猿の惑星:新世紀(ライジング)の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星:新世紀(ライジング)2014年製作の映画)

Dawn of the Planet of the Apes

上映日:2014年09月19日

製作国:

上映時間:131分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『猿の惑星:新世紀(ライジング)』に投稿された感想・評価

KOH

KOHの感想・評価

3.1
何回も寝落ちしてしまった。。やりたいことは分かるけど少し冗長気味。シーザーの思想は素晴らしいな…。同族でも社会コミュニティを築くのは難しい。
ecve

ecveの感想・評価

-
「人間と同じだ」という猿と「しょせんケダモノだ」という人間。

トップにたつものがどんな人格かによって物の見え方が変化する。

シーザー、いよいよアンディサーキスにしか見えなくなってきました、すき
takuya

takuyaの感想・評価

3.5

憎しみや怒りに支配されそうな時こそ
大切な人の顔を思い浮かべる事ができたらな。
生まれた時から悪人なんてきっといない。
誰かに裏切られたり傷つけられて
歪んでしまった心が
そうさせるだけなんじゃない…

>>続きを読む
猿がどんどん人間化しているんだけど、やっぱり感情移入できない部分がある。
yuki

yukiの感想・評価

3.1
2022105
サルもヒトも同じなのだ。
ラストシーンで、これでシーザーがかの神となったのかと少し感動
KMHZ

KMHZの感想・評価

3.0
息子だけが知る彼の過去。
人間に育てられてたときの部屋が残っていたのは嬉しかっただろうなぁ。

コバはチンパンジーじゃなくてより知能が高いボノボらしいね。

コバの独裁者ぶりは仕方ないけど怖かったなぁ。

やっぱりなんだかなぁ~の展開になってきた。
人類ってなんでうまく共存して生きていけないんだろう?って考えてしまった。シーザーはうまく共存していく道を選んでいくのになぁ。
でも今回は人類だけじゃない。…

>>続きを読む
めあり

めありの感想・評価

4.5
新しい?猿の惑星シリーズ大好きなので
こちらも間違いなし。
ライジングが1番面白かったような。
前作に引き続きとても良かった。猿と人間が共存できなかったのは悲しかった😢
それぞれの気持ちも共感できるし、誰も悪くないような気がする。
滅亡後の地球がいい味だしてた
2度目の鑑賞。
みんなそれぞれの正義があって、みんなの気持ちがわかる作品ってそんなに多くなくない?その点でこれはとても作り込まれた傑作なんだと思った。
>|

あなたにおすすめの記事