猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

Natsu

Natsuの感想・評価

3.3
シザーちょー人間ぽい
他の猿たちもだけど
新キャラがいいあじだしてたw
人間の女の子は妖精なのかな?って思うぐらい可愛い
喋れないのもそーゆーことかぁと…
前半は旅してるから静かなかんじなんだけど後半だんだん盛り上がってくる。
脱獄するところ面白かった!

ラストは本当シーザー頑張ったなぁーて思える
よく見ると毛先もグレーがかっていて
まぁまぁ時が過ぎたのを感じた
sora

soraの感想・評価

4.0
もうずっと猿ばかり観てきたので、ノバがめちゃくちゃ可愛い。
ノバがそこで微笑んでくれるだけで癒される。

シーザーが方向性を間違ったばかりに、皆が窮地に立たされる回。
それでも皆の絆は強かった、感動した。

大自然を前にした時の人間の呆気なさよ…

Ⅰの最初に出てくる場所に辿り着いた感じになっているのだけれど、この先ノバがどう成長してどう逝ってしまうのか気になるところ。

とにかくノバが可愛くてしょうがない!

このレビューはネタバレを含みます

シーザーの選択の一つ一つを刮目してきたからこそ、ラストシーンには涙が止まらなくなる
げざん

げざんの感想・評価

3.0
最終章だけを鑑賞。
映像、音響はめちゃくちゃ引き込まれた。ストーリーはしょーもないことで揉めるなよって思っちゃったな、エゴ対エゴ言い争ったって答えでないでしょうに。
Senobite

Senobiteの感想・評価

4.2
これで完結かな?
これも凄く良かった!
愛に溢れてました
ジェネシス
ライジング
グレーウォー
絶対にオススメです。
猿の惑星シリーズ最終話。猿のボスが理想の姿と人間的な姿の間で揺れ動くのが凄い伝わってきてよかった。最後に雪崩で全てが決まるのが印象的でよかった
切ない作品。 3部作のラストです
今作は声が出せない少女と猿たちの話です

初代猿の惑星への繋げ方が良かった
MayumiI

MayumiIの感想・評価

4.0
「 猿の惑星」三部作の完結編。
シーザーが、ただただ、かっこよく、渋い。
見ていると猿ってことを忘れて、思い切り感情移入した。シーザー、惚れるわ。

2作目で、自ら作った「エイプ(猿)はエイプを殺さない」という掟を破ったシーザーは、殺した仲間(コバ)の亡霊に苦しめられる。

リーダーとしてどうあるべきか、カリスマ性のあるシーザーだが、あくまで一個人(猿だけど)としての葛藤や苦しみが描かれていてよかった。

また、モーリスやバッドエイプなどそれぞれのエイプたちのキャラが、立っているのも良かった。
オカピ

オカピの感想・評価

4.4
最高。
ずっと目離せなかったし3作を通して観ると前作との繋がりで色々考えさせられる部分があってよい。
3作一気見するとめちゃいいかも。
ジュラシックワールドとかこういう動物系の映画大好き

アミア・ミラーが可愛いすぎて....
猿だらけの描写にぽつんとクソ可愛金髪幼女現れたらそら誰だって好きになってしまうわ
顔の映画。人種平等のためのキャスティングのリプレゼンテーションを逆走していく。ここの猿はアノニマスな何人でもない人の顔。共感できない獣の顔に表情のドラマを展開する実験。これがアニメだとすれば、共感のために先鋭化した日本のアニメの顔とは真逆を行く
>|