあるけれど
家族写真という形によって
皆んなが一つになったような気がした。

高校生役の小野花梨ちゃんの演技に釘付け。
これからもっとスクリーンで見たい女優さん。

スチールの西山勲さんのお写真が大好きなのと
なんといってもyogeeの音楽で満たされた!
王甘

王甘の感想・評価

3.7
田舎の葬式あるあるの描写(うちもひいおばあちゃんの葬式を実家でした)もちらほらあって良かったが、他の方も指摘してる通りノイズな演出が多々あった気がする。

おばあちゃんがもっと効いているべきでは無いだろうか。使い方が若干ダサい。あと花火のくだりもあまり好きじゃない。決定的なのは挿入されたクライマックスナイト。ハマってなさすぎ。

観た後の気分は悪くないですが。あとSAYONARAMATAはめっちゃ良いです。
YH

YHの感想・評価

2.5
基本的には仲良し家族。みんな優しい人たちだと感じました。
だから落ち着いて楽しみながら観ることができました。

お坊さんと吉子のやり取りがヨカッタ。人が死んでもお腹は減るし笑うときもあるって感じの話。

気になったのは、タバコシーンがやたら多いこと。意味あるのかな?
soratobi

soratobiの感想・評価

3.9
煙草の煙に溶けていく、生の歓び。
死によって強まるかぞくの絆。
愛しいめんどくささ。
役者さんたちが素晴らしかった。
kodak

kodakの感想・評価

3.2
キャストが豪華!
兄弟喧嘩最高!
フェラーリかっこいい!
田舎のシーンが綺麗!
でも終わってみると薄味な印象。
なんか編集のテンポなのか
何かが自分には合わなかったような。
ダメだよいろんな意味で、とか
世界観に入れそうで入れず
現実に戻されるセリフ回しが
笑わせる部分なのか
迷っちゃうとこもいくつかありつつ。
とにかく小野花梨さん可愛いすぎる。
インドは行くんだろうなと思ってました!
>|