神様の思し召しの作品情報・感想・評価

神様の思し召し2015年製作の映画)

Se Dio Vuole/God Willing

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:87分

3.7

あらすじ

今日も完璧なオペで、患者の命を救った心臓外科医のトンマーゾ。医師としては 天才だが、傲慢で毒舌で周りからはケムたがられていた。ボランティアが趣味の妻 との仲は倦怠気味で、お気楽な長女はサエない男と結婚。でも、頭脳明晰な長男が 医学の道を継いでくれれば満足だ。 ところが、あろうことか医大生の息子が「神父になりたい」と宣言!表向きはモ ノわかりのいいフリをして教…

今日も完璧なオペで、患者の命を救った心臓外科医のトンマーゾ。医師としては 天才だが、傲慢で毒舌で周りからはケムたがられていた。ボランティアが趣味の妻 との仲は倦怠気味で、お気楽な長女はサエない男と結婚。でも、頭脳明晰な長男が 医学の道を継いでくれれば満足だ。 ところが、あろうことか医大生の息子が「神父になりたい」と宣言!表向きはモ ノわかりのいいフリをして教会に潜入したトンマーゾは、息子がハデなパフォーマ ンスで人気のピエトロ神父に“洗脳”されているとニラむ。さらに、神父が実は“前 科者”であることが判明。トンマーゾは、失業して無一文で妻からは DV を受け、 もうどん底だと悩む信者を演じて神父に近づく。すると、親身になった神父に家族 に会いに行くと言われてしまい、追い詰めるはずが追い詰められるトンマーゾ。果 たして、神父の正体は? 崩壊寸前の家族の行方は?

「神様の思し召し」に投稿された感想・評価

think

thinkの感想・評価

3.0
ラストはちょっと嫌だけど普通に良い映画!
無神論者が無神論を押し付けない辺りがウケる。
終わり方が微妙と絶妙の狭間にある映画。

どんどん変わっていく主人公のお父さんが少しいとおしい感じがしますよ。
イシ

イシの感想・評価

-
家族モノコメディ。イタリア映画のテキトーな余裕みたいなのがある商業映画やった。
オチはどうなん? って思った。もうちょっと考えられてたらよかったなあって高望みしてまう感じ。
パッケージよく見ずにフランスのコメディだと思って借りたらイタリアン・コメディでした。パッケージの配色をしっかり見れば一目瞭然ですね…。イタリアの映画、たまに凄く訳わからない事があるから不安だなー。
完璧主義で傲慢な(自覚が無い)エリート外科医の父親が、医者にするつもりだった息子に「神父になるつもり」と打ち明けられ卒倒。父さんはバリバリの無神論者なのです。息子を導いたと思われる神父に逆恨みして、彼の弱味を握ろうと付きまとっているうちに、彼の心に微妙な変化が…。
なんてこたねぇ普通のコメディです。この作品が特にそうなのか、イタリアのコメディが基本的にそうなのか分かりませんが、ギャグのテンポや笑わせ方のロジックが妙に日本人のセンスと似ているなぁと思いました。言ってしまえばベタ(なんとペンキ塗りたての椅子に座ったりする‼︎イタリアはまだ昭和なのか⁈)で、イギリスとかフランスみたいには頭を使わない感じ。気楽に観れはしますね…。もう少しひねってくれてもいいんだよ?
かと思えば、急に障がい者のフリをするギャグとかあるのですよね。酷いなぁ。ベタと危険の間は無いのかい?この辺もお国柄なの?以前観たベルギーのコメディも酷くて心がしんどかったです。あと性的マイノリティーに対する理解も(日本ほどでは無いでしょうが)低そうです。なんかいろいろ合わないなぁ。
個人的には終盤に一気にトーンが変わるところが狐につままれたみたいで凄く好きでした。狐も可愛いから好きです。そういえば『ローマ法王の休日』も唐突な終わり方にビックリさせられましたね。お国柄?
尺も短めなので、サックリ観れますし、一部のギャグを除けば不愉快さもそれほどではありません。まあまあおススメです。ご夫婦でどうぞ!きっと大人な方ほど楽しめるのだろうな。だから自分には…。
つまらないレビューに自己嫌悪。いろいろ考えたのだけど、コメディの感想はホント難しいです。ちょっと隅っこ行って来ます…。
ユキミ

ユキミの感想・評価

3.1

登場人物全員、面白いキャラクター

初めはコメディだけど
最後はほろりと感動的なシーンもあり
バランスの良い作品
神父とお父さんが
ばったり会うシーンは
思わず笑った
短くておもしかった
手元に置いときたいレベルのいい映画
科学と哲学の考え方だったり、家庭と教育の関係だったりがコメディチックに描かれてる、ほんとすこ
あの余韻残す終わり方、たまらん

"夏の蒸し暑くて息苦しい朝、
窓を開け、涼しさが顔を撫でる"

"...風だ"

"アホぬかせ、神だ"
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

4.3
コレはオススメ。観終わってすぐ、もう一度観たいと思った。

自信家で毒舌な敏腕外科医トンマーゾ。家族も含め周囲からは疎まれながらも、かわいい奥さんと、同じ建物に住む娘夫婦、見るからに好青年な息子と、街を見下ろす豪邸でこの上ない暮らしをしていた。

ところが怪しげなピエトロ神父に影響を受けた息子が、医者の道をおりて聖職者を目指すと言いはじめ…。

「史上最大の蒙昧主義団体だぞ!」

登場人物すべてがキャラ立ちがよく、それぞれが絶妙な笑いを挟み込んでくる。全員のファンになりそうだよね。

特にピエトロ役のアレッサンドロ・ガスマンは良い男っぷりだったけど「Transporter 2」や「EX」にも出てたんだな。トンマーゾ役のマルコ・ジャリーニとのコンビでもう一作でてるみたいだし、これからまた顔みる事が増えそう。

さて、ただのコメディなら笑って終わりだけど、この結末を描くことで、さらに心に残る映画になったと思う。賛否両論あるかもだけど、それぞれの解釈でいい。

そういえば「踊れトスカーナ」のラストもそうだった。やっぱイタリアン・コメディは好きだなぁ。
nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

3.3
クスッときて、軽く観れるし、画も好きだし、いいね、この映画!
Haruka

Harukaの感想・評価

3.6
暗くないイタリア映画イェイ!しみじみ人情コメディイェイ!
クスッと笑える箇所が小刻みに出てきて、どれも大袈裟じゃないからちょうどいい。
金持ち父さんと不良風神父のやりとりがほんわかする。二人で食べるピザ?パニーニ?が大きくて美味しそう。
その他のキャラもほどよく濃くて面白い。
クドいメッセージ性や分かりにくい演出がなくて見やすかった。
ラストも好み。
>|