新・猿の惑星の作品情報・感想・評価・動画配信

新・猿の惑星1971年製作の映画)

ESCAPE FROM THE PLANET OF THE APES

製作国:

上映時間:97分

3.4

「新・猿の惑星」に投稿された感想・評価

始まり方からして、今までの2作とは何か違う感があったけど、なるほどでした…
猿と人間の立場が逆転するわけだけど、それ自体はまあ普通と言えば普通。だけど前2作があるから全て皮肉に見える。
人間の汚さは相変わらずで、悲しくなりますね。とはいえ最近の映画とは違ってみんな言ってること結構まとも(リベラル的に)と思った。

とにかく前作からこの展開になるのはすごい。しかも低予算。いい出来でした。
旧猿の惑星シリーズ3作品目。
続猿の惑星のまさかの続編、滅亡した地球から逃れていたジーラとコーネリアスは過去の地球に到着する…
今回の主人公は1973年の人間社会に翻弄されるジーラとコーネリアスであり、これまでとは逆に人間が猿をコントロールする世界を描く。
物語は前半エンタメ作品だが、後半はサスペンスになり、ジーラとコーネリアスの逃亡劇が展開される。やはり人間は自分たちとは違うものを恐れることを強く認識させられる。
劇中でコーネリアスが語る、猿がいかに地球を支配したかの話はこれからの伏線となっているのでとても重要。
そしてラストは、次の展開の希望になっているのもよき。
yukapii

yukapiiの感想・評価

3.8
一気に猿の惑星シリーズを見たけどこれが一番おもしろかった!スターウォーズとバック・トゥ・ザ ・フューチャーを掛け合わせた感じで昔のSF映画好きにはたまらんです◡̈

内容もメリハリあって他のものほどアクション色も強すぎずダレないです

シリーズ見たことない人でもある程度楽しめると思います!
もえ

もえの感想・評価

3.3
最後がまさかの展開。
前作で地球滅亡したのに続くのすごい。そして、まだ続くのね。すごい。
20.10

前2作から毛色が変わる今作。

ジーラのキャラもしっかりとたっています。
何よりもこの時代のSF映画では珍しく多世界解釈(パラレルワールド)の説明が入るのは貴重です。

この説明があるからこそ第5部でのラストに希望が持てるのかな。

最後の3分でイッキに締める展開のはやさと引き際はわくわくしてきます。
こうき

こうきの感想・評価

3.7
「猿の惑星」シリーズ3作目

前作のラストから、過去の地球にタイムスリップしたコーネリウスとジーラは人間達と出会う。

猿の惑星シリーズ1、「人間の愚かさ」、「人間の醜さ」が表現されていると思う。
コーネリウスとジーラの夫婦関係好きでした。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.9
あの続編から続きを作れたのはすごい
一作目と立場が逆転していて面白い
やっぱりマイノリティでいることは怖いな、不安感が伝わる
ジーラとコーネリアスが良い夫婦で賢いし、うまく立ち回ってほしくてハラハラする
人間の傲慢さがよく描けてるね( ; ; )
kano

kanoの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジーラとコーネリアスが死んじゃってショック。マイロが楽しみ!
MilleNotti

MilleNottiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

2020年に観ると
「有り得ない話でもないな」感。
このシリーズはミラーリングだらけで
人間(と社会)がしてきたことに
否応無く疑問を〈持たされ〉る。


脱出逃亡する途中で産気づくジーラを
気遣うコーネリアス。
ベツレヘムへ向かう
マリアとヨゼフのようだった。
マイロが生まれる環境が
サーカスなことも
馬小屋を彷彿とさせる。
アーマンドと博士夫妻(人間の)は
東方の三博士のよう。

選挙までもてばいいじゃん?と
考える大統領。
科学顧問は時間の研究家。


シリーズ第3作。
猿・続・〈新〉・征服・最後の・+α…
1973年の設定。70年代オシャレ。

彼はつぶやくのではなく
ハッキリと人間に言った
「ノー」と。


種(しゅ)の違いで描いているけれど
これは人種や性別。属性・階級のこと。
次を見たくなる仕掛け。

誇り高いジーラとコーネリアス。
前作で地球を滅ぼしてしまったが次の作品のオファーが来てしまった。どうやって続きを作ろうか考えた脚本家がひねり出したシナリオがこれ。
地球が滅ぶ寸前に、猿の惑星(未来の地球)を飛び出した猿たちが現代の地球にやってくるという「なるほど、そう来たか」と思わせる展開。
前作のどうでもいい世界のどうでもいい奴らのどうでもいい話とは違い、しゃべれる猿が地球にやって来たらたぶん政府はこういう行動をとるだろうというのがちゃんとシミュレーションされてて物語に入り込める。猿が人間を征服するようになった過程も結構リアル。
キャラクターも魅力的。猿のコーネリアスとジーラ夫婦にベストカップル賞を上げたい。
オチも当時としてはなかなか見事。

音楽の使い方が、若干、変なのは気になるところ。
「彼はつぶやくのでなく、はっきりと人間に言った。「ノー」と」
>|