チャンスの作品情報・感想・評価

「チャンス」に投稿された感想・評価

おみ

おみの感想・評価

3.7
私どうもピーターセラーズ好きだわ。
パーティが一番すきだけど、このチャンスにはシャーリーマクレーンもでてるから最高。

勘違いして自分の都合の良いように解釈して行く様は滑稽で、実はとてつもなく物悲しい。

多分日本でやるなら、草彅剛。
maverick

maverickの感想・評価

4.7
『フォレストガンプ』的な面白さ。主人公があれよあれよと祭り上げられ、幸せになる話。『フォレストガンプ』と似てるのは、主人公が知能指数が低いであろうこと。誠実さゆえに周りに好かれる所。そして自ら望むのではなく、幸せは全て受けとるだけで向こうからやって来るという所。もちろん似てるのはそれくらいで、内容は全く違う。周りが勝手に勘違いしてどんどん話が大きくなってゆくのが本作の面白さ。主人公は庭師として誠実であろうとしているだけなのだが、裏表のない真っ直ぐな心に皆が勝手に魅了されてゆく。そこがコメディとして滑稽な面白さであり、観ている側も自然と魅了されてしまう感動的な物語。主人公はさながら現代に舞い降りた天使か神。聖人君子のような姿に皆が引かれるのは何とも言えない説得力がある。とっても素敵な映画だ。シャーリー・マクレーンの助演も光る。とても美しく、可愛らしく、そして滑稽でした(笑)。
lilith

lilithの感想・評価

3.4
笑い、哲学、皮肉いろんな要素が詰まってた!

斜め上の発想すぎて私の語彙力ではなにも伝えられないけど、とにかく不思議な感覚でした。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.6
人のいい庭師がその哲学的な雰囲気から次期大統領候補にまで登りつめてしまうお話。
すごいアイロニックなコメディー。
tori

toriの感想・評価

4.2
「カスパー・ハウザーの謎」ほど
ぶっ飛んではいないが
コメディと言う枠にはとても収まり切れない

光幕恋(シャーリー・マクレーンと音声入力したらこうなった)

貴婦人は「自分は貴婦人だ」と言う必要がない
あんな身悶え やっぱり大女優

最近それほど間をおかずに観た
「アパートの鍵貸します」1960年
この映画 1979年
「あなたの旅立ち,綴ります」

「アパートの鍵貸します」から20年,60年後の光幕恋
可愛く歳を重ねるお手本

3カ月前から熟成させている
「愛と追憶の日々」
観るべき時が来た
人付き合いとは鏡になること。そして鏡は媚びない。道路の真ん中を歩くショットの雄弁さ。
素直に純粋に生きる主人公を周りが深読みしていくのがユニーク。さらに男性としての魅力まで感じさせるなんて。
匠

匠の感想・評価

3.5
空っぽの彼だから与えられる事もある。
誰でもなく何にでもなれる。
価値を決めるのは自分個人で権力者が価値を見出だすほどそれが標準になっていく、
彼は神様になったという事だろうか?
MODS

MODSの感想・評価

3.7
みんなが勝手に勘違いして、知らない間に知的障害のある中年が偉くなってしまう話。

みんなが勝手に誇大解釈していくのが面白い。
最後は何だか怖ささえある終わり方。
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
フォレストガンプと決定的に違うのは現実には全く能力がないことで、これのおかげでホントに多少マシな印象を受ける
ツァラトゥストラのリミックスバージョン使われてるのそのままだな
>|