湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初に、、
登場人物一人ひとりにストーリーが多すぎた、複雑すぎて、そこまでする理由がちょっとよくわかんなかったです、

一言で言えば、母強し。そして、子も強し。登場人物みんなが双葉さんに対しすぐ心を開くことができるのは、やっぱりそれだけの強さがあるからなんだなあ、と

しかし
オダギリジョー、、
なぜ双葉さんは結婚したんですかね?
とってもよくできている!
そして、なによりお母ちゃんがすごい

ラストにかけて、どんどん好きなテイストになっていく。
最後にタイトルがでてギターの音が流れだすところが本当に最高!

あずみがお母ちゃんをみとるところ。お母ちゃんに気持ちを向けて、真正面から対峙できる勇気に感激。

キャストもみんなよかった。
末期癌と宣告された母親が死ぬまでに
やりたいことをやり最後まで強く生きる
そして家族の愛の物語でもある。

病気に負けずに強く生き抜く姿を観て
心を打たれたし家族関係もすごい複雑の中で
自分の子供のように愛情を注ぎ
独り立ちさせるために育ててるのはすごい。
改めて母親は強いし家族愛素敵だと思った。
宮沢りえ、良かった。
複雑な人間関係の中で深い愛を注ぐ双葉。
自分が得られなかった母親の愛情を周りに居る人達に惜しみなく与える姿が素敵でした。
おかあちゃんの強かさ、大きな愛を大いに感じました。
何故か人から愛される人っていうのは、その人が周りの人を愛してるからなんだなぁ、と。あんなおかあちゃんになりたいなあ。

キャスト全員演技がむちゃくちゃうまい。
子どもたちもどえらい可愛くて、オダギリジョーは安定のかっこよさ。(今回はクソみたいな役でしたが。笑)

しかし、それぞれの家庭環境については少し複雑にしすぎたのかな、、、と。
その割には子どもたちをはじめ皆スッと受け入れているような感じで、感情移入がしにくかった。
おとうちゃんは、元嫁の登場や自分の浮気を暴いた探偵の登場には動揺しないのか、と、、、(役的にはそんなに深く考えなさそうだからありっちゃありなのかな、笑)

いじめの所は、うーん。根性じゃどうにもならない事もあります。今回はどうにかってよかったけど、、、。

まあ全部、あのおかあちゃんの元であればオッケーさ!と言う感じにも取れないことはありませんが。

全体的にモヤっとしてたのはそれくらいで、本当に感動しました!


と、ラストの火葬のシーンを見るまでは、思ってました。。。
みなさんのレビューを見る限りそんなに衝撃を受けている方は少ないようですが、私は心の底からゾッとしました。
その風呂に笑顔で入るみんな、サイコパスだなぁ、、、と、そこまでの感動や涙はスゥーと引いてしまいました。

そんな温度じゃ絶対綺麗に火葬出来ないでしょう。その後はどうするの。てか葬式そこでやったらあとお客さん来ないでしょう。と考えてしまいましたm(_ _)m

そしてそこでドーンとタイトル。
湯を沸かすほど、、、てか物理的に沸かしとりますがな。物理的に。。。

とまあ最終的にサイコ映画的なイメージで終わってしまいましたが、色々な感情を思い出す、考えさせるような良い映画でした。

小姑的なことを言うと、劇場で観るのを想定しているのか、小声のシーンや小さく映る重要なシーン(メールや筆談)が数点あり、あまり大きくない画面だと見づらいかも。
見所は演技力



宮沢りえ、杉咲花、伊東蒼・・・全員の迫力ある演技に圧倒された。これが役者の仕事、下手なドラマじゃ見られない。

もちろん主演は個性的な母の宮沢りえ。
しかし、映画の主人公は不幸を乗り越え成長していく周りの人たち。感情の浮き沈みがある人たち。映像を作る上で大事なものを改めて感じた。


しかし、最後の火葬シーンはぐろかった。急に血の気が引いた。監督の強いこだわりなのかな。
うまく感想が書けないまま日にちが経ってしまったうちの1本。
泣いたか?と言うと否。
「え!?」とぎょっとするシーンが結構あってお母ちゃんに共感し切れなかった。
お母ちゃん、けっこう唐突。
激しい。
でもそういうものなのかもしれないなとも思うし、そりゃないだろと思う部分もあるし、好みの問題なのかもしれないし。
8割いいと思っても、2割好きじゃない部分があってそれに引きずられちゃった感じかな。

配役は素晴らしい。
妹役の女の子もただ可愛い子役じゃなくてよかった。
家族って血だけじゃなくて、こういう愛でつながった関係のほうが幸せなのかもしれないな。
おしっこの下着問題シーンは私は好きで「してやったり!」と思ったけど、お母さんが帰ってくるかは疑問だな〜発見した人はどんな反応するだろうって想像して頭がワープw。
親子(母と娘)について考えてしまう、心に残る作品でした。
すごく刺さる
映画としてストーリーの中の美談に納めた感じもするけど
そのおかげでラストの良さが出てたか
この作品をやっかいな作品ですね。

家族愛(昭和以前の母親像、いじめ問題などなど。

でも、この映画のいろいろ見聞きしているうちに、前半は卑猥で、ラストのオチが、学生時代のオチの使い回しって、まぁ、そんな感じのお下品さに、個人的には嫌悪感が残るものでした。

泣けた反面、DVD の副音声での監督コメンタリーを聞いてしまうと、そんなノリで作ったの。。。みたいな。

役者の演技力に救われている映画。

 話として良かったのは、安澄と実母のエピソード。
 手話のシーン。泣けました。

 ・泣き演技は、役者全員良かったです。
 ・駿河太郎、鶴瓶の子供か。。。
 ・宮沢りえの病床、
  自分お知人も、たしかに、がん患者そうでした。

違和感
 ・ジャージ脱ぐ
 ・パンツ脱がす、
  パンツ脱がして、放置する。
  (ふつう拾うでしょ)
 ・運転する
 ・桃李とハグする
 ・犬の置物を元気に投げつける
 ・自分焼いちゃう
 ・笑顔でその湯につかる

個人的に、この監督、ノリがキモい。
構成綺麗。
宮沢りえ演じる双葉の人としての魅力と、周りの人がそれに応えるさまがすごく心に響いた。

ラスト15分くらいのシーンが最高に好きです。そこで泣いた。

双葉のお母さんのくだりだけ釈然としなかったなー
あとはオダジョーかっこよすぎ
>|