カリブ・愛のシンフォニーの作品情報・感想・評価

「カリブ・愛のシンフォニー」に投稿された感想・評価

☆☆☆

監督鈴木則文がアイドル映画を隠れ蓑に、自分のやりたい放題遊び呆けたカルトコメディー。

終盤の闘牛場を背景に描く再会場面のバカバカしさは、トラック野郎シリーズでの破茶滅茶な喧嘩場面を自身で踏襲。
何も知らずに観に来ていた聖子ファンの度肝を抜き、劇場内がザワザワしたのは良い思い出(笑)

当時はまだ無名に近かった神田正輝。真面目に演じれば演じる程に、則文マジックにかかりどんどんとコメディー演技になって行く下りは、当時腹を抱えて笑いましたね^_^

松田聖子は、やたらと声を潜めて話す辺りは、当時から演技の質がコメディー寄りでしたね。
その辺りが鈴木則文コメディーの持ち味にマッチしたんではないでしょうか?

京成名画座
ako

akoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

鮮やかで美しい舞台なのに、ラストにビックリ。暴力的な悲劇。靴脱げる。いろいろ考えたけど、見たことのない映像。
備忘録
映画館

この映画の共演で神田正輝と結婚したんでした。 メキシコが舞台。
同時上映の「さびしんぼう」の方が、かなりずっと良かったんです(笑)
最後のシーンが衝撃で、自分の結婚式の日は、「絶対車で来るな」と旦那に何度も言いました。 理由を聞かれ「だってカリブ愛のシンフォニーで…」と話したら笑われました。 これから結婚する人は式場に車で行ってはいけませんよ〜。
Mokun

Mokunの感想・評価

3.0
メキシコを舞台として
ツッコミどころ満載のロマンス映画

この作品がきっかけで
松田聖子と神田正輝は結婚することに

ラストシーンに呆然としました笑