湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:125分
    監督
    中野量太
    脚本
    中野量太
    キャスト
    宮沢りえ
    杉咲花
    篠原ゆき子
    駿河太郎
    伊東蒼
    松坂桃李
    オダギリジョー
    あらすじ
    死にゆく母の熱い想いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語。 銭湯「幸 さちの湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔 し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら、娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。 家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる。 気が優しすぎる娘を独り立ちさせる。 娘をある人に会わせる。 その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。

    「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・レビュー

    YuukiNakamura
    YuukiNakamuraの感想・レビュー
    15時間
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    いっぱい泣いた。最高!血縁で考えると薄い家族だけど、暖かさがあってでも凄くリアルな気がした。本当に登場人物みな家族への愛が溢れてて、なんだかんだでお父さんも含め優しすぎる笑でもやっぱり血の繋がったお母さんの存在を求めるものなんだなと。
    後半は詰め込みすぎな感は確かにあったけど、より母ちゃんの人間らしさが表れて良かった。
    ラストのおどろおどろしいタイトルやタイトルの意味、一見不気味な感じも最終的にはアンバランスだけど、インパクト的にも嫌な終わりじゃなくて自分の中では逆にスッキリした。監督の違う作品も観たい。
    ErikoMatsumot
    ErikoMatsumotの感想・レビュー
    15時間
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    いろいろ最強なでっかいお母ちゃんだった!かっこよくて綺麗で、少し弱いお母ちゃんだった!
    あずみがいじめっこに立ち向かうシーン、「逃げちゃダメ!」ってシーン、良かったなぁ。
    「なんかあった時、ちゃんとした下着じゃないと恥ずかしいでしょ」ってブラジャー渡された時のことを思い出して、ブラジャー付けて、体操服着て、どんな気持ちで学校向かったんだろうって思うと、思い出し泣きしちゃうくらい泣けた。
    坂巻さんの為に手話を勉強させたり、お手紙書かせたり、「迎えに来たって事だからいない方がいいんだよね」って台詞だったり、満遍なく優しくて、愛が強い人だ!
    こんなお母ちゃんになりたいなぁ。
    あやか
    あやかの感想・レビュー
    1日
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    何度も泣いた。
    感動の押し売り、という感じでは無いのが良かった。
    キャストがみんなハマっていたと思う。
    血が繋がっていなくても、主人公の様なお母さんに育てられたら幸せだろうな、、
    kazu
    kazuの感想・レビュー
    1日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    病気モノということで、シリアスな映画なのかと思っていたが、
    ちょいちょい笑いを挟んでおり、お涙ちょうだい的な映画に偏らないよい湯加減の映画だった。

    冒頭の「湯気のごとく店主が蒸発したため休業中です」から始まり、
    「鮎子、ここにあり」というセリフ&パンツを引っ掛けるシーンなど、何ともいえないユーモラスな表現が散りばめられていて、
    テンポ良く進むので、2時間があっという間に感じた。
    また、色々伏線を張っていて、多少強引と思える点もあったけど、よく考えられている映画だった。

    宮沢りえ、杉咲花はもちろん、ダメダメだけど憎みきれない一浩役のオダギリジョーがとても良かった。
    改めて、「私ってやっぱりダメンズ好きだな」と再確認させられた映画だった。
    せんべい
    せんべいの感想・レビュー
    4日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    自分の周りではかなり賛否両論で、「ここか?!」「ここのエピソードが引っかかったのか?!」と、終始気にしてたので泣く暇がなかった…。
    全体的には好きですが、やっぱりラストがね。私にはサイコにみえました 笑
    最近観たのが『ネオンデーモン』なのが原因か。
    あさこ
    あさこの感想・レビュー
    5日
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    自分の親のことを考えてまんまと泣いてしまいました。
    宮沢りえがみるみる痩せていくのもすごい。
    個人的に「アユコ、ここにあり。」っていうシーンが一番好き。
    Ayaka
    Ayakaの感想・レビュー
    5日
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    わたしはあのエンディングいやだ!
    いいタイトルだなーと思いながらそれまで見てたけど、一気に冷めてしまった…
    だってちょっとサイコじゃない?
    みんなほっこりした顔してつかってるけども…
    あくまで比喩としてのあのタイトルであってほしかった
    hitomi
    hitomiの感想・レビュー
    5日
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    宮沢りえの深い愛情と情熱によって動かされていく人たち

    あずみ、鮎子ちゃんにとって例え血が繋がっていなかったとしてもこんなに誇らしいお母ちゃんはいないだろうな。本当に羨ましい。

    夫がいなくなって見つかったと思ったら子供を連れて来たとしても
    自分のこと母親に会うことさえ拒まれても

    弱音を絶対吐かなかった宮沢りえが最後の最後のピラミッドのシーンで
    涙を流しながら「生きたい、死にたくない」と言うところが

    沢山の人から必要とされているこんなに素敵な人が死ぬ運命にあること

    毎日をいつ死んでもいいやと思いながら過ごしている自分のことを考えて

    毎日の過ごし方変えていかないとだめだという風に思えたり
    内容自体は重たいはずなのにスッキリとした気持ちになった。

    観に行ってよかった。
    nagaoKAshunPEi
    nagaoKAshunPEiの感想・レビュー
    5日
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    周りのあまりにも高い評価に萎縮してしまい、何を隠そうあまりにも乗れなかったために感想を書きあぐねていた作品。

    余命幾ばくもない母親が残されたわずかな時間を使い、子どもたちに惜しみない愛をそそいでいく物語自体には好感が持てるが、宮沢りえの演じる母親のキャラクターがどうにも好きになれず…。
    感情論だけで、あまり映画を観たくないけども、「母親にすてられた娘」を3人も並べられても、これ見よがしに感動を押しつけてくる監督の意識が見え隠れしてしまい、とても冷めた目で見てしまった。

    映画だからこそ、映画でしか描けないという醍醐味というか監督の変態性が良い意味でも悪い意味でも爆発した作品だった。
    あのお湯は捨てられないだろうな〜。
    HironoriHara
    HironoriHaraの感想・レビュー
    2017/02/19
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    語るのもバカバカしく、
    これを評価しているような現代に絶望すら覚える。一晩で書き上げたホンでしょ?
    オダギリへの演出をちゃんと着けておけばまだ語るべき映画ではあった。


    作り手の美学が何も感じられない…
    >|