湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

J

Jの感想・評価

4.8

自分自身大切な折り目となる日に
観ました。
大きな愛を感じてとても感動しました。
この先幸せな家庭を作っていきたいなと思いました。
そい

そいの感想・評価

4.4
家族愛はやっぱり泣いてしまう

双葉の慰める時の一言が大好きです

人にしてあげたことって巡り巡って自分に返ってくる

重いテーマを、しっかりと描きながらそれでいて元気になるような映画でした

タイトルに込められた意味とか1つ1つの物語が徐々に繋がっていくとかそういう部分もいいなって思いました

自分が1番辛いはずなのに、強く生きている双葉が本当にかっこよかった
自分が余命僅かのあの状況なら、どんな風に家族や友達に接するだろう?どんな最期を迎えるだろう?自分の辛さより娘達の気持ちに寄り添っている姿が本当に素敵だった。おかあちゃんみたいに真剣に人に向き合っていければな。
杉咲花の体当たりの演技にも圧倒されたー!
sayuri

sayuriの感想・評価

4.5
母親としての行動と娘としての行動。母親って強い 娘って強い 女って強い。中盤からの鮎子がたまらなく愛おしい。

すき。見終わってすぐ母に貸した。
U

Uの感想・評価

4.6
自然と涙が溢れでてくる。
母の偉大さに気付かされる。
悲しいけど、明るいお話。
Hiromi

Hiromiの感想・評価

5.0
今更の観賞だけど
号泣。声あげて泣きたいレベル。
俳優陣が素晴らしい。脚本が素晴らしい。
観るべき映画。
鈴木ゆ

鈴木ゆの感想・評価

4.5
テレビ放送で流し見て、これはちゃんと観なくてはと思い再び鑑賞。宮沢りえ演じるお母ちゃんがあまりにも優しくて強くて、温かい人だった。クライマックスからのタイトル表示はもうずるい。こんなん泣く。ストーリーを知っていても全部で4回くらい泣いた。
い

いの感想・評価

3.4
生きてること、当たり前の日常を幸せってことを再確認させてくれた映画。

宮沢りえさんの圧倒的演技。泣けます。
ラストシーンは賛否両論ですが、やはり印象的でした。
母は強し。
観終わってから、色んなシーンの台詞や表情のひとつひとつが頭の中で絡み合って、温かいような、熱いような、哀しいような、苦しいような、なんとも言えない感情が渦巻きました。お陰でよく眠れず寝不足に。

どうでもいいけど、杉咲花は本当に美味そうにご飯を食べるなぁ。
最初から最後まで泣き通し。
涙を流しながら心はとても温かい、包まれるような、頭を撫でられるような
熱い愛を感じられる作品。
母ってやっぱ偉大だな。

最後みんな心惹かれてあの場所に集まるのはなんかよかったな。あの人のためならなんでもしてあげたくなる。
>|