湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

快作。


単館系の作品故に上映当時は話題にならなかったこともあってか、近年の是枝作品とかより全然いいのに知名度が高くなく勿体無い。と思っていたがその年のアカデミー賞に日本代表として選出されていたようで業界内での評価は高いようだ。

今作の良さは「ストーリーのバランス」と「宮沢りえの演技」に尽きると思う。

ストーリーについては、家族の愛を描きながらも伏線を張り巡らせ圧巻のタイトル回収(本当にゾワゾワっと毛が逆立った)までエンターテイメントとして成立させていて見事。主人公の双葉と娘の安澄、鮎子という親との別れを経験した3者の構図も面白い。終盤は涙腺が危なかった。ピラミッドに纏る双葉の感情の動きなどは本当によくできている。主題も、力強くも優しく他者へ愛を注ぎ続けた双葉の生き様が抑揚を効かせながらも終始貫かれていて胸に来るものがあった。
とはいえ筋書きの面白さを演出しようとするとリアリティを突き詰めた先にある滲むような感性というものに到達できない感もあり、この「湯を〜」は非常に高いレベルで"深さ"と"面白さ"を両立していたものの(近年の作品ではトップクラスのバランス感覚という印象)それ故に双方が打ち消し合う部分もあったように思う。つくづく難しい。

宮沢りえは女優として如何ほどのものか今までよくわかっていなかったが、今作は彼女でなければならなかったと思えるほど演技がいい。他の女優にできる気がしない。画面からこちらに伝わってくる熱量や愛情、それをしかも臭さを感じさせることなく直球で刺してくる。流石。
キャストが全体的にいいのもあってかストーリーの良さが十二分に引き出されていて観ていて心地よかった。宮沢りえは一年に一本程度しか映画に出演しないらしく、その意味でも商業映画初監督作品である今作のオファーを受けたところは素敵だなと思った。

2016年にこんな邦画が作られていたわけで。中野量太監督の今後に期待したい。
WOWOW鑑賞。
癌で亡くなる。あまりにも身近で特段に悲しさはないが、それより耳が不自由な実母とのコミュニケーションをとるために手話をつましい生活のなか、娘に学ばせたこと、
実は実母でなく、皆血の繋がりがなかったことに共感
りえの演技もあり、優しく強い母性を感じた。
産んでも母性がない女性もいる
産まなくても母性を持つ女性がいる
…のかしらねー?
死ぬまでが規定路線過ぎて泣けなかった。でもお母さんが必死で家族を愛してるのがタイトル通りに感じた。
僕は好きですこれ。泣けた
他の人の評価をみたらかなり賛否両論でその批評する人の気持ちも分からなくない。けど僕はあれでも良いと感じた。
なにより母親の家族に対しての愛が凄いと思う。いつの日か役に立つ時がくると娘に手話を教え込んだあのシーンは泣けた。
娼年みたばかりだから、桃李くんがちょっと、あの。あれだけど(笑)

オダギリジョー最悪だけど、覚悟決めてくれたのはよかった。
あんないい女が母なら、きっと幸せ。

取りかかるか、って???ってなって
運転席から探偵出てきて、草むらでご飯食べて、皆でお風呂入って、赤い煙で…!!!!

まずいけど、でもそうしてあげてほしいって思った。
きっと喜ぶよ、母ちゃんは。
最後の回収で全て納得した。私の骨も湯を沸かすために燃やしてほしい。
杉咲花ちゃん、昔夜行観覧車を見たとき
ムカつくガキだと思って嫌いだったが
凄く良い女優さん。
夜行観覧車を見たときにムカつかせる演技が出来てたのも凄いと今になって思った。

いつか必要だと思って、と手話ができる理由を話すシーンが一番好き。

宮沢りえさんの最期の演技が凄かった。
2018/04/10 鑑賞

役者さんは素敵なんだけど…。

申し訳ないけど、まったく共感できなかったなあ。
全ての問題が中途半端だし、何がしたかったのかが最後まで分からなかった…。分かる人が大半っぽいので、私がずれてるのかもしれない。
強い人のための物語って感じで、心動かされるシーンより、眉をしかめるシーンの方が多かったです………。うーん…。




⚠️以下ほぼ文句⚠️
お漏らしシーンとかは本当に無理だった。いります?あれ。キモくない?だって小学生の女の子だよ??そんな生々しい表現あのくだりに必要でした?フィクションだから…っていうけど、フィクションでも消費されるべきでないものがあるじゃないですか…。
全体的にみんなの考えた最強の母親!みたいな、一方的な幻想が見え隠れして気持ち悪かったなあ。逃げるな!みたいなのも古すぎませんかね。家族でも違う人間だよ…他人だよ…。自分を傷つけてまでやり返す必要はないよ………。ああいうやり方で救われた子もたくさんいるんだろうけど、私はただ辛いだけだった……。家族に弱さを理解されないって一番辛いことじゃないですかね。せめて一度理解した上で、突き放してほしかった。後日談がないから結局もやもやしてしまったし…。けっして軽い話題ではないのに、そんな投げてしまうんだったら最初から扱わないでほしかった。
今大人になったからこそ理解できることを子供にそのままやってるのが無理だったのかなあ。大人の強さをそのまま子供に投げつけるのは暴力だと私は思うので…。自慰見せられてるみたいな気持ち悪さすら感じました。

家族仲がいい人には、うまく飲み込める話なのかなとここまで書いて思った。この作品を好きな人がいることも理解できるし、否定はしないけど、私には合わなかったなあ。
人は死を自覚すると変わる。

宮沢さんの熱演が熱い。

家族の容態が酷すぎて、ドラマ映画にしては、やや現実味に欠けるほどでは?とは思ったけども、観ていてスッキリ?する場面は多くて観やすかったです。

個人的にはヒッチハイクのシーンが心に残った
今見る映画じゃなかったのかな?あんまりハマらなかった…親父が父としても男としてもダメなやつすぎてイライラしたし、家族の設定もムチャクチャすぎる気がした。

ただ、オカンのパワーはすごかった。死ぬとき、悔しかったろうな…でもこんなに思われて死ぬって、すごい。娘の言葉を聞いて逝けて、きっと幸せだったろうな。などなど思いました。
>|