湯を沸かすほどの熱い愛のネタバレレビュー・内容・結末

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

4.1

あらすじ

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した…

死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿されたネタバレ・内容・結末

宮沢りえ、オダギリジョー
好きな俳優さんの映画。
お涙頂戴の映画はあまり好きではないですが、この映画は泣けました😢
オダギリジョーのピラミッドの後、
死にたくない、生きたいというお母さんのセリフ、、辛かった💦💦💦
強い、明るいお母さん。
探偵さんが言った、、、あの人の為なら何でもしてあげたい、多分それ以上に自分によくしてくれただろうから、、のところ、すごいなあ、そんな人間になれたら。
ラストはちょっとありえなーいだけど。(笑)
回鍋肉の子役の子が最高に良かった
母親の「しっかりしないと」と思ってからの行動や
諸々にはしっかり愛情がにじみ出ていて良かった
しかし自分が愛を求めようとすると裏切られてしまう辺りが
やるせなくて切なかった…
最後の組体操ピラミッドは「やっす!」と思ったが
まぁ、あのダメ父親からしたらその程度かwと
そのダメな頭で懸命に考えたのがソレと思えば
それもまた愛情表現の1つではあったろうな~とw
エンディングはさすがに現実的に考えてしまって
「ソレは出来ないんじゃないかなー…」と
本当に可能であるかどうかを考えてみた結果
火葬場職員が仕事をしてないって事にしかならない点を含め
もし万が一にもそれを火葬場職員が見逃してしまっていた場合
「本当に生きていた場合、生きたまま火葬される危険も多く残る」となり
今の状況では「絶対にありえない」としか思えないので
エンディングだけはどうしてもいただけなくて
オチが最悪だなと感じたのでこの点数で…
星4.2

銭湯やってる家族と、その母の周辺の人たちの話。

御涙頂戴映画ではなかった。もしやその類か?とかちょっとだけ思ってました(すいませんでした…)

主題歌のきのこ帝国、入りが最高でした。

主人公は母。随所で泣きまくってしまったが、不幸話に泣いてるんじゃなくて
「この暖かくて強い人のことで色々泣かされてんだなあ」と思うと、悪くない気分。

ああ、この人の子供になりたい。
面白かった。観て良かったです



ラスト、賛否分かれてますよね。
タイトルが「湯を沸かすほどの熱い愛」である以上、もう薪で火葬してるのは確定ですよね…湯が沸いてますね…笑
沸かすほどの愛情を持った人だった、骨の髄まで。みたいな。リアルに骨の髄まで。最後の最期までみたいな。

それに多分、遺言があったんだろう。みんなであったまりなさいみたいな。
これもまた、湯を沸かすほどの愛だ。

もう監督のセンス匙加減ですよね。
自分の家で母を燃やして、風呂屋だから湯も張り、余すことなく最後の愛を受け取る。あったかいねって家族が思う。母の愛に包まれている。

これが良いのか悪いのか。私は良い派で…笑
最初から最後までティッシュが手放せなかった…
そして伏線の敷き方と回収が上手い
母親の顔、女の顔、娘の顔、場面によっていろんな表情を見せる双葉さんと宮沢りえの演技が凄かった

たくみくんがあの人から産まれた君達が羨ましいなんて言ってたけど、なんであのクズ母親から双葉さんのような出来た人が産まれたんだろうな…!?
安澄ちゃんや鮎子ちゃんを見ると結局育ち方によるのだろうと思うけど、双葉さんの人生をもう少し知りたかったかも
予告見た時から ずっと見たくて
やっと見れた映画。


親子の愛とか
病気とかいじめとか
絶対泣けるやつと思い
覚悟して見たけど

わんわんと大泣きするところは
無く、
ポロリと涙が溢れるシーンは
たくさんありました。



血のつながりがなく
本当の親子じゃなかったってとこは すんごい意外やったけど
さらに 愛の深さを実感できたし

子供の実の母も
浮気相手の子供も
すべて 分け隔てなく与える愛とか
無償の愛とか …



見習わらないとな…


宮沢りえはもちろん
花ちゃんがとくに よかったな

あの 下着になるシーンがよかった👏


ちゃんと 愛が伝わってるー
って 泣けたとこ
手話のシーンも あぁーってなったし。

最後の最後まで
愛に溢れた映画でした(*´∀`*)
レンタルにて。伏線が多すぎて、何度も巻き戻し確認しながら鑑賞。普通にいい映画でした。母娘でぎこちない手話を交わすところが一番泣けた。オダギリジョーはこういうフラフラしたダメ男役だとばっちりハマりますね。
こりゃ湯が沸くわ、
と思うくらい愛に溢れてた。
と思ったら本当に湯が沸くラストはびっくり。

ピラミッドも下着もなんだか少し笑えた。
お漏らししたパンツ拾ってかけてくれるお姉ちゃんとか、でも家族ってこんな感じだなぁとか。

笑えたり泣けたり、すごくいい映画でした!
中盤くらいまで泣けるシーンしかなくて涙がひっきりなしに出てくる。涙の強盗みたいな映画。「わたしはお母ちゃんとは違うんだよ!」「同じだよ」とか「お母ちゃんの遺伝子…ちょっとあった」とかあのへんのシーン、そのまんまでもボロボロ泣けるのに中盤か
ら遡ると別の意味を帯びて泣ける二重の仕掛けがしてあって人がいなかったら嗚咽あげてたかもしれない。

ただまあね、泣けたから好きな映画、いい映画というわけではない。やっぱり1番気になるのはオムニバスみたいな構成。あずみの問題解決したら鮎子の問題みたいなの。もっとエピソードを絞って色んな問題を同時並行で描いてほしかった。どうしてもひとつひとつ食い足りない感じが残る。細かい布石みたいなのはいっぱいあってわかるたびにああってなるんだけどなんか上手く効いてこない。シーンの破壊力頼りで強引に押し切るような感じする。
オチもこれはちょっとねぇ…ドバドバ出てた涙がすっと引っ込んでしまった。役者はみんな最高の演技をしていた。特にオダギリジョーはこういう役をやらせたらもう。色々勿体ない。
女性の美しい強さを表した映画だった。堤防で話すシーンで号泣してしまった。杉咲花がほんとうに最高のお芝居をしてる。ピラミッドはうーんって感じだったな
宮沢りえと杉咲花の演技合戦に黙らされた。口をぎゅっと結んで涙をこらえながら「今は体育の時間じゃないから…」と言った時の安澄の顔と、衰弱して声も出せなくなった時のお母ちゃんの顔がずっと頭の中をぐるぐるしている。探偵とその娘(まゆちゃん)の出番がやたらと多いのが謎だったけれど、お葬式のシーンでその意味が分かった。「パパやっとまゆに本当のこと言えたわ」という台詞が泣けた。
>|