PLANET OF THE APES 猿の惑星の作品情報・感想・評価・動画配信

PLANET OF THE APES 猿の惑星2001年製作の映画)

Planet of the Apes

上映日:2001年07月28日

製作国:

上映時間:119分

3.1

「PLANET OF THE APES 猿の惑星」に投稿された感想・評価

猿vs人間。。
世界観は同じだが、やはりオリジナルの方が。。
こうき

こうきの感想・評価

3.3
ティム・バートン監督による「猿の惑星」リイマジネーション作品。

オリジナルの基本的設定はそのままに、まったく新しいストーリーになっている。
ラストシーンは、オリジナル版を観てるような感じになった。
めり

めりの感想・評価

2.5
一応リメイク作品だけど、ティム・バートン仕様にする!て感じです。
gakupapa

gakupapaの感想・評価

3.0
第1作のリメイク版。過去作、最新作含め一番SF感が強い。
あの名作がきれいな映像で見られるのは嬉しい限り。
ただ肝心な所がオリジナルになっているのが惜しい。
【成功させなきゃなんなかった映画】
なので、特殊メイク、演技、猿達を取り巻く様々なものの美術・意匠など、観るべきところは多いと思う。ただ監督の持ち味、マイノリティへの愛や屈折した心理描写はやや薄いかもね。まぁ、こんだけのモチーフと制作費があれば、優先順位下がるかー。
ラストがオリジナルと違う。猿の惑星にいる奴隷の人間は言葉を話せる。なんにしろ英語を話せるんだからスゴイわ。
隼也

隼也の感想・評価

2.2
【ティムバートン版!猿の惑星!】

猿の惑星は5部作、このひと作品、リブート版3作品で構成されてるけど、シリーズ通してこの作品が1番好きじゃない笑笑
リブートすれば良いってもんじゃないし、ティムバートンと猿の惑星は相性が最悪だったって事だね

リブートという事でオリジナルの1作品目と比べてしまうわけだけど、そうなるとバートンの作品にはメッセージ性が全くなく、豪華俳優陣を使ってはいるものの全然生かしきれてなかった感じ…スペシャルドラマとかなら許容範囲かなってレベルで話の筋が微妙に通ってなくてなんか観終わった後フワフワしてた。

ビジュアル面とか美術さんとかは多分頑張ってたと思うからそこは評価したい。でもなくてもよかったレベル。。笑
masa

masaの感想・評価

3.3
『猿の惑星』のリ・イマジネーション作品
近未来が舞台のSFもの
猿が人間を支配している惑星に不時着した宇宙飛行士が脱出を目指す
猿の特殊メイクが素晴らしく生活も描いてるのが良い
セード将軍
Nico

Nicoの感想・評価

3.5
CGよりも特殊メイクの方が味があり妙にリアル。

猿のメスだけ眉毛があると言う不思議。
絶望的な結末だ…。
判断を誤ればこんな風になってしまうのか。恐ろしすぎる。
>|