湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    YusukeMiwa
    YusukeMiwaの感想・レビュー
    33分
    2.8
    周りの評価が高すぎて、ちょっと納得できない
    PORK
    PORKの感想・レビュー
    45分
    4.0
    宮沢りえが余命2ヶ月と宣告されてから死ぬまでに周囲の人間に愛を振りまく話。ジャンルはコメディだそうです。

    死ぬほど泣いたなあ。泣いたんだけどなんだかなあこの出来レース感。そんなん泣くわって感じの涙。ここに関しては良いとも悪いとも言えない。
    そもそも映画の完成度としてはどうなんでしょう。喋りすぎ感もあるしここで泣かせようってしてるのはわかる。だけど「はいはいお涙頂戴ね」って安易にバッシングできないほど内容は良い。つまるところ評価が難しいっすね。

    それから若干伏線が後出し感ある。何で?って気になっちゃったらアウトよ。でも回収されたらされたで泣いちゃう(ビクンビクン

    泣きポイントがいくつもあるので、自分の好きなところを1つ2つ見つけるというスタンスがしっくりくる。僕は松坂桃李のエピソード好きだなあ。こういう人と友達になりてえ。
    まゆこ
    まゆこの感想・レビュー
    1時間
    4.5
    これは訳あって二度見ました。個人的には二度とも良かった。
    特に良かった点としては、
    テーマがよく分かるストーリー構成が良かった。母娘の愛は熱いねぇ。この作品に至っては男がまるでダメ。
    ラストは監督がどういう人かなんとなくわかる終わりで私は好きだった。大好きなバンドのきのこ帝国のエンディングも最高。
    菩薩
    菩薩の感想・レビュー
    2時間
    1.5
    そもそも余命3ヶ月などと言う設定が力技なのであり、細かいところにひたすら目をつぶり続ければドラマとしては優れている(?)のだろうし、それゆえのこのスコアなのだと思うけど、自分はこう言ったポジティブの押し売りの様な作品とは絶対に相容れない。世の中何をやっても上手く行く者もいれば、何をやっても上手く行かない者もいる、その互いのメンタリティは絶対に相容れないものだと思っているし、謂わば勝者のメンタリティの押し付けを心地良く思わない人間もいるのだと言う事をどうかわかって欲しい。作中、様々な困難に常に立ち向かい続けろと宮沢りえは声高に叫ぶわけだが、世の中こちら側がいくら熱意を持ってぶつかっていってもそれをひらりとかわし、更に嘲笑ってくるクソ野郎が沢山いるし、まぁこの作品にもやがてそんな奴が出てくる訳だが、それに対する反応が「暴力」と言うのは如何な物なのだろうか、自分はあのシーンは反感しか抱けなかった。いじめから逃げる事が果たして負けを意味するのか?俺はそうは思わない。終わり方も…正直気持ち悪いし、1番の泣き所であるはずのシーンもただただ失笑しか出来なかった。にしてもオダギリジョーの生殖能力の高さは異常だし、避妊のひの字も知らぬダメ人間っぷりを物語る様に、土下座の際に律儀にその膝の下にクッションを差し込むところは非常に良かった。後、あんだけ食事のシーンが沢山あるのだから、一回くらい回鍋肉をぶち込んで来て欲しかった。これがもし今では無く、貴乃花、先代勘九郎との破局後の激やせ期だったら素直に泣けていた様な気もする、りえママ…。
    AmiHamano
    AmiHamanoの感想・レビュー
    4時間
    3.7
    どう考えても良く出来すぎで突っ込みを入れたくなるけど、現実味とかそういうこと全部吹っ飛ばして作者の映画への熱い思いが伝わってきた。この映画が評価されることに対して文句を言う人は大衆的じゃない。お母ちゃんセルフプロデュース『おくりびと』
    HARU
    HARUの感想・レビュー
    4時間
    5.0
    記録
    takayanagi
    takayanagiの感想・レビュー
    5時間
    4.1
    母は偉大。
    みんなそれぞれ個性があってそれがうまく調和してる。
    駿河太郎さんこれから注目して見ます。
    HarukaTakahashi
    HarukaTakahashiの感想・レビュー
    6時間
    3.8

    母ちゃんの愛情が胸熱だった

    劇中5回ほど涙が出た(多分多すぎ)

    母ちゃんの深い愛情にも泣けたけれど、娘の強さや旦那の情けながらも妻を愛してたんだなぁ
    と思える不器用な愛情にも泣けた
    りんご
    りんごの感想・レビュー
    10時間
    4.6
    泣きまくった(T ^ T)
    双葉も安澄も芯がしっかりとあって素敵だった。
    chi
    chiの感想・レビュー
    19時間
    -
    余命2ヶ月を宣告された母を軸に“銭湯一家の愛の行方”について描いた映画。
    「涙が溢れて止まらない」←家族愛を謳う映画によくあるキャッチコピーに思えて、言うのに抵抗があるが、いやはやこれが本当に止まらなくて。冗談抜きで鎖骨に涙が溜まる。
    他の家族愛映画との違いとはー。
    それは、予想の斜め上をいく展開に驚きつつも、きっとどこかにある家族の形の一つなのだと納得させられるような、骨太且つ繊細なストーリーのためだろう。そしてそれを支える実力派キャスト勢。主演の宮沢りえなんてもう完全に「おかあちゃん」。女優としての新境地に立ったと感じる。おかあちゃんの娘を演じる杉咲花からは演技に対する強い覚悟がひしひし伝わり、それだけで泣きそうになる。

    学校での人間関係がうまくいかず行きたくないと布団から出ない娘と、布団を引っぺがして行かせようとする母のやりとり。
    「おかあちゃん、なんにも分かってない」「分かってる」「分かってない!」「分かってる!!」・・・自分にも似たような覚えがあるやりとりで号泣。

    「あなたの大切な人が余命2ヶ月だとしたら?」ではなく、「大切な人がいる自分が余命2ヶ月だとしたら?」という視点で進むこの映画。そんな余命2ヶ月の「おかあちゃん」を軸にして、みんなが集まってくる。空気がほぐれていく。
    ただ、彼女から貰ったぶんだけ、彼女に返すことが誰もできない、というのもかなりリアルだ。


    映画を見終わって、大切な人のもとへ急いで帰りたくなるというよりは、珈琲でも飲みながら、電車でも乗りながら、街なかを歩きながら、大切な誰かのことをじっくりと考えて、それから「会いませんか?」と言いたくなるような作品。思い浮かぶのは、もしかしたらもう会えない人のことかもしれない。
    >|