湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

elvis

elvisの感想・評価

4.7
震えます。涙止まりません。熱い涙。これを見て涙が出ない大人とはわかり会えないかも。笑

自分のことはほったらかしで、周りの人のことばっかでも、決して損な生き方じゃないってこと。

すごく不幸なのに、前向きになれる。
肩肘はって無理矢理生きようとしてたり、ウジウジ悩んでるのがバカらしくなる。
とにかく今やるべきことをやるように頑張る。

ストーリーは多少やりすぎ?粗いのもあるんだけど、
とにかく主役二人の演技が上手すぎて。まじで上手すぎて笑える。
脇の人たちも演出によってスカしてない演技できるんだなと。

とにかく凄い映画。
こういう日本映画は好きです。
ナッツ

ナッツの感想・評価

2.9
杉咲花さんの演技が良かったです。それ以外はちょっとよくわからん。
P

Pの感想・評価

-
生きなきゃなって思った。

主題歌が素晴らしい。
chie

chieの感想・評価

-
ボロッボロに泣きました。
お母ちゃんの強さと深すぎる愛に気付かされた時、家族の想いを知った時、涙があふれます。
あとなんといってもタイトルの出し方。
タイトル出る→号泣
こんなの初めてです。

みんなすごすぎるけど、特に杉咲花さん。
本当に素晴らしいです。
Nanako

Nanakoの感想・評価

3.8
多少の無理矢理感はあったものの親子の愛を感じたし普通に泣いた
月並みな感想だけど自分の人生を悔いのないように頑張って生きようって思える
第10回おもいがわ映画祭にて観賞。

病気で余命が系の話が嫌いで、この映画もスルーしてました。でも、食わず嫌いは良くなかった、そして今回映画館で観ることができて良かった。

妻を、母を亡くしてもそれでも生きなければならない大切な人たちに自分が横にいなくても自力で生きていく勇気を伝えていく、そんな力強さがもうほんとたまらなかったです。

あと、オダギリジョーがはまり役すぎ。
あと、タイトルの意味が最後にわかってビックリした。
ネム

ネムの感想・評価

-
番台に座って肩たたき棒片手に牛乳飲みたい、銭湯の床 デッキブラシで磨きたい、空っぽの浴槽に布団敷いて寝そべりたい、あんなお母ちゃんになりたい、ラストはなんだか清々しくて、この気持ちを保っていたいから、今日はもう他の映画観たくなくなった、お風呂入ろ
菜々

菜々の感想・評価

4.2
こんな強くて優しいお母ちゃんになりたい。


葵ちゃんの演技、素晴らしい
あやか

あやかの感想・評価

5.0
1番好きな映画のひとつ!

杉咲花ちゃんの演技が素晴らしかった。
bokujo_san

bokujo_sanの感想・評価

3.5
根性論で話を進めている感があり、個人的には感情移入できなかった。
>|