猿の惑星の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星1968年製作の映画)

Planet of the Apes

上映日:1968年07月12日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

「猿の惑星」に投稿された感想・評価

dog

dogの感想・評価

-
はじめてみた🐒❗️なんかBGMめちゃくちゃ印象的🐒
シリーズたのしも〜🐵🙈🙉🐵🙈🐒🙈
人間の異常さがよくわかる。
最後までみればちゃんと納得できる。
続きが気になるかも…
mamamimi

mamamimiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

不時着した星は地球に近いが、そこには猿人が存在していて、人間たちのような存在もいるが彼らはまだ文明が発達しておらず奴隷のような扱い。
逆に猿人のほうが言語を話文明を築いていた。
仲間たちが死んでしまったり廃人になってしまい、主人公に言語を操ったり、文明があることを証明できない。
確かに、逆の立場でもあのような時代背景なら殺されてしまいそう。
これまた逆にしたらあり得そうだけど、理解してくれる学者が現れてよかった。
人間の相手役の女性がとっても綺麗だった。
文化やコミュニケーションでお互いを理解しあえたらよかったが最後は別々の土地へ。
にゃす

にゃすの感想・評価

2.6
 配信されてる映画で観たいものがいっぱいある中、なぜわざわざお金を出してDVDレンタルしてこの作品を観たのかよく分からない…笑
 【SF映画の金字塔】というキャッチコピーがつけられた今作ですが、【SF映画の金字塔】って触れ込み、他にも観たことあるんですけど… 『スターウォーズ』とかもこんな感じのキャッチコピーついてなかったっけ。金字塔ってそんなに何本も建てられてるもんなんですかね。

 作品自体は68年とだいぶ古い‼️半世紀以上前‼️僕が観た映画の中で1番古いかも。まあそんな古い作品なので、登場する猿もCGじゃなければ本物の猿でもなく、人が猿の着ぐるみを着て猿を演じているという感じで…
 「え、このシーンこんな使う⁉️」みたいな編集のテンポの悪さもちょいちょい目立って、最初の方とか話が全然進まらなくてだれてましたね。「猿の惑星なのに猿が全然出てこないやん‼️」みたいな。


 ラストの結末は、現代の数々の映画を観てきた僕には簡単に予想がつく結末だったんですけど、当時この映画を観た人にとってはマジで驚きのラストだったんじゃないんですかね。TSUTAYAのポップで【衝撃のラスト‼️】って激推ししてる理由も分かります。

 まあでもやっぱ、初の古い映画だったからか、ぶっちゃけあまり楽しめなかったかなぁって感じですね。

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンは、子供心にも衝撃的だった。
一緒に観てた両親は、ラストを知ってたのに言わないでいてくれて、感謝!
有名な公式ネタバレがあっても、普通に面白い。昔テレビでやってたけど、今はやらないのはゴリゴリの人種差別だからかな。吹き替えも、日本の言い回しで人間っぽいし、今こそ見るべきなのではとも思う。
りお

りおの感想・評価

4.2
昔から父に見てみなーと言われて5年くらいずっと気になっていた作品だったので期待値高くて最後のオチも知ってたけど面白かった。人間が当たり前にしていることを別の立場から見るとあまりにも残酷で、心が痛くて見るに堪えないシーンもあったけどいろいろ考えさせられた。そしてラストシーンショックだったけど自分的にはとても好みだったので良かった。続編も見たい〜
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
(イオンシネマ・シネパス) 劇場スクリーンでの鑑賞は初。映像威力大のショッキングなEDが余りに印象的で他を忘れがちだが文明や歴史に対する人間の驕りと過ちを台詞の端々に織り込みストレートに見せる辺りは今見ても十分に名作に相応しいと思う。
子供の時深夜映画で見た以来
有名なラストは今の時代への警鐘

今の映像と比べてはいけないが
当時子供の目に結構怖かった
これ猿に置き換えてるだけで宗教裁判の否定ですよね?

お猿さんたちは人間狩るだけで虐殺はしないからマイルドだな〜

アイデアを具現化しただけで凄いし考証なんかしない時代の作品なのであれこれ言うのも野暮な気がしますが一つだけ、主人公もう少し上手くやれよ!いきなりメモ奪い取ろうとしたらそらビビられるよと

面白かったです
>|

あなたにおすすめの記事