湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    Emiri
    Emiriの感想・レビュー
    41分
    3.1

    このレビューはネタバレを含みます

    演技と台詞がタイプじゃなくて。
    でも手話のくだりには泣きました。
    こーきみずぐち
    こーきみずぐちの感想・レビュー
    1日
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    「お母ちゃん」には、最初から最後まで本当の意味で血の繋がった家族がいない。
    でも、彼女の愛は、たくさんの家族を作っていく。確かに血は繋がっていないけれど、一人じゃなかった。現代日本の家庭は、湯船を核家族で占有する。だけど、「お母ちゃん」が愛を注いで、みんなを温めた銭湯は、むしろ血が繋がっていない人たちが同じ湯船を共有するものなんだよね。

    キャスト全員すごかったけど、中でも杉咲花ちゃんが本当に素晴らしかった。自分の経験と重なるなあ。
    いまむらゆうた
    いまむらゆうたの感想・レビュー
    5日
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    伏線の回収とかしっかりしてるとこあるけれど、なんか母親として強引なところがある気がしてそんなに好きじゃなかった。タイトルと内容が合わないなとも思う。
    みなみ
    みなみの感想・レビュー
    6日
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    何度か泣いてしまいました。
    ただ、常識的にどうなのかと思うところや、やりすぎだと思う場面があり全て納得出来なかったです。
    イジメに対する対処法や、少女のパンツをドアにかけるなど…
    死を間近にして、短い時間でやるべきことをしようとしてる姿は感動しましたが、あまりに娘に厳しすぎて、怖くもありました。
    最後の銭湯での火葬には少し引いてしまいました。
    全体的には泣ける映画だったですが、そういった場面もあり人によっては全く泣けないのではないのでしょうか。
    ただ、キャストの配役、演技は最高だったと思います。
    yoccola
    yoccolaの感想・レビュー
    2017/03/19
    4.9

    このレビューはネタバレを含みます

    涙で鎖骨に水たまりが出来るよね。

    宮沢りえの手の甲の皺を見て年取ったなぁと思いつつ、死の生々しさが滲み出ていてとても良かった。

    杉咲花の"おかぁちゃん"は至高
    みさこ
    みさこの感想・レビュー
    2017/03/15
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    【ストイックの押し付けがこの世でいちばんの悪だっていつも言ってんじゃんか】

    やべー最初から最後まで全然はまんなくて、他の方々のすすり泣きを聞きながら、あ、これ私がマイノリティの部類なんだって気がついて笑った。
    別に逃げたっていいし、頑張んなくてもよくね。一生懸命が美学って思っててもいいけど、子供に押し付けんなよ。そうやって辛いことを一生懸命やった先に何もないことだってあるんだぜ?あぁ、無意味な時間過ごしたなってこともあるんだぜ?(経験者は語る)
    もうなんていうか、ストイックの押し付けに耐えきれなかった。
    こんなんが愛だったら、こんな世の中、ポイズンだわ。

    ラストなんて、悪い意味でのサブイボだった。あーそういう沸かし方もあるのね、温泉ソムリエの資格取ったけど、あの沸かし方は習ってないな〜。ておい。
    おおた
    おおたの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    ボロ泣きする。ただし、詰め込み過ぎなのと、最後ガチで湯を沸かすあたりでげんなりしてしまった。
    aiueooooo
    aiueoooooの感想・レビュー
    2017/03/14
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    気持ち悪いところ、感動の押し売り、ご都合主義にがっくりしたけど、杉咲花ちゃんの顔のお芝居に泣いた。
    ラストシーンのホラー展開が衝撃でした。良い意味でも悪い意味でも。
    そして、教室で制服を脱いでいきなり下着姿になる女子高生は、結構気が狂ってるだろ。

    観客みんな泣いてて驚いた。
    私も泣いたけど。
    Lisa
    Lisaの感想・レビュー
    2017/03/14
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    涙無しには見るなんて不可能!!こんなに素晴らしい映画があったなんて、全く知らなかった...!邦画にありがちな、ファミリー感動系のストーリーではあるけど、こんなに母親の無償の愛をビシビシ感じたことは無かった。もう、お母ちゃん...なんて人だ...と思いながらもやっぱり宮沢りえと杉咲花ちゃんの演技は本当に感心するよ...そりゃこんな演技見せられたら、賞あげたくなるわ...本当にちょいちょいブワァッと突然泣かせるからほとんど目を離せなかった。優しいだけじゃなくて、あえて困難に立ち向かわせたり本人が自分で進む後押しをしてあげるっていう、一人一人の今後のためのお母ちゃんの言葉とか行動が、彼女の熱い愛によるものなんだろうな...子供達がしっかり大きくなれる環境を作るために一人一人を許して、成長させて、バラバラだった家族を1つにした。そんなことを、余りにも短い余命宣告を受けてから出来るかな、、、彼女の強く優しい愛で、血の繋がった子供はいなくても、関わった人々の記憶に爪痕を濃く残せたよね、、、たまには止まらないくらい号泣して鑑賞する映画もいいよなあと。すんごく疲れてしまったけど...
    KOIZUMI
    KOIZUMIの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    すきな色は赤色。冷たくなっても、自分を燃やして、かわいい水色をぶくぶく沸かす。
    愛は、「愛してる」じゃなくて、ぐっと噛んだ下唇に宿る。
    >|