猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』に投稿された感想・評価

KMHZ

KMHZの感想・評価

3.5
女の子の人形があんな伏線になるとは。

サーカス?の人語しかわからないやつも面白い。いちいち服着てるのが逆にツボw
毛の薄さからおじちゃんぽい感じもするし、ドビーっぽさもあった。
めあり

めありの感想・評価

3.6
猿の惑星シリーズが大好きですごく楽しみにして見たけど三部作の中では1番イマイチ…だったかな?
シーザーほんとにお疲れ様。
終始暗いなあと思ってたけど監督がバットマン書いてたマット・リーヴァスなら納得。最終作まで見れてほんとに良かった。
2度目の鑑賞。
前作が私的傑作で、これはサイコパスと脱走劇っていう普通の映画になったような気がしました。終わり方はよかった。

このレビューはネタバレを含みます

リブート作品3作目と同時に
猿の惑星最終作

いやー
【シーザーお疲れ様でした】
に尽きる1作でした

前作で人間と奇しくも対立して
しまったシーザー。それでも
まだお互いに干渉しなければ
問題無いという思想を抱いている

そんな中裏切り者の仲間により
妻子が人間により殺されてしまう
前作のコバ同様憎しみに駆られ
犯人を殺そうと群れから離れ
旅に出る。

人間は人間で思想の違いから
人間同士で争っている

各々の思想や正義がぶつかり合うのと
同時に人類が10%しか残って
いなくても自分と違う考えをもつ
集団は許せず争い続ける人間の
愚かさを皮肉たっぷりに描き切る

場面ごとに旅、脱獄、戦闘と
しっかりと区別されており
それぞれの場面でしっかり
見応えある映像が作られている

初代猿の惑星に繋げるために
ウイルスが言語能力も失わせると
いう設定は力技だと思ったが
3作品に渡るシーザーの生涯を
この目で見れて満足でした。

改めてお疲れ様シーザー。
daisuke6

daisuke6の感想・評価

3.7
遂に最終聖戦!
シリーズものの映画はジャンル問わず、歴史が感じられて感慨深くなる。あの小さかったシーザーがこんなに立派になるとは…初登場は憎まれ役だったロケットのことをこんなに好きになってしまっていたとは!
ラストは涙なしでは見られない!
はると

はるとの感想・評価

3.8
バットエイプが可愛いし面白い
大佐とシーザーの対話(?)はすごくよかった
シーザーの人生険しすぎた
お疲れ様です

このシリーズ観てよかった
ふう、新3部作。シーザー、意地悪マルフォイからはじまり、お疲れさまでした。

ここから、オリジナルの猿の惑星につながるのね。こんなきれいな終わり方なのに。

人間とエイプ、そんなカテゴリじゃなくて、結局は個と個なんだろうなあ。

最近の若者はとか、老人はとか、括っちゃうけどね。

さっ、オリジナルではなく、ティム・バートン版でも見ようかな。
IronMan

IronManの感想・評価

4.0
2022年 181本目
11月 7本

人間は無意味な争いしかしない。
三作品通してシーザーの一生はとてつもなく険しい道のりだった。
ミラノ

ミラノの感想・評価

4.0
全体を通してシーザーの成長を見れたのは凄くよかったし、いかに人間が愚かな生物かってことも知れて良かった。個人的にシリーズ通して大満足💯
>|

あなたにおすすめの記事