猿の惑星・征服の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星・征服1972年製作の映画)

CONQUEST OF THE PLANET OF THE APES

上映日:1972年07月22日

製作国:

上映時間:88分

3.3

『猿の惑星・征服』に投稿された感想・評価

マーコ

マーコの感想・評価

3.6
旧シリーズ4作目

疫病で犬や猫が居なくなった世界で人間は猿をペット化し、躾を覚えた猿たちは奴隷と化した…
大きくなったシーザーはその世界を見て反撃に出る

3作目をとばして観たら舞台はなぜか1991年の地球。
謎のウィルスで犬猫は絶滅し、猿は奴隷として人間にこき使われる世界。
人間に迫害される猿たちを目にしてジーラとコーネリアスの子であるシーザーが人間…

>>続きを読む
calro

calroの感想・評価

3.7

シリーズ4作目。未知のウイルスによる世界の変貌と人間の奴隷となった猿たちの日常と、それ故の反乱へのスムーズな展開と、その強烈な世界観の握力と存在感は見事。人間の人間的な部分を真正面から描く展開と、だ…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

猿の惑星シリーズ第4弾。
映画制作時から20年後の1991年が舞台。8年前の1983年に謎のウイルスで犬と猫は死滅したのに、人間と猿は免疫があったため無事。それで猿がペットになり、頭が良いので奴隷に…

>>続きを読む
ごはん

ごはんの感想・評価

5.0

前作で少しだけ語られていた、
どうして人類が衰退して猿たちが繁栄したのかという、そのきっかけとなる部分の話。

そういうことで言うと結末はわかっているような話ではある。まぁタイトルの時点でね…ってと…

>>続きを読む

これも傑作

全体通して赤と黒でカラーコーディネートしまくってて、ドクトルジバゴみたいで超カッコいい(もしくはショッカーのアジト)

シリーズの整合性をとる上では劇場公開版のエンディングの方が良いの…

>>続きを読む
猿の惑星の前日譚っぽい。繋がってはいないんだけど。人間と同じように報復しながらも人間らしさを失わないように選んだ最後の選択は考えさせられるものがある。
ふた

ふたの感想・評価

5.0
奴隷制・人種差別とその解放を人間と猿に置き換えた話だけど、現実は人間同士でそれをやってたのかと思うと…人間というのは残酷な種族だ

いやこれくらいでは征服は無理だろ。
ーって突っ込みを
他の数々の面白さでかき消していくー。
最後のほう想像の何倍も長く長くバイオレンスで
本来バイオレンスはあんまりじっくり見ないでセットが揺れてるな…

>>続きを読む

「猿の惑星・征服」は、1990年のアメリカが舞台。

人間たちが猿を奴隷のように扱い、成人し改名したシーザーが、反乱を起こすというもの。
1965年に実際に起きた黒人暴動を、猿に置き換えて描いている…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事