湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    Anna
    Annaの感想・レビュー
    41分
    3.9
    さすが宮沢りえで俳優陣の演技がよかったし脚本も感動できた
    それぞれがお母ちゃんの影響で強くなろうとしていく姿が感動的
    ただちょっと人間関係が複雑すぎて非現実的だなあと思ったところでちょっと冷めた
    での
    でのの感想・レビュー
    3時間
    4.5
    ピラミッドで泣いた
    MaoShimomura
    MaoShimomuraの感想・レビュー
    11時間
    4.2
    渋谷アップリンクにて鑑賞。

    いやー、怖かった!!
    カルト的要素あります、これ。

    最後のシーンなんて、
    背筋がゾゾゾッとしてしまうような
    そんな怖さがありました。


    あらすじとしては、

    幸野双葉(宮沢りえ)は、かつて夫婦で銭湯を営んでいたが、店主である旦那が蒸発して(家を出て行って)以来、一人娘である安澄(杉咲花)と2人で暮らしていた。
    なかなか学校に行きたがらない安澄をなんとか送り出し、パン屋で働きながら日々の生計を立てていたが、
    ある日突然職場で倒れてしまう。
    搬送された先の病院の医師によると、双葉は既にステージ4の癌であり、余命はあとわずかだと言う。
    最初はひどく落ち込むものの、やがては中学でいじめを受ける娘・安澄、家を出て行った旦那・一浩(オダギリジョー)、人の車に乗せてもらいながら旅する少年・拓海(松坂桃李)、一浩が連れてきた少女・鮎子(伊東蒼)、その他多くの人々へ、双葉の熱い愛を捧げ、生涯を終える。

    、、、と、
    あらすじからは、怖いなんて言葉、全く想像出来ないかもしれませんが、
    本当に怖いんです。なんでだろう、、、

    全体的には、めちゃめちゃ泣けるんです。
    20分に1回くらいは泣いてました。
    ただ、その涙が、親子愛やらの感動によるものか?と言われたら、うーん、4割はそうかもしれないけど、6割は絶対違う。
    もっとなんか、胸の奥底に眠ってる、同情のような感情を、芯からえぐるような、
    重い重い重い重〜〜〜い涙。

    正に”ふつふつと、心臓の奥から沸いてくる湯”のような感じ!!

    だから、鑑賞し終えた後、
    ”あーいい映画だった!”
    では終わらず、

    ずーーーーーーーんと、
    少なくとも30分くらいは、
    湯(この映画)につかったまま、
    出てくることはできないと思います。。。


    あー、怖かった!!!
    ハングオン
    ハングオンの感想・レビュー
    14時間
    2.5
    良い話、良い人たちで良い映画。連続ドラマっぽくてギュウギュウ
    さらじ
    さらじの感想・レビュー
    16時間
    5.0
    生きること、死ぬこと、そして家族についてとても考えさせられた。
    私もあんなに強くて優しくて、すてきな人になりたいなあ。
    ラストもとても最高。素敵。
    意外と伏線あってそこにも魅せられた!

    余談だけど…
    なんか、オダギリさんの役の父親が、すごい自分の父親と重なった。顔じゃなくて性格ね…(笑)絶対同じ状況になったらあんな感じ。
    OK
    OKの感想・レビュー
    1日
    4.6

    この映画は時間あれば見てほしい。

    作品賞この映画だと思ったんですけどね…

    正直いうと辛いです。 男なので母親の目線からつたえるのは難しいですが複雑です。

    なんていってもママが優しい、それがまた辛い…

    人には必ず母と父がいますが途中でいなくなったり、新しい他人の母になったり…子供も関係ないのに辛いよね…

    1人で映画館で号泣したな……ここまでさせるなんて…

    オダギリジョーしっかりしろーーー!!!笑
    Asai
    Asaiの感想・レビュー
    1日
    4.4
    宮沢りえ様と杉咲花ちゃんの演技が素晴らしい。
    オダギリジョーはらしい演技でありながら、この作品にマッチしてた。
    saku
    sakuの感想・レビュー
    1日
    5.0
    これは、絶対に観て欲しい。
    母親の存在の大きさに気づきます。
    役者たちの演技にとても引き込まれました
    じーた
    じーたの感想・レビュー
    1日
    4.9
    宮沢りえの演技がすごいと感じた。
    初めて映画館で涙がボロボロでた作品
    ところどころ謎な描写あったりしたけど、総じて感動できる映画
    ストロガノフ丼
    ストロガノフ丼の感想・レビュー
    1日
    3.6
    杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーンの種崎敦美さんゲスト回で、種崎さんがボロボロ泣いた映画として紹介してた作品。
    宮沢りえの演技の迫力ですね。
    前知識はPVぐらいでして、「ダラス・バイヤーズクラブ」なのかな?と思ってたら私の大好きなアニメ「輪るピングドラム」のような作品でした。家族と言っても誰一人血のつながりが無かったり、どこか皆欠けていてそれを補い合うように「愛」で満たしていく感じはそれそのものだったと思います。
    ストーリーも良く、感動はしなくもないんですが、個人的に新しい感動は無かったのでこのぐらいの評価です。
    最後のお風呂シーンは正直くどい。花びらをいちいち映さなくても分かるでしょ?煙が赤い演出はまぁ理解はできるけど、見る客のリテラシーを低めに設定しているような演出が少々気になりました。
    >|