猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

3.7

あらすじ

地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。果たして未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に明かされる。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

ふーか

ふーかの感想・評価

5.0
感動するし、猿の賢さにもびっくりした!

面白かった!!
猿の優しさも分かるしすごくいい作品だと思います!!
シーザーの闘いの終わり。
そして人類の歴史の終焉。
「猿の惑星」プリクエル・トリロジー最終章。

なんか意外と地味にこじんまりとした感じで終わった気がする。
基本脱獄メインの話だし、最後の収容所崩壊のあたりは派手で良かったけど。
あと「バッド・エイプス」の小ボケはいらなかったと思う。
大佐が最後ああなったのはなるほど!とちょっと感心した。
BT

BTの感想・評価

3.2
オリジンの世界へ続く物語。支配者としての猿、人の退化。神キリストも人だった的な猿の物語。
2MO

2MOの感想・評価

3.8
人類史と括ってしまって差し支えないだろう、“言葉”によって翻弄される者たちの愛と憎しみの終りなき連鎖。
歴史は繰り返される。永きに渡る争いの中にあって、語り継がれる一編の英雄譚。

予想外に重厚な筆致で描かれた一代記の終局である。西部劇、戦争映画が宗教的なモチーフに組み込まれ、そして寓話的表現としての古典に回帰する。
まさしく、それはアメリカの肖像。
Ohu

Ohuの感想・評価

3.4
チャールストン・ヘストン版の『猿の惑星(1968)』へと繋がる創世記〜新世紀と続いたシーザー三部作の最終作。
正味な話、このシリーズにそこまで思い入れがある訳ではなく、最近引っ張りだこのウディ・ハレルソン目当てで鑑賞。
やはり見どころの視覚効果の進歩は目覚ましく、エイプ達の挙動が兎に角リアルでした。
あらすじは妻子を大佐に殺され、前作のコバの様に復讐の鬼と化すシーザー。
リーダーとしての葛藤なども色々と描かれていましたが、大半が私怨に駆られるというストレートな展開がちょっと物足りなく感じました。
大佐役のウディ・ハレルソンもエイプ側から“人間を超えた存在”と盛り上げるも、特にこれといって何もなく地味だったし。ハンス・ランダ大佐の様に、もう少し執拗な敵役に徹して欲しかったかも。
良かった点は、子役のアミア・ミラーが可愛いかったこと。
オリジナル版の原作者が戦時中に捕虜となった体験談をベースにしているだけに、強制収容所が出て来るのも良かったかな。
まぁ、猿=日本人には見えなかったけど
三部作の完結編なんだけど、今ひとつ盛り上がらないのは『宿題』と『課題』が出来ていないから。
『宿題』はシリーズを通して語られるはずである『エイプはいかにして人類を超えたのか』という答え。それが、主人公シーザーの私怨の物語として描かれるので描かれる範囲(人類とかエイプとか)の話が狭くなってしまっている。
『課題』は、『宿題』を出した後に何を提示するか。それはシーザーの物語であっても人間側の物語であってもいいんだけど、最終的には『猿の惑星』になってしまうのは皆知っているので、それを知っている上でこの作品に何を残せるかという事だと思う。
『人間を超えていくものが、必ずしも優れているとは限らない』でもいいし『この能力(あるいは心)が人間よりも勝っていた』でもいい。ただ『人間的な演出』は、そりゃそうなんだろうと思うけど、私怨だったり、人間ドラマだったりは、あくまで人間目線の話作りで、そこでいくら頑張っても『人間もどき』のお話でしかないような気もするんだけどな~。

・・・と、なんだかんだ言いつつ映像も豪華で楽しく観れましたw。
シーザーや他の猿たちの演技も違和感なくてすごいなー。
T01

T01の感想・評価

3.5
オランウータンのモーリスがやっぱり好き。モーリスと女の子の絵面を観れるだけで私は満足な作品。強面のゴリラさんとのお花のシーンとその後につながるシーンも好き。 誰かが猿版ゴットファーザーって書いてあってまさにそんな感じでした。

聾唖の女の子って何故あんなに魅力的なんだろう?こちらで勝手に相手の気持ちや言葉をいい風に解釈するからかな?それとも、不必要な言葉なしでの素直な感情がそう思わせるのかな?単純にあの子役が可愛いってのは間違いない。
とし

としの感想・評価

3.8
子役の子が美しかったなー。

悩んでは自分を見つめ直すことは猿でも美しい。

これで猿の惑星3部作を見たことになるけど、昔の猿の惑星を見たくなった。
ミント

ミントの感想・評価

5.0
素晴らしい出来である。
これはジェネシスとライジングも観ていないと完全には楽しめないね。
シリーズ完結編ともなればお馴染みのキャラクターへの思い入れも深くなかなか感動しました。色々書きたいが割愛。

途中からプリズンブレイクモードになるとは思わなかったけど(笑)

シーザー三部作は完結したけど
おちびちゃんを生かしておいたので新シリーズに期待。

ジェネシスから見直したくなったな。
前作と間があきすぎて
内容を忘れていてあまりピンとこなかった
>|