湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

    母親の笑顔ってなんであんなにつよいんだろうなぁ母親の愛情にはいつも叶わないって思う

    ポッケに入ってたハンカチを渡すところ、絵の具でぐちゃぐちゃになったあずみを見て「何色がすき?母ちゃんは赤」って笑うところ、学校からの帰り道自転車で2人乗りするところ、ちゃんと悲しんで暗い浴槽の中でひとりで泣くところ、探偵の娘の口をハンカチで拭いてあげるところ、朝からすき焼き、あずみの生みの親に会いに行くとき夫のお腹をグーで殴るところ、手話を教えてたところ、たくみくんとバイバイする前の笑顔、母親の家での暴挙

    がんばったあとの「母ちゃんの遺伝子ちょっとあった」、病室で頑張って笑うところ

    「旅行に行くんだー」「ごはん!!!」

    エジプトの代用品
    だれよりも最高のお母ちゃんなのに、だれのことも産んでなくて母親からも拒絶されてる、、お父ちゃんが引き合わせたこんなちぐはぐな家族を、しっかり家族にしていくお母ちゃんの懐の深さ。血縁がなくても愛で人は繋がれるんだなあ。すてき。急に世界観壊してくるメール画面以外はとってもよかったーーーー(笑)
    いろんな母親がでてくる

    結論として
    本当の母親じゃない方が
    いい母親だ

    みたいなことが言いたいのかな…と
    感じてしまったけれど…

    どの母親像も
    愛おしくて苦しくて切なくて
    嫌いになれない
    涙がとまらなかった
    母親強い。
    死ぬ直前まで周りの人を支え、成長させた後の「死にたくないよ」という言葉がジーンと来た。

    脚本としては映画前半部での伏線を回収しきった後半となっており、不明な点はなく理解できるため、満足度は高い。

    しかし、色んな登場人物を出しすぎたせいでメインのストーリーが薄くなった感は否めない。
    松坂桃李の出演をなくし、子供の成長に注力良かったのではないかと感じた。

    特に子供が真の母親と出会うシーンは、子供が母親に会うことを自分で決断するべきだった。
    子供の成長した姿をみせるためには、母親から歩み寄るべきではなかった。
    ラストの形は多少御都合主義的なとろこに落ち着いちゃったなとは感じました。いやいや、心広いキャラクターで、かつ先に死が待っていても、曲げちゃいけないところとあるでしょというか、正しさは持って欲しかったなぁと。
    前半は丁寧で良かっただけに、実に後半が惜しいなーと。ピラミッドのシーンは、セリフも説明的で、本当にこれしか思いつかなかったんだろうな監督。。と。
    あとラストカット、これ上手い演出でしょ?といわんばかりでした。そこはいままで割と丁寧に積み上げたんだから、こっちも読み取りますから、、
    ただ前半は素晴らしかった。いじめの克服の辺りは、少しだけ泣いてしまいました。

    宮沢りえの演技は素晴らしかったですが、当たり役かといわれたら首を傾げます。
    期待以上の映画!
    ささいなエピソードの中に伏線があって、ちゃんと綺麗に回収されて行く…
    涙が止まらなかったな。
    愛とか家族の形って、血の繋がりじゃないんだなーって。
    宮沢りえの演技とだんだんと弱って行く姿、やばい。。女優魂だね。杉咲花ちゃんも素敵な女優さんだー。
    オダジョーの役はほんとクズでびっくりだけど、ピラミッドのくだりは素敵だった。
    あと最後のオチもびっくりですな
    久々にちゃんとした邦画見た気がする←
    最後が感動した〜倫理観としてはどうなのかというところだけど、とにかく、お母ちゃんのこと一人にしないからってとこで号泣、、、 泣かせにきたのにまんまと釣られた。。。 死ぬのは嫌だけどあんな風に看取られていったら幸せな人生だったなと思えるなぁ。
    泣き笑いできてスッキリする

    とにかく泣ける?みたいな宣伝か誰かの感想があってハードルが上がっていたが、気にせず楽しめた
    死を明るく捉える強さも描いていて、おくりびとを思い出した。
    上演中、頬があがり、その頬の横を流れる涙が心地よかった

    オダギリジョーよかったなあー(T_T)
    ちっちゃいピラミッドの贈り物。
    口を開けて笑った
    探偵役も、ほかの俳優女優の演技も素晴らしかった

    宮沢りえの演技は見たことなくて、最後まで慣れなかったけど、
    周りの演技がよくて、役同様支えられてるなと思った

    こんなの好きなんやろ?みたいなクサい演出が随所にありながら、それを乗り越えるユーモアが何ヶ所もあった

    さらにそのクサい演出と宮沢りえの演技が噛み合ったところも。
    最後のピラミッド。たくみ?くんが演出的タイミングで話し出し、今では銭湯を手伝ってるって報告をして、それに対して双葉が「すごい^ ^」って言いながら両手を叩くようなしぐさをするところ
    やっぱり女性の「すごい」って言葉は男性の心をグイッと持ち上げるんだなって

    あとは探偵の、数合わせでやってま~すみたいなセリフ
    力強い感じがしながらも、あんなとボケ方ができる人になりたいと思った

    MVPは迷えるところですが、
    助演女優賞はあの娘でしょう
    ああいう愛の形は好き。
    みんなが双葉さんに惹かれるのも分かるし、あんな人になりたいと思うところもあった。

    全体的に温かかったけれど、最後のオチは少し軽く感じてしまった。ピラミッドのシーンでは泣いてしまったけど、キャストの演技力のおかげと言われればそうかもしれない。

    とにかくキャストが好き。
    すごく愛に溢れた映画でした!!
    宮沢りえさん演じる主人公の双葉がとても素敵な人でした。
    2時間ある中で、双葉にとって腹がたつこと、悲しいこと、苦しいこと、山ほどあるだろうに、逃げずに全部どーんと受け止めてくれます。
    そんな愛に支えられる周りの人たちが、今度は双葉に沢山の愛を返しているのを見てると、涙が止まりませんでした。
    一番グッときたのは、お姉ちゃんがきみえさんと会った時!手話のくだり!きみえさんと一緒に号泣。なんてことだー!!
    そして、ラストはまあ衝撃的です。湯を沸かすほどのってそーいうことか!!笑
    内容としては、いじめや、親が子供捨てたり、なんてったって主人公が死ぬって決まってる映画なので暗くなりそうなんだけど、ラストはこの家族と共犯になったみたいで、なんだか爽快な気持ちで終わりました。
    >|