湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    男性は女性である母という存在に嫉妬してしまう作品だった。
    宮沢りえが娘である杉咲花に可愛らしい下着をプレゼントするシーンが母として女性としての親子愛が溢れている。
    お漏らし後の処理だって母という存在が生きていて宮沢りえが良かった。
    宮沢りえの演技と特に杉崎花の涙を堪え口から顎を膨らます演技が印象に残る。
    『おかあちゃん』って
    そんな中でも男性という立ち位置であるオダギリジョーの下から眺めるような目線で家族を見ている箇所。皆でシャブシャブを食べるシーンが良い。
    個人的な解釈で杉崎花が学校へ行く決意を決めた箇所は、自分はオダギリジョーがシーンにはなかったけれど杉崎花の背中を押したと思っている。
    『自分は下の人間だから』『安澄とおかあちゃんは変わらないよ。』って宮沢りえが肩を下ろしてしまうシーンの後にそんなシーンがあると勝手に解釈した。

    ずっと観たかったやつをようやく観れた。最初オダギリジョーと宮沢りえが夫婦役をやっていることに違和感があったけど、すぐ気にならなくなった。家族の話だけど、愛するための強さや生きるための強さを描いていると思う。
    オダギリジョー、最近どの映画で観ても同じような演技をしている気がする。はまり役だったけど。
    文句なくいい映画でした。
    いつか鮎子ちゃんの願いも叶うといいなぁ
    ニコ
    -
    開始30分くらいから号泣。あずみちゃんが、ドアにパンツをひっかけるところが良かった。「あゆこ、ここに在り」
    asuka
    5.0
    愛。すごい。
    最初からボロ泣きしてしまった。邦画でいちばん。
    kyokoxxx
    3.6
    出演者の演技がみんな好きだった
    でっかい愛、すごい
    パクシ
    3.0
    普通に良い映画です。心を面と向かってぶつけ合う本当の親子の会話、演技が素晴らしかったです。

    純粋に感動する良い話ですね。
    ロ
    4.7
    いやほんとあったまりました。ありがとうございます。
    心の銭湯ですね♨️(くさい)
    えいが
    4.0
    本当に心が暖まる作品。序盤から最後までずっと泣いてた。ティッシュ3枚目までいった。(笑)
    やっぱりクソな人生おくってる人の暖かさが好きだな、エリートは不安、見放されるのが当たり前って思っちゃう
    最後は衝撃的だったな、好き
    >|