湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    hii
    hiiの感想・レビュー
    約2時間
    4.6

    このレビューはネタバレを含みます

    素直に涙が流れていく作品だった。

    子供を産んだら母になるのではなくて、母になろうとして少しずつ母になっていくのかな。

    誰かを愛することもきっと同じなのかもしれない。

    自分のそばにいてくれる人に自分は何が出来るかなぁ、と考えるきっかけをくれたと思う。
    しおり
    しおりの感想・レビュー
    約3時間
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    うーん。難しい映画。

    泣くことを求めてるのなら終始ボロボロ泣いてたけど、

    旦那が蒸発しても娘が自分の産んだ子じゃなくても実母に自分の存在を認めてもらえなくても末期の癌でも周りのことを心配して強く生きる母ちゃんに感動するでしょう?

    って言われてるようでなんか嫌だった。双葉さんはそうするしかなかったからそう生きてきたのではないかな。不幸から感動は生んじゃいけないと思うし、生まれないと私は思う。


    子役の二人が、それぞれの壁にぶつかって乗り越えて最後めっちゃ笑顔だったのは嬉しかった。あずみの問題はすごく高い壁だったのに全部母ちゃんのペースで乗り越えてて見ていて辛くなったけど、オダジョーやあやこちゃん?とは違う二人の関係(ほんとの親子の関係)があるのかな、とも思った。


    オダジョーがヘラヘラしてるっていうレビューもみたけど、ほんとは心配で心配で、今まで苦労をかけた申し訳なさでいっぱいだろうし、ほんとにヘラヘラしてるならまた蒸発するはずだと私は思った。変わったと思う。だから、ピラミッドにはすごく感動しました。


    演技は半端なくすごかったです。

    でも、モヤモヤが難しいから
    評価つけません。
    スーパースルメタイム
    スーパースルメタイムの感想・レビュー
    約5時間
    1.5

    このレビューはネタバレを含みます

    松坂桃李の一服カットが素晴らしい
    印象に残る台詞なし
    ミギー
    ミギーの感想・レビュー
    約7時間
    4.1

    このレビューはネタバレを含みます

    あえてのツッコミどころ

    ・小学校低学年ぐらいの女の子の前でラブホテルの話で盛り上がる

    ・富士山に気付くの遅すぎ問題


    名作でした。
    いつみ
    いつみの感想・レビュー
    約14時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    とにかく泣き過ぎてヤバかったです。

    母の深い愛に涙腺崩壊なシーンがいくつもあって、テンポ良くそれらが訪れる飽きない展開でずっと泣きっぱなしでした。笑

    とくに、いつか必要な時がくると思ってっていう手話のシーンやピラミッドのとこはめっちゃぐっときました。

    ただ、松坂桃李のくだりとラストのあの展開には違和感があり過ぎて残念。

    あんないつ倒れてもおかしくない状態で後ろに子供を乗せての長時間の車の運転も、えっ!?って思ったし、あんな怪しさしかない感じの見ず知らずの松坂桃李を子供いるのに車に乗せたりするのも、母親としてちょっと信じられない行動に感じちゃいました。

    無理矢理松坂桃李いらんし、電車とかバスとかで良かったんじゃ、、。

    ラストは死体を扱う色んな手続き上バレずにやり過ごすのは不可能に近いし、物理的にも怖いしバレたら犯罪やから捕まるし、そんな事母親なら望まないと思う。

    インパクト持ってきたかったんやろうけど、そんな無理矢理な展開にせんでも普通にお骨とかで良かったんやない?とかとか、私のいつもの悪い癖が顔を出し素直に受け止められませんでした。笑

    色々書いたけど、宮沢りえや子役の2人の演技もすごく良かったし、家族を感じて温かい気持ちになれた良作でした。

    あんなおかあちゃんになりたい。
    Yukie
    Yukieの感想・レビュー
    約21時間
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    観終わったあと、まわりの人を抱きしめたくなる映画。大きめのタオルを持ってってよかった笑 まゆちゃんが好き⭐️ 杉崎花ちゃんの演技に釘付けになる。宮沢りえの美しさ、最後の演技素晴らしい!
    自転車2人乗りの所で、いつも母の後ろに乗ってた自分の思い出とかぶり涙…本当の親との関係には叶わないと感じてるおかあちゃんの後ろ姿。
    でも、みんなを包み込みみんなから愛されるおかあちゃん。本当の愛情を教えてもらったきがした。
    自分のお母さんに産んで育ててもらってもらってありがとう!と感謝の気持ちが溢れた。心が洗われるような作品。
    ともりん
    ともりんの感想・レビュー
    1日
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    キャスティングがいまいち
    皆さんだったらだれにします?
    パンダ
    パンダの感想・レビュー
    2日
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    宮沢りえ、いいね。オダジョーいいね。ホント、ピッタリ。男は父に、子供は大人へ、個人から家族へ、人と繋がり成長していくのに感動した。最後の火葬は銭湯ではステキだと思う。人の強さが描かれたいい作品でした
    たけばやし
    たけばやしの感想・レビュー
    2日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    死がすこし怖くなった。自分の死というよりは、他人の、身近な誰かの死。死にたくないという望みはなぜどうしたって届かないんだろう。

    湯を沸かすほどの熱い愛。と言いつつ、最後のセリフは「あったかい」だったのちょっと面白い。あえて違うものだったんじゃないかなと思う。最高だった。周りで見ているひとの笑い声、泣き声もあったかかった。
    kazoo
    kazooの感想・レビュー
    2日
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    当初はあまり興味の沸かなかったこの作品。急遽、仕事の休みがとれたので、ふと足を運んでみました。

    全体的な感想としては、「とても真面目に作っているなぁ」という感じがしました。

    他の方も指摘されておりますが、最後のシーンは「無理やり映画タイトルとシンクロさせたかった」感があり、そこまでは必要なかった気がします。

    ただ、赤い煙がもくもくと昇るシーンは、黒澤明大先生の「天国と地獄」の名シーンぐらいの衝撃を覚えました。これはやっぱりオマージュなんですかね(^^;

    役者さんとしては、オダギリジョーさんが、とても良い役者さんだなぁって思いました。

    昨年は「オーバーフェンス」も観たのですが、演技がとても安定していて、もはや名優の貫禄を感じます。

    かなり前に「ゆれる」という映画を観た時は、香川照之さんに全てイイ所を持ってかれた感があったので、それとの比較をしても、とても良い役者さんになったと思います。
    >|