続・猿の惑星の作品情報・感想・評価・動画配信

続・猿の惑星1970年製作の映画)

BENEATH THE PLANET OF THE APES

上映日:1970年08月29日

製作国:

上映時間:96分

3.3
みんなの反応
  • 人類の愚かさをメタファーしている
  • 全てを破壊することへの警鐘
  • 猿と人間の征服欲について描いている
  • 宗教戦争による地球の末路を予言している
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『続・猿の惑星』に投稿された感想・評価

マーコ

マーコの感想・評価

3.3

旧シリーズ2作目

別の船が着陸したが別の船員となかなか合流できず、話せないノバと出会う
猿たちは禁止区域に突撃することに…

後半から最後の衝撃は笑ってしまう
この次ってあるの??ってなりながら観…

>>続きを読む
3. どちらでもよい

設定は面白いなって思った。
人間はいつでもバカだし同じ過ち繰り返すよね
幻覚、幻聴などLSDを用いた当時のヒッピー文化も取り入れているなか、原爆のコントローラーまでクリスタル製というぶっ飛び。
ryu

ryuの感想・評価

-
一作目に比べるとかなり落ちるが、続編としてはよく出来た作品。
ガラシ

ガラシの感想・評価

3.5

前作【猿の惑星】のラストシーンから始まるので、前作を見ていないとよく分からないと思う。

人間という生き物は本当に醜い。
同じ種族なのに争うことでしか分かりあえない。実に醜い。

それに比べて、我々…

>>続きを読む
sho

shoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ2作目

猿ではなく人類がよりフォーカスされる

最後はヤケクソでテポドン発射

何となく、シリーズココで終わらせようとしたんでない?っていうラストでした

前作の衝撃的なラストのガッツリ続きから始まる親切設計。

またジーラ&コーネリアス夫婦が出てくるのは嬉しい。

お猿さんがサウナ入ってるのウケる😄

武装した強そうなお猿さん軍隊と“必殺技はイリュー…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

猿の惑星シリーズ第2弾。
猿の惑星からミュータントの惑星へ。猿の惑星には土人に退化した人類だけでなく放射能にやられて超能力を持ち、コバルト爆弾を崇め奉るミュータントととなった人類もいた。最後はコバル…

>>続きを読む
前作観て人も猿も同じことの繰り返しかもって思ってたらほんとにそうなった。テレパシー人間たち、猿相手だとあっさりやられてて笑う。ノバ...
2作目にして早くも微妙

こちとらもっと猿が見たいのであって、白塗りの超能力者なんて興味ない

新主人公も魅力無いし、そもそも猿世界に慣れるの早すぎて違和感
>|

あなたにおすすめの記事