湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    RRRHHH
    RRRHHHの感想・レビュー
    約5時間
    4.5
    松坂桃李 宮沢りえ 素晴らしい 。
    soramame
    soramameの感想・レビュー
    約7時間
    5.0
    悲しいのに、何だかクスッと笑えてしまう、明るい映画。
    普段はカッコ良くて明るい「お母ちゃん」の中にある、真剣な、熱い想い。
    母親の凄いところが、凝縮されている。
    しかもこのお母ちゃんの場合、それは他者にも向けられる。
    思いやりとかいうレベルでなく、まぎれもない熱い愛で。
    かつて一番繋がりたかった人と繋がれなくても、関わった人たち皆に愛されていて、幸せな人生だと思う。
    とにかく近年観た映画の中でもダントツで涙腺が崩壊してた。。
    ラストがかなりツボで、カッコ良すぎて声が出そうだった。
    ask
    askの感想・レビュー
    約8時間
    4.5
    頭が痛くなるほど泣いた。
    泣ける映画がいい映画なわけではないと思うけど、これは脚本もキャストも何もかもよかった〜。
    たくさんの伏線、タイトルの意味、全部わかった上でもう一回観たいな。
    感情揺さぶられすぎて疲れるけど(笑)
    yuca
    yucaの感想・レビュー
    約8時間
    -
    2017/1/22ヒューマントラストシネマ有楽町
    necococo
    necococoの感想・レビュー
    約10時間
    3.0
    皆さん高得点の中で申し訳ありませんが、私はちょっとダメなところがあってこの点数です。
    まず宮沢りえとオダジョーの夫婦の組み合わせがいまいちしっくりこない。
    そしてラストのあのシーンがどうしても生理的に受け付けられない。
    それを持ってしても余り余る宮沢りえの素晴らしさには天晴れの一言です。娘役の杉咲花ちゃんも素晴らしい。
    泣きましたとも、うずくまるお風呂場のシーンも、「生きたい、、」のピラミッドのシーンも。彼女が与えてきた愛情は、しっかりと人々の心に生き、赤く燃え続ける。それは分かってるんだけど、それでも、なんだかあの違和感がどうしても、、私だけ、、?(^^;
    マムアンドシオン
    マムアンドシオンの感想・レビュー
    約10時間
    4.3
    宮沢りえさん、ありがとうございます。私も頑張ります。
    あゆみ
    あゆみの感想・レビュー
    約10時間
    -
    前にマロとこの映画の話をした時、タイトルが思い出せなくて記憶を振り絞って出て来たのが熱湯だったのを思い出して終始じわった。
    リヒ
    リヒの感想・レビュー
    約11時間
    4.2
    久しぶりにちゃんと泣けた作品でした。
    母の強さとそれを受けて成長する娘、夫、周りの人々…
    いろいろ明らかになるにつれて切なくなって、双葉の偉大さが感じられた。
    病末期の宮沢りえと看病している杉咲花の演技がリアルで泣けたし、名前わからないけど鮎子役の子も演技上手いし役者もみんなよかった。
    最後のシーンだけちょっと怖くてなんとも言えなくなったけど全体としてはすごくいい作品。
    TomoyukiOkihana
    TomoyukiOkihanaの感想・レビュー
    約12時間
    4.8
    公開終了間際の滑り込み鑑賞。

    いや、圧倒的破壊力‼︎
    人生で初めて映画で頬に流れるほど、泣きました。。

    宮沢りえ(お母ちゃん)の魅力が存分に引き出されている作品。
    母として、妻として、子として、1人の女性の生き様が、清々しく描かれていて、いわゆるお涙ちょうだい作品とは、一線を介したもの。

    あまり家族愛や、余命ものは好きではないのに、これは別でした。

    心地よい面白さとわざとらしくない演出で、終始飽きずに、いやむしろ引き込まれていった。。

    そして、エンディングはきのこ帝国の「愛のゆくえ」で見事な締めくくり。

    観て損はしない作品です‼︎
    さいとうD
    さいとうDの感想・レビュー
    約12時間
    5.0
    オカンか最近体調悪くて検査受けたんですが好ましくない結果っぽくて、本チャンの結果が出る前に見ようと決めてオカンと行きました。

    ガチ泣いた。

    まさかのゲリラ舞台挨拶でやって来てくれて、その話をしたら頑張れって言ってくれたんでマジ大ファンになりました。

    ちゃんと両親揃ったマトモな家族が全く出て来ません。どこかパズルのピースが欠けている集団のはずなのにそれが美しくて、暖かくて。

    彼らの絆の強さ、寧ろマトモな家族へのファックサインにすら見えるくらいだった 笑
    >|