神様の思し召しの作品情報・感想・評価

神様の思し召し2015年製作の映画)

Se Dio Vuole/God Willing

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:87分

3.7

あらすじ

今日も完璧なオペで、患者の命を救った心臓外科医のトンマーゾ。医師としては 天才だが、傲慢で毒舌で周りからはケムたがられていた。ボランティアが趣味の妻 との仲は倦怠気味で、お気楽な長女はサエない男と結婚。でも、頭脳明晰な長男が 医学の道を継いでくれれば満足だ。 ところが、あろうことか医大生の息子が「神父になりたい」と宣言!表向きはモ ノわかりのいいフリをして教…

今日も完璧なオペで、患者の命を救った心臓外科医のトンマーゾ。医師としては 天才だが、傲慢で毒舌で周りからはケムたがられていた。ボランティアが趣味の妻 との仲は倦怠気味で、お気楽な長女はサエない男と結婚。でも、頭脳明晰な長男が 医学の道を継いでくれれば満足だ。 ところが、あろうことか医大生の息子が「神父になりたい」と宣言!表向きはモ ノわかりのいいフリをして教会に潜入したトンマーゾは、息子がハデなパフォーマ ンスで人気のピエトロ神父に“洗脳”されているとニラむ。さらに、神父が実は“前 科者”であることが判明。トンマーゾは、失業して無一文で妻からは DV を受け、 もうどん底だと悩む信者を演じて神父に近づく。すると、親身になった神父に家族 に会いに行くと言われてしまい、追い詰めるはずが追い詰められるトンマーゾ。果 たして、神父の正体は? 崩壊寸前の家族の行方は?

「神様の思し召し」に投稿された感想・評価

chiyo

chiyoの感想・評価

3.0
コミカルで面白い!
イタリアっぽい明るさでなんかほっこり
ちはな

ちはなの感想・評価

3.5
クスッと笑えてハートウォーミングなお話

無宗教な人でも無意識に「神様お願い・・・」って祈りたくなることはあると思うけど 「神なんて」と否定的な人もいる

どうとらえるかはホント人それぞれだし 運命には逆らえないけど
楽しい考え方した方が幸せよね
眉間に皺寄せるより 笑いジワのほうが素敵よね
なんかそんな映画でした
サクッと観れますが内容薄くはないです!
楽しい!

イタリアと日本の笑いのツボはとても近いのかな?
めっちゃ面白かった
こんなに明るい気分になれた映画は久しぶり
宗教は目的ではなく手段なんだなと思った
セリム

セリムの感想・評価

4.1
医者(先端技術)と神父(保守的…とはいえこの神父はちと違うがw)の友情物語……。
その他にもイロイロ入っているけど…。

この映画の捉え方は人それぞれでいい。
とりあえず良い映画だと思った^ ^
設定は面白いが、この映画が伝えたいことがわからなかった。

人を大切にするとかそういう話?
Keiko

Keikoの感想・評価

2.7
イタリア映画ってこんなかんじなんだー
エンディングが謎だった
全体的にブラックで、医者と宗教家っていう正反対のキャラクターを構想したのは面白いとおもった
idumy

idumyの感想・評価

3.2
こんなおもしろ神父さんなら、
信仰に身近になるかも。
宗教に対する思いが変わる映画。
iceman

icemanの感想・評価

3.7
人の繋がりを教えてくれる中々好みの作品。

🇮🇹怪し神父 VS 頑固エリート医師の笑い袋…

笑うべき場面に観ている側がワンテンポ遅れた笑いを誘って来るイタリアーノ…

主人公はくたびれてないつもりが、周りがそのおかげで随分くたびれている家族、頑固エリート医師と刑務所帰りの怪しい神父のフォーカス…
その眉間のシワに、余裕、屈辱、怒り、隠れた優しさが刻まれている。
息子の一言から始まる親としての行いなのか?兎に角怪しい奴らを巻き込んでく姿が楽しい。

それでもラストは私の好きなじわっと涙が心地良いのです…

男には解りやすい優しさというのが随分苦手なものなのです…
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
とてもレビューが書きにくい作品…(^^;;
私は無宗教なので…神様の事…よく分からない…*

でも…何かあった時…
やっぱり「祈ったリ」「願ったり」…しているんです…☆

この世の全ての出来事が…「神様の思し召し」…と…考えられたら…「気持ちや心は、少し軽くなるのかな」「楽になるのかな」…なんて…思いました…♪

「運命」…といってしまえばそれまでだけれど…(笑)
折角受けた「生」なので…全うしたいな〜と思います…♪
…毎日、色々あるけれど…楽しく、笑って…生きたいな…♪
「居場所」「拠り所」…大切だし、必要だね…☆

本作の主人公…外科の医師だけれど…
彼も最後は…私と同じ気持ちだったと思う…*

笑いながら鑑賞しつつ…色々な事を考えてしまう作品でした…(o^^o)
>|